E・ルカヴィツィン:アリエフはJGFの前に自らの失敗を修正しなくてはならない


CtD6cFcUEAAknQs.jpg

(JGSのFS、「仮面の男」より)

ジーマの近況やこれからについて、ルカヴィツィンコーチのコメントを交えた記事が上がっていたので訳してみました。筆者はR-スポーツのアナトーリー・サモフヴァーロフさんです。
翻訳にあたってはサモフヴァーロフさんのご了解もいただき、また訳文のチェックはロシア語者の友人にお願いしました。心より御礼申し上げますm(_ _)m


++++++++++

ルカヴィツィン:アリエフはJGFの前に自らのミスを修正しなくてはならない

モスクワ発 10月10日 R-スポーツ アナトーリー・サモフヴァーロフ(Anatoriy Samohvalov)


ロシアのフィギュアスケーター、ドミトリー・アリエフの、技術的な面での複数のミスはジュニアグランプリファイナルまでに修正されなくてはならない、と彼のコーチであるエフゲニー・ルカヴィツィンがR-スポルトの記者に語った。

昨年のジュニアグランプリファイナルの銀メダリストである17歳のアリエフは、今シーズン最重要な大会への道を最後の瞬間に突破した。彼のシリーズ最初の大会であったチェコのオストラヴァでは優勝したが、2つ目の大会であるスロベニアのリュブリャナ大会では、フリースケーティングでいくつものミスをおかし、4位に終わっていた。
グランプリファイナルは、マルセイユにて、12月の8日から10日に開催される。

<アリエフはワルシャワ杯に出場する>

「我々はリュブリャナで起こった状況を分析し、二度と同じようなことを繰り返すことのないよう考えました。プログラムの内容を修正し、自身の過去のいくつものミスを修正していかなければなりません。その上、ジーマには、靴やブレードを交換する必要がありました。
今はスケート靴はほとんど馴染んでおり、彼は努力をしていて、自分自身を甘やかすことがありません。私は、真摯な姿勢で物事に取り組むことは、常に良い結果をもたらすと信じています。」
と、ルカヴィツィンは電話で語った。
また、アリエフの次の試合は、サンクトペテルブルグでのニコライ・パニン・コロメンキン記念大会であることを伝えた。


コーチは、もしもアリエフがジュニアグランプリファイナルの出場権を得られなかった場合、12月にチェリャービンスクで行われるロシア選手権の出場権を得るために、ロシアカップ2試合に出場しなければならなかったと説明した。
「ロシア選手権への出場は決定していませんが、昨シーズンの経験からすると、我々はマルセイユでのファイナルの前に、選手があまり多くの大会をこなすことはしたくありません。
これまでのところ決定している彼の計画で決まっているのは、ワルシャワで11月の終わりに行われるチャレンジャーシリーズに出場することです。」
と、専門家(ルカヴィツィン)は言った。

グランプリシリーズの最終的な首位は他のロシア選手であるアレクサンドル・サマリンが獲得した。
「アレクサンドル・サマリンは、非常に自信に満ちて、ファイナル出場権を獲得しました。私が思うに、ファイナルの勝利を争うのは、彼と韓国のジョンファン、そしてアリエフだと思います。」
と、ルカヴィツィンは発言した。
「オストラヴァ大会の後、私たちは、ジーマはシニアとしても高いレベルの滑りが出来ている、という話し合いを多くもちました。しかし、リュブリャナでの滑りを見て、訂正(訳注)することになりました。」
と、ルカヴィツィンは言った。

<グバノワとツルスカヤはジュニアグランプリファイナル女子の優勝候補>

昨年にグランプリファイナルデビューをした14歳のルカヴィツィングループのフィギュアスケーター、アリサ・フェジチキナは、今度はシリーズの重要なスタートを切ることができなかった。
「私たちは、世界ジュニア選手権に出場して靭帯に重い負傷を負ったアリサに関しては、非常に慎重にこのシーズンに向けて準備をしました。彼女は3ヶ月の間、スケート靴を履きませんでした。」
と、コーチは語った。
「ジュニアグランプリシリーズで彼女は、彼女自身の構成が他のグループより少し強い日本の大会に出場することになりました。
彼女はSP,FSと2つのプログラムに真剣に取り組みましたが、たったひとつのミスがあり、それが彼女を戦いの場所から遠ざけました(最終順位は6位)。とても悔しい思いです。」
ルカヴィツィンは愚痴をこぼした。
「今の彼女の状態はというと、より多くの負荷に耐えられるようになり、シニアのロシア選手権の予選を勝ち抜くために、もうすぐロシアカップ第2戦のヨシカル・オラに派遣されます。」

彼の意見では、マルセイユのジュニアグランプリファイナル女子の主要な優勝候補は、サンクトペテルブルグアカデミーの所属であるアナスタシア・グバノワ、昨年のジュニアグランプリファイナル優勝者のポリーナ・ツルスカヤ、そして一連の日本の女子スケーターたちだろうという。
「日本の女子選手の中では、私はマリン・ホンダのプログラムの見せ方に大変好感を持っています。」
そのようにコーチは言った。


訳注)ここでルカヴィツィン氏は、「何を訂正するのか」は述べていない。


=====ロシア語本文=====

++++++++++


訳注でも述べたように、ルカヴィツィンコーチは、「具体的に何をどのように」訂正、ないし修正するのかは述べていません。ただ、パニン・メモリアルで、ジーマがFSを変えてきたことからすると、プログラム変更、についてだったのかもしれません。

ジーマの新FS(総合順位3位)

音声がミュートになっていますが、男性ボーカルのスケールの大きいイメージの曲でした。
これからフリープログラムを変え、GPFまでに滑り込んでものにするのいうのはかなり大変な作業だとは思いますが、頑張ってもらいたいです。ただ正直言って、あの「仮面の男」もとてもジーマにあっていたし、すごくもったいない気もします。いつか機会があったら再挑戦してもらいたいな。



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR