スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧採点も捨てたもんじゃない ―独断と偏見の名プロ回顧(男子)


Aleksei Urmanov


GPSのアサインも発表され、DOIなどで限られた選手ではありますが新プロの概要も出てきて、ますますシーズンへの期待が高まってくる時期ですが。。。ここで、旧採点プロをちょっと振り返ってみようかなと。(ええ、もちろん私のことですから男子オンリーです、すみません)

旧採点のプロってつなぎも薄いしジャンプの難度も低いし・・などと思ってらっしゃるそこのあなた!そんなことはないんです、まずこれを見ていただきましょうか、ミスありですがこのジャンプ構成でプロを組める選手が今何人いるでしょうか?

アレクサンドル・ファデーエフの1986年のワールドです。
初っ端の3Lz-2Lo,そして3Aコンボの本来ならステップアウトをハーフループでつないで2S付けちゃう身体能力、そして転倒、とはいえクワドも入れて・・・そして最後まで足が止まらない。
これが30年近く前のプロだ、というのがすごいです。また、彼の得意としていたダブルアクセルシットスピンは現在のルールでは点数にならないのでやる選手がいなくなってしまっています。文字通りダブルアクセルからそのままシットスピンに入るものですが、このプロでは4分ちょっとのところに入っていますね→ダブルアクセルシットスピン




こちらはブライアン・オーサー。そう、羽生くんやハビーのコーチのオーサーの現役時代です。彼はサラエボ五輪銀、そしてそれからワールドで3年続いて銀、ということで「シルバーコレクター」と言われましたが、その彼が初めてワールド金に輝いた演技です。その翌年のカルガリー五輪ではまたもや銀メダル、となってしまったのは皮肉ではあります。
トリプルアクセルを2本成功させたワールドチャンピオン。まさにミスター3Aの面目躍如、というところでしょうか。




そしてこのオーサーとカルガリー五輪で「ブライアン対決」として有名になったボイタノ。
手を上げて跳ぶ「タノジャンプ」の由来となったのが彼です。そして彼といえばスプレッドイーグル。ポジションのしっかり決まった、文字通り大鷲のような雄壮なイーグルでした。
カルガリー五輪の演技が動画で残っていないので、ワールドのものを。ジャンプ構成を変えて、クワドを入れてきています。まるで根の生えたようなバランスのとれたスケーティングが見事です。




続いて、ヴィクトール・ペトレンコ。カルガリー五輪です。18歳で五輪初出場、FS最終滑走で見事ノーミスで銅メダル獲得。
この新鋭の時代が始まる、と思わせるような演技でした。ソチ五輪の羽生を見て、このペトレンコを思い出した人は少なくなかったのではないでしょうか。
五十嵐さんの解説で。




カルガリー五輪経験者、というと当然コンパル世代なわけで、時代的にも全種のトリプルジャンプの技術が行き渡り、エッジエラーも回転不足もほとんどなく、クワドにも手が届こうか、という時期の選手たちです。
そして、コンパルで足元を鍛えられている分、つなぎをはさんでも自在にトリプル、ダブルの各ジャンプが跳べていました。
また、この年代の選手たちは、現在でいうショートプログラムに規制が多く、カルガリー五輪では「コンビネーションジャンプは2Loを含むもの」とされていたため、上位男子はセカンドループ祭りです(セカンドTよりもセカンドLoのほうが遥かに難しい為)
カルガリー五輪男子SP上位者演技
ですから、フリースケーティングにセカンドT、セカンドLoの両方を組み入れることのできる選手が多かったのです。
そして現在ではハーフループしか認められていませんが、様々な表外ジャンプを挟んだジャンプシークエンスの多彩さは、高難度ジャンプに勝るとも劣らないものです。



その代表格と言えるのがカート・ブラウニング。彼もまたカルガリー五輪経験者です。
カルガリー翌年のワールド。2A-1Lo-3S、クワド、セカンドTの変形空中姿勢、そしてつなぎの濃さに注目。
SPのダイジェストやインタビューが入っています。演技はここから


もう一つ、カートのものを。最近町田くんやポゴリラヤちゃんがやりましたが、実は私のマイベスト火の鳥はこのカートです。
セカンドT、セカンドLoも健在。 終盤のイーグル~スパイラル~イーグル~3Tと続くところが雄々しくてかっこよい。そして、最後までスピードがおちない!




そして、ペトレンコ。ソ連崩壊で練習も満足に出来ず、プロの作成も思うに任せなかったため、これが彼のトレードマークのようになりました。スケーティングの緩急、一蹴りの伸びに注目。
アルベールヴィル五輪です。




また、、スケーティングといえば忘れられないのがポール・ワイリー。彼は素晴らしいエッジさばきをいかして、プロスケーターとなってからもたくさんの名プロを残しています。
彼のプロコンペでの名プロ→シンドラーのリスト
アルベールヴィル五輪の演技です。
SPトップだったペトレンコがFSでいくつかダブっているので、当時の順位は席次数換算でしたが、現在の点数制だったらペトを抜いて金だったかも。




ベテランになって表現力の増したファデーエフの「禿山の一夜」。’89年のユーロです。
正確な技術と濃いつなぎは健在。新採点移行の際、TRの優れている指標にされたとも言われる選手です。



旧採点プロがつなぎが薄い、と誤解されがちなのは現在のようにルールが明文化されておらず、どうすれば点が上がるのか、を選手たちが模索していた面も大きいと思います。いかに難しいことをやるか、個性を出すか。ですから、冠技(タノジャンプなど)が多く現れたのもこの時代です。

特にステップシークエンス。現在では「体を大きく使うこと」がルール上明確になっていますが、当時はそうではありませんでした。もちろん上体を動かしながらステップを踏む方が直立した状態よりもはるかに難しいわけで、それを行っていた選手も数少ないながらいました。ここに上げてきたのはそういった選手の一部です。
また逆に、エッジを深くする、ということは体を倒す、ということだけではないのです。膝や股関節、足首をうまく使い、上体を立てたままでも深いエッジでターンやステップを行うことのできる選手も多くいます。上にあげたワイリーやファデーエフがそうですが、特にコンパルソリー経験者にそれが多く見られると思います。


最後に、それがよく現れているプロを2つ。特に足元、エッジの傾き、膝の使い方に注目してください。


カート・ブラウニング「カサブランカ」。1993年ワールド優勝時の演技です。セカンドT,セカンドLoともに入ったスケールの大きい名プロです。このプロでフィギュアスケートにハマった、という方も少なからずいるのではないでしょうか。



アレクセイ・ウルマノフ「サーカスの女王」(写真) 1995年、ネイションズ・カップのものです。このプロはクワド入りのバージョンもありますが、プログラムの完成度としてはこちらが高いように思います。セカンドT,Lo、インサイドアクセルからのジャンプSEQ,そして深いエッジにご注目ください。



しかし、なるべく多くの選手を、と思いつつ書いたつもりですが結構偏ってますね(笑)

やっぱり、カートすげえ!になってしまいました。




ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
29位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。