雑誌とブログの関係 -編集者のプライドはどこに行ったのか


o0510033912709343378.jpg


また「フィギュアスケートプリンス」という雑誌が出版されて、羽生くん中心のブログ書いていた方が文章をぱくられた、Twitterで嘆いていらした。
前号で懲りずにまたやったのか、という感じだが、写真も多く、値段も手頃、ということで買う人も多いみたいだ。

しかし、楽しみにしていた雑誌が届いてワクワクしながらページを開いたら、自分のブログが登用されていたブロガーさんの気持ちは察するにあまりある。

コアなヲタなら、表紙に「4大陸選手権」と書いてあるのにも関わらず、羽生君が特集されてる、ということ自体に怪しげな気持ちを抱くんじゃなかろうかとも思う。
でも、彼が病に倒れ、見ることもできないでいるファンの気持ちとしては、写真だけでいい、以前の試合のものでもいいからという気持ちはわかる。

でも、それにつけ込むかのように、一般人のブログから文章をパクってきて本にしちゃう、というのはどんなもんだろう。素人だから、一般に知られてないからいい、ということなんだろうか。ファンだからこそ、思いを込めて書いている、というのがわからないのだろうか?

出版業界が不況なのはわかる。だからといって、どんな手を使ってもいい、ということはなかろう。フィギュアスケートという人気スポーツがあり、そこに一人のヒーローが現れた。
だからこそ彼を大切にしなければならないのであろうのに、こんなふうに切り売りをしていいものなのか。
いや、出版業界のみに限らない。マスメディア全てにこれは言える。言葉は悪いが、羽生結弦、そして彼のライバルたちは、メディアにとって金の卵を産む鳥なのだ。


そして、ここで私がこだわるのは、以前自分がやられたから、というのもあるけれど、出版社のプライドはどこに行ったんだ、ということだ。物書きとして恥ずかしくないんだろうか。昔、その世界に身をおいていたものとしては本当に恥ずかしい。それからもう一つ引っかかるのが、

ほとんど無料で読むことができる(アフリェイトかかるかもだけど)ブログを、自社の利益にしている、それも無断で、ということなのだ。多くのブログにはメールフォームやコメント欄があるから、「今度出す雑誌に引用させてください」とメール1本打てば、快く了解してくれる方がほとんどだろう。アフリェイトやってる方ならURL書いてください、というかもしれないが、だとしてもお互いの利益になるわけだし。
私の時は、もし問い合わせがあったとしたら喜んで応じたろう。
好きな選手がたくさんの人々に知ってもらえる、というのは本当に嬉しいことだ。


そして、モノを書いてるものとしては、文章自体に思い入れがあるから、「このくらいなら」とつままれても、すぐにピンとくるものなのだ。編集の仕事をしていて、それがわからないはずはない。物書きは、形容詞ひとつ選ぶにも頭をひねるし、インタの翻訳などであればなおさら言葉を選ぶものだ。

そして繰り返すが、ただで読めるサイトを自社の利益に変えようというのは余りにもセコイ。

これからもこういったことが度々起こったら、フィギュアファンは出版業界を見放すだろう。メールの1本で済んだことなのに。
そして、連盟も少しは考えるべきではなかろうか。



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
444位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
29位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR