スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンショフ、SPでクワド2本成功!(動画あり) なんて恐るべき三十路アスリート!


10735354_733096433437108_561587384_n.jpg
Mikhail Sharovさんのインスタより、演技直後のメンショフ


あすから始まるスケアメに耳目が集まっていますが、ロシアのサンクトペテルブルグでは、現在国内戦が行われています。これは、ロシア帝国最初の五輪金メダリスト、ニコライ・パニン=コロメンキンの記念大会です。いつも毎年GPSのすぐ前位に行われ、GPSメンバーもプロのお披露目、という形で顔を出します。(サンクトで行われるため、サンクト拠点の選手の出場が多い)
ジュニアの下のクラスもあり、裾野を広げるための大会、と位置づけられているようです。
今回はシニア男子ではメンショフ、ジュニアではアリエフ、シニア女子ではレオノワ、アルテミエワといったところが出場していました。

昨日までにSP終えて、ジュニア男子ではアリエフ、シニア女子ではレオノワがトップになってました。
そしてシニア男子!メンショフが91.68(TES51.03+PCS40.65)という報が!
こちらがその動画です。



4S降りたところで思わずガッツポーズが出てますねー!ただ、足元がちょっと乱れはしたもののあまりに軽々と跳んでいるのでほんとにクワドですか?という感じがしなくもない(というかこの人はいつもそうですが)

これがスケートアメリカに赴いているガチンスキーやピトキエフへの応援の狼煙となるでしょうか?
そして今日はFS。
はたして、クワド3本入れてくるのでしょうか。楽しみは尽きません。
こちらが 男子SPプロトコル
キリル文字で読みにくいかもですが書式は同じです。

しかし本当に改めて「アスリートは年齢では測れない」とつくづく思いました。
フィギュアスケーターの選手寿命、というのはけして長くはありません。多くの選手が20代中盤で引退する中、26歳でGPSデビューして、それから毎年パーソナルベストを上げ続け、プログラムのグレードもアップさせている。こんなスケーターが今までいたでしょうか。
ちなみに彼のPBは昨シーズンの最終試合となった欧州選手権です。

ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

メンショフは戦場へ行く ―今年のプログラムのテーマ


ByitKz9IQAAbdN5.jpg


いつも彼ならではのテーマを持ってその年のプログラムを演じてくれるメンショフですが・・。
昨年は難しかった(笑)。
昨年のテーマ→テーマは「天地創造」 メンショフのSP

今年も何かあるんだろうと楽しみにしていたのですが(本人も「FSにはちょっとした工夫がしてある」と言っていましたし!)

そしてネーベルホルン杯。ひょっとして。。。と思っていたんですがかれ自身が語ってくれるまで待とう、と思っていましたら、バッチリ大当たりでした!

シンプルなシャツの袖に「press」の文字、ガラスの割れるかのような擬音、苦悩の中で必死に文字を綴るようなマイム、子供を抱き上げるかのような仕草から入るスピン・・・・・
とこれは従軍記者しかないでしょ!と確信していたわけなんです、が!

今日、いつもこのブログでお世話になっているユーリさんがメンショフのインタビューを上げてくださいました。
私のフリーは、真実を伝える報道のために命を危険にさらす軍事記者に捧げられている

(注】ユーリさんの訳では「軍事記者」となっていますが、これだとどうも「軍事評論家」のように、現場に赴くことない第三者的なイメージが私はするので、「従軍記者」という言葉を使いました。)

このプログラムを見て沢田教一や一ノ瀬泰造、宮嶋茂樹、ロバート・キャパといった面々やその写真をイメージした私は間違ってなかった!(←ファン馬鹿)

ネーベルホルン杯のFSです。


戦場と真実、というと非常に重いテーマでもあるわけですが、アスリートたちにとっては試合そのものが自分やライバルと戦う戦場、とも言えるわけです。

変に思想めいたものを絡めず、私としては彼のプログラムを楽しみたいと思います。

そして、戦争にちなんだ、というか絡めたフィギュアスケートのプログラム、といえばカタリナ・ヴィットの「花はどこへ行った」が有名ですね。
これが演じられた年はおりしもサラィエヴォ包囲戦のさなか。ヴィットが初めて金メダルを取ったリンクも無名戦士の墓、となっていたのでした。

カタリナ・ヴィット 「花はどこへ行った」 リレハンメル五輪



スケートカナダまであと3週間、準備も順調に行っているようでなによりです。彼の年齢になると、怪我だけでない自分の肉体との戦い、という側面も大きくなってくると思うので、本当に体を大切にして頑張ってもらいたいです。そして、アスリートは年齢では測れないのだ、ということを示し続けて欲しい。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コンスタンチン・メンショフ(31歳)、ネーベルホルン杯で4回転5本宣言! ―ロシアンテストスケート

159642-fed36-81024272-m750x740-uc09bb.jpg

先日のテストスケートではメンショフもSP,FSとも発表しましたが、いやー、とにかくキレッキレで。彼の年齢を当てた人に賞金を差し上げたくなるなるような演技でした。

そして、テストスケート後のコメントでは、
「初戦のオーベストドルフ(ネーベルホルン杯)では、SPにクワドを2本、FSにクワドを3本入れるつもりだ。ただ、FSは時間の関係とかもあるので、構成を変えなければならない。それはこれから練り直していく」
という発言が!

まずはSP.
Konstantin Menshov, SP, Russian Open Skates 2014

今回のジャンプ構成は4T-3T、3S、3A*でしたが、非公開の際には3Sのところを4Sにして成功していたそうです。この構成への挑戦は昨季のロシアンナショナルから始めていて(メンショフは賭けに出た ―ロシアンナショナル男子SP参照)欧州選手権でも挑戦しています(いまだ公式戦では未成功)。
31歳(!)を迎えた今シーズンもキレのあるジャンプは健在で、特に4回転トウループは失敗する気がしません。
スケーティングも更に滑らかになり、PCSの上積みが期待できるんじゃないかな、という感じです。

そしてFS.
Konstantin Menshov, FS, Russian Open Skates 2014

ラスト部分で振りを省いたように見えましたが、これはジャンプ構成がまだ決まってないためなのか、コレオ自体が完成していないのか、単なるスタミナ切れだったのかはわかりません。
今回のジャンプ構成では4T+3T, 4T, 3A(td), 3Lz, 3A+2T+2Lo*, 3S*, 3Lo+2T*, 2A* となっていますが、彼やコーチの発言通り4Sを入れるとするならば、3Aはひとつ後半に持っていく、ということでしたので4T+3T, 4T,4S、 3A, 3A+2T+2Lo*, 3Lz*, 3Lo+2T*, 3S* かな?
そして、今年からのジャンプに関するルール変更(ザヤックルールがダブルジャンプにも適用される)に従い、三連のサードジャンプを2Loにしてきていたのも地味に凄いところ。2012-13年(欧州選手権出場と日本での国別対抗戦を争っていたシーズン)のRCF終了後に、次期シーズンの展望として語っていましたから、本人としてはある程度の目星は付いているのかな、と思います。
あの国別での大怪我がなければ、ソチシーズンはFSクワド3本構成に挑戦していたのかもしれません。
それがあのケガで一から出直し、になったことで落ち込んだとも思うけれども、ユーロの台乗りが彼を勇気づけたんだと思います。(もちろん恋人の存在も!)
ルカヴィツィンコーチは
「アスリートがモチベーションと技術と競技に対する愛情を併せ持っている場合、どうして年齢が競技をやめなければならない理由となるだろうか?メンショフはゆっくりではあるが日に日に進歩を重ねている。それに目をつぶることはできない。」
と語っていましたが、コーチ自身やグループメンバーにもメンショフの存在から学ぶことは多かったんではないでしょうか。

そして、これは私が思うだけかもしれませんが、メンショフのSP,FSの曲、全く別のものなんだけれど、曲調や雰囲気が似ているし、振り付けにも統一感があるような気がするので、両方通して一つのテーマがあるのかもしれない、と思ったり。
そのうちそれについては本人がインタで語ってくれるか衣装で語ってくれると思います。そちらについても楽しみにしたい。

とにかく、あと10日前後のネーベルホルン杯、各カテゴリーともに興味ある面々が揃っているので楽しみにしたいと思います。

ネーベルホルン杯エントリーメンバー

ぽちよろしく、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
こちらも
blogram投票ボタン<

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

メンショフ、2014-15シーズンに向けて準備は順調

10387762.jpg

http://instagram.com/p/pLbE4vB0Jp/

7月1日の2014-15年スケートシーズン開始に向けて様々なニュースが飛び込んできています。カップル競技の組み替えやコーチの変更、プログラムの進行状況、あちらこちらで行われるアイスショーやイベント、はたまた休暇を謳歌するスケーターたちの様子etc.

今回は30歳過ぎていまだ衰えを知らないクワドジャンパー、メンショフの現況をインタも混じえて。(写真は彼のインスタより。ニース滞在中のもののようです)


彼はレギュラーシーズン終了後、4月いっぱいは他のロシアンスケーターとともに国内をショーで周り、5月にはニューヨークに渡って様々な北米のショーを見て回る反面、ミニキャンプを張ってプログラムの作成に勤しんだようです。この北米行きは本来なら前回の国別対抗後に予定されていたらしく、それが彼の怪我でキャンセルとなり、1年遅れで実現した模様です。
インタビューによれば、まず取り掛かったのがSPの作成で、おおよその組立は滞米中にできた、とのこと。
ジャンプ構成は昨年とは変え、4T-3Tのコンボから入り4S、3Aのクワド2本構成で行くようです。
また、彼の恋人であるマリア・アルテミエワのプログラムの振り付けも行うようで、こちらも楽しみです。彼自身、本格的なコンペプロの振り付けは初めて(グループのジュニアっ子たちの発表会クラスのものはあるらしい)ということで、これはマーシャの強い要望から実現したらしいです。

「ショーで様々なスケーターと一緒に滑っている中で、様々な閃きがあり、それを表現したいと思っていた。そこに彼女が是非に、と言ってきたんだ」と彼は述べていますが、現在マーシャはナショナルメンバーのサブの位置にあり、テストスケートやシーズン初頭のロシアンカップの結果が良ければカレンダーコンペはもちろん、ロステレコム杯の地元枠推薦を勝ち取れるかもしれない位置にいます。(昨年はニース杯で優勝)
マーシャについてはこちら→私はチャンピオンとして名を残したい ―マリア・アルテミエワ

そんな、沢山の閃きを得た、というショーでのメンショフの演技を。
これは新プロですね。EX用でしょうか。「マスク・オブ・ゾロ」



そしておなじみ「Shape of my heart」
この衣装で見るのは初めてかな。一昨年のSP衣装です。彼はシャツ衣装が似合うのでこれもとてもいい。シンプルな作りですがボタンと台襟の裏側、そして袖ロールアップの紐部分の黒がいいアクセントになってます。




そして、ニューヨークから帰国して2週間ほどのバカンス期間をはさみ、ニース、サンクト、ラトビア、そしてスウェーデン(これはおそらくルカヴィツィンコーチがウルマノフとも関係が深いため、一緒にマヨロフSr.の下で毎年行ってる合宿と思います。)サンクトにいた頃のセリョージャやレオノワもこれには同行していました。
今年ルカヴィツィングループに移ってきたレオノワが、
「コースチャやマーシャとは馴染みが深いし気持ち的には楽」
といったようなことを述べていたのはこのような経緯があるからなんですね。


そして、メンショフは怪我の状態を聞かれ、
「悪化していないのが一番の収穫。テーピングは必ずしている。動かしすぎてしまうからね。古傷はもちろん邪魔になるけれど仲良く付き合っていく感じかな。今のところはいい状態だよ。」

そして、体の状態も含め、プログラムの作成もスムーズにいっていて、満足のいく状況であること。振り付けや選曲は例年通りグリンカ女史と行っているが、SPにはちょっとした工夫を凝らしてあるそうです。←なんかこれすごく楽しみなんですけどw
FSに関してはまだ曲が決定したのみで白紙に近い状態のようですが、
来シーズンの目標としては、ユーロ、ワールド代表入り、特にユーロでは今年より上の成績を目指したい、と強く語っていました。

インタビューはこちら→http://rsport.ru/interview/20140523/747851375.html

GPSの台乗りができれば彼自身初となるばかりでなく、GPS男子最年長記録の更新ともなるでしょう。
是非とも頑張ってもらいたいものです。

ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

メンショフ、現役続行を明言 さいたまでSPクワド2本を・・

1399664_633512116711185_1473844848_o.jpg


またメンショフの話題か、と言われそうですが、女子や男子スケーターでも日本の選手は他の方が素敵なブログを書いてくださってますので(笑)

昨日上げたブログと同日のニュースですが、こちらでははっきりと、続けてゆく、と明言されている感じですね。

+++++++++
サンクトペテルブルグのスケーター、コンスタンチン・メンショフは現役続行を明言

==こちら本文、インタビュー動画もあります==

ブダペストで行われた欧州選手権での成功と銅メダルの獲得は、メンショフと彼のコーチに決断をもたらした。それは、これからも現役を続けてゆく、という合意である。
そして、来るべき来シーズンにはSPに2つのクワドを行う、ということだった。
既に引退を考えさせられていたメンショフにとっては、選手権の銅メダルの獲得は、自己のキャリアにおいて最高のものであっただけでなく、素晴らしく思いがけないことでもあったのである。
SPを終えた時点で、彼は11位だった。そして、3位へと駆け上がったのである。本当にこんなことは滅多に起こるものではない。

欧州選手権銅メダリスト・コンスタンチン・メンショフ:
「ここまでのことを成し遂げることができた自分を私は誇りに思います。しかし、まだまだこれが頂点ではない。自分次第で更に高いものを目指せる、と私は信じています。そのためにも努力しなければ。
自分自身の弱い心をに打ち勝つことができたし、結果として、表彰台に立つことができたことは非常にうれしい。」


メンショフにとって最も近い目標はソチ五輪の後に行われる世界選手権だ。彼はそれへの出場を目指し、さらなる難度の高いプログラムを準備している。それはSPに4回転ジャンプを2つ、クリアに入れることだ。

+++++++++

メンショフ自身、「五輪も終わるし(実際、「ソチ五輪出場をモチベとしてやっている」と言っていました)、若手も出てきてて連盟にも煙たがれてる感じだし、このユーロを花道にやめよっかな」的な考えもあったようですね。でも、ここでキャリアハイ、それも選手権初メダル、ということで「もっとやれるんじゃね?」という手応えをつかんだみたいです。

これがその演技。



演技中にあまり感情を表に出さない彼がラストジャンプの2Aが成功した途端、こぶしを高々と突き上げガッツポーズ!まさに、俺はまだやれる!という気持ちがほとばしり出ていたかのようです。
タラソワが大会後、「どうせ彼は後もって2年よ」と言っていたようですが、2年といえばどれだけのことができるでしょうか。
ワールド台乗りだって夢ではないし、クワド全種コンプだってなし得るかも知れない←流石にこれは難しいかw
そんなことよりタラソワおばちゃん、あなたにはコフトンのフォローをよろしく頼みます(苦笑)。


↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン

メンショフは さいたまをめざす -メンショフ動画インタビュー

BeVIFCQCcAAfeDc.jpg


ロシアの五輪選考を終えて、嬉しいニュースが飛び込んできました。メンショフが五輪選考の結果で諦めることなく、さいたまワールド目指して練習を続けている、ということです。

+++++++++++++
メンショフは世界選手権の出場権を得ようとしている

コンスタンチン・メンショフはエフゲニー・プルシェンコに敗れ、ソチ五輪出場権を逃した。彼は30歳でありながら、このキャリア最高の成績を上げ、欧州選手権で銅メダルを獲得してみせた。にも関わらず、ソチ五輪で彼の出番がないのはなぜなのか。コンスタンチン自身と彼のコーチであるエフゲニー・ルカヴィツィンはこのように理解している。

インタビュー動画


欧州選手権銅メダリストであるコンスタンチン・メンショフは語る。

「別に悲観はしていない。当初から予測はついていました。特にジェーニャが戻ってきたので、彼が五輪にゆくことは明白になりました。私はもちろん彼を応援します。彼以外の誰が選出されたとしても同様です。心から幸運を祈りますよ。
当然私が行けなかったのは残念ですが、まだこれから何が起こるかわかりません。(ワールドのためにも)しっかり準備はしておきます」


また、彼のコーチであるエフゲニー・ルカヴィツィンはこのように述べた。

「連盟上層部では、(ジェーニャを五輪に行かせようという)空気は長いことあり、それは容易に読み取れました。「行間を読む」、というのでしょうか。そしてやっと、遅れはしましたが公式にジェーニャの派遣が発表されました。」

オリンピックでは、コンスタンチンは単なる観客に過ぎない。しかし、3月の世界選手権では正式に選手として派遣される可能性が残されている。ただし、その席は1つしかないが。これは日本のさいたま市で行われる。
=====本文=====


++++++++++++

ワールドに選出されたら本当に嬉しい。しかしバンクーバー選考で苦汁を飲んだセリョージャにも晴れ舞台が欲しい・・・(コフトンは若いから未来があるよ!)悩ましいところです。

しかし、今年はメンショフに来て欲しい!そしてこの007をEXで披露して欲しい!そうすればきっとロシアの枠も増えるはず!





↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

メンショフ、ユーロの逆襲再び 欧州選手権男子

1536696_607734979293305_532729403_n.jpg


SP終了後のブログで「コースチャはきっと大逆襲してくるからあんまり心配してない」とは書いたものの・・・やっぱり不安ではありました。彼が大きな国際大会に派遣されるきっかけとなった2009年ユニバーシアード、そして2011年欧州選手権、今年のGPS2試合、ロシアンナショナル・・・
ここぞ、という時のFSで必ず踏みとどまってきた彼でした。
今年はSPの調子が悪く、特に最後の3Lzで失敗して要素抜け、となることが多かったのです。ロシア選手権からSPクワド2本、にしてきたのもLzの調子がイマイチ、だったからかもしれません。彼の場合、ジャンプが抜けても2回転になることはほとんどないので、最悪3S、4Tコンボ、3A、という組立だったのだろうと思います。

しかしまさか大の得意の4Tで転倒とは・・。いつも淡々としている彼ですが、あれほど演技後に悔しさを見せたのは初めてのような気がします。

そして、FS.昨年からの持ち越しプロですが、コーチも自らも振り付けのグリンカさんも、みんなが気に入っているというプロです。出てきた瞬間、あ、髪切ったんだな、気分転換かしら。体も軽そう。ひょっとしていける?と思ったのですが・・


いやー、氷に乗れててスピードもすごい。TESカウンターがガンガン上がっていく!!!
4T-3T、4T、3A・・・・
ただここまではさほど不安はなかったんです。
何がって、3Lz!もうこれが心配で心配で(笑)

クワドよりも3AよりもLzがファンには恐怖って、あなたはロシアのチェンジャン(李成江、ジジュンのコーチ。クワド2種持ちの中国の名ジャンパーでしたがLzだけが苦手でした)ですか!
そして次々とエレメンツをクリアに決めていき、ラストのジャンプ、2Aを降りたところで片手を高々と上げてガッツポーズ!
もう、涙、涙、涙でした。フォロワーの皆さんから次々と「おめでとう!」のツイを頂き、本当に嬉しかったです。
そして出たのが165.12点!トータル237.24点のSB!もちろん暫定1位!
ちなみに彼の戦績が
メンショフの戦績
ですから、FSの点数とトータルの点数はPBだったんですね!
FSでのTESは2位のセリョージャを抜いてトップのハビーに次いで2番目。それもなんと1.01差という僅差。あの・・・ハビーは22歳ですよ?30歳11ヶ月のおっさん(褒めてます)がそこまでやりますか!いやー、まさに鉄人。

そして、欧州選手権の男子は1位がフェルナンデス(西)、2位ヴォロノフ(露)、3位メンショフ(露)、とろしあん男子が2人台乗りを果たしたのでした。2人とも、ベテランながら初めての表彰台。本当におめでとうございます。

こちらがEX.
007です。まさに「ロシアより愛を込めて」ですね。
このEXはほんとに彼にあっているし、いいプロなので、TVで放映されてよかったです。
そして、これがやれる、ということはかなり怪我も良くなっているんだな、と一安心もしたのでした。



こちら表彰式



セリョージャ、メンショフさん、ほんとうにおめでとう!そしてありがとう。
ろしあんずはこれから五輪選考・ワールド選考でいろいろあるでしょうが、雑音に惑わされず頑張って欲しいと思います。そして、ワールドに出たい、と言っていたらしいメンショフさん。さいたまに来てくれたら嬉しいなぁ。


↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
29位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。