スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生結弦、来季のコーチをオーサーに依頼

こういうニュースが入ってくると、ああ、今シーズンも終わりなんだなー・・としみじみしてしまいますが。
昨日、今シーズンワールド3位となった羽生君が、来季からのコーチをブライアン・オーサー氏に依頼、というニュースが入ってきました。
これは非常によい選択なのではないか、と思います。

技術的な教え、という意味でもそうですが、オーサーはともかく人脈がしっかりしている。そして、年齢的にままだ氷の上で滑って見本を見せられる年齢でもある。ちなみに、彼の師でもあるダクラス・リーは本田武史の師でもあります。そして、ダグのいるマリポサスケートスクールは、というとリー・バーケルコーチをはじめ選手、元選手ではジェフリー・バトル、ジャアニー・ロシェットを排出した一流どころで、日本にもなじみが深い。

オーサーはキムヨナのコーチ、ということで名がしられていますが、今年はフェルナンデス、ラヤの両ハビエルを教えてもいましたし、以前はリッポンも教えていました。リッポンは今でこそは彼からはなれていますが、モロゾフ門下で2008年Jr.ワールド3Aなしで優勝して物議をかもした翌年、オーサーのところに移って3AをFSで2本しっかり決めてJr.ワールド連覇を飾っています。リッポンがきっちり3Aを入れてこられるようになったのは、オーサーの力が大きいと思う。

また、意外に皆さん見落としているのが、彼は選手時代にものすごい修羅場をくぐっているんですね。
サライェヴォ五輪では、コンパル7位と出遅れ、SP1位、FSでは3A初成功を伴う1位となるも、コンパルの出遅れが響いてベテランのハミルトンに届かず銀。

サライェヴォ五輪のオーサーFS(五輪初の3A成功)


そして、ワールドも1984~1986年と三年連続銀メダル。「シルバーコレクター」とも言われてきました。
そして、1987年、五輪前年のワールドで初優勝。1プロで3A2本成功、させた世界チャンプ、というのは当時初でした。
Brian Orser (CAN) - 1987 World Figure Skating Championships, Men's Long Program


セカンドT,セカンドLo,3A2本、そしてラストのジャンプシークエンス、と素晴らしいウェルバランスのプロです。特に4分すぎに2本目の3Aを持ってきているのが凄い。

そして、前年世界チャンプ、ホスト国のエース、として臨んだカルガリー五輪では「ブライアン対決」として有名な、ブライアン・ボイタノに敗れて銀。
3Fのステップアウトがなかったら、どうなっていたわからない、本当に僅差の戦いでした。

国の期待を一身に受ける、という名誉もプレッシャーも、そしてその中で戦うことの重みも、敗北の苦味も勝利の喜びも知り尽くしているスケーターの一人だった、と言ってよいでしょう。

これは、彼がコーチとなって、選手のメンタル気遣う上でものすごく大きな財産となっている、と思います。

そして、アマ引退してからはさまざまな選手の振り付けに携わったり、座長公演を行ったり。これは、人望がなければ出来ることではありません。

弟弟子でもあるストイコのオーサーの紹介


オーサーの師であるダグラス・リーはタケシの師でもありますから、この人脈を利用しない手はない、とずっと思っていましたが、羽生君が行くとはねぇw

ジュニア上がりの頃はFS後半になるとスタミナが・・だったヨナを、バンクーバーでは後半に3Lz,そして2Aのコンボをコンスタントに入れてくるまでに鍛え上げたオーサー。まずはお手並み拝見、というところでしょうか。

ぜひ新しい羽生君の魅力を引き出してもらいたいですね。

ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ナイス選択

私も素晴らしい選択だと思います。
浅田選手とキムヨナ選手の事を持ち出して、色々なブログが大変な事になってます!

仙台ではなかなか練習も積めないでしょうし、コーチもシニア男子選手をみた事がないからメンタル面を心配していらした様ですし、これで安心ですね。


設備も素晴らしいですし、ジャンプ、スケーティングを学びたい羽生選手にとっては良い環境ではないでしょうか。


まぁ、羽生選手は海外に行くならロシアかな?と勝手に考えていたので、最初は「へー、何か意外ー」と思っていましたが、今はクリケットで良いかな、とも思えました。

Pチャン選手の基礎が詰まった場所ですね。
検討を祈ります。
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
27位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。