長沼敦さん・マイナースポーツでの日本人の活躍-水球ハンガリーリーグ決勝

今回は、ちょっとフィギュアスケートから離れた話題を。

日本ではマイナーなスポーツでも、海外で活躍している選手は何人もいます。

今日取り上げるのは、水球の長沼敦選手。

長沼さんは、現在、ハンガリーリーグで活躍中です。彼の所属するエゲル(EGER)というチームは、伝統ある名門で、昨年はリーグ優勝もしている強豪チーム。そんななか、五輪代表選手やメダリストとタメはってレギュラーとして活躍している日本人選手がいる、というのはとても凄いことです。
上海の世界陸上の際にも水球について書きましたが、日本はここしばらくずっと五輪に出場出来ていない。もちろんこれはさまざまな要因があるからではありますが(その辺はいずれ別項でまとめて書きたいと思います。)

さて、その長沼さん所属するエゲルが、ハンガリーリーグ決勝に進出、相手は一昨年の優勝チームのブダペストのVASAS。現在一勝一敗で、日曜日に最終戦が行われ、勝ったほうが優勝、なのだそうです。

それについての長沼さんのブログ

ハンガリーをはじめとする東欧の国々では水球が国技、と言えるほど盛んで、プロチームも沢山あるとか。

そして、このハンガリーリーグ、国内ではかなり注目度も高く、長沼さんがおっしゃるには、プロ野球のフライマックスシリーズ(や日本シリーズ)に近いでしょう、とのことでした
https://twitter.com/#!/atsushinaganuma/status/184588366258511873



そのエゲルで活躍する長沼さんを紹介したドキュメンタリー番組。凛々しいイケメンさんです。確かに「サムライ」というイメージかも。

Idegenlégiósok 2. rész- vízilabda
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=uM0SJw9nzlQ



ハンガリー語わからないので、なんといってるのか解りませんが、言葉にも不自由することなく、チームメイトとなじんでやってらっしゃる様子が伺えます。
それよりなにより、これだけ長い特集を組んでもらえるっていうのが凄い!単なるもの珍しさだけじゃない、それだけ重要なチームメンバー、ということですよね!
凄く嬉しいなぁ。

エゲルの町並みを見ると、歴史のある古い街、という印象です。日本で言うと、欧州の小国からやってきた野球選手がドラゴンズやタイガースで活躍している、といったイメージでしょうか。
街をゆく人々に「日本のイメージは?」とたずねている(多分)シーンがありましたが、皆さん口々に
「サムライ」「ジュードー」「アイキドー」などとおっしゃっていたのが印象的でした。そういえば、東欧の国は柔道強いところ多いもんなあ。

マイナースポーツでも海外でもこうやって地道に実績を上げている選手がいる、ということに注目してもらいたいし、こういったことをもっともっとマスメディアには伝えてもらいたい。

ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 水泳
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
8位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR