セルゲイ・ヴォロノフ ベテランの再出発 ―スケートアメリカ


CveHwIEUkAE93PF.jpg
(スケートアメリカFSより)
グランプリシリーズ第一戦となるスケートアメリカが終わりました。
<リンク>
スケートアメリカリザルトページ
男子SPジャッジスコア
男子FSジャッジスコア

結果は宇野君1位、ブラウン2位、リッポン3位、となりました。そして今年29歳(多分GPSメンバーでは最年長?)今シーズンからコーチを変えて再出発をはかるセリョージャことセルゲイ・ヴォロノフは4位でした。ネペラ杯の優勝といい、今大会の4位といい、シーズン初めとしてはなかなか良い滑り出しだったのではないかと思われます。
また、TV放映では、織田くんが彼の人間性について触れていたそうですが、宜しければ彼のインタを読んでくださると嬉しいです。
セルゲイ・ヴォロノフ:「エテリ・ゲオルギーエヴナの所でも、インナ・ゲルマーノヴナの所でも沢山の練習を積まねばならないことに変わりはない」

SP「私の、生きる肌」サウンドトラック

冒頭の4Tで転倒するも、3Loにしっかりセカンド3Tをつけてリカバリー、最小限の減点にとどめました。スピンも丁寧で美しく、全てレベル4。
ただ、曲が重苦しく難解な感じがするので、一歩間違うとただの地味プロになってしまいそうですが、そこはベテラン、しっかりとした表現力で、PCSも出ました。
衣装も、ストーンの渋い輝きが印象的で、よかったんじゃないかな、と思うのですが、ちょっと下半身のもこもこっとした質感が気になりました。(なんか太く見える・・・・)


FS「エクソジェネシス第3章」

二本目のクワド(コンビネーション)のところ、タイミングが合わなかったのか3T-3Tにしてきましたが、結果としてはこれでよかったのでは、と思います。まだシーズン序盤でもあることですし、プログラムの概観をしっかりジャッジに見せておくためにも、ここはきっちりとまとめておくべきだと思うからです。
そして前年までとの大きな違いはプログラムに3Fを入れてきたこと。テストスケート、ネペラ杯、とずっと変わりありません。ただ、ネペラ杯でも今大会でも、エッジエラーを取られてしまい、今のところ目立った武器、とはなっていません。ただ、得意のサルコウを抜いてまでフリップを入れてきた、というところに彼の並々ならぬ意地、というか執念を感じます。セリョージャは足の古傷のため、ルッツとフリップにはずっと苦労してきました。この動画でも、3Lzを降りた瞬間に「ニヤリッ」という感じの笑みがこぼれたところにそれが現れています。そして、スケーティングもすごく良くなりました。また、その余裕のせいか、腕の動き一つ一つがとても丁寧で魅惑的です。
CveH0JBUAAESVBy.jpg
(上手くキャプれませんでした・・・)
3Lz、3Fともに1プロで成功させることができたら、(私的にはエッジエラージャンプは成功とはいえません)彼自身シニア初となるのではないでしょうか。29歳にしての挑戦ですね。
この「エクソジェネシス」は今大会でもワグナーさんが使い、男子でも以前コフトゥンやアボットが使っていますが、それらとは全く異なった、「ヴォロノフのエクソジェネシス」となっている気がして、私はとても気に入りました。このまま行けば、私の中で彼のベストFSプロ、であった「シンドラーのリスト」を上回るのではないか、という気もしています。
いくつもの辛酸をなめてきたベテランにしか出せない、重みと重厚さを感じさせる演技でした。
ネペラの時は「渇望」って感じだったけど、スケアメの時は「希望」って感じがした。表情のせいかな。
ただ、この「第三章」の歌詞を考えると、今の彼にとってもあっているプロだと思う。このまま完成させて欲しい。
本当に、「これを滑るために今までの彼のスケート人生はあった」と言えるような名プロになる気がして、正直今からワクワクしています。神プロの予感、半端ないです!ありがとうモロゾフ!

今年はぜひISU選手権(ユーロ、ワールド)に出て、このプロを披露して欲しい、と思いました。



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR