「P・チャンは世界王者にふさわしかった」ロシア人コーチ、エフゲニー・ルカヴィツィン、世界選手権総括 

エフゲニー・ルカヴィツィン・・・といっても誰?という方が多いかもしれません。

現在マカロワやメンショフなどのコーチの、大柄で坊主頭の、まさに「インテリジェントな海坊主」という雰囲気の方です。

↓冒頭とキスクラにいる白と黒の千鳥格子のマフラーをしてるおじさま(笑)
メンショフ 2011年欧州選手権


彼の今回の世界選手権(ニース)のインタビューがありましたので訳してみました。先ほどいくつかにわけてTLでもつぶやいたのですが、ここにまとめて。
かなり意訳が入っていますが、誤訳があったらご指摘ください。

++++++++
パトリック・チャンの世界選手権チャンピオンは正当である

「カナダのP・チャンはここニースで、彼にふさわしい勝利を得た。」
ルカヴィツィンは言った。
「チャンはFSで、4-3コンボを含む2本のクワドを決めた。確かに演技にはいくつかのミスがあった。しかし最終的にはそれを補ってあまりある素晴らしさがP・チャンにはあったと私は思う。確かに彼は完璧ではなかったし、アクセルの転倒もあった。しかし今日降りてみせた美しいクワドを見てもわかるとおり、彼は強い。正確な人間でもミスはする。私は彼の勝利が公正であったと思う。」

ルカヴィツィンは銅メダリストの羽生と、4位のジュベールに注目していた、と述べた。

「私は羽生に注目していた。彼は素晴らしい可能性を秘めている。限られたエリートの一人だ。このワールドでもトップスリーに入る。ジュベールに関しては4位は残念だが、仕方がないだろう、彼は力を出し切っていたと思う。」

期待されつつも9位と崩れてしまったスペインのフェルナンデスについては、過度の期待がスケーターを押しつぶした、と語る。
「今回、多くの人々が(これはフィギュアスケートとしてはスペイン初のメダルである、ということも鑑みてだと思います)彼にメダルを期待した。それが彼の中で大きな負担となったのだろう。スケーターの精神状態を分かってやって、それをフォローするのも指導者の大切な役割だ」
とルカヴィツィンは示唆した。

「「このワールドは、多くの人々が言うとおり、特に男子シングルにとって非常にハイレベルな大会であったと言うのが個人的な印象だ。各国のレベルは上がっているし、特にロシアは1枠となってしまったので、これからの我々の戦いは厳しいものとなるだろう」
とルカヴィツィンは締めくくった。

――本文――

+++++++

ルカヴィツィンは、ロシアの若手コーチの一人ですが、非常に新採点に向けての理解が深く、かつもののよく見える人だと私は思います。
どちらかというとジャンプ偏重で、国際大会でなかなかPCSが上がらないロシア選手の多いのを憂い、ルカヴィツィンコーチは昨年で現役を引退したアイスダンサー、ヴァレンティン・モロトフさんをルカ組のコリオアシスタントにスカウトしました。
実際、リンクで見本を見せられる指導者がいる、というのは選手にとってとても大きいメリットがある、と思います。そしてこのモロトフ、アシスタントだけではなく、ルカ組のノービスの子の振り付けも行なっているようです。こうやって、次代の指導者をも育てているのですね。

練習風景
Konstantin Menshov, SP 2011-2012, practice


モロトフ現役時代
Angelina TELEGINA Valentin MOLOTOV 2011 FD Russian Nationals (6位)


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR