加筆・修正】セルゲイ・ヴォロノフ:「今日、僕は自らのできる限りのことをした」―スケートアメリカインタビュー

CvZICMbUIAIzqBqs
(スケートアメリカSPより)

スケアメ後のセリョージャのインタビューが上がっていました。聞き手はタチアナ・フレイドさん(前回のネペラ杯のインタと同じ方⇒ネペラ杯インタ)です。
今回も、ロシア語者の友人にお世話になりました。本当にありがとうございます。いくら感謝してもしきれません。m(_ _)m

++++++++++

<セルゲイ・ヴォロノフ:僕は今日、自らのできる限りのことをした>

グランプリシリーズ「スケートアメリカ」において4位に終わったセルゲイ・ヴォロノフは、この大会の自らの演技についてこのようにコメントした。

「“スケートアメリカ”はけして容易い競技会ではありませんでした。しかし、それについてくだくだしく述べるのはやめておきましょう。率直に言えば、強い選手が揃い、彼らは皆すべて、みんな実力に相応しい滑りをしました。 また、完全に崩れてしまった選手たちもいませんでした。
今日、僕は自分が出来ることをやり、良い状態でエレメントを見せることができました。 これは僕が色々と我慢を重ねている練習の結果です。練習では常に全てが上手くできるわけではなく、時によっては難しいことがあります。

そして、皆が頻繁に僕の年齢を思い出させてくれますよ。
けれど、それがなんだというんです!歩を踏み出して、先に進むんです。北京で会いましょう、そしてまた話しましょう。

もちろん僕は今日の演技には満足しています。どうしたら、不満足でいることができるんです?自分のために僕は多くの点数を獲得したというのに。
ええ、僕は4位です。残念ながら、上位3位内には入れませんでした。しかし、僕はそれが困難であることは分かっていました。確かに、SPでとても愚かなミスをしました。それがなければ、(上位3位内に入ることは)可能だったかもしれません。
が、結果として残るのはやったこと、それがあるだけです。

しかし、僕は数種類のクワドが跳べる世界選手権3位の選手より上に行くことができましたよ?それに関して、僕は誇りに思います。ボーヤンより上位であったことを誇りに思います。ええ、ボーヤンは確かに調子が良くありませんでした。僕も良い滑りをしたわけではありません。それに関しては反論はしません。しかし、これは事実です。

フリープログラムは僕は感情をこめて滑りました。.僕はこの音楽を大変気に入っています。.
僕は、この「ミューズ」の曲で滑ったアシュリー・ワグナーの演技を、わざわざ見に行きました。これだけの滑りができるなんて!(訳注1)
女性はこのように滑らなくてはならない。 感情をこめて、音楽を感じて。
彼女がこのような気合をこめて滑るのを見て、僕は昨日考えたのです。そしてますます興味が沸いてワクワクしてきました。
僕は、この曲の自分のプログラムをどのように感じて滑るんだろうか?とね。
僕が既に述べたように、この曲は「分子に分解する」んです。そしてこの音楽ははとても僕の滑りを助けてくれます。

ブラチスラヴァの後、我々は特に変えることなく、通常通りの練習をしていました。
.僕はすでに経験のあるアスリートで、僕には僕の練習のシステムが確立されています。 .
ええ、インナ・ゲルマーノヴナ(ゴンチャレンコ)と僕は均等化するように、何かを変えようとしたりして努力はしていますが、あるがままになっているのが現状です。 しかし、もしもそれが良い方向に機能しているなら、いいじゃないですか。
良いプログラムを振付し、良い衣装を縫わなくてはなりませんでした。衣装はどれも大変気に入っています、特にSPの衣装が。
僕は衣装に「引っ張られるようにして」滑っています。(訳注2)

それから先は?練習すること。自分を愛すること。ちなみに、これは大変重要なことです。
そして、皆に感謝します。僕を信じてくれている、僕の家族、親しい人々皆に。」

(訳注1)Это уровень.言葉通りに訳せば“これは水準(level)です”ですが、ロシアの方に聞いたところ、ここは「こんなふうに滑ることが出来るなんて!」というような感嘆の表現なのだそうです。
(訳注2)これは凄く気に入ってる、という表現なのだそうです。超気持ちが良い、ということのようです。

=====ロシア語本文=====

+++++++++++

本当に、言葉の端々から充実した日々が過ごせていることが伺えて、ほっとしました。彼自身、スケートアメリカは2度目(一度目はシニアにあがったばかりの2006年)ですが、メンバーを見て、上位進出は困難、という自覚を持っていたようです。ただ、その中で現在の自分の力を出し切れた、それに関しては満足しているようですね。ジャンプ構成(特にエラーのあるフリップを入れている理由など)については語られていませんが、いずれ彼の口から明らかになるでしょう。
シーズンはまだ序盤ですが、良いスタートが切れてよかったです。

そしてプログラム、特にFSは評判が良いようで、PCSでも高い点が出ていました。次の中国杯が本当に楽しみです!


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
527位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
28位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR