日本スケ連は外交のマナーすら知らんのか?

ちょっと今回は過激なタイトルですw

7月の頭から、フィギュアスケートは新シーズンが始まります。その際、私がひそかに期待していたのは、日本スケ連が世界に向けて、何らかのアナウンスをするのだろうか?ということでした。
昨シーズン、天災のせいとはいえ、シーズン最大の催しを返上せざるを得なくなった日本。もちろん、日本の責任ばかりではありません。しかし、日程が変わったことによって選手やファンにさまざまな影響があったのは確かなのです。そして、なによりも「オフシーズンが短くなった」ということは、選手たちにとって今シーズンの負担のほうが大きいかもしれません。

延期だ、中止だ、いや、代替地開催だ、でもめ、結局ISUの鶴の一声によってロシアの代替地開催が決まった感のある昨シーズンのワールド。

こちらはISUの正式アナウンス

最後の一段落が泣かせます。

++++
Finally, the ISU is convinced that the Japanese delegation coming to Moscow deserves and will receive special attention and respect. At a time like this, words cannot express feelings but the ISU wants to let the skating friends of the Japan Skating Federation and the people of Japan know that the thoughts and wishes of the Skating family continue to remain with them.

(概略ですが)
最後に、我々ISUは、モスクワに降り立つ日本人選手が、心よりのいたわりと尊敬を持って迎えられることを信じてやまない。日本の受けたこの未曾有の大災害において我々は即効性のある励ましの言葉を持たないが、我々フィギュアスケートを愛するものの心はひとつであり、そしてその心が日本と日本に人々とともにあることを知っていてほしい。

++++
・・・・・という感じでしょうか・・意訳はいってますしちょっと自信ないですが。

が、日本スケート連盟はこれについて感謝なり何なりのコメントを出したのでしょうか?
いいえ、私の知る限り(というか、一般人に聞こえてくる範囲では)沈黙のままでした。

そして、旧日程の開催での中止の際も、10月開催提案の際も、海外選手や役員、そして海を越えてきてくれるであろう海外のファンに向けての何のコメントもなかった。(というか、見える形で残っていない)
すでにあの災害が起こった際には、ワールドに向けて来日済みだった選手やコーチもいたのに、です。また、このワールドをかねて日本旅行も楽しもう、と早めに来日していたファンもいたかもしれません。
モロゾフグループとともに来日していたセリョージャの電話取材の記事です。

セリョージャのインタとモロゾフ組の様子

これによれば、コーチのモロゾフとフロラン・アモディオ(仏)、ハビエル・フェルナンデス(西)が福岡に滞在中、そして震災当日、ペアのタチアナ・ヴォロソジャールとマキシム・トランコフが来日し、福岡に向かう新幹線の中で地震のためあるいみ足止め、一時は連絡すら取れなくなった、とあります。

スケ連は、こういった選手たちに見舞いやいたわりのコメントを出したのでしょうか?たとえオフレコであっても。

世界選手権の公式ページはいまだにこのまま放置されています。

2011年世界選手権公式サイト

せめて、海外のファンに向けて、何らかのアクションがないのでしょうか?ワールド観戦者は日本人だけとでも思っているのでしょうか?
日本語のみでだっていいのです。日本人が読んで、ああ、スケ連はこれだけ選手のことを考えているんだな、と考えればどれだけ安堵感があるでしょう?それに、現在なら翻訳サイトがありますから、ほとんどの国の人々が読むことができます。

自分の練習で精一杯でしょうに、ツイッターやブログを通じて日本を気遣うコメントを残してくれた選手や、元選手、役員といった人々のことをスケ連はどう考えているのでしょうか?

それこそ日本語だけでもいい(今は自動翻訳で海外の方でも読むことができますから)、できれば日・英併記ならなおさらいいでしょう。


++++++++++++
(開催中止決定文に続けて)
以上の決定は我々にとっても苦渋の決断でした。
しかし、そのようなことはこの大会のために準備を重ねてきた選手の皆さん、そしてご観覧を楽しみにしてくださっていたであろう国内外のファンの皆様の思いに比べれば小さなものです。衷心より遺憾の意を表します。
そしてこのわが国土を襲いましたこの未曾有の大災害において、たくさんのお気遣いや励ましのコメントをさまざまな立場の方々からいただいております。厚く御礼申し上げます。

そして、全世界のフィギュアスケートを愛する皆様、日本は必ず復興いたします。そして、そのときにこそ改めてこの歴史あるチャンピオンシップを招聘したいと考えます。皆様のお力によりそれが成し遂げられた暁には、わが日本の総力を上げて全世界のフィギュアスケートを愛する皆様のお役に立ちたいと思います。
今はただ、この災害による犠牲者の冥福と日本の復興を、皆様のお信じになる神に祈って下さい。
それが何よりも我々日本、ひいては日本スケート界の力となることでしょう。

最後となりましたが、わが国に替わって開催を引き受けてくださったロシア共和国およびロシアスケート連盟に皆様に心より感謝を申し上げるとともに、この大会において選手たちが持てる力を十分発揮し、すばらしい大会となりますようお祈り申し上げます。

  日本スケート連盟

+++++++++++

私がスケ連トップなら、どんなバッシングを受けようがせめてこれくらいのコメントは出したい、と当時歯噛みをするような思いで成り行きを見ていました。。


そしてこのオフシーズン、日本選手のみでなく、さまざまな国の選手が、自らの練習時間や休暇を削って、さまざまな場所でチャリティーを行ってくれました。今でもそれは続いています。
たとえば、上記のタチアナ・ヴォロソジャール&マキシム・トランコフ組。彼らは、一時期は盟友や連盟とも連絡を絶たれ、新幹線の中に閉じ込められ(187㎝のアスリートが新幹線移動、ということでもキツいのに、です!)結局当日中には福岡までたどり着けず、なれない日本旅館に泊まる羽目になったとか・・・。そんな彼らなのに、DOIなどいくつものチャリティーショーに来日してくれました。

そういった選手、元選手への感謝の言葉がシーズンを迎えるにあたってスケ連から発せられてもいいんじゃないか・・・と思ったのですが。
スケ連会長の会見、とまでは要求しません。

せめてお礼のご挨拶、というコメントが出せなかったものなのでしょうか?

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
19位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR