いでよ!TESカウンター! ―GPF雑感

先ほどTwitterでTESカウンターについてつぶやいたところ、かなりなご好評をいただいなので、加筆も含めまとめてみます。

TESカウンターというのは、海外の動画を見たことのある方ならおなじみですが、画面の左上に出てくるTES(テクニカル・エレメンツ・スコア)を演技中にリアルタイムでカウントするものです。

元々はフォロワーさんとの「煽りビデオの是非」といったところから始まった、フィギュアスケート認知の裾野を広げるにはどうしたらいいのか、ということでした。
現在は、どうしても女性ファンが目立つフィギュアスケートですが、男性にも見てもらうにはどうしたらいいだろう?という面から考えてみました。

そこで落ち着いたのは、TESカウンターをつけるべき!ということ。

フィギュアに男性ファンを取り込むことを考えると、TESカウンターは必須じゃないかと思います。
誤解を恐れずに言えば、男性の方が「数字」というものにこだわる印象があります(ソースは父親)。
父はスポーツ全般が好きで、特に野球が大好きだったのですが、毎日、新聞のスポーツ欄に載っている「打者成績十傑」「投手成績十傑」といった欄を見ながら、
「○○はもうちょっと四死球数を減らさないと長いイニングは任せてもらえないよなぁ。三振数は多いんだから防御率も~」
とか、
「△△は得点圏打率が高いし、3割切っても打順下げてでもやっぱスタメンに置いときたいよ、代打率はそんなに高くないしな」
などと、素人評論家めいた事を言っていたものです。

野球ファンの多くは男性ですが、投手なら勝ち数、防御率、QS、HQS、セーブ、ホールド、投球イニング数、といった数字の集合体からその選手の特徴を分析し、組み合わせ「僕の考えた最強の継投」「俺の考えた最強のローテーション」とか組んだりします。
流行語大賞にも上がった「トリプルスリー」も、いわば最高の打者評価のための数字の集合体です。そういった「数字で選手を評価する」性質が身についている人々には、TESカウンターはハマると思います。

TVでやってるから見る、的なライトな人々の中には、ジャンプ以外では点数は動かない、という誤解もありうるんじゃないかと思います。だから、スピン・ステップなどの一見よくわからん動きでも、加えられる点数が違ってくる、となれば、絶対に興味を示すんじゃないかと。
TESカウンターが日本で導入されないのは、演技が終わったあとにTESカウンターが上下することがあり、点数操作を疑われるからだ、と聞いたことがありますが、それは上下する理由をきっちり説明すればいいこと。(技術審判がスロー判定で~、とかね。)
野球だってスロー判定で本塁打が取り消されたりすることもあるんですから。
とにかく、大雑把なものでなく、細かい数字の積み重ねで点数がつけられているんだ、ということを納得してもらうにはTESカウンターはとても役に立つと考えます。
そして、ルールの縛りの中で、それぞれ基礎点が異なるエレメンツを組み合わせ、いかに高得点のプログラムを作成するか、などというのは育成ゲームオタクにはたまらないんじゃないでしょうか。

「ぼくのかんがえたさいきょうのだせん」のノリで、「僕の考えた最強のプログラム」なんて考えるのは数字マニアには非常に楽しいと思います。
「よしこれだ!」
「ブー、ザヤってますー」なんてね。

プロトコルを見せての解説も、最近やっと行われるようになってきたようだけど、やっぱり演技中に大技か決まるたびにカチ、カチとTESカウンターが上がっていくのを見るのは独特のワクワク感があります。
逆に遭難演技の際のカウンターの静止状態の悲しさたるや・・・。

数字は正確だが冷酷でもある。

そういった面を見てもらうためにも、日本の放送(特に地上波)にもTESカウンターを希望します。

という訳でTESカウンター付きの動画を。

Lがその演技者の前までの暫定トップのTES(TESトップの選手でないところにご注意)。Cは演技者のTESです。1つ1つのエレメンツをこなしていくごとにカウンターが上がっていくのがわかります。

宇野昌磨 GPF FS


ハビエル・フェルナンデス GPF FS


羽生結弦 GPF FS





ポチよろしく、更新のモチベになります↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR