テーマは「天地創造」 メンショフのSP

701259900.jpg



あっという間にスケートシーズンももう半分近く、今週末はGPS最終戦であるロステレコム杯(ロシア大会)が行われます。
今年は五輪年でもあったせいなのか、大事をとっての欠場、という感じで選手が少なくて各大会少し寂しい感じはしましたね。

このロステレコムも、自国枠として出ていたプルシェンコが欠場し、その代替選手としてコンスタンチン・メンショフが指名されました。
連盟が言うには、NHK杯のフリー5位が高く評価された、ということです。また、コーチのルカヴィツィンによれば、こういうこともあるんじゃないか、と準備はしていた、とのこと。ただ、メンショフ自身はまさかこうなるとは思っていなかったみたいです(公式のインタによる)

いつも印象的なテーマを持ったプログラムを見せてくれるメンショフですが、今回のSPについてはシーズン前に、
「ずっと好きな曲だったから使いたいと思っていた。振り付けはコレオグラファーのオルガ・グリンカ、コーチのルカヴィツィン、そして私で行います。ステップシークエンスの部分はヴァレンティン・モロトフが手伝ってくれるでしょう。テーマは衣装を見ていただければひと目で分かりますよ」
というようなことを言っていたんですが・・
実際NHK杯でクリアな画像を見るまでは分からず。ただ、アイボリーに近い白に金、というかブラウンの部分のバランスがすごくいいなー、と思っていたのです。相変わらずルカヴィツィン組は衣装は外さない、というかマイナスの美学をよく知っているなぁ、と。最初の印象はそんな感じだったんですが・・・

そして、NHK杯での演技の最初のポーズのアップを見て!ああ、これはひょっとして!?




そうです、システィナ礼拝堂の天井画、「アダムの創造」の一部です。
これ↓
img_1052728_61370943_0.jpg

神の手がアダムに命を吹き込もうとしている部分ですね。ちなみにこれはSF映画「E.T」の終盤近くの印象的な部分の元ネタでもあります(笑)
今年のSPのテーマは「天地創造」なのだそうです。

昨年の大怪我で年齢的にも選手生命が危ぶまれたこともありましたが、

「まだスケートを愛しているし、この気持ちがある限り続けてゆきたい」

と言っていたメンショフ。そういえば、昨年のSPは「踊り続けるいのち」でした。そんな彼に、更なる命を神がふきこんでくれるでしょうか。
ロステレに向けて、
「特に変わったことはない。音楽に気持ちを込めるように心がけて滑ってゆきたい。そしてクリアに演技を終えること。それだけです。」
と述べていました。


順位云々ではなく、彼自身が心から満足する演技がロステレでできますように。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

メンショフ関連、熱心に見せていただいています。SPは初見ではよくわからなかったので解説していただいて納得しました。衣装も、音楽も一ひねり、ふたひねりあるのでいつも楽しみですが、今回は難解でした。個人的には、襟のある衣装のほうが似合っていると思っていますが・・・・。昨年は、Tシャツが多かったですが、その前の年、エイリアンの衣装を閉じたスーツ姿でのエキシビプログラムは、かっこよかったですね。彼は、華奢な体格なので、襟ぐりがあいていると、ちょっとさみしいというか、脱臼のときなど、痛々しかった。さて、Colltourgeistという音楽のタイトルは、リサーチしきれなかったのですが、Poltergeistにかけているのですか(まさかね・・・)また、ついでがあれば、ネタにしていただけるとうれしいです。
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
427位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR