オリンピアン、ソチを訪問 ― ポール・ワイリー

4aa9ec82965811e380f00afa321cabe2_8.jpg


この写真は、クリスティ・ヤマグチさんが、ソチ五輪中にご自身のインスタグラムに上げてくださったものです。
http://instagram.com/p/kcTfATEvcE/

左がご本人、アルベールヴィルでの伊藤みどりさんとのメダル争いは覚えていらっしゃる方も多いでしょう。
右側がスコット・ハミルトン。ハイテンションでの実況は、どなたも一度はお聞きになったことがあるのでは。ワールドチャンピオン4度、サライェヴォ五輪金メダリスト、そしてショースケーターとしての活躍、と男子フィギュアのレジェンド、といってもいい人物の一人です。

そして中央が今回取り上げるポール・ワイリーです。彼はアルベールヴィルの銀メダリストではありますが(いや、それは凄いことなんですよ)実は、他にはジュニアワールド以外、タイトルを持っておらず、ワールドのメダルも、全米選手権の優勝経験もないんです。友人と彼のことを「華麗なる一発屋」(←貶してたわけではないですよ!)と言っていたことがありましたがまさにその通り、というか・・。とにかく彼は素晴らしいスケーティングの持ち主だったのですが、ジャンプがイマイチ不安定だった。そして、同時期にハミルトン、ボイタノ、オーサー、ファデーエフ、ペトレンコといった選手がいたのも不運だったかもしれません。

今日彼を取り上げよう、と思ったきっかけは以前このブログで
「赤い衣装の「シンドラーのリスト」少女と女性の表現の差とは」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-140.html

というエントリーを書いた時、同じ「シンドラーのリスト」を用いているワイリーのプロを載せたのですが、これが思いがけずえらい評判で。
「すごい繋ぎですね」「スケーティングうまい」「こんなスケーターがいたなんて!」というご感想を何人もの方から頂いたので、今回は彼のプログラム集を、と思ったわけです。
私ごときの解説は無粋ですんで、とにかく彼のスケーティングをお楽しみください。イーグル、イナバウアー、スパイラルのお好きな方は絶対お気に召すスケーターだと思います!

これはアマチュア時代。銀メダルを取ったアルベールヴィル五輪です。


そして、プロになってから。彼の真骨頂が発揮されるのはプロ時代かな。

まずは、

「JFK」いかにもアメリカ、という選曲ですね。1992年ですから引退した年です。


「アンタッチャブル」 Paul Wylie, "Untouchables", World Pro Landover 1993-1994 (USTV)


「シンドラーのリスト」


「カルミナ・ブラーナ」(1995年)




そして「O Holy Night」 
これはクリスマスに恋人と大画面で見たいですね(笑)


ワイリーは現在アメリカで指導者をしているそうですが、現役の頃から「アスリートは一生やれるものではないのだから、セカンドライフのことも考えておくべき」というのが持論で、自身も現役時代にハーバード大に通い、選手生活と両立させ、プロになってからはショーのかたわら、ハーバード・ビジネススクールを出たそうです。
そういったことから後輩の選手たちには悪い意味での「運動バカ」にならないように、と指導している、と聞きました。
確かに、引退してからの人生の方が長いわけですからね。私も好きな選手が何人もいますが、スケート(いや、その他のスポーツでもですが)を取ったら何も残らない、という人間にはなって欲しくないな、と思います。

と、なんか硬い話になってしまいましたが、ラストはこちらで。
ちょっと変わったところでヴィットとの共演です。2人のイーグルがたっぷり堪能できます。
「メアリー・ポピンズ」




ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR