1Loの謎 ・ハーフループとシングルループ ―コンビネーションジャンプを考える


images.jpg

今回は同じく(1Lo)と表記されるハーフループジャンプとシングルループジャンプについて書きたいと思います。

まず、この動画を見ていただきましょう。カート・ブラウニングの「カサブランカ」(’93世界選手権)です。3Lzの着氷を除いてはほぼノーミス、と言って良いと思います。(本当はセカンドが両方トリプルになる予定だったのでしょうが・・)
これでフィギュアにハマった、という方も何人か知ってます。名プロですよね。


そして、ジャンプにご注目ください。ジャンプ前の繋ぎの巧さももちろんですが(スパイラルから3Fとか!)3A-2T、3S-2Lo.とセカンドループ、セカンドトウの2種のコンビネーションを入れています。
そして終盤のジャンプシークエンス(当時はこう呼ばれていました)
すみません、ここで大きなミスを!(ご指摘のコメントありがとうございます)

現在のプロトコル表記なら「2A-1Lo-3S」の三連コンビネーション、となると思います

ではなくて、ここでカートが跳んでいたのは
「2A-ハーフループ(左バックインで着氷、そのまま右バックアウトに踏み変えて)ー3T」


でした。現在のプロトコルに書くとしたら「2A+1Lo+3T+SEQ」になるのかな。ハーフループから3Tの踏切で重心が移動しているので、シークエンス扱いになるかと。(自信有りません)
カートはハーフループからのジャンプシークエンスが抜群に上手く、特に2A-3S+SEQは絶品でした。それが頭にあったせいで、勘違いしてしまいました、申し訳ありません。

ここから見ると、やっぱりトウを付いていますね。

彼はこのジャンプシークエンス、もう1つ別角度から別種のものを。'89年のワールドです。演技前にSPのダイジェストやインタが入ってますが、それも含めてお楽しみください。
例のジャンプはここから


「ダブルアクセル、ハーフループ、トリプルサルコウ、beautifuly done!! 」と実況が言っていますね。

さて、ここまでは前置きでして・・・・(長い)
昨シーズンから目立って増えてきたハーフループ(-1Lo-)を挟んだ三連コンビネーションについて書いてみたいと思います。このハーフループコンボが3連として表記されるようになったのはバンクーバー五輪後で、それまではジャンプシークエンスと呼ばれ、+SEQ表記で、ジャンプの基礎点の和の8がけでした。
ジョアニー・ロシェットなどが得意にしていて、後半によくこれを成功させていました。

ロシェットの演技 (’09年ワールド)
ここから 3T-3S+SEQ(当時の表記) 


そして、バンクーバー五輪シーズン後のルール変更で、このジャンプはハーフループを1Loと記載し、3連コンビネーションの一種となりました。

このハーフループを挟んだコンビネーションにするのはどんな意味があるのか。
普通のコンビネーションだとセカンド以降に付けるジャンプは着氷足と踏切足が同じトウループかループに限られてしまいます。しかし、ハーフループを挟むことによって足を替えて、サルコウやフリップなどにつなげて行けるので、バリエーションも多くなりますし、組み方によっては基礎点もあがります。

ざっくり言うと、ハーフループというのは逆足イン側で着氷するシングルループ、というかんじでしょうか。

ですからどうしてもステッピングアウトに見えやすく、三連のはずがきれいに流れないでカックン、と途切れる感じがしちゃう、ということで嫌う方も多いんだろうと思います。
カートやロシェットのをご覧になるとわかるように、上手い人がやると「タン、タン、シュッ」って感じで、とてもリズミカルなジャンプなんですが。

実際ステッピングアウトしかけたのをハーフループに持って行ってシークエンスにしちゃった例もあります


アレクサンドル・ファデーエフ ‘86 ワールド
ここから 3Aステップアウト2S


そして、今まである一部の選手しかやっていなかったこのハーフループを挟んだコンボを何故試みる選手が多くなったのか?
これは14-15シーズンから取り入れられたダブルジャンプの回数制限の影響が大きいと言えるでしょう。多くの男子の場合、コンボ券をフルに使い切るためには○ー3、○ー2、○ー2-2と概ね3本(セカンドトリプルが入らない場合は4本)のダブルジャンプが必要ですが、これですと制限に引っかかってしまうため、2Tと2Loの両方を跳べるようにしておかねばなりません。
セカンドトリプルがダブった場合や、クワドが抜けてダブルになった場合もコンボのキックアウトの危険が増します。
ですから、多くの場合得点源である三連を生かすために、サードジャンプにTやLo以外(多くの場合はS)を用いることのできるハーフループのコンビネーションが多用されるようになったのです。

また、ハーフループとシングルループはプロトコル表記が同じ1Loであるため、勘違いが起こりやすいのですが、上で書いたように、全くの別物です。

踏み切り方も同じ、空中で1回転するところも同じなのですが、シングルループは右バックアウトでの着氷、ハーフループは左バックインで着氷します。


ワイスのジャンプ教室 ループジャンプ編(シングルループをよくご覧ださい)


以下、タイトルから当該ジャンプの位置に飛べるようにしてあります

フェルナンデスの3F-ハーフループー3S


ヴォロノフの3Lo-シングルループー2Lo


ファデーエフの2A-ハーフループー3S


足元を見て下さればハーフループのコンビネーションとシングルループのコンビネーションの違いがわかっていただけるかと思います。

ただ、こうして見ると新採点になってから、ハーフループのコンボ(以前は+SEQ)はあまり取り入れられていなかったせいか、当たり前のようにプログラムの中にジャンプシークエンスを組んでいた旧採点の選手にハーフループ巧者が多い気がします。もちろん伊藤みどりさんやリピンスキーも跳んでいました。
新採点では一般的に取り入れ出してまだ短いハーフループコンボですが、キレイに決まるととてもリズミカルで美しいものです。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カート・ブラウニングの最初の動画の3連の3つ目、サルコウじゃないですよ。
左のトゥをついてるので、どう見てもトゥループじゃないですか?

Re: No title

こんにちは。まいまいさん。

貴重なご指摘感謝したします。コメントに従ってブログに訂正を入れさせていただきました。本当にありがとうございます。


> カート・ブラウニングの最初の動画の3連の3つ目、サルコウじゃないですよ。
> 左のトゥをついてるので、どう見てもトゥループじゃないですか?
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
19位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR