若草色のアルテミス ―ろしあんずのニース杯

maria.jpg


ニース杯、女子の表彰台です。優勝はロシアのマリア・アルテミエワ。
足の怪我でしばらく国際舞台に出てこれなかったので、本当に彼女もコーチも嬉しかったことと思います。
ニース杯リザルト

こちらがSP.若草色の衣装が素敵です。
Maria ARTEMYEVA SP CUP OF NICE 2013


SPで3Lz-3Tを含むジャンプをすべてクリアに決めてダントツのトップに立つと、そのまま優勝。
しなやかな動き、高いトウジャンプ、ポジションの美しいスピン。これでフリップのエラーが取れれば、世界でも戦えるでしょう。リハビリ中にどんどん若い子が出てきて、焦っては怪我がぶり返す、連盟も若い子優先にしますから本人は更に焦る、のループだったようですが、今シーズンは初頭の国内戦からいい演技が続いています。

こちらFS,
Maria ARTEMYEVA LP CUP OF NICE 2013


もう一度カレンダーコンペの出場を予定しているそうなので、とても楽しみです。おそらくNRW杯かゴールデンスピンになるのかな。SPで3Lz-3T、FSでは3Lzを二本(1本は後半)セカンド3T持ち、ということでジャンプのレベルとしてはGPS出場選手クラスですから、ワクワクしますね。年齢的にもまだ20歳、ソチには間に合わないとしてもこれからの活躍が期待できます。

ちなみに彼女は現在メンショフさんの恋人で、今回はカップルで台乗りを果たしたことになりますね。2人とも喜びもひとしおかと。


そして、ロシアはこのニース杯、男子を4人送り込んできました。GPS枠の少ない現在、少しでも国際経験をさせて若手の底上げを図りたいところです。そして、今回それぞれ結果を出すことができました。


まずはSPでクワドルッツを成功させたヴラディスラフ・セズガノフ。メンショフさんとともにルカヴィツィンコーチの門下生である彼ですが、182センチの上背と手足の長さでリンク上では非常にダイナミックに見えます。
ぜひ直接観戦してみたいスケーターの一人。

では、4Lzを決めたSP.


ルカコーチによれば、これからはFSにもクワドルッツを入れていきたい、とのこと。そしてカレンダーコンペで200点を超える点数を出すことができたことは彼にとって非常に大きいこと、といっていました。これからが楽しみです。


そして、台乗りしたメンショフさんとブッシュに関しては昨日の男子特集で触れましたが
戦う準備は整った!三者三様の喜び ―ニース杯男子

もうひとり、ほとんどこの大会が国際デビューとなった選手がいました。セルゲイ・ボロデュリンです。
彼はバンクーバー五輪代表となったアルチョム・ボロデュリンの実弟です。やはり兄弟、面差しや体の動かし方が似ていますね。SPでは硬くなってイマイチだったようですが、FSではのびのびと滑れていたようで順位も上げ、総合7位でフィニッシュしました。

こちらFS
Sergey BORODULIN LP CUP OF NICE 2013


ストリーミングで見ている限り、男子の面倒は全てルカヴィツィンコーチが見ていたようでした(本来のルカさんの弟子はメンショフさんとセズガノフ)

特にブッシュとメンショフの時は2,3位と滑走順も隣り合ったっていて点数も僅差でしたが、分け隔てなく面倒を見ていたのには感動しました。

4人参加した男子の全員が8位以内、女子は優勝、ということはロシアとしては非常にいい結果であった、と言えるのではないでしょうか。

ルカヴィツィンコーチ、本当にお疲れさまでした。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR