FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリョーナ・レオノワ:「私が現役を続けるのは競技への愛からです」 スケートアメリカ2017後インタビュー


小DPhr92_UIAAfob3
(スケートアメリカSPより)


スケアメも終わり、GPFに向けて滝のように出てくる情報を整理しつつ、今日見つけたのがアリョンカ(レオノワちゃん)の二本のインタビューでした。読んでいて、もううるうるきてしまって、これはぜひ皆さんに知ってもらいたい、と彼女の言葉のみツイしたのですが、そしたら驚く程反響いただいてしまって。以前もお話したように、インタは流れが大事、と思ってるので抄訳や部分訳はなるべくしないようにしてるのですが、やっぱりこれは少しでも早く、多くの人びとに知っていただきたい、と考えたので、彼女の言葉のみ抽出してお伝えすることにしました。いつものように、ロシア語者の友人にチェックをお願いしました。本当にありがとうございますm(_ _)m

++++++++++
<アリョーナ・レオノワ:私が現役を続けるのは競技への愛からです>

正直言って私には、スケートをして観客に喜んでもらうこと以外のことはできないと思っています。そして自分自身も滑りから楽しみを受け取っています。私は、拍手、声援が大好きです。私にとって、彼ら観客が私を忘れないでいてくれると感じられることが重要で、これら全てが私のモチベーションになっています。

=====ロシア語本文=====

ここで記したのは本文の緑枠の彼女の言葉ですが、ほかにも彼女は、現役を続ける動機付けとなっているものとして、ファンの応援をあげており、また自分の競技生活の中で、ターニングポイントとなったのが昨年、最下位に終わったGPSフランス大会である、とも述べています。どん底を味わったベテランがどのように気持ちを立て直し、今年のこの安定した成績につなげているのか。(いや、順位的には決して高い、とは言えないかもしれませんが、今年の演技の安定度はここ数年の彼女とは比較になりません)
彼女もそれに手応えと自信を感じているようで、その旨インタの中でも述べています。

今年は彼女によく似合ったプログラムが揃い、ロシア選手権でも久しぶりに上位に食い込んでくるのではないか、と期待しています。
SPはちょっとコケティッシュな大人の女性っぽいプログラム。トロッとした歌声と、彼女の豪速スケーティングがミスマッチそうなんですが上手く溶け合って、見事な「レオノワ色」のプログラムになっています。衣装もシックで素敵。くるくる変わる表情がとっても魅力的です。点数が高かったのはスケアメですが、ハツラツとした彼女らしい雰囲気を感じたのはNHK杯の方なので、こちらを。
<SP>


そしてFS。インド映画のサントラから。こういう世界は本当に彼女独自のものですね。そして、指先や表情にも細かく気が配られていて、表情の音ハメ(これは彼女のプロ全般に言えますが)も素晴らしい。
もう1本のインタビューでは、スケアメの際、評価の低さにショックを受けた、と言っていましたが⇒こちら
確かにほとんどノーミスで終わりには激しいガッツポーズ、からのこのキスクラの表情を見るとそれが伺えますね。
<FS>


ジャッジスコアを見てみますとこうなっていて、
Screenshot-2017-11-27 gpusa2017_Ladies_FS_Scores pdf - gpusa2017_Ladies_FS_Scores pdf
ジャンプは回転不足もエラーも一つもなし、スピン・ステップはオールレベル4、エレメンツはずべてGOEプラス、と非の打ち所がないはずなのですが・・・・
いかんせんPCSが低い。もうちょっとくれよー、とか思っちゃいますが(笑)。
特に競技者の独自性、というか個性を評価するのであれば、後ろ3つはもうちょっと高くてもいいんじゃないかなー、と思います。でも、逆を言えば27歳のベテランにしてこれだけのTESを出す力を持っていて、テクニカル面ではまだまだ若手と伍して戦える、というのはすごいことなんじゃないか、とも。ただ、PCSは一朝一夕に上がるものではないし、だから彼女はショックを受けたんでしょうか。ただ、こういう(言葉は悪いですが)奇をてらった感のするプログラムにはジャッジもなかなか点を出しづらいのかなぁ。

でも、こういった自らの努力をくじかれるような思いをすることがあっても、スケートへの愛情とファンへの思いを語ることのできる彼女を、私は本当に尊敬します。我々ファンの思いが彼女が続けていく力になる、というのなら、もうなんでもしてあげたい。
ただ、この文からだと、「現役を続ける」のが「来期を含めてこれからも」なのか否かはちょっと読み取りにくいです。でも、本当に続けてくれたら嬉しいなぁ。彼女はなんといっても、このロシア女子黄金期を拓いた功労者なのですから(このことはいずれまた)。

ショートカットのあどけない女の子が、失敗演技のキスクラでヘーゼルのおっきな瞳に涙をいっぱい貯めて、それでもとなりのコーチに心配かけまいとしてか、必死に涙をこらえてる様子を見て、「あああああアリョンカなかないでええええ」とこっちが泣いちゃったことが昨日のように思い出されるのに(今も思い出し涙(笑)、こんなに素敵な女性になって。

セリョージャといい、アリョンカといい、今年はロシアのベテランの凄みをつくづく感じるシーズンです。

最後にこの写真を貼っておしまいにしましょう。セリョージャとアリョンカです。多分2009年のロシアンナショナル後かな。あの頃から今まで、本当にいろいろなことが2人にはありました。まさに「艱難汝を玉にす」を地でいってきたふたりです。これからも少しでも長く現役を続けて欲しい。そう思わずにはいられません。

10261139_725777794146610_702488290_n_201711280419063e3.jpg


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
25位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。