メンショフ、安定の2クワド パニン・メモリアル優勝(1大会4クワド!)


1535499_344764419019037_1646476145083841459_n (2)



パニン・メモリアルはFSが行われ、女子はレオノワ、男子はメンショフの優勝で終了しました。

このメンショフのフリーのテーマは「真実を伝えるために命を危険にさらす従軍記者に捧ぐ」ということでした。
事実と真実との狭間で苦悩し、その中で流されることなく必死に文字を綴ろうとする一人の人間であろうとする記者、というイメージが垣間見えて私はこのプログラムがとても好きです。これはぜひ直接観戦したいなぁ。


こちら→男子FSプロトコル

ジャンプミスで目立ったところといえば、3Lzのはずがダブルになってしまったこと、ラストの2Aがシングルになってしまったことですね。
そして、ここで重要なのは、このプログラムの予定構成では、2本目の3Aが3連のコンビネーションになるはずなのですが、セカンドの着氷が乱れて2Loが付けられなかった。昨年まででしたら、次のコンボの3Lo-2Tに2Tをつけて3連にしたと思うのですが、今年からのルール変更でダブルジャンプにもザヤックルールが適用されるようになったので、ここで2Tをつけるとノーカウントになってしまうため、あえて跳ばなかった、というところです。ノーカンを避けかつ3連にするには2Loをつければよかったわけですが、彼がサードジャンプで2Loを練習し始めたのは今年から。セカンド以降のループはトウループよりずっと難しいのです。
そして、プロトコルにマイナス1をつけたジャッジがいたように、若干着氷が乱れたのかもしれません。ただ、彼なら2Tは付けられたはずだと思うので(お手つきやオーバーターンしても2Tなら付けちゃえる人ですから)ここは安全策を取ってあえて跳ばなかった、と考えたほうがいいでしょう。素晴らしいジャンプ脳です。


そして、ついにクワド2本を成功させたSP。


こちらが→男子SPプロトコル

とにかく最初の4T-3Tにジャッジが全員加点をつけている、それもプラス3をつけているジャッジが1人いる、というところがすごいですね。
知人が「メンショフさんの4Tコンボって、斬鉄剣みたいだよねぇ」
と言っておりましたが、まさに言い得て妙だと思います。
そして4S。マイナス1のジャッジが2人、プラス1のジャッジが1人。ほんの少しオーバーターン気味になったのを取られたのかな。
今シーズンはどの大会を見ても、ジャンプの着氷に関しては男女問わずかなり厳しく見ているように思います。
そして、着目すべきはステップ!レベル4がついたのに加え、1人のジャッジがゼロだった他は、全員が加点をつけました。
今年のSPは、クワド2本構成を鑑みてステップからのジャンプをサルコウにしていて、これがトリプルになってしまった場合基礎点が低くなってしまうため、こういったところでしっかり強化してるんだと思います。

今シーズンに入ってからのインタビューでは、特に目標、とするものを語らず、「昨年の自分を越えること」とくり返し言ってきたメンショフ。
プロフラムのテーマについて語った時のこの言葉が非常に印象的でした。

「私は観客のために滑っていて、それが一義的なことです。結果は重要だけれども、あくまでも二次的なものといえる。私の滑りが観客に気に入ってもらえたなら、ジャッジにも高く評価してもらえるでしょう。」

彼の初戦はスケートカナダ。カナダの観客たちは、そしてジャッジたちはメンショフ記者にどういう判断を下すのでしょうか。楽しみです。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR