『カルメン オン アイス ― Carmen on Ice―』

        b        v、v        お

 カルガリーオリンピックのカタリナ・ヴィットの『カルメン』といえば、覚えてらっしゃる方も多いかも。

ただ、この時のヴィットは安全策をとってのダブルジャンプ(当時はプロ全体での評価だったため、演技の流れを切るジャンプでの転倒は致命傷になりかねませんでした)が多かったですが、サライェヴォ五輪優勝時のヴィットは2Lz-3Tをはじめ、演技の中で複数のトリプルジャンプをコンスタントに決めてくるジャンプ技術の高い数少ない女子スケーターでした。


 あと、この大会の男子フィギュアで話題だったのが、カナダのオーサー、アメリカのボイタノの「Wブライアン対決」でした。

 この、ヴィットとオーサーとボイタノ、この三人をキャストに作られた、まさに“氷上のカルメン”がこれです。
1992年の、セビリア万博に因んで作られたもののようです。これはもう、アイスショーの範疇を超えているような気がします。
 スケート靴を履いた無言劇、とでもいいますか。

『カルメン オン アイス ― Carmen on Ice―』 Ⅰ


part1から10までに分かれて入っていて、なんと、全編がみられます!

 ちなみに、カルメンがもちろんヴィット、ドン・ホセにボイタノ、エスカミーリォにオーサーです。
 三人のキャスティングがぴったりだったのもよかったです。美しく妖艶なヴィットのカルメン、いかにも純朴な田舎伍長、男の純情、って感じのボイタノのドン・ホセ、そして、ラテンの男の大人の艶気をかもしだしてくれるオーサーのエスカミーリォ。

  とにかくお勧めです。お時間があったら、ぜひ、パート10まで通しでご覧ください。
 
 私は・・といえば、オーサーがよかったですねぇ。エスカミーリォ登場の酒場のシーン。
 これはフィギュアスケートならではの表現ですね。
エスカミーリォがとにかくカッコよかった!カルメンがドン・ホセから彼に心変わりしたのがものすごく納得できるシーンでした。

エスカミーリォ登場のシーン(5分くらいから)

このエスカミーリォのソロのシーンは是非ショープロで演じてもらいたい。今だったら、なんです君当たりに是非。

あと、すんばらしかったのがこのパート7のホセとエスカミーリォの決闘シーン。

ライティングが秀逸!なのと、二人の男の表情が素晴らしいです。言葉がないからこそ訴えかけてくる、というか、ボイタノとオーサー、2人の演技力、というか表現がすばらしいです。
 カルメンを繋ぎとめようと必死なホセに、勝ち誇ったような笑みで応えるエスカミーリォ。大人の男の“ワル”な魅力が満載!思わず、キャー!と叫んでしまいそう(笑)

 お時間ない方は、
パート2(カルメンの誘惑)
パート4(エスカミーリォ登場)
パート7(ホセとエスカミーリォの決闘)
パート9(ラストシーン)
だけでもごらんください!

写真)
左)カルメンに心を奪われるドン・ホセ(ブライアン・ボイタノ)
中央)エスカミーリォ(ブライアン・オーサー)、カルメン(カタリナ・ヴィット)、ドン・ホセ(ブライアン・ボイタノ)
右)登場シーンで見得を切るエスカミーリォ(ブライアン・オーサー)


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR