セルゲイ・ヴォロノフ無事予選通過! インタ2つほど

いやー、もうハラハラして「おかん」状態でオンリザ観戦してましたが、なんとか無事に予選通過できて何よりです。
一安心したところでセリョージャのインタを2つばかり。

こちらはISUのサイトに載っていたもの。

『Pagliacci』のヴォロノフのプログラムは、2つの3A、4つのトリプルジャンプ、2つのレベル4のスピンが見どころだったが、彼は3Fをダブルにしてしまった。ナショナル銅メダリストの獲得ポイントは128.47だった。
「私は、この大会に向けて良いスタートを切ることが出来ました。この氷上で挑戦し、そして自分のスケートを楽しんで滑ることができました。まずはっきりと伝えたいと思ったのは、私を今まで支えてくれた他者のために、そして第一に観衆のみなさんのために、ということです。だって観衆の中には、モナコの王子様さえいらしたのですから!」と24歳の青年は言った。
コスチュームを変えたことについて尋ねられると、
「実は、これはSPの為のものなんです。私のガールフレンドがデザインに携わってくれました。本番で身につける前に、着心地を試したかったんです」と、説明した。


++++++++++

こちらはロシアのスポーツサイトから。

セルゲイ・ヴォロノフは世界選手権予選において、クワドを回避した。
ニースに渡航してから、古傷の再発防止のために4回転の練習を避けてきたが、結局回避することを決定し、ニコライ・モロゾフはフリップジャンプとアクセルジャンプにおいていくつかの変更を行なった。
そしてヴォロノフは128.47点を獲得し、本戦に出場する権利を得た。

「予選を通過することが何よりも大きな問題なのです。だからこそ、僕はクワドを行わなかったんです。確かに、この世界選手権の準備中、足に関してはさほど重要でない問題は起こりましたよ。あと他に2つのプロが作れる位ね」
とヴォロノフは冗談交じりにレポーターに言った。(↑すみません、このへんちょっと自信なし)

「クワドを実行することなく、かつプログラムの程度を上げねばなりませんでした。ですから、3Aの3連のコンビネーションを後半にもっていったのです。今回の場合、原則として(1つのエレメンツの)点数が大事なのではない。だから僕はそうした(クワドを抜いた)んです。
もちろん我々には、程度の高いスケートをしかもミスなく行うことが求められます。しかし、今の僕にとって重大な問題だったのは、予選で高得点を上げることではなく、本戦に出場することが全てだったのです。予選を突破出来ることがが決定して、僕が次に行うべきことが見えた気がしました。」

ヴォロノフは、会場を訪問したモナコのアルブレヒトⅡ世の皇太子に感謝の言葉を述べた。そして、
「僕たちを支えてくれた観衆のみなさんの気持ちが本当に嬉しかった。そして僕は殿下がアリーナにお入りになるのも見ました。殿下が我々の競技に興味を持って下さっている、というのはとても喜ばしいことです。ロシアでは、まだこういったケースは見られませんから。」

   ――― 中略 ――― 

欧州選手権のあと、SPを変えることが決定された、とヴォロノフは言う。

「僕はSPをサッカーをテーマに作っていたんだけれど、どうもこれは合わないように思ったんです。そういうわけで、僕はプロを変えることを決意してコーチに相談しました。新プロの開発は欧州選手権の直後に始まりました。SPでは・・」

ヴォロノフは述べる。

「4回転ジャンプを跳びたい。僕は、最大にして最高の選択をしたい、そしてそれに挑みたい。」

「そして、僕はその全てが達成されることを心から望んでいます」

と、ヴォロノフは結論づけた。世界選手権男子SPは金曜日に開催される。

― 本文 ―

今年はガチンスキーの陰に隠れてはいますが、2008年はユーロ4位、同年のワールドではFS4位となってワールドひと桁、の経験もあるセリョージャ。病気やケガなど不運も重なりましたが、なんとかここで復活してもらいたいものです。

セルゲイ・ヴォロノフ 2008年 世界選手権 FS



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
27位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR