女王、帰還せり−NRW杯女子

このNRW杯で最も話題になったのは、バンクーバー五輪チャンプ、キム・ヨナの1年8ヶ月ぶりのカムバックでしょう。
SP,FSともダントツの1位で優勝したわけなのですが・・・

男女シングル、ペアSPリザルト&動画一覧

男女シングル、ペアFSリザルト&動画一覧

なんかやたらとTLやスケート関連のサイト、動画などが荒れていて・・・
なんでこれほどの騒ぎになるの?と私としては???状態です。

直近の五輪金メダリストのカムバック、ともなれば世界的な注目を浴びるのは当然ではないのでしょうか?


こちらSP
http://www.youtube.com/watch?v=ATR6g__rqpI



これだと3Lz−3Tコンボの前に足元が切れちゃっててよくわかりませんが、上体の動きからすると多分助走の際にクロスロールが2回入ってるんじゃないでしょうか。ということは、リカバリー対策もしっかりしてきてる、ということですよね。

今回はワールドのためのミニマムスコアをクリア、というのが最低条件でしたから、「足慣らし」的な意味でももっと難度を下げてくるかと思いましたが・・3Lz−3Tをしっかり戻してきていたのにはやはり元女王のプライド、というか凄みを感じました。

こちらFS
http://www.youtube.com/watch?v=YRi70yd1UAA


こちらでも綺麗な3Lz−3T、そして後半に3Lz。現在エラーなしの3Lzを2本(それも1本は後半)に入れられる女子自体がレアなうえ、セカンド3Tがこれだけきっちり付けられる、ともなれば点数は出るでしょう。
1Aー1Tー1Loに関してはいろいろおっしゃる方もいますが、ただでさえ難しいムーブからの入りの2Aからの3連、そのファーストの2Aがパンクしてシングルになったにもかかわらず、シングルでもセカンド、サードをきっちりと付けた、というところはやはりなかなかできないと思います。実際、あそこが1Aのみだったとしてもミニマムスコアはクリアできていたし、順位も変わりません。
しかし、何が何でもコンボ券を使い切る、という姿勢、もし大きな大会で順位が競っていた時、こういった精神力は生きてくるのではないでしょうか。


点数(特にPCS)について色々言う方もいらっしゃいますが、今まで新採点で、実績を持つ選手がブランクからカムバックしてすぐに、以前とほぼ同じような点をもらった、というケースはいくらでもあります。

バンクーバーに向けてカムバックした雪組、プルシェンコ、ランビエール、そして高橋君。

特に長めのブランクの後、B級(この言い方あまり好きではないんですけれどね)でカムバックした、という意味では2009年のネーベルホルン杯でのランビエールが、まさに今回のキム・ヨナと同じケースでしょう。この時のネーベルホルン杯は五輪予選をも兼ねていて、当時スイスは五輪枠を持っていなかったため、ここで勝ち抜かなければ自らの五輪出場も不可能になる、という状況だったのも今回のキム・ヨナと似ています。

2009年ネーベルホルン杯プロトコル
男子SP
男子FS


ブランクのあった第一人者がカムバックした場合、技術を保っていたならばそれまでと同じ点数が与えられるのは珍しいことではありません。( ランビエールで言うならキレのあるスピンとクワド、ヨナで言うならエラーのない3Lz、安定したセカンド3Tでしょう。)

ちなみに高橋君が怪我からカムバックしたフィンランディア杯のリザルトはこちら


ランビやプルや雪組が五輪に向けてブランクを経てカムバックした時、あれだけ
「おかえりなさい!王者たち!」
という感じで迎えていた人々が、なぜにキム・ヨナだと叩くのか、私は不思議でなりません。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

怒っている理由

こんにちは。久しぶりにコメントさせていただきます。

みなさんが怒っているのは、キムヨナ選手自身に対してではないと思います。彼女自身はよくここまで戻してきて立派だと私は思います。

みなさんが怒っているのは報道の仕方です。B級大会で一流選手がカムバックということで明らかに高めの点数が出ているのにも関わらず、「今季最高点」とか「真央の点数を超えた」などと意味のない比較をするから、ふつうの日本人ファンは腹を立てるのです。それも、そのB級大会とはくらべものにならないグランプリファイナルという大きな大会で、浅田選手、高橋選手がアベック優勝、羽生選手銀、鈴木選手銅という最高におめでたいニュースと同時にですから。

ブログ主さまは、日本人選手より外国人選手がお好きで、特に浅田選手はお嫌いのようなので、その気持ちが理解できないのでしょう。

その怒りの矛先がキムヨナ選手本人に向いてしまうのは、いつもながら残念なことだとは思います。

No title

ジャンプのできばえ(URやエッジエラー)はともかくとして、キムヨナの演技は標準的なもので、飛びぬけて上手、とは思えません。復活しても同じくらいの点数が出ておかしくない、と言うのであれば、以前の点数が高すぎるのです。
今回も、技術点はともかく、PCSが高すぎます。あれほど覇気の感じられないステップ等であれば、PCSが各項目とも8点台後半はありえません。

No title

私は正直、ちょっと残念に思いました。
終わっても何の感動も起こらず、悲しいくらい「いっつも一緒だな」としか思えず。
ジャンプ構成が同じだから一緒なのは当然じゃん、と思われるかもしれませんが、そうではなく、結局彼女は表現の幅がとても狭いのだということが、ここ数年強く感じられることだからです。
報道は「表現のヨナ」と言いますが、私は彼女こそ「技術のヨナ」ではないかと思うのです。
私はレ・ミゼラブルの大ファンなだけに非常に悲しかったです。
何を表現していると評価されて、あの得点がでたのだろう、と。
ジェレミーが今年、とても心震えるプログラムを、やはりレミゼの楽曲を使って演じているので余計思うのかもしれません。
ジゼルの時の衣装を見て確信しましたが、彼女は表現できないのです。だからあの時もジゼルの衣装は身に付けなかった。
「新しいジゼルをお見せします」
あれはジゼルでは無く、ただのキムヨナ。
バンクーバーのときもガーシュウィンの曲を
「私を表現する」
と言って憚らなかった。ウィルソンはヨナストーリーを作ったと公言。
だから報道が「高い技術力」という側面で立ってくれたら、このモヤモヤもスッキリするような・・・・。
高い技術力があるからこそ表現は出来るのだし、出来れば彼女にはこれから本当の表現力を身に付けていって欲しい。
それを報道が「表現力がある」と言ってしまうから彼女の進化が止まっている。
頭打ちにしか見えないのが本当に残念でならないのです。
写真を見れば分かりますが、彼女の写真はいつもどこか力が抜けています。
表現の軸が見えません。
本当の表現者というのは、ドコを切り取っても絵になるものだと思います。
でも彼女は演技中でそういう写真は見つけられない。
最初と最後のキメポーズだけ、写真写りが良いなんて・・・・

あとフィギュアスケートはリンク外での振舞いもトップ選手の品格だと思うので、
こういったことに厳しいご意見をお持ちだと思っていたブログ主様が、そこに全く触れられて
いないのも意外でした。
選手によって求めていらっしゃるものが違うのですか?

はじめまして

他のブログから流れてきました。

今回のヨナ選手の復帰、大変楽しみにしておりました。
正直私も3Lz+2Tや2A+3Tあたりを入れるかも…と思っていたらさにあらず。観ていて唸らされましたね。
まさに「女王の帰還」といった風格でありました。

フィギュアブログを書く方は気苦労も多いかと思いますが、これからも頑張ってください。

さすが、現金メダリスト!ってとこですか。
いつもの8時20分眉の苦悶の表情に、「あ~首が痛~い。あぁ~お腹痛くなっちゃった!」という素晴らしい表現力なんですよね?。
で、「ジゼル」でしたっけ、あ「アリラン」えっと「レ・ミゼ」???
ン~ど素人の私なんぞには違いが全くわかりませんけど。
きっと高度な技術力と表現力なんでしょうね?女王様なんですもの。

No title

初めまして。ブログ主様のご意見はごくごく自然だと思いました。
なんかちょっとした物言いで被害感情ばかり爆発させ続けるのって、これほど続くと何かもういいじゃない?と思う今日この頃です。

GPFも全日本も、ずっと某選手ばかり映されていましたよ。演技の再放送、CM、以前の映像、CMとこれでもかと大サービスしてましたよ。
NHK杯でもここ数年みんなか某選手をフォローし擁護していましたよね。
それでもまだ足りないって、どーかしてませんか?↑の方々含め。

キムヨナ復帰が多少大げさに報道されて、何でそんなに怒りの感情が引き起こされるのか、さっぱり理解できません。

>ランビやプルや雪組が五輪に向けてブランクを経てカムバックした時、あれだけ
「おかえりなさい!王者たち!」
という感じで迎えていた人々が、なぜにキム・ヨナだと叩くのか、私は不思議でなりません

全く同感です。キム・ヨナは彼らの虎の尾を踏んだんではないでしょうかね。

No title

ブログ主さまはキムヨナ選手を応援しているわけではなく浅田真央選手嫌い(過去記事を読みましたが、明らかに浅田アンチですよね?)が高じてキム選手を持ち上げているようにも見えるのでなんともいえないのですが
キム選手が嫌われている理由は、謎の高得点以外に、すでにキム選手側の嘘がバレている「妨害事件」(計画を立てた首謀者はキムの母親と韓国のテレビ局SBS局というのが有力。SBSの担当者が、日本側の取材に対して妨害が捏造だったことをみとめた)に代表される素行の悪さがあると思います。嘘をついて他の選手を陥れようとしたことはスポーツ選手として、あるまじきことです。こんな選手の帰還を歓迎できる方がいるとすれば、逆にその方の良識を疑ってしまいます。また同様の事件をおこし、他の選手達に被害を及ぼす危険性も十分あるわけですから。ちなみにキム選手はこの件に関してまだ謝罪をしていません。
加点や演技構成点の高さに関しては、どう考えても彼女の実力以上の点数がつけられているのは誰の目にも明らかですよ。スケーティングなども、上位選手に比べると一格落ちます。スピードは、最初は(ルッツの助走のため)あるのですが、スタミナ切れで次第に失速します。わかりやすいところでは柔軟性やポジションの美しさなどもかけています。彼女のプロで目立つのはジャンプ前のひたすらバッククロスで漕ぐ助走の長さと演技中立ち止まっている時間の長さです。スピンやステップ、スパイラルも要素を満たしていないことと見た目も?で稚拙な感じですし(今回は実際にレベルもとれてませんでしたね。フリーのステップをのぞけば、これらに関して技術審判の採点だけは妥当だったのではないでしょうか)勝っている部分は「顔芸」と揶揄されているどや的な部分でしょうが、今回の大会ではその覇気すら感じられませんでした)キム選手の高得点の理由に関して、誰も説明できないことが、さらに疑惑に拍車をかけています。日本では、マスコミはこの件に関してはタブーなのかどのメディアも取り上げてきませんでしたが(取り上げると高岡さんみたいになるのでしょうか?)、今回とうとう村主さんがはっきりとおっしゃってくれてすっきりしましたよ!
で、ブログ主さまにお願いしたいのですが、具体的に彼女の高得点の理由を我々にもわかるように説明してくれますか(他の選手の得点と比べてという抽象的なものではなく、演技構成点やGOEの各エレメンツとキム選手の実際の演技を並べて、1つ1つ具体的にお願いします)ちなみに2009年とはエレメンツの内容も変わり採点基準が違いますし(現在のルールのほうが点数がでないようになっています)男女でも内容が違いますので、そこらへんも考慮してお願いします。
最後に一つ疑問なのが、ブログ主さまは、キム選手の今回の演技を見て本当に素晴らしかったと思っているのでしょうか?審判に見逃されていますが、よく見ると肝心のジャンプの回転も怪しいものがちらほらあるように見えますが、ここまで断言されるからには、ブログ主さまはスケートに詳しい方なんですよね?だったら、見ればそこらへんはわかるとおもうのですが。

書き忘れましたが、キム選手の表現力?

キム選手の表現力に関してですが、基本的に衣装とメイク、多少の振り付けが違うだけで(+苦悶の表情)基本的にどのプログラムでも表情から指先の表現にいたるまで、素人の私にはすべて同じに見えるのですが
これに関しても高得点と絡めて、どこらへんに飛びぬけた表現力があるのか説明してください。もちろんできますよね?

もの言えば唇さびし、ですが

やっぱり言いたくなった(苦笑)

たとえブログ主様が浅田アンチであったとしても、だからどうなの?というのが正直な感想です。誰のアンチになろうと各自の自由ですし、思ったことを自分のブログで披瀝するのも自由でしょう。
キム選手をさんざんこき下ろしている方たちには自分たちこそアンチなんだという自覚が見事に欠落しているようで、今更ながらに驚かされます。
キム選手相手ならよってたかって誹謗する行為をどれだけ過激にやっても正義だからよし、でも浅田選手に関してはたとえちょっとでも誹謗するなんて許せない・・・第三者からすると呆気にとられるしかないいびつな正義感です。ここのブログ主様が反発されてるのもまさにそこのところだと思うのですが。こうやって遥々よそのブログにまで来られて批判するくらい激しくキム選手を憎んでおられるのなら、他の人が逆をやることに対してももっと寛大でなくては公平とは言えません。

またキム選手の演技について弁護する義務がブログ主様にあるとも思わないですね。ブログ主様にはキム選手にも浅田選手にもそんなことするほどの思い入れなどないように見受けられますし。
人それぞれの嗜好、見解があるんだということを受け入れることこそ大人への第一歩ですよ。皆さんはやく大人になってください。

ちなみに私は皆さんの悪意に満ちた大騒ぎに心底辟易して、今や女子シングルにはなんの興味もなくなった者です。もう好きにやってくださいって感じです。

よくわからない怒りコメントはスルーでいいのではないでしょうか?

先のしきさんのコメントに、
一から十まで同意です。

ブログ主さんに浅田選手キム選手への思い入れが特別あるようには感じられません。


日本の女子シングルは、すっかり見る気がなくなった今シーズン前半でした。
地上波の放送も、せっかくなんだから
出来るだけたくさんの選手を流さないかなー
というひと言でしかありません。

他選手アンチというか、熱狂的なファンたちというか....そういう方々が出現するまでは浅田選手も好きだったんですけどね。
ただただ残念です。

No title

エントリーありがとうございます(^o^)

今季のユナを初めて見ました!
第一声が

『すげーーー!!』

でした。
ユナ・キム(で覚えちゃったので、すいません)ちゃん、上手くなりましたね!!

凄いわ。恐れ入った。
SP、見事です。
よどみのないムーブ、つなぎが見事です。
待ちがほとんどなく、以前にも増して表現力が増してる気がしました。

仰ってるコンボ前のステップ、あれ、ちょっと写ってないですけど、動きからしてチェンジエッジも入ってますよね。毎度ながら見事です。
あれだけスムーズにステップ踏みながらジャンプできる選手ってなかなかいないですが、ユナは毎度見事です。

フリーでは少し疲れたのかしら。
途中から失速しちゃいましたが、それでもきちんとまとめたのは元世界チャンプの底力でしょうか。


ブランクがあったとは思えないのは、休んでる間もしっかりトレーニングを積んできた事と、ショーで磨かれた“魅せる演技”なのかと感じます。

そして今回のエントリーでは触れられてませんが、私は毎度ながら衣装が素晴しい!と思います(でもジゼルの衣装は私好きではないのですが)。
彼女のデザイナーは本当にユナに似合う、センスの良さと“トップ選手にふさわしい”衣装を作ってると思います。

以前ファッションフリークの方と意見を交換したことがあるのですが、その方はユナの衣装は動いた時にも美しく見えるように布の質量やタック、ドレープの量などが全て計算されてる、と褒めておられました。
(特にEXで滑っていた“タイス”の衣装のデザインは見事だと)。

私もそう思います。
今回もSP、FS、共に衣装も含めて素晴しいです。

本当に、
『お帰りなさい!』
です。

世界選手権の闘い、楽しみになってきました☆
ありがとうございました。

No title

皆様、様々な視点からのコメントを寄せてくださってありがとうございました。

一人の選手の復帰において、これだけの話題が起こる、というのも彼女が複数回の世界女王であり、直近の五輪の金メダリストであり、ソチ五輪において日本人女子のメダル獲得の大きなライバルとなりうるからだ、と私は認識しています。

ただ、不思議に思うのは、ここにコメントを寄せてくださった方がそろって「浅田さん」の名前を挙げていらっしゃることです。世界チャンピオン経験者であり、来年の復帰もありうる安藤選手や、昨年のワールドメダリストの鈴木さん、入賞した村上さんの名前を挙げた方はどなたもいらっしゃいません。それはいったいなぜなのでしょう?

こういった女子に関する記事を書くと、必ず「あなたは浅田さんアンチだから」という声が寄せられますが、申し訳ありませんが

私はアンチになるほど浅田さんに興味を持っていません。

その割にはよくご存知ですね、などと言われますが、特に日本のフギュアスケート情報には浅田さんがらみのものがあまりにも多く、他選手のことを調べようにもどうしても目に入ってくる、というだけのことです。

以前もコメントに書きましたが、私は根っからの男子おたくで、女子で興味を持って追いかけた選手は、伊藤みどり、デビ・トーマス、ユリア・セベスチェンしかおりません。


>ブログ主は浅田アンチですか? さま

もし、「浅田さんが好きではない」「彼女の演技に興味が持てない」

といってはいけないのですか?憲兵が来るんですか?特高の尾行でもつくんですか?
それこそ言論弾圧ですよね。


あなた方がさんざんヨナの演技を貶したその口で、
「浅田さんを褒めろ、崇め奉れ」
と言わんばかりのコメントを下さってもなんの説得力もありません。

ヨナの技術的な面に関しては本文にきちんと書きました。
納得できないのならほかのシニアの女子のプロトコルをご覧になればよろしい。
3Lz-3Tをエラーなしでコンスタントに降りられる選手が何人いるか。3Lzを2本(1本は後半)にしっかり入れることのできる選手がどれくらいいるか。(今回は残念ながら失敗しましたが)ムーブからの入りの3連を跳べる女子がどれくらいいるか。
また、バッククロスの助走の長さを指摘なさっていますが、だからこそ彼女はそれだけではなくジャンプそれぞれにムーブからの入り、ステップからの入り、着氷後すぐにその足でステップに入る、といった様々なバリエーションをつけています。

表現に関しては私は芸術家ではないのでよくわかりませんが、ボンドガールの迫力や気合いとコゼットやジャン・バルジャンの切なさや哀愁の表現が違ってくるのは当然で、それはしっかり演じ分けられていたと思いますが?
「レ・ミゼラブル」の主演男優が彼女の演技を自らのツイッターに張り、「素晴らしかった!」と最大級の賛辞をつけていたことからしても、何か感じさせるものがあった、ということではないのでしょうか。


そして、私はここでは浅田さんについて何も触れていないのに、なぜあなた方のようなコメントが寄せられるのか非常に不可解であり不愉快です。

それが嫌になってブログやつぶやきをやめてしまった方も何人か知っています。

あなた方のような振る舞いがいずれ浅田さんを孤立させてしまう可能性、について考えたことはおありですか?



No title

こんにちは~オールドファンのブログ主さんに質問!
一つ疑問なんですが
「戦っているのは彼女だけではない -アスリートが向かい合うもの」
この記事だけ、日付が1970-01-01(09:00)なのはどうしてですか。1970年なわけないですよね。
浅田選手に対するブログ主からの毒のある発言が見られるこの記事の日付が1970年なのは、検索避けかな?と思ってしまいます。故意に変えない限り、こんな日付にはなりません。
コメント欄を読んでみると、この記事、案の定炎上してますね。
悪気がなく、アンチでもないのなら逃げも隠れもせず、検索できる記事のなかに載せるべきでしょう。
ただしこれを読む限り、ブログ主さんが中立だと考えるのは無理があります。内容は偏っていますし、自覚があるかは知りませんが立派な浅田アンチだと思います。浅田選手に興味がないというわりに粘着していますね。そしてちょっと手段が卑怯だなと思いました。
そして自分以外にも日付変更に関して疑問に思っている方が複数おられるようですが?
ありえないけど、もしもただのミスだったら、早く日付を直してくださいね!それとも、浅田アンチだとバレるとまずい理由でもあるのですか?
ググると検索されちゃうと思うので、日付だけ変えて記事を隠そうとしたとしても結局のところ意味のない作戦だと思いますけどね。
それから日付変更という捏造がある以上、擁護の記事も、ご自身で複数人使い分けているとか、すごいことを考えてしまいました。そんなわけないですよね。まさかそこまでしませんよね・・・・・・

初めまして

初めまして、いつも興味深く記事を見させて頂いてます。
エントリーの内容とずれてしまうのですが、私は本田武史さんにも、高橋選手と同じように怪我から復帰して欲しいとずっと願っておりました。
それは叶いませんでしたが、素晴らしい選手たちがもう一度競技会に戻って来てくれるのは感無量としか言いようがありません。

横レスになってしまうのですが、まったく関係ない記事にまで一々浅田選手アンチだ!と湧くような人がいるのだから
そりゃ名指しの際は検索避けしてもおかしくないと思うんですが……。
そもそも、名前の欄にまともにH.Nすらいれず文句を言うコメントに、返信はどんなblog主もする気はないと思いますよ。
どこの掲示板でも、blogでも、全てのコメントにレスする義務なんてどこにもありませんし、まして曲解や邪推だけでしか読まない人達に何を言ったところで無駄ですから。
私が好きな選手も、twitterで度々このような方々に暴言を吐かれたりしていて非常に気分が悪いです。
私もしきさんやselaさんと同様に、こういった方々の残念な尽力により女子シングルに興味を失くした人間の一人です。
ご自身達に自覚がないのが、哀れでなりません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

浅田選手批判の記事の日付を変えてある理由は何?さまへ

>浅田選手批判の記事の日付を変えてある理由は何?

まず、ご質問にお答えします。このころは私はネットブログの仕組みになれていなくて、加筆してしばらく置いてから投稿しよう、と思ったら時間設定がおかしくなっていた、というだけの話です。実質初めてのエントリーでしたから。すみません、アナログ人間なもので。

>コメント欄を読んでみると、この記事、案の定炎上してますね。

確かにこの記事は炎上しましたねえw
ブログやめようかと思ったくらいでした。毎日のようにすさまじい罵詈雑言が寄せられて、さすがに神経の太い私も凹みましたね。そしたらなんと不思議なことに、今読み返してみると、そういった意味のない罵詈雑言のコメントだけ消えてるんですねぇ。そういう炎上状態をご存じってことはそのころからご覧になっていらした、ということでしょうか?
どうもご愛読ありがとうございます

検索についてですが、なにもわざわざググらなくても、このブログ右上の部分に検索欄がありますよ。「このブログ内」と指定すれば、私のこの日記の中にも「浅田さん」でこれだけでてきます。
http://svoro.blog38.fc2.com/?q=%E6%B5%85%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93&range=blog&is_adult=false&s=y&charset=utf-8
何も検索隠しなどしていませんよ。
「エントリー一覧」の中にもご指定の記事は入れてあります。アドバイスの通り、年月日は直しました。ただ、時刻は手帳の日記にあたったので分・秒までは正確ではないかもしれません。

>悪気がなく、アンチでもないのなら逃げも隠れもせず

ってあの・・・・・・・
浅田さんアンチって、反政府主義者か戦前のコミュニストかアナキストのような扱いをされるんですか(笑)


私はゲリラか過激派ですかw
そしてあなた方が
「お母さんは泣いているぞー、ペン(今はキーボードですか)を捨てて出てきなさい!」とおっしゃるわけですねw
凸コメントやメールは高圧放水車ですか。

>浅田選手に興味がないというわりに粘着していますね。

私はあのエントリーで、浅田さんのみではなくマスコミにスポットライトを当てられることのない幾多の選手たちも同じように努力し戦っている、ということを申し上げたかっただけです。
ですから、1つ1つの事実に当たり、真実に近づこうという姿勢を持ちました。それを粘着というのであれば、様々な証拠から事件を解きほぐす刑事ドラマや探偵小説の主人公も「粘着者」になってしまいますよ。
まあ、私はホームズや織田裕二を気取るつもりはありませんが。

>擁護の記事も、ご自身で複数人使い分けているとか、すごいことを考えてしまいました。

すごい発想ですねw。こんなに文体の使い分けをすることができるのなら小説家になれますよ。
私は以前編集の仕事をしていて、「お便りコーナー」の担当をしていましたが、文体を変えていくつも書く、というのは結構難しいんですよ、どうしても改行の仕方や句点の打ち方に癖が出ますし、語彙も似通ってしまいますからね。


貴方のコメントを拝見していますと、まるで容疑者の前にカツ丼でも置いて刑事が
「早く楽になれ、アンチと言ってしまえ」
という昔のベタなドラマが浮かんできてしまうのですがww

しかし、浅田さんファンといわれる方々が浅田さんの演技によって「浄化された!」「涙か止まらない!」とおっしゃるその口でほかの選手をたたく、というのはやっぱり私には理解不能な行動です。

No title

久しぶりにお邪魔しました。
いつもお邪魔して記事を読ませていただいてます。
正直、こちらのコメント欄をみて、またはじまったかと。。。
ブログ主様、お疲れ様です。またエスカレートさせてしまうかもと、コメントを迷ったんですが。。。
私は基本男子が好きです。男性ならではの豪快さや迫力が好きなんですね。
それに・・・女子は面倒くさい。ここのところ男子も面倒くさくなりつつありげんなりしてますが。

ヨナはやっぱりすごいなぁというのが正直な感想でした。
スピードが多少落ち、セカンドジャンプがちょっとこじんまりはしましたけど、それでもブランクがあってもあそこまで決めてくる。
その根性と基礎の技術力の高さ。アッパレですよね。
村主さんがテレビでコメントしたときに、誤解を招くこと言うなぁって思いました。アンチを喜ばすだけだとも。もっとB級試合であること、比較出来るものでないことをきっちり専門家らしく解説すべきでした。
それにしても基礎というのは本当に大事なんですね。


プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
19位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR