トラウマを乗り越えて ― K・メンショフ NHK杯フリー

1420114_5001942546274_1796024068_n.jpg


プルシェンコの負傷によってメンショフは代替メンバーとしてロステレコム杯に出場できることになりましたが、今回はそれより、NHK杯フリーについて書きたいと思います。

いつも印象的な記事を下さるR-Sportのアンドレイ・シモネンコ(Andrey Symonenko)さんの記事から。
++++++++
  
 :メンショフの演技を妨げたものは: 
  アンドレイ・シモネンコ(Andrey Symonenko)

東京で行われたNHK杯で8位となったロシアのスケーター、コンスタンチン・メンショフはFSの最中に4月の国別対抗戦での転倒による負傷が頭に浮かんだと語った。
今回彼は、FSの中でクリアなクワドを2度決めた。そのうち1つは4T-2Tのコンビネーションだった。演技の中で唯一のミスと言えたのは3Aが2Aになってしまったことだった。
実は、彼は4月に同じプログラムの同じ位置のこのエレメンツで転倒し、肩に重傷を負ったのだ。
場所もまさにこの同じ代々木体育館だった。

「トリプルアクセルがダブルになってしまったのは、助走に入った時、目の前に4月の転倒が浮かんだからなんです。私は、まさにこのリンクで、このエレメンツで転倒し怪我をしたのです。ですから、慎重にいきすぎた。けれども、その後集中して最後まで滑り切ることができたのはとても喜ばしいことです。」

彼は、NHK杯での演技は、SPの3Lzさえ除けば満足のいくものだった。と付け加えた。

==中略==

「このリンクの氷は感触がよくて、ジャンプをするのを助けてくれる。まるで私を放り投げてくれるようですよ。だから安心して滑ることができ、終盤近くのステップにも力を貯めておけた。コレオシークエンスの時には本当に気持ちが良かった。」とも述べた。

そして、FSをきっちり滑りきろう、という思いは朝から強く持っていた、とも述べた。
「SPの失敗には腹が立っていましたよ、もちろん。でも、イライラすることのないように努めました。なぜなら、そうすることは決してよい結果を産まないことを経験上知っていましたから。練習の開始時間は早かったです。現地時間で9時。ペテルブルグだったらまだ夜中ですね。でも、起きてきて、ストレッチをし、気持ちを落ち着けました。それがこの結果です。上手く滑れたと思うし、プログラム自体にも満足しています。」

======本文=====

+++++++++

こちらがNHK杯フリーの演技。



同じ代々木体育館で、そして同じプログラムで・・。
彼自身、そしてシモネンコ氏もおっしゃっているように、あの3Aに入るところでトラウマがなかったはずはないのです。クワドを跳ぶときにはまだ痛みが残っている、とも言っていましたし、定期的に治療もしているようです。
しかし、それを乗り越えてのこの演技、素晴らしいと思います。

また、見逃せないのが3Aが2Aになったところで、咄嗟に最後の2Aを3Tに変えたところです。
男子プロトコル
後半ですから1.1倍になりますし、コンマいくつの点数を争う中ではけして馬鹿になりません。

一時期トリプル以上のジャンプは4Tと3Tという同種のものを使いながら、ほとんどザヤったことがない、というこの人ならではのジャンプ脳が発揮された感じです。


コーチも振付師も、このFSとSPを気に入っている、ということなので、良い結果が出るといいなぁ、と心から思います。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
444位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
29位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR