FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドミトリー・アリエフ、SP3位発進!1位はコリャダー ―フィンランディア杯2018

小FDovxv_hU4AAM1kB
(フィンランディア杯2018SPより)


さて、今週はスケオタデスマーチ第一のピーク、という感じですかね。フィンランディア杯、各地のブロック大会、ジャパンオープン、といろいろな試合が重なって、嬉しい悲鳴!?
自宅観戦でもさまざまなライストやリザルトを追うのが大変です。

というわけで、まずはフィンランディア杯男子。
新鋭、ベテラン、怪我から復帰してきた選手、と様々な人間模様が演技からも垣間見えて、非常に興味深い大会です。SP終了時点での結果は、といえばこのようになりました。

FDowBVj4UUAAtbOp.jpg

それでは、動画行きます。

まずは、3位発進となったジーマ。

ドミトリー・アリエフ フィンランディア杯2018 SP

こちらがプロトコルです。
FジーマSPScreenshot_2018-10-06 CSFIN2018_Men_SP_Scores pdf - CSFIN2018_Men_SP_Scores pdf
うーん、最初の4Sの回転不足の転倒が痛かったですね。あと、3T-3Tのコンボは本来は4T-3T予定で、SPクワド2本の構成なのでしょうが、今回は安全策を取ってトリプルできました。しかし、クワドを入れるつもりではいたのでしょうね、最初から安全策を取るのならコンボは3Lz-3Tだったでしょうから。
相変わらずのしなやかで柔らかい動きとシームレスなスケーティングは健在。それがリリカルな曲調にとてもあっていて、こういう表現はもう、ジーマのお手の物という感じです。ステップではこのスケーティングを活かしてステップレベル4をとりました。しかし、スピンが全部レベル3だったのが気になります。元々彼はスピンが得意な方ではないのですが、ジャンプの基礎点が下がった分、スピンステップの重要性が増してくるので、ここはしっかりレベルを取ってもらいたいところです。
そして、PCSを40点台にのせたのはジーマと1位のコリャダーのみ。これがFSでどのようなアドバンテージをもたらすか、にも注目です。

次に1位通過のミハイル・コリャダー。

ミハイル・コリャダー フィンランディア杯2018 SP

こちらがプロトコルです。
FミーシャSPScreenshot_2018-10-06 CSFIN2018_Men_SP_Scores pdf - CSFIN2018_Men_SP_Scores pdf
最初の4Tの転倒、そして3Aの着氷乱れ、とジャンプの調子はあまり良くなかったかな。しかし、得意のルッツジャンプの高さはさすが。しかし、本人的には不満足そうで、キスクラの顔が怖かったです。
けれども、スケーティングの旨さはさすが。やはり頭ひとつ抜けていますね。PCSを見てもそれがわかります。また、このSPはランビエールさん振り付け、ということですが、やはり、スピンの入り、出の部分の細かい腕使いや緩急のつけ方に、彼の影が伺えます。といってもコリャダーの個性が消えているわけではない、というところに2人の良さがミックスされていて、とてもいいプログラムなんじゃないかと思います。
これからの調整がうまくいけば、3Lzをクワドにして、4回転2本構成でくるんだと思いますが・・・
GPSを楽しみにしたいですね。

2位のジュンファン。

ジュンファン・チャ フィンランディア杯2018 SP

こちらがプロトコルです。
FジュンファンSPScreenshot_2018-10-06 CSFIN2018_Men_SP_Scores pdf - CSFIN2018_Men_SP_Scores pdf
上の2人に比べると、動きにちょっと物足りないところはあるかなー、と思いますが、足元の上手さ、そしてスピン、ステップオールレベル4を揃えてくるところがすごい。TESではトップです。
ジャンプは、4Sこそは回転不足を取られたものの、3Lz-3Loを成功させたことに注目したいと思います。セカンドループもしっかり回りきっていました(加点1.08)
これからはスピンステップレベル4を揃え、なおかつセカンドジャンプはトウループではダメ、という時代が来るのかもしれません。そんな未来を予感させる、楽しみな次世代スケーターです。

上位3人の次は、心に残ったスケーター達を順不同で。


まずは、山本草太。
長く足の怪我に泣かされ、大きな国際大会にやっと復帰、というところまで来ました。同期のアリエフやネイサン、といったスケーターたちが活躍しているのを横目で見ながらのリハビリの日々、辛かったと思いますが、よく帰ってきてくれました!

山本草太 フィンランディア杯2018 SP

ジャンプは3Aまで。でもコンビネーションに失敗はありましたが、とにかく、おかえりなさい、です。


そして、ニコラス・ナドゥー。彼も怪我からの復帰組です。昨期も試合に出てはいましたが、まだ怪我か治りきっていないのか、もどかしそうに滑る姿が目に焼き付いていただけに、今回の完全復帰は嬉しい。

ニコラス・ナドゥー フィンランディア杯2018 SP

紳士服モデルのような体型から繰り出す小洒落た雰囲気。これは彼独特ですね。北米っぽいツルツル滑るスケーティングと、それに溶け揉む動きの数々。怪我、という足かせから解き放たれ、自由に滑れることの楽しさを謳歌しているような演技でした。


そして、昨期のフル回転の出場を持って、“すべてのスケオタの弟”的な存在となったマッテオ・リッツォ。

マッテオ・リッツォ フィンランディア杯2018 SP

本当に見るたびに上手くなっていくようで、思わす応援したくなってしまう選手です。エレメンツを1つ1つ丁寧に、大事にこなしてゆくさまに非常に好感が持てます。

本当は全部の選手をご紹介したいくらいなんですが(それほど“濃い”メンバーぞろいでした!)このへんで。

今日はフリーが行われますが、全ての選手が怪我なく、満足のいく演技ができますように!

ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
25位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。