スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カヴァラドッシの手紙 -セルゲイ・ヴォロノフの新プロ

先日、ロシアで行われたらしいショーで、セリョージャことセルゲイ・ヴォロノフが新しいプロを滑ってました。
なんと、『トスカ』より、カヴァラドッシのアリア、『星は光りぬ』。
つくりからいって、EX用かな~、とも思いますが。

しかし、仮にも元ロシアンチャンプが、縮んだセーター着て新プロ披露に出てくるなよ・・・まあ、そこも彼らしいんですが(笑)

けど、まぁ~た、ベタな選曲を・・・w でも、以外に似合ってました。が・・・・

違う、元のストーリーとは違う!

もう、やっぱりこいつには絶望的に色気が足りない!(というか、ない!)←ただしこれは私の感覚なので、異論のある方もいらっしゃるかと思います。
まあ、とにかくごらんあれ。
Сергей Воронов, шоу юных фигуристов Москвы


このシーンは死刑を言い渡された主人公カヴァラドッシが翌朝の処刑を前にして、恋人である歌姫トスカに向けて、最後の別れの手紙を書くシーンなのですが・・

女の影が感じられないw

あのニーノ・ロータの『ロミオとジュリエット』やったときですら「ジュリエットの影がない」「ロミオというよりマキューシオだよね」といわれていたものでしたが・・やっぱりそれは変わってませんでした。
ちなみにこちらがそのロミジュリ。ナショナルのもよかったですが、私はこちらのほうが気に入ってるので。CoCのものです。

Sergei VORONOV Cup of China 2009 EX


どう見ても報われぬ恋に悩み苦しむ青年、というより、友人のための決闘に出かけるその朝、最後の祈りを捧げる、といったイメージです←あ、私には、です。


セリョージャ演ずるカヴァラドッシは、恋人に、というより(同性の)親友に手紙を書いていそうです。

そう、例えばこんな感じ。

*****

懐かしきわが友よ

私は罪なくして死んでゆく。確かに、人の定める法には叛いたかもしれないが、それより何より人として、神の子として従わなければならない信義というものがある、ということは君にもわかってもらえると思う。そして、私はそれを貫いたに過ぎない。時として運命は残酷に犠牲者を選ぶ。だが、私は粛々とそれに従うのみだ。しかし、それは捨て鉢な気持ちや諦めとは違う。私は今まで自分の選んだ道に納得しているし、また後悔もしていない。
だから、悲しまないでほしい。

君の友情が、この暗い監獄の中でいかに慰めとなったことか!
今、この窓から見える明けの明星の光が、君の枕辺にも届いているのだ、と思うだけでいかに心が安らぐことか!
こんな愚直で不器用な男に友情を注いでくれた君に、心よりの感謝を送る。例えこの手紙が君に届かなかったとしても、あの星が代わって私の思いを語ってくれるだろう。
本当に、いかなる言葉を述べても足りないほどだ。

愛する友よ。
最期の弾丸が私の頭を砕くまで、私は君の幸福を祈ることを止めないだろう。
君が私の人生に存在してくれたこと、それこそが私にとっての最大の恩寵だった。

ほんとうにありがとう。そして、さようなら。

セルゲイ・エフゲニヴィッチ・ヴォロノフ演ずるカヴァラドッシ

****

って感じでしょうかww

まあ、こういうのもいいけど(男の友情物語、って好きだし)でも、やっぱり女性の影を感じさせる表現を身につけてほしいなぁ、とも思います。
結構長く付き合ってるらしいリアル彼女いるらしいのに、何でそういうのが伝わってこないんでしょうねぇ、男子校の体育会青年、というイメージはいい加減卒業してほしいww まあ、でもそこが彼の魅力でもありますが。

セリョージャにはどちらかというと男女の恋愛より、男の友情、とか成り上がる悪役キャラ、とかを演じてもらえればな、と思います。池上遼一の世界、といいますかww
『太陽がいっぱい』なんていいかもしれません。あの極悪ニヤリ笑い&顔撫で満載で、モロプロで作ってもらえないかなー。

太陽がいっぱい 「Plein Soleil」 ニーノ・ロータ楽団  Nino Rota.


ただ、ジャンプが入れにくそうかな、EX向きかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
29位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。