スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈願・再評価! 本田武史の凄さを知って!2

今の多数派のファンの方、そう、トリノ五輪以降、もしくはバンクーバー五輪以降にフィギュアを見るようになった、という方はタケシの現役時代をご存じないかもしれませんね・・・

最近、本田と言えばケースケみたいですが、われわれオールドスケオタ、それも男子オタにとっては、やっぱり本田と言えばタケシです。絶対にタケシですとも!という訳で、第2弾行きます!

彼が最年少で全日本を制したとき・・・・

「来る、来る、彼は来る!むこう10年日本男子スケート界を背負ってたつスターになる!そう、伊藤みどりの男版だ!」

と思い、もう、わくわくぞくぞく。そこいらじゅうを駆け回りたい気分になりました。

初見時にこんな気分にさせられたアスリートは、51番をつけた(!)前田智徳を神宮で見たときと、柔道軽量級の野村の投げを見たときぐらいですとも!

そして、その予感はあたりました。嬉しい。

15才でのワールド・・。翌年には長野五輪も控えていて、なんとしてでも開催国としては枠が2つほしかった年。代表となって世界に挑んだのはタケシでした。

本田武史 1997年世界選手権 SP ティコ・ティコ


いやー、衣装の袖にインパクトありましたw 元気いっぱいの少年、って感じで、今でも忘れられないプロです。


このSPで7位。そしてFS。このとき15歳(大会開催中に16歳になったのかな)。そして、確かこのときの練習中にクワド降りたんでした。東洋から来た小さな少年が会場にどんなセンセーションを巻き起こしたか・・・想像するだにぞくぞくします。

本田武史 1997年世界選手権 FS



このスピード感とリズム感、さいごまでタケシの持ち味でしたよね。このころから本当に表現の幅が広かった。

長野五輪ではプレッシャーに押しつぶされてしまったような形で進化を発揮できませんでしたが、翌シーズンの4CC.(初開催)。初のチャンプとなったのはタケシでした。
これは国際試合でクワド初成功させたNHK杯。

Takeshi Honda 1998 NHK Trophy



このころは、といえばエルヴィス・ストイコ、トッド・エルドリッジ、アレクセイ・ウルマノフといった歴史に名を残すベテランたちがまだバリバリの現役で、同期にはヤグディン、プルシェンコ、ワイス、チェンジャン、ミン、アブト、ティモシーといった綺羅星のようなすばらしいスケーターが沢山いて・・・
そんな中、ほとんど1人で一国を背負ってたっていた、といってもいいタケシ。今で言うなら、シニアデビューした頃のカザフスタンのデニス・テンくん、もしくは日本で世界に通用するようなシニアがおらず、羽生君が1人、というような感じの立ち位置でしょうか。

そして、各国それぞれのレジェンドとなるようなスケーターたちと伍して戦い、1歩も引かなかったタケシ。
いまだ達成者が4人(ミン・ジャン、ティモシー・ゲーブル、本田武史、ブライアン・ジュベール)しかいない1プロ3クワドを達成したのも日本人では彼だけです。注)ブログ記載当時

Takeshi Honda 本田武史 2003 四大陸選手権 FS



そして、彼はそして、旧採点→新採点の荒波を第一線で受け止め、乗り越えてきた数少ないクワドジャンパーでもあります。

これは新採点プロ

Takeshi Honda 2003 Skate Canada SP



当時、国際大会で
「テケィシ~・オォンダ~。ジャパ~ン!」
というアナウンスを聞くたび、どれだけ胸が躍ったことか!彼のジャンプがどれだけ誇らしく、彼の笑顔がどれだけ愛しかったことか!
ジャンパーの宿命とはいえ、足の怪我に苦しみながら選手生活を送り、今の日本の男子フィギュアの礎を築いてくれたタケシ。あなたがずっと複数のワールド枠をもたらしてくれていなかったら、日本男子はこんなに強くならなかったろう。競争原理があるからこそ、アスリートは伸びる。

ワイリー、デイビス、ボウマン、ガリンド、トッドのいたアメ男子、ヤグ、プル、アブト、クリムキンのいたロシアと今の日本の状態は同じなのだ。

ああ、あなたはもっと、もっと評価されていいのに!

最後に、ソルトレイク五輪のEXを。ヤグ、プル、ティモシー、アブト、チェンジャン、マイク、トッド、エルヴィス、リュウ、ミン・・・・・。こんな伝説的な面子の中で、4位となってEXを行っている、ということ、これだけでも本当にすごいことなのです。



1ヵ月後の長野ワールドの表彰台です。

         1676458914_200.jpg

表彰台に一緒に並んでいるメンバーすべてが、いや、ソルトレイク五輪、長野ワールド参加メンバーのほとんどが、男子フィギュアの伝説として名を刻むであろう面々です。その中に本田武史、という日本人がいた、ということはもっともっと知られていい。
そう、彼らと伍して戦っていた英雄なんです、タケシは!

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ソルトのタケシ、4位という成績ももちろんですが、SPでは2位でしたよね。
あの最強のメンバーで2位だなんて、今考えてもつくづくすごいなーと思います。
解説のタケシがどれだけすばらしいスケーターだったか皆さんに知ってほしいです。
そしてわたしは今でもアランフェスといえばタケシが真っ先に浮かびます。

No title

わたしもアランフェス=タケシです。
ついでに、仮面といえばこれもタケシ!

No title

短いコメントですが、言いたい事はただ一つ。
同感です!!

ありがとうございます!

はいじさん、さーしゃさん、くんくんママさん>

まとめのレスですみません。同意してくださってありがとうございます!ほんとに、タケシは英雄ですよね!
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
413位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
27位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。