スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは月夜の暴走族・・? メンショフさん、新FSを語る

先日のろしあんテストスケートで、シニア男子のお気に入りプロが
コースチャのFS
セリョージャのSP
チョーマのSP(ただしこれはジャンプが決まれば、ですが・・)
ドミ息子のSP

だったわけなんですが・・・その中でも特に一目で気に入ったのがコースチャのFSでした!



その日のうちに「月夜の暴走族」と名づけて、結構リピしていたんですよねー(笑)
プロ見てたらふっとこの言葉が浮かんじゃってww

バイクを運転するような仕草とスピード感がコースチャにぴったりで。それも、どちらかというと細身でクラシカルな、まさに「鉄馬」っていう感じのネイキッド・タイプのバイクが似合いそう、とか妄想して。

トライアンフ・スクランブラーとかぴったり来そうだよなあ、クラシカルなデザインでいて技術は最新鋭、なんてところも・・・などと考えていたのでしたww
ちなみにこんな感じのバイクです
トライアンフ・スクランブラー
t

そしたら、今日上がったインタを見て思わず吹きましたww

遅咲きの花、メンショフは静かに競技会に挑む

main_php_g2_view_core.jpg

+++
とりあえず、このFSに関して触れているところのみ抜き出してみます
+++

そのロングプログラムは、Black MachineとKill Bill、そして中央部分には鳥のさえずりが強調されているClair de Lune 、というちょっと突飛なようにも感じられるであろう組み合わせだ。
が、実はその裏には物語があるのだ。

「私はサンクトペテルブルグやモスクワの、悪夢のような交通渋滞に疲弊し、疲れ果てたオートバイレーサーなんです」
メンショフは語る。
「まあ、モスクワのそれはサンクトよりは少しはましですけれど・・でもやはり交通渋滞はものすごいですよ。
Clair de Lune の部分が、いわば“癒し”の効果を果たすわけです」
と、メンショフは説明する。
「私は美しい風景を眺め、疲れからも、そしてオートバイからも開放されるのです。そして、この美しい景色によってくつろいだ私は、再びバイクレースの世界へと戻ってゆくのです。
そう、私はロードレーサーです、渋滞に悩まされることなく、全速力で突っ走りたいのです」
スケーターは振付師、コーチと共同でこのプログラムを作り上げた。
「私はフリープログラムのために音楽を提案しました。そして、振付師のオルガ・グリンカは音楽をショートに提案しました」
と、メンショフは述べた。
「イリヤ・アベルブフは、我々がフリープログラムをまとめるのを手伝ってくれました。 私がオートバイ・レーサーであることは、彼の考えでもありました」と、彼は付け加えた。

++++

大分意訳入ってますので、誤訳ありましたらご指摘ください。ただ、これはとても興味深いインタビューだったので、いずれフルに訳してうpしたいと思います。

+++++


いやー、しかしやっぱりこのFSのなかでコースチャはバイク乗りだったんですねー。このプロ初見で見抜いちゃった自分に感動(というか自己満足wwww

衣装は是非、黒のシンプルなレザーのライダースーツ風(赤か白の挿し色が入ってもいいな)でお願いしたいですねぇw

28歳、早速クワドも決めちゃってるんですから、月夜の暴走族、今年もどうぞ突っ走ってください!


↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
24位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。