GPS最強カップル ― メンショフさんとその彼女 フランス杯SP


11abaa02a20f11e39a00129ce97e08e3_8.jpg


「ろしあんはリア充になると成績が上がる」というのがジンクスのようになっておりますが、まさにその見本のようなのがこの2人。コンスタンチン・メンショフとマリア・アルテミエワです。

彼らのことは以前このブログにも書きました→メンショフさんに春は来るか ― 国別選考と歳の差カップルの行方

アルテミエワはロステレコム杯にも出場していましたが、ジャンプの調子が今ひとつで地上波では放映されなかったようなので、初めて彼女をこの大会で見た、という方も多いかもしれません。(まさかこのSP順位で放映されないってことないですよね(笑)
でも正直今でも心配です。第一滑走でしたから。よっぽどじゃないと・・・と。そうしたらずっと漬物石になってくれて。いや、ほかの選手の失敗を祈ったわけではないんですよ。要するに全員放映してくれればこんな心配しなくて済むんですw

さて、話は戻りまして・・この2人は、ただ単にスケーター同士、というだけでなく、彼氏はクワド2種持ち、彼女はリアルルッツ&セカンド3T持ちの最強カップルなわけです。

メンショフ(4T-3T、4S、3A) 3位



アルテミエワ(3T-3T、3Lz、2A) 4位
彼女は今回ジャンプの調子がまだ戻っておらず、構成を変えてきました。本来ですと3Lz-3T、3Lo、2Aです


ロシアは、この大会にも出場したラジオノワやリプニツカヤを始め、若い子がどんどん出てきていますので連盟の方もどうしてもそちらに力を注ぎがちになってしまうわけで、女子の第一線で活躍している20歳オーバーの現役選手はレオノワとアルテミエワくらいかもしれません。といってもアルテミエワは昨年のニース杯の優勝で注目され、今年のGPSに抜擢されたわけです。
彼女が幸運だったのは、選んだコーチのルカヴィツィン氏が、年齢を経ても活躍を続けるメンショフを担当していた、ということでしょう。
ルカコーチはインタビューで、
「アスリートにおける限界は単なる年齢という数字だけでは測れない」
と繰り返し述べています。これはルカコーチがメンショフから学んだことでもあり、そこまで彼にモチベーションを持たせたルカヴィツィンコーチの力でもあるのだと思います。

そしてそんな環境の中に入ってきたアルテミエワ。
彼女はルカヴィツィンコーチと肌合いがあった、ということもあったようですが、ルカ組の振付師であるオリガ・グリンカ女史(メンショフのキスクラにいるゴージャスなソバージュ美人)のパフォーマンスに憧れていたから、ということもあったようです。メンショフの独特なコンテンポラリーな振り付けはグリンカ女史とメンショフの共同作業のものだそうです。

そして!楽しみなのが、アルテミエワの今回のFSの振り付けがメンショフ!
マリア・アルテミエワ→ISU biography

選手とコレオで同じ大会に出る、というのは初めてかな?

ロシアンジャーナリストのアンドレイ・シモネンコさんによれば、メンショフはマリアの演技を考えないように、見ないようにしていたそうです。どうも、1人がうまくいくと1人が失敗しちゃう、というようなジンクスみたいなものがあるようで。
そして、できるだけのアドバイスを彼女に伝え、自分は自分の演技に集中するようにしたそうです。
4T-3T、4S、3Aとジャンプは全て決め(少し3Aがふらついたかな)、ステップはレベル4を取りました。ただ、残念ながらスピンが丁寧に回っていたと思うのですがレベルが取れなかったのですね。
彼は
「この演技で90点台に乗せられなかったのは残念だ」
と言っていたようですが、逆を考えればまだまだ伸び代がある、ということですから、このSPはナショナルを楽しみにしたいと思います。

そして2人のFSでの神演技を心から祈って!




↓ポチよろしく 更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
27位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR