ヴォロノフ、GPF出場決定おめでとう! ―NHK杯男子


er5nXiAAsg8.jpg


縁あって今回のNHK杯、現地観戦することができました。そして、セリョージャの準優勝、GPF出場決定の瞬間に立ち会うことができました。
セリョージャ、本当におめでとう!そしてダイス、無良くんおめでとう!

現地ではTwitterどころではなかったので、帰ってきて初めてセリョージャの認識度が高まってること、「いい人じゃん」と言われてることを知りました。
長年応援してきたファンとして、本当に嬉しいです。2006年のジュニアワールドからですから、もう8年になるんですね。
本当にワクワクドキドキの年月でしたが、これだけ長いこと楽しませてくれた(というと語弊がありますが)彼には本当に感謝したいし、これからもずっと見つめさせてもらいたいです。・・・・・・ホントに何度フェードアウトしてしまうんじゃないかと思ったことか。その都度踏みとどまってくれた彼の強さには賞賛を惜しみません。

まずはSPから


6分間練習の時、羽生選手に近づくたびに「大丈夫か?」とでも言うように手を軽く上げて声をかけている様子で、相変わらずいいヤツだなあ、と思う反面この結果を見て
「だからお前は勝ちきれないんだよ!もっとガツガツしてもいいのに。。」
と思っていたのでした。

ただ、思ったより3AのGOEマイナスが大きかったですね。今年は全体的に着氷には厳しい感じがします。無良くんのFSなどを見てもそんな感じがしました。

また、セリョージャが羽生のことを気にしていた、というのは一昨年のCoCで、リッポンとナンソンの衝突事件の際に居合わせた、ということも影響しているかと思います。
セリョージャ自身、それについてインタビューに答えています→ リッポンとナンソンの衝突事件、そして高橋・町田選手について

FS前の6分間練習。


次にFS。滑走順は羽生の次でした。


羽生の演技後、ものすごい量の花が投げ込まれ、フラワーガール・ボーイたちはてんてこ舞い。セリョージャはろくに滑ることもできない状態でコールを待たなければなりませんでした。そんな状態でも、リンクから上がってくる羽生に労うかのように声をかけ、羽生もそれに笑顔で答えていました。
演技後のインタビューによれば、
「アクシデントがあって、それを克服なければならなかった。特に前半はきつかった。でも、自分に打ち勝つことができた」
というような事を言っていたのと、6分間練習でほとんどジャンプを跳ばず(2Aまで、あとは入りを確かめるだけ)、しきりに膝を気にしていたので、ひょっとしたらどこか悪くしていたのかな・・?心配しすぎならいいのですが。
怪我にずっと悩まされてきた彼なので、ファン側もちょっと過敏になってしまいます(苦笑)
だからEXではジャンプ1つ(それもちょっと彼らしからぬ着氷の3T)しか入れなかったのかな?

そして表彰式


リンクサイドで待っている間、信じられない、といった様子のダイスを祝福する2人、そして「あー、暑い」という感じで衣装の襟をバタバタさせる無良くん、それを受けて「俺はスケスケだから平気」と言うかのように自分の衣装の透けてる肘のあたりを引っ張って見せるセリョージャ。そして3人が笑い合って・・・・
と、とっても爽やかでいい光景でした。放送に入ってるといいなぁ、と思っていたら生で入ってたよ!とのことで安心しました。

ダイスは一昨年の仙台でのNHK杯にも出場していたのですが、その際は肩を痛めてSPで棄権してしまったのですね。セリョージャも同じ大会に出ていて、それを目の当たりにしているので、余計にダイスの復活が嬉しかったのだと思います。台上で涙するダイスの両側から無良くんとセリョージャがポンポン、と肩を叩くように腕を差し伸べるシーンは本当に清々しく、戦い終えたアスリート、まさに同志という感じでした。

そして、国歌が流れている時にやたらキョロキョロするセリョージャ。おかしいなあ?こんな無礼な奴じゃないのに?と思っていたら、その視線の先にはリンクサイドに佇む羽生の姿が。
それはまるで迷子になりかけた弟を見守る兄のようでした。そして、ビジョンでも羽生の姿が抜かれていて・・
あそこに立っていたのは闘志を奮い立たせるための彼の意志だったのか?それともTVドラマ的効果を狙ってスタッフが立たせたのか?
もし後者だとしたらこの上なく残酷な行為だし、前者だとしてもカメラで抜くのはやめて欲しかった。
いたたまれない気持ちになったのは私だけでしょうか。


そしてEX.


本当に、大人の男になったなぁ、と思わせるスケートでした。ジャンプがひとつ、だなんて忘れてしまうくらい。相変わらず艶っぽさ、からはちょっと遠いですが、こういったワイルドな感じでいいんじゃないかな。美しいイーグル、軽やかなループターン、そしてしっとりとした曲調に合わせた伸びやかなスケーティング。年長者ならではの円熟した表現の味がありました。

ただ、最後に一言。あれだけチケット争奪戦になって、チケが手に入らず泣きの涙で諦めた人も多かったというのに、当日最後までスタンドSの最前列やアリーナに固まって空席があったのは何故だ!と大声で叫んでおきたいです。

ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

そのとおり!

初めてのコメントです、お邪魔します。

今回のNHK杯結果的には ほんっとによかったです。
ダイスの優勝、ヴォロノフの台乗り、知子ちゃんも惜しかった(>_<)

私は成龍ペアや川スミ応援してたんですが
29日のチケットがどうしてもGETできなかった。
初日と最終日は最果ての席を仕方なく
転売サイトで購入したのですが…
知子ちゃんのミスサイゴンやペアのフリー
観たかったなぁ~

関西在住なので29日はTV観戦でしたが
スタンドのいい席がガラガラでほんっとに
腹が立ちました!!!

ペアやアイスダンス程ではなかったけど
男子の時間になっても空席が!

たちの悪い業者の蔓延るチケット争奪戦。
いつまで続くやら(# ̄З ̄)

Re: そのとおり!

> 初めてのコメントです、お邪魔します。
>
> 今回のNHK杯結果的には ほんっとによかったです。
> ダイスの優勝、ヴォロノフの台乗り、知子ちゃんも惜しかった(>_<)
>

はじめまして。コメントありがとうございます。本当に同感です!
会場で会った方にも、29日だけ入手できなかった、という方がたくさんいらっしゃいました。そして、蓋を開けてみたら当日は空席が・・・・
そして中には男子の後半グループだけ見て行った人もいましたし、最後まで空いていた席もありました。
一体どういう売り方をしているんでしょうね(ため息
確かに丸一日を観戦にさける人ばかりではないでしょうから、カテゴリーによって空席ができてしまうのもわかるのですが、あれだけまとまって、というのはすごく不自然でした。
せっかく来てくれた一流選手たちに本当に申し訳なかったです。

一般のスケートファンがスムーズに入手できるシステムであってほしいですね。

またいらしてください。ありがとうございました。
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
539位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR