もうじきシーズンイン、スケート報道に望むこと

ここのところ毎年のようにスケートシーズンが始まると思うことがあります。

一人でいいから、多くの選手を紹介して!と。

それが一番現れているのがこれでしょうか。以前、友人に宛てた愚痴メールです。(++++~++++まで)
これを書いたのが2009-2010シーズン。
感覚としては今でも変わっていないかなぁ・・女子に関しては少しはマシになったでしょうか。

以下引用
+++++

最近自分でも浅田さんに関しては言い方が辛らつだな、というのは感じています。これは、痛いファンの影響もありますが、彼女自身のアスリートとして、人間としての姿勢にどうしてもリスペクト出来ないものを感じるからです。

前コーチのラファエル・アルトゥニアン氏についていたころ、氏についての感想を聞かれ、ニコニコしながら
「怒られても英語がわからないから、なんていわれてるのか判らなくてラッキー♪」
と答えていたことが始まりでした。この子は師に尊敬をはらえないのだろうか?
そしてタラソワからボリショイ劇場への招待を受け、すっぴんボサ髪ポニーテール、洗いざらしのTシャツにGパン、という格好でボリショイに現れたこと。ロシアではセレブの一人であるであろうタラソワに、私は同情を禁じえませんでした。
そして先日の園遊会・・・。
もう、運動馬鹿の世間知らずではすまなくなってくる年齢です。
大丈夫なのでしょうか?

また、これは彼女の責任ではありませんが、TV(特に地上波)があまりにも彼女を持ち上げすぎるあまり、GPSの放映でも彼女の演技のおさらい、おさらいで何人もの選手の演技がカットされたこと。特に、彼女の出場しない男子の放映日にさえおさらいに時間が割かれ、特に放映時間の短いSPはむちゃくちゃでした。

特に、浅田さんの出場したエリックとロステレコム・・・。

御大があれだけ「素晴らしい、」を連呼してくださったエリックのヴォロノフのSP,



最近では4-3.3A,3F(eついてましたが)の揃ったSPなんて、めったに見られるものじゃないのに!地上波ではダイジェストすらなくカットされました。
FSも放送はありませんでした。放映されたのは織田くん、ジュベール、ヴェルネル、ジョニー・・・だったかな。

ロステレコムも、3位でエキシに出場していたボロデュリンがカットされました。彼は、衛星ですらカットでした。台乗りしていたのに!
彼のエキシはまさに「氷上のビョルン・アンデレセン」ともいえるセーラー服。NHK杯ではエキシ順位に入れず、ナショナルではカリンカSP衣装でしたので、彼のこのプロはこの時が唯一の機会だったのです。ストリーミングでこれを見ていましたから、なんとか放送されて欲しい、そしたらファンも増えるかも・・と期待していたのですが。

ロシアでの放映「赤いけし-水兵の踊り」水兵の踊り アルチョム・ボロデュリン


他にも、4大陸のライアンやレイノルズ、といったオタからすれば垂涎、の選手たちが浅田さんの演技のおさらい、または「浅田真央物語」といった放映時間に組まれた特集のせいでカットされました。
マスメディアにとって、彼らは放映するほどの魅力はまだない、まおちゃんのほうが・・ということなのでしょうね。しかし、裾野を広げて行けば・・・というのはオタの贔屓目でしょうか?

なぜこういったことをくだくだしく述べたかというと、外国人男子選手たちのオタからすれば、GPSは彼らを見る数少ない機会であるとともに、一般の、本当に普通の人たちに彼らを知ってもらう数少ない機会だからです。
自分が見るのであれば、衛星放送に契約すればよいし、PCがあれば、ストリーミングやユーチューブ、いくらでも方法はあります。

でも、やはり日本語の解説の付いた地上波で、少しでも多くの人に知ってもらいたい、この日のために練習をし研鑽を積んできた彼らの姿を見てもらいたいのです。そして、彼らの演技をみて少しでも感動してくれたら・・こんなに嬉しいことはないでしょう。
今まで男子フィギュアに興味がなかった方がブログに書いてくださるかもしれない。ファンになってくれる人がいるかもしれない、それをきっかけにショーとかにきてくれるかもしれない・・・
マイナーな男子のオタは、そういったかすかな期待を抱いて大会を楽しみにしているのです。


でも、その機会はありませんでした。言葉は悪いですが、それを妨害した浅田真央、という存在に私は正直憎しみすら抱きました。
彼女の責任ではないのでしょう、マスメディアの意向なのでしょう、でも、「まおちゃんの私生活」みたいな特集できゃっきゃしているのなら、
「もっと他の選手を映してあげて」と・・いや、無理なのでしょうね、彼女や彼女のファンにはそれが当たり前なのでしょう・・・・


理不尽な八つ当たりなのかもしれません、しかし、2005年のGPFからずっとこういった調子がつづいてきて、きちがいじみたファンがついいて、となると、どうしても彼女自身すらうっとうしくなってしまうのです。これで、彼女にそういったことを補いうる人間的魅力があれば別ですが、上記のような状態ですので・・・

フィギュアスケーターの選手寿命は短いです。本当に、今年が最後かもしれない、と思いながらファンは応援を続けています。だからこそ、がんばる選手たちを皆に知ってほしいのです。

こういった、本当にはかない、ともいえる彼ら、その彼らを見る機会、というか知ってもらう機会が少しでもほしいのです。ジャンプ1つ、ステップ1本のダイジェストでいいから・・・と。


******
引用終わり

本当に、地上波放映日前になると、
「今回は何人放映されてるかねぇ?」
が男子ヲタの中では定番ネタとなっているこの状況。


高橋君、小塚くん、羽生君、と複数のメダリストが誕生し、ペアでも高橋・トラン組の活躍、と女子一辺倒だった報道も少しは変わってくるでしょうか。


選手たちの頑張りを伝えたい、と報道に尽くしたスポーツ人、というと松平康隆さんが浮かびます。

巨星逝く(松平康隆元バレーボール全日本男子代表監督)




(ちょっと長いです)

男子に限らず、今までの地上波ではほとんど「なかったこと」状態だったアイスダンスやペアにも光が当たることを祈らずにはいられません。そういう意味では、アイスダンスのリード姉弟や高橋・トラン組のスポンサードを続けてくださる木下工務店さんにも本当に感謝したい。
そして、、今シーズンは少しでいいからこんな報道状況が改善されていることを祈りたいです。



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もう一度。

いつも適切なエントリーを感謝しています。
ボキャが少なく表現の苦手な私は、Doraさんのエントリー、胸のすく思いです。

地上波での放送を見るにつけ、なぜこうも男子が取り上げてもらえないのか、最初は腹立たしいことこの上なかったです。

でも、近年はもう、あきらめムード、動画サイトをめぐって男子を堪能しています。

ただ、会社などにもスケートファンが増えては来たのですが、やはりDoraさん仰るとおり、よく放送されるトップ選手しか名前が出てこない、話していてもかみ合わない、スケートファンにめぐり合うことのなかった頃よりもストレス感じる今日この頃です。

もっとジャンプの得意な人は沢山いるのに!
もっと面白いPGを滑る選手はいるのに!!
スケーティングの綺麗な選手はもっといるのに!!!

ともどかしい気持ちです。

本当に、せめて、男子の放送回くらい、男子の紹介を、演技を見せて欲しいと何度おもったでしょう?

少しでも多くの選手が、放送される日を願ってやみません。

ただ!!私はアイスダンス、ペアが好きなのですが、もうこれは地上波では放送して欲しくない!と感じています。

それ言っちゃうと男子もそうなんだけど、バカみたいに日本人至上主義な番組構成や、スター、アイドル扱いされるのを見るのはごめんこうむりたいというのが理由の一つ。
そして、女子のように、「アゲ、サゲ、ジャッジ批判、陰謀論、etc」はダンス、ペアの世界には入って欲しくない。という理由から。

フィギュア女子のような陰謀論や、○○叩き、ファン同士の言い争いは御免、勘弁。

明るく楽しく、フィギュアスケートをひっそりこっそり衛星やネットで、オタクの世界を楽しみたいと思います。

No title

初めまして。kiemoと申します。本田君の故郷、福島県人です。
彼は郷土の誇りです。
さて、Dora様・・・・素敵です(笑)でも、おっしゃる
通りですよね。私も園遊会の映像を見て「・・・・」でした。
天皇陛下のお招きですよっ!何故あの格好???まわりの大人も
彼女にはNoと言えないのですかね・・・・。誰かTPOという
3文字を教えてあげれば、って思います。
テレビ放送も無駄なVTRなど流さず、
一人でも多くの演技を紹介して欲しいものですね。それこそが
日々血のにじむような努力を続けている選手に対して、
伝える側の責任だと思います。

shuraさん、 kiemoさん

お二人共、コメントありがとうございます。一緒のレスになってしまってすみません。

しかし、正直お二人からご賛同いただけてホッとしました。
フィギュアスケート(特に女子)について書くときには、必ず浅田さんに関しては褒め称えなければならない、みたいな無言の圧力があって、正直このエントリーをあげたときは炎上覚悟でしたから(笑)
実際、炎上仕掛けたこともありますしw(懲りないなー、私も)
ただ、こういう状況はおかしくないだろうか?といつも思うのです。

批判が許されない(もしくは許さない)聖域的な選手がいる、ということは、ファンのそのスポーツへの興味を失わせるだけでなく、選手の技術や努力を見る目を失わせることにもなります。
メディアがこの「フィギュアスケート」というコンテンツを長持ちさせようと思うならば、なるべく数多くの選手に興味を持たせ、ファンの幅を広げることも必要だと思うのです。

shuraさんがおっしゃるように、

>近年はもう、あきらめムード、動画サイトをめぐって男子を堪能しています。

こうなってしまっては本当にヤバイ、と思うのですが・・・・
陰謀論や審判批判が湧いてくるのも、中途半端な伝え方しかしていないからだと思います。
もやもやした気分でいる一般人でも
【プロトコルというこういう採点表があるんですよ】
と示すだけで、だいぶ違ってくるのでは?と思います。

はじめまして、kiemoさん。
福島のご出身ですか。そう、タケシは本当に日本男子の英雄ですよね。彼がいなかったら、高橋君や小塚くんや羽生くんも存在し得なかった、と言っても過言ではないと思います。
そして、私は広島カープのファンでもあるんですが、結構カープには福島出身の選手が多くて、そう言う意味でも親しみを感じちゃいますw

>私も園遊会の映像を見て「・・・・」でした。

あれは、ね・・・・
ああいう時にここぞと叩く週刊誌等が揃って沈黙していたのにも帰って不気味ではありましたが。
ああいう場所は男性ならスーツ、未婚女性なら振袖、既婚女性なら留袖を着ていけばまず間違いなかったでしょうに(パシュートの女子たちは振袖でしたよね)、個性を主張したかったのでしょうか(苦笑)

五輪などのスポーツ報道にしてもやたら感動の押し売りとかが目立ちますが、上質な解説や実況とともに、演技だけを淡々と流してくれるのが一番感動を呼ぶものだ、というのをメディアにもわかってもらいたい、と思います。

悩ましい問題ですね

はじめまして、Dora Quadski様。
Dora様に比べるとまだまだニワカながら、男子フィギュアファンとして日々勉強中のnanaと申します。
こちらのサイトで過去の名選手達の動画を教えて頂き、本当に勉強になっています。

さて、報道の問題ですが…本当に悩ましいですね。
日本のマスコミは以前からアスリートに対してのリスペクトがあまり感じられず、中には「芸能人と勘違いしてるんじゃないの?」というような対応を見せる人がいます。
スケートのみならず、他競技でも『アイドル』になりそうな選手を見つけてはそこに一点集中。これはもう体質なんでしょうね。
更には同じノリで海外の選手に対してもインタビューするもんだから、そんな映像を見せられるとげんなりします。

確かに地上波は視聴率を取らなければいけないので、認知度の高い選手や日本選手をクローズアップするのは解らなくもないんです。
それでも表彰台に乗った選手をカットしたり、選手のプライベート映像に時間を割いたり、人気選手の演技のリプレイはさすがにやりすぎだと思います。
競技としてフィギュアスケートがわけのわからないものになってしまう。
それならせめてルールや採点の仕組みの説明に時間を割いてくれ!と思わずにはいられません。

それでもわずかな希望として、昨シーズンの世界選手権で、評判が良かったのは女子ではなく男子だったこと。
あまりフィギュアスケートを知らない知人が、あの熱戦を「面白かった!」と言ってくれました。
あと全日本も(男子SPまでは)なかなかの良放送だったと思います。
こういう時少しでも視聴者の意見として「良い内容でした」と放送局側に伝えることで、草の根運動ですがすこしでも良くなっていけばと思います。

…ただ今度は男子で煽りそうな気配があるのが怖いところですが。
(若手のホープ羽生VSベテラン高橋とか、絶対王者・パトリックに挑む!とか、若干アレなキャッチフレーズがちらほらと…(汗))

長々とすみません。
これからもお邪魔させて頂きます!

No title

以前、本田くんの記事で感銘を受けてコメントさせていただいた事が一度あるものです。

う~ん。。。。。
どうなんでしょう?
私もフィギュアは男子が好きですけど、こういう報道体制には「持ちつ持たれつ」があって、利益を生んでいる以上は致し方ないような気もしますが。
浅田選手が居て、それで注目度の裾野が広がっている事でテレビ放送が地上波でも普通に日本ではやっている事を思えば、彼女を批判するのはちょっと違うような気がします。
裾野の広がりって、自分が競技をやっているか憧れの対象が出来るか、がやっぱり最初であって、色んな選手を知るのはもっともっと先にあるものですよね。
その一番取っ掛かり安い最たるものが『選手の偶像化』だと思うんです。

私はアメリカ在住なのですが、はっきり言ってグランプリシリーズの地上派放送はありません。
ケーブルのユニバーサルスポーツのみ。
あっても、日曜日の昼に男女どちらかのシングルフリーか無しか。
クワンの居た頃とはずいぶん扱いが違うようですしね、バンクーバーオリンピックなんて時差もないのに生放送ですらありませんでした。
エキシビションも浅田選手も大ちゃん(男子ファンなので失礼します)はカット。
メダリストをカットですよ。
CMにはヒュンダイがバンバン流れてキムヨナは北米人扱い。
スター不在のスポーツなんてそんなものです。
だからアイスショーは席がいつも半分以上空席で、チケットサイトで叩き売りが常。
カートやクーリック、ゴルデーワにサーシャ・・・・いつもガラガラの会場で公演しているんです。

園遊会の服装がどうとかとありましたが、確かあれはドレスコードに対して決して批判されるべきスタイルには当てはまらなかったのでは?
確かに振袖着ていけば外野に色々と言われなくて済んだのになあ、とは思いましたが。
まあボリジョイはいただけないですけど(苦笑)

NHKが放送していた頃はあまり偏りがなかったかもしれませんが、今は趣向を凝らしたアイスショーが日本にはいくつもある。
主要な世界大会や一見お遊びみたいな大会(名前は出しませんけど)日本国内で開催して、しかもテレビ放送までしてくれる。
国別なんて、ISUの公式サイトでしか見れなかったんですよ、海外では。
きっとみんな、そんな大会をやってる事も知りません。
それもこれも、テレビ局がフィギュアスケートを優良なコンテンツだとして扱っている国が日本だけだからに他ならないと思います。
資金力が結局は選手育成やアイスショーの充実に繋がっている事を忘れてはいけないと思います。
あとはこの資金力がリンク存続に繋がるのが一番良いですけど。

・・・・でも世界選手権の解説にアイドルとアナウンサーが同席するのは要らないと、やっぱり思いますけどね~(笑)

こんにちは主様。


おひさしぶりですね(爆



>>フィギュアスケート(特に女子)について書くときには、必ず浅田さんに関しては褒め称えなければならない、みたいな無言の圧力があって、




これはですね・・・・、何となくわかりますよ。あなたと全く同じ事を感じたと書いてもいいかな。あ、でも、真央ちゃんに対してではなく、男子選手に。
ある選手の素晴らしい演技に高得点がでると、毎回、八百長、陰謀と叩かれる事が多いのに、別の彼には褒め称えなければならないような雰囲気だから・・・。同じくらい素晴らしい演技をしているのに、なぜ片方だけ八百長と思われるのか??同じ日本男子でこんなことがあるのは哀しい。事あるごとに震災とセットに彼を語られても「またか……」と思ってしまう自分もいて、好きな選手だっただけに悲しいですが、自国のスーパースターを貶してまで応援したくありません。騒いでる連中は、彼のファンと言うより、日本のエースでスーパースターの彼を快く思わない連中なんでしょうね。




No title

こんにちは。初めてコメントさせていただきます。

ときどきスケート関係のブログをあちこち回ってますが、
Dora様の記事には、いろいろ気づかされることも多く
全ての記事とはいかないですが、拝読させていただいてます。

> 一人でいいから、多くの選手を紹介して!と。
このご意見には、私もそれはもう大賛成!!でして、
正直、選手のオフアイスはどうでもいい派なので、
たとえ好きな選手でも、選手紹介とか私生活ネタとかやる位なら
一人でも多くの選手の演技を放送してよ!!と、
TVに向かって吼えたり、ご意見送ってみたりしてました。
(最近では諦めモードで、自分はBS・CS視聴に避難しました‥)


ただ個人的には、そうやって取り上げられる選手を見て
気の毒だな~と思いこそすれ、憎らしいと思うことはなかったので
今回のDora様の記事にはちょっと意外な感じを受けてしまいました。

最近はまだ浅田選手あたりがメインなのでしょうか?
その前は安藤選手がターゲットでしたよね。
トリノOPの頃なんて、まさにマスコミの格好の餌食になっていて
見ていて痛々しくてしょうがありませんでした。

毎度毎度、誰かをスターやアイドルに仕立て上げて煽りたてて、
そんなことやらなくても、スポーツは十分に楽しめるのに。
どうしてマスコミは余計な加工をしようとするんでしょうね。。

いやはや

はじめまして。
おっしゃることすごくよく分かりますー
いやはやしかしGPSが始まってもう3戦が終わり今日からロステレですが地上波の放送は昨年より更に扱いが悪くなり地方住みの私など中国杯とNHK杯しかTVで見ることが出来ないようです。
昨季のフィギュア放送の視聴率が振るわなかったのが原因でしょうか?ロシア杯はよかったという記憶があります(やはり浅田選手優勝)
朝日は日テレと熾烈な視聴率争いをしているようですから、とにかく数字の取れるコンテンツ以外は放送しないという非常にシビアな放送をしているように感じられます。
中国杯では浅田選手の演技がSPFPともに3回!流れましたよね・・
詳細な視聴率のデータ調査がなされているでしょうから浅田選手の演技の時の数字の出方がダントツに跳ね上がるのだろうと想像できます。
今季の様子を見ていると浅田選手が引退後は地上波の放送は消えるのだろうなあと感じます。(羽生選手の活躍にかかってくるのかな?)
今のTV局に数字の取れないコンテンツの放送を求めるのは残念ですが不可能かと思われます。
危機感を持たなければならないのは日本スケート連盟です。
これだけのスター選手のいる時代にフィギュアの魅力を浸透させる努力を怠っていることは罪が深すぎます。
中国杯後に興味深い記事がありましたので紹介しておきます。(読まれているかもですが)
47NEWS ファンへの情報発信の強化を!  スケート連盟に期待
http://www.47news.jp/EN/201211/EN2012110701001088.html


男子ファンとして一言

日本選手全般のみならず男子の外国人選手応援している身として、くやしい気持ちはわからなくないのですが
このブログを拝見して、それ以外にもブログ主さまがただの男子ファンではなく、浅田選手アンチなのかなというのが言葉の端々から伝わってきて微妙な気分になりました(視点がずれているというか、ゆがんでいるというか…)
敬意を払っていないというのは、たったの一言で決め付けていますしすっぴんとか園遊会云々は言いがかりですよね。特に、タラソワコーチとの話など、ファンかアンチでないと知らない話なのではないでしょうか。
私は浅田選手も応援していますが、知らない話です…
以上の点から、このブログ主さまはただの男子ファンではなく浅田選手のアンチの方なのかなと推測しました。人気選手なのでファンの規模も多く、悪質なファン、またはファンを装ったアンチが一定数存在しているのも事実ですが。
選手の好みは人それぞれなので嫌いな選手が人と違っても別にかまわないと思います。ただ、浅田選手の場合、放送に長い時間費やされているからといって決してあげられているわけではなく、むしろマスコミによりバッシングされている面が大きいので、日本在住の(日本人の)フィギュアファンだとしたら知らないはずはないと思うのですが、その辺の配慮がブログ主さまの側に欠けているのも残念です。(知っていてその部分をあえて取り上げていないとしたら、それこそ悪質です)
取り上げられる=必ずしも応援してもらっているわけではないということです。
と同時に男子ファンがみなこのように考えていると思ってほしくないと思いました。
地上波こそこのような状態ですが、BSでは普通に全選手を見れますし、youtubeなどでも時間をおかずに誰かがUPしてくれます。それに、そこまで好きならケーブルテレビなどの手段もあるわけですから…(好きな選手だったら、躊躇するほどの金額ではないはず)
地上波で放送することでマイナーな選手を知ってもらいたいという熱意も、フィギュアスケートに対するブログ主さまの愛情もいまいち文面から感じとることができず、私が感じ取ったのがただ浅田選手に対する憎しみ…にとどまったのは非常に残念なところです。以上です。

追伸
「戦っているのは彼女だけではない -アスリートが向かい合うもの」
こんな記事を書かれていたんですね…
ブログ主さまが浅田真央選手のアンチだと知らずに普通の男子ファンだと思っていたため見当違いなコメントを書いてしまい、申し訳ありませんでした。(アンチだったらこのような内容で納得です)
しかし日付が上の記事だけ1970-01-01(09:00) なのは何か意味があるのでしょうか。気になりました
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
444位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
29位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR