ジャンプの見分け方のコツ 

maxresdefault.jpg

ワールドを控えて、「ジャンプの見分け方を・・・」とお悩みの方へ。
男子のクワド時代直前のプロをご覧になるのをおすすめします。今ほどつなぎが多くなく、特にコンパル時代の選手はジャンプにクセがなく回転不足やエラーもないので、種類がわかりやすいです。
特にカルガリー~長野時代の選手たちをオススメします。



まずは、五十嵐さん解説の長野五輪のイリヤ・クーリック。4Tと全種類のトリプルがきれいに入っています。




そして、いかにも北米、という感じの2人。

スパイラルからの3F、など当時としてはジャンプの入りに工夫が多いです。
ポール・ワイリー


スケーティングの綺麗さでは右に出るものはいない、とも言われました。トッド・エルドリッジ。逆回転です。また、3Aの入りが独特です。




セカンドT,セカンドLo,ジャンプシークエンス(現在で言うと2A-1Lo-3S,といった表外ジャンプを挟んだ連続ジャンプ)が全て入っているもの

アレクセイ・ウルマノフ クワドのお手つきがもったいなかったです。後半に3S-2Lo,インサイドアクセルを挟んだジャンプシークエンスが入っています


カート・ブラウニング 彼はセカンドT,セカンドLoの両方が入ったプロをいくつも持っていますが、日本語解説で画像のクリアーなものを選びました。「カサブランカ」です。


アレクサンドル・ファデーエフ 3AのSOを3A-1Lo-2Sへとリカバリーしてしまうところがすごい。ミスが多いのが残念ですが、これだけのジャンプ構成をノーミスでやってのけられる選手は今でも少ないかもしれません。




ジャンプのお手本、といっていい2人。

アレクサンドル・ファデーエフ 代々木ワールドで優勝した際のノーミス演技です。


ヴィクトール・ペトレンコ プロになってからの演技です。トリプル全種クリアーに入っています。佐野稔さんの解説。
エキサイトっぷりが凄いです(笑)




新採点のものも入れておきます。

ジャンプ全般にクセがなく、特にエッジジャンプの上手いヴォロノフ。

彼はあまりジャンプ直前にスケーティング動作を入れないので、現在の点数制では加点がつかないのですが、ジャンプ自体の質はかなりいいものだと思います。
4TのOTに2Loをつけてのリカバリー。(3A-3Tを3A-2Loにしたこともある)


こちらはSPに3Fを入れていた頃。



古いプログラムもありますが、皆様のジャンプの見分けの参考になれば幸いです。



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
189位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
19位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR