セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(4) ―試練をポジティブに受け止める

80014d4ec48911e3b2f90002c99aae16_8.jpg

まずは(1)です→セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(1) ―白皙の美少年が青年に―
続いて(2)です→セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(2) 挫折からの羽ばたき
そして(3)です→セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(3) ―我慢とプライドのせめぎ合い
こちらも合わせて→セルゲイ・ヴォロノフの欧州選手権の足跡 ― 初出場(2008年)から今年まで
ユーロを終えての彼のインタビューがこちら→ロシアン・フィギュアスケート・フォレヴァ(ユーリさん、いつもお世話になります!)

いやぁ、本来ならこのセリョージャシリーズ、バンクーバー前・後の2回で終えるつもりだったのですが・・思い入れが強すぎて倍になってしまいました。
冒頭写真はスケーティングシーンを、と思ったのですが、この分厚い紙の本を読んでいるところがいかにも彼らしい、と思ってセレクトしてみました。

(3)で、彼がモロゾフを離れ、エテリ・トゥトベリゼコーチの元へゆく決意をしたことを書きました。

当時の私はエテリ・トゥトベリゼ女史というと、リプニツカヤのコーチで、ジュニア女子を育てるのが上手い人、というイメージしかなかったので、若手ばかりの中へもうベテラン、という年齢でもあるセリョージャが入っていってうまくやれるのか、と少しばかり心配でもあったのです。
セリョージャ自身も、最初こそは若手たちばかりの中で居場所がない、という思いをしたようですが、妙なプライドを捨てて飛び込んでいったセリョージャ、そして暖かく迎えてくれたコーチたちのおかげで、上手く溶け込んでゆくことができたようです。

また、内省的になりがちだったセリョージャの良い部分も残しながら、ポジティブに練習に向かわせたエテリコーチの手腕は大きいと言えるでしょう。


特に彼に再びトリプルルッツに取り組む決意をさせたことです→還ってきたヴォロノフのトリプルルッツ
そしてその初戦となったフィンランディア杯は日本からは羽生くんが出場したこともあって、TV放映もされたので、セリョージャは「リプニツカヤのそばにいたなんか怪しい兄ちゃん」と言われていました。

セリョージャの7年ぶりとなった3Lzの入った演技


メダルセレモニーを待つ羽生結弦、鈴木明子、ヴォロノフ、ガチンスキー、リプニツカヤ


男の子の雰囲気は随分と変わりますね、この頃の羽生くんはまだまだ子供子供してた感じがします(あくまでも今比で)

そして、エテリコーチのところの若手たちとセリョージャがスムースにいったのは、もちろん彼のものにこだわらない性格もあるんだと思いますが、ナショナルチャンピオン経験者であり、GPS出場枠を2つ持ち、前年には台乗りもしている選手だった、ということが大きいと思います。
先日、ユーロを見ていましたが、ミニマムスコアをクリアすることだけでもどんなに大変なことか。
ほとんどの人々はTVに映る選手しか知りません。その他の選手が、そういったスポットライトを浴びている選手のことをどう見ているのか、想像する由もないと思います。
「あのメダリストが俺たちのグループにくるんだって!」
と若い子達が沸き立ったとしても不思議はないと思います。

そんな中、セリョージャは奢り高ぶることなく、
「若手からアドバイスを求められれば出来る範囲のことは教え、そして自分も刺激を受けた」
と語っています。そして、外部の「あいつもうオワコンだろ」的な視線を払拭するのに必死だったようです。
「このグループに来て、初めてポジティブにスケートに向かうことができた」
とセリョージャは語っていますが、若手たちから元気をもらい、自分のアドバイスに感謝されることによって張り合いも出た、ということがあるのではないかな。
そして、エテリのところに来てから、彼のプロトコルは見違える程綺麗になりました。とにかくミスや取りこぼしを減らし、古傷とも相談しながら、出来る限りのことをする。

そして、ナショナルを迎えます。結果は3位。五輪出場は遠のいたか、と思われましたが、そのEXで彼が演じたのがこれです。「兵士の夜」(戦わずして)諦めない、という意味だそうです。


そして彼はユーロ直前のインタビューでこのように述べていました。

++++++

Q>あなたは似たようなシチュエーションの真っ只中にいたことがありましたね。その際あなたは補欠に回された。以前ニコライ・モロゾフがバンクーバー選考の際に受けたあなたのトラウマを治すのに半年を要したと言っています。

V>あの悲劇的な出来事があったからこそ、僕はここまで強くなれた、と今となっては言うことができます。
当時は、どうしたらいいいのか、どこへゆけばいいのか全くわかりませんでした。
しかし、あれから4年が経った現在、あの頃あれだけ望まれたボロデュリンはどうなりました?
(選手としてのキャリアを)終えてしまいました。
では僕は?
ここにいます。欧州選手権に対峙しています。
続けているんです。

それだけではありません。毎年行われる過酷なロシア選手権に参加し戦い続けています。その中で、表彰台落ちは1度だけ、それも4位です。この熾烈な競争の中に身をおいているんです。

誰がどのような人間であったかは時が経つにつれて明らかになります。
人生は全ての人々に試練を与えます。その中である者は脱落し破壊され、けれどもまたある者はそれを乗り越えて歩み続けてゆくのです。

++++++

ユーロの演技


セリョージャがとにかく大切にしているのが、「実績を上げ続けること」であることがこのインタビューからもわかります。それは、自分と同年代で周りに居た、おそらくは自らより才能もあったかもしれない選手たちが次々と姿を消してしまったこともあるのでしょう。ドブリン、ルータイ、ウスペンスキー兄弟、グリャーツェフ、ボロデュリン・・・・
彼らの中で唯一残った、と言えるのがセリョージャだったのです。

そして、ユーロではロシアトップの成績を上げながらまたも五輪派遣はならず、今シーズンを迎えます。

結果から言えば、シーズン最初のネーベルホルン杯が4位だったのみで、後の国際試合は全て台乗り(フィンランディア杯、ロステレコム杯、NHK杯、GPF,欧州選手権。この安定っぷりはすごいです。まるで大河ドラマの脇を固める名俳優のよう。

そして、NHK杯の表彰式では初優勝で「信じられない」といった仕草をしているダイスを無良くんとともに優しくいたわる光景がお茶の間に流れ、「すごいいい人じゃん」と好感度がアップしたのでした。
おそらくはグループ内でも後輩たちにああやって接しているんだろうな、そして慕われているんだろうな、というのがよくわかる光景でした。これは多分ロステレコム杯の演技中ですが

nQ0UiDDkr38.jpg


ジャンプの着氷時、一番前でフェンスにかぶりついて見ているアジヤン、そして必死な眼差しの女の子たち。
セリョージャがエテリ組の中でどういう存在なのか、どれだけ慕われてるのかよくわかる一枚です。

ロステレコム杯 SP


このロステレコム杯のSPは今年の今のところベストではないかな。解説していた織田くんが特に4T-3Tのことを
「何度でも見たくなるジャンプですね」
と言っていたのを思い出します。

そしてFSとEXはNHK杯




この時、膝の調子が悪かったらしく(早朝練習後、膝をアイシングしながら羽生と肩を組んで笑っている写真が彼のインスタグラムに上がっていました)、演技もかなりきつかったようですが、それでもきちっとやり遂げ、初のGPF出場を決めた。
EXでジャンプが1つしか入っていないのは多分それが一因だろうと思いますが、私はこのバージョンが一番好きです。
特に最初のループターンから始まるところ、見せ場の長いイーグル。本当に彼らしいいいプロだと思います。
大人の男にこそ表現できるプログラムではないでしょうか。メンショフの「Shape of my heart」にも同じことを思います。

セリョージャは、落ち込みそうになった時、くじけそうになった時、自分に問いかける、と言っています。

「お前はどんな人間なんだ、弱虫か?それともこの状況を跳ね返す強さを持っているのか?」と。

様々なインタビューでこのセリフを聞きました。おそらく、セリョージャの答えは昨年にユーロ前のインタでも言っていたこれなのでしょう。

「誰がどのような人間であったかは時が経つにつれて明らかになります。
人生は全ての人々に試練を与えます。その中である者は脱落し破壊され、けれどもまたある者はそれを乗り越えて歩み続けてゆくのです。」


この信念がある限り、セリョージャはいかなることがあっても立ち直ってくれる、と信じています。
それまで、じっと見守っていたい。
彼が自ら満足してスケート靴を脱ぐまで。

ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR