痛みとの、己との戦いの果てに -セルゲイ・ヴォロノフ 世界選手権FS


CAXYD1eVIAACovd.jpg
(フィギュア電車に貼られていたセリョージャのポスターの写真です。撮してくださったフォロワーさんのご好意でお借りいたしました)

本当に写真のセレクトが素敵ですよね。これを見てワクワクしていた時に、いや、SP4位で発進して(膝の痛みのことも知らずにいて)ひょっとしたらロシア3枠、セリョージャのEXも見られる?とドキドキいていた時に戻りたい・・・・

こちらが世界選手権のリザルトページです→世界選手権リザルト

こちらが演技動画です
Sergei Voronov. 2015 World Championships. FS


グループ一番滑走、というのを知った時から、不吉な予感はしていたのですが(練習から膝を休める時間がありませんから)、残念なことにそれがあたってしまいました。今年、失敗のなかった4Tが抜けて2Tに。そして・・・・。2つ目の3Aがシングルになった時点でもう見ていられず、さっき動画で見直したのでした。
これほどの大遭難は2009年のユーロのFS以来でしょうか。この時はストレス性の疾患から悪心・嘔吐に悩まされ、練習の際はダブルジャンプしか跳べなかった、という状況で、試合後には即入院、という状況だったと聞いています。


今回も、練習後、膝に痛み止めを打っての出場だったそうです。痛み止めといってもアスリートですから、ドーピングの問題との絡みもあり、使える薬は限られていたことでしょう。
また、上海入りしてから急激に痛み出した、とのことなので、モスクワと上海との気候差が古傷に影響したのかもしれません。
ジャンプだけではなく、ステップでもレベルが取れていないので(これはSPでも)、スケーティングの際に膝がきかなかったのだろうな、と想像がつきます。
そして、そんな状況の彼にトドメを刺したのが後半の3連コンボのキックアウトでした。これがなければもう少し順位は上だったでしょうに・・・

しかし、痛みに耐えながらリンクに上がり、最初の4Tに失敗した時点でもう心が折れてもおかしくないのに、そのまま頑張って最後まで滑りきった彼を、私は心から誇りに思います。
そして、ここが大事な点なのですが、自分の体調を鑑みて、2本目のクワドを入れず、安全策とも言える3Tにしたこと。あそこで無茶をして4Tを入れ、万一転倒でもして棄権、などということがあれば1枠の危機も有り得たのです。
さすがベテラン、落ち着いていたな、と思います。(後半の1A、コンボのキックアウトはあくまでも結果論です)

演技を終えてキスクラ入りしたセリョージャに、待機席にいたミーシャたちが少しでも点出て!と祈るような仕草をして、まるで自分たちが遭難したかのようながっかりした表情をしていたのを見たとき、ああ、セリョージャは年下の選手たちからも慕われているのだなぁ、ととても嬉しく思いました。彼らにとって、セリョージャが落ちてくれば自らの順位も上がるのに、そんなことなど考えてもいない表情で。
ああ、アスリート同士っていいなぁ、と思ったのでした。そして、ありがとう、と。

ただ、セリョージャにとっては、FSでコフトゥンが良い演技をして順位を上げてきていただけに、自分がいつもの演技さえできれば3枠とれる、との思いがあったでしょう。それからすれば、本当に悔しく、そして申し訳ない思いがあったろうと思います。
自分さえ・・との思いがきっとあるでしょう。
トリノワールドの際に、
「僕たち選手は行け、と言われたら行かなければならないのです。そして成績を残さなければ。それが役目なのです」
と言っていたセリョージャの言葉がいま、胸にこたえます。

ユーロの時ですら、「肝心な時に力を発揮できない、周りのミスで上位になれただけ」と言われ、以前はお偉方に
「病気だの怪我だのに逃げているから一流になれない」
「痛いだのなんだのと言って練習をしない」
とさんざん叩かれてきたセリョージャ。

それに耐えてここまで来た君の強さを信じたい。

けれども、、彼が叩かれるのは本当に辛いです。
日本で枠を減らした男子が叩かれているのを見ると、セリョージャも自らを責めているのではないか、そして国に帰ったらお偉方たちに叩かれるのではないか、というのが心配でたまりません。

しかし、友人も言ってくれたのですが、この年齢でセリョージャが今年残したWRは間違いなく彼の実力の証です。最後の世界選手権のFSこそ怪我で力が出せませんでしたが、間違いなく彼はそれだけのものを持っているのです。

ロシアのお偉方たちにはそれを評価して欲しい。それを心から願います。

終わり良ければすべて良し、と言う諺がありますが、最後が悪いとどうしてもそれ以前に残した良いことは忘れられがちです。この世界選手権でも、セリョージャはSPでは4位の成績を残しているのです。

今はともかく体も心も休めて、必要な治療があるのならしっかりして、来期に向かってもらいたい、と思います。
国別対抗も休んでいい、と思います。
もちろん、ファンとしては彼の演技が見たいです。けれど、選手生命を縮めるようなことはして欲しくありません。
心身ともに健康を取り戻すことが今は第一だと思います。

Давай  Серё́жа! 頑張れ、セリョージャ!

そして、この世界選手権は、新しく設定されたダブルジャンプ(特に2T)のザヤックルールに引っかかる選手の多い大会でした。これはシーズン全般を通してみてもそうです。
以前、このルールについては書いたことがありますが→コンビネーションジャンプを考える ― ダブルジャンプのザヤックルール適用について
今シーズンを振り返って、再びこの問題を取り上げてみたいと思います。(贔屓選手が引っかかりまくったので若干八つ当たり気味でもあるのですが(笑))


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ(人´∀`)

一種の告白みたいで照れますが…
Dora Quadskiさんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(ノ≧∀≦)ノ

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しましたヽ(*’∀’*)/
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにDora Quadskiさんからの連絡待ってます(○゚ε^○)

Re: ドキドキしながら書き込みしてます!

> 只今、私初体験中(笑)
> こうやってコメントするの初めてなんですよ(人´∀`)

初めまして、りれもんさん。こちらこそコメントありがとうございます。そんなにご緊張なさらないで(笑)
とって食ったりはしないですからww

>
> 一種の告白みたいで照れますが…
> Dora Quadskiさんの言葉の選び方好きだなって思いました。
>
> 素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
> 単純にすごいなとも思いました(ノ≧∀≦)ノ

お褒めの言葉、嬉しいです照れちゃいますよー、何も出ませんw

>
> 私…もうずっと良い事なくて。。
> 自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

いろいろきっついことってありますよね。でも、生きていさえすれば、好転していくことも多いと思います。
しんどかったらとりあえず投げちゃって好きなことをやってみるのも手かもしれません。
私の友人(医師)はよく、「頑張りすぎるのも健康に良くない」と申します。
ちょっとよそ見をしてみるのもひとつの手かもです(なんて、偉そうですね)

あまり頻繁に更新しないヌルイブログですが、よろしかったらまた遊びに来てください。
少しでもお役に立てているなら
光栄です。

Dora Quadski
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR