小塚崇彦さんとの出会いと思い出 2006年世界ジュニア選手権


BZ7BVgGCcAIeTPM.jpg
(左より、セルゲイ・ヴォロノフ、小塚崇彦、ヤニック・ポンセロ 2006年世界ジュニア選手権表彰台メンバー)

先日のSOIでの小塚くんの引退セレモニーでしみじみしているわたしなのですが・・・・
上の写真は2006年の世界ジュニア、小塚くんが初優勝を飾った時のものです。まさか、この中でセリョージャが一番最後まで現役として残るとは、正直思いもしませんでした。

実はこの頃は私は、ソルトレイク五輪が終えて、ヤグディン、エルヴィス、トッド、といった熱を上げていた選手が引退し、少しフィギュアスケートから遠ざかりつつあった時期でした。いや、もちろん追ってはいましたよ、本田武史がいましたし!

そして、そんな私に友人が、
「日本のトッド、いや、カートになれる子が出てきたよ!」
と言って見せてくれたのがこの大会の録画でした。もちろん私は半信半疑。
画面に映し出された小塚くんを見て、「えー、このモンチッチみたいな子が!?嘘でしょ?」と思っていたわけなんですが。。。

小塚くんSP


彼が滑り出すやいなや、そのジュニア離れした足元に釘付け。「うわぁ、ほんとだ!将来が楽しみだねえ!」と叫んでいたのでした。(この当時はジュニアではアクセルが2A、とされていたため、3Aを入れるためにはコンビネーションにしなければなりませんでした)

小塚くんFS


そして彼はこのFSでSP2位からの逆転優勝を飾ったのでした。
そして、友人が「もう1人、懐かしい顔がいるんだけど、見る?」といって見せてくれたのがこちらのセリョージャの演技。

セルゲイ・ヴォロノフFS


なんと、キスクラにウルマノフが!
「えええー、この子ウルの弟子なの?やだー、どことなく仕草とか似てると思ったら!マジで!?絶対応援しちゃう!」
となり、今に至るわけです(笑)
いわば、小塚くんは私をセリョージャに出会わせてくれた恩人、と言えるかもしれません。
そして、「よし、日本ではこのモンチッチ(ごめん小塚くんw)を、海外ではこのウル様の弟子を応援していこう!」と私は再びフィギュアスケートに熱中し始めたのでした。

そんな小塚くんの、思い出深い演技をいくつか。

2007-8シーズンのSP「キャラバン」この衣装は、GSのバイトとか、ヤクルトの販売員、とか言われていましたが(笑)、私は彼らしくてとても好きです。


そして、昨年(2015年)の世界選手権。SPで出遅れ、第一滑走、第二滑走が小塚、無良、と日本男子が続いたことを印象深く覚えていらっしゃる方も多いでしょう。
currentしかないTESカウンターが、第一滑走者であることを示しています。彼の必死さが伝わって来るようで、この演技もとても好きです。


小塚くんの思い出は本当に尽きないのですが。。私が小塚くん、といえば何をおいても上げたいのがこの演技です。彼には、ルールやレベルにとらわれず、もっともっと氷の上を自由に駆け回って欲しかった。そういう意味では、彼のショースケーターとしての未来にこそ期待をしていた部分もあるのですが、彼自身の選んだ道ですから寂しいですが仕方ない。
解説が、タケシなところがまた泣けます・・・

2009年 4CC EX 「ラストダンスは私に」


彼は、文字通り「ラストダンス」を終えて新しい未来へと旅立っていったわけですが、そのセカンドキャリアに幸多かれ、と祈らずにはいられません。


↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR