スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤美姫さんの前途はどうなるのか

06a1ac36e320cbde598653d5153d2e63.jpg


美姫、特別扱いなく五輪条件クリア危機

この記事を読む限り、日本スケ連が一枚岩でないこと、また五輪選手選考のために危機感もまったく抱いていないこと、ISUの意向も汲み取れていないことがよく分かって、正直、組織として大丈夫なのかよ、と思うわけですが。

正直私が思うに、安藤さん義理堅すぎです。。。というか世渡りベタ?

昨年GPS(グランプリシリーズ)を辞退した際に、彼女は強化選手も辞退しました。これは強制ではなかったと聞いています。また、トヨタ自動車を退社したのも、会社自体は「ソチまで援助を続ける」という意向だったのに、中途半端な立場では・・という彼女の真っ正直さ、義理堅さからの選択でした。
(これは当時彼女がコメントとして出しています)

今季は休む、ということで強化選手の立場を確保しておくこともできたはず。実際、海外の選手でそのようにしている選手は珍しくありません。また、日本の他種目の選手でもいます。
しかし、立場と義務を返上した以上、権利だけ享受する、というのは彼女の良心が許さなかったのでしょう。結果としてそれが現在の状況を招いてしまったわけですが。

実際、海外では何シーズンか休みを取る選手は珍しくありません。バンクーバー五輪金のライサチェクやプルシェンコ(彼はトリノ五輪からバンクーバーまでほぼ3シーズン休んでました)やランビエールなど。

そして、この記事にある「特別扱い」というのにもちょっと語弊があります。

彼女は何も、ブロック大会をスキップしていきなり全日本から出せ、と言ってるわけではありません。実際東日本ブロック大会からの出場が決まっています。
昨年GPSと全日本を休んだ時点で、全日本のシード権がなくなり、ブロック大会から勝ち上がらなければならなくなったことは彼女が誰よりも承知していたはず。
実際、同様な立場の先達として、村主章枝さんがブロック大会から全日本を目指しています。
このように五輪に何度も出場し、ワールドのメダルも持っている選手ですら特別扱いはされていません。

ただ、ここで安藤さんが言っているのは、全日本出場のことではないのです。

ISU主催の選手権大会(4大陸選手権、欧州選手権、世界選手権)と、オリンピックに出るためには昨シーズン、もしくは今シーズン(7月から)中に、ISUの定める最低点(ミニマムスコア、といいます)をクリアしていなければなりません。これは予選がなくなったことで、選手権の格を保つために定められたものです。(陸上競技で言う参加標準記録、と考えていただくとわかりやすいです)

ただ、それを取るためにはISU公認の大会に出場しなければいけません。

そして、これはグランプリシリーズに限りません。
勿論安藤選手はGPSの出場条件をクリアしていますが(過去10季で世界選手権ないし五輪の表彰台に上がった選手はISUとしては出場可能)、日本スケ連はGPSに安藤さんを派遣しませんでした。

確かに安藤さんは「でられるものなら出たいが」とはいっていますが、GPSになんとしても出せ、と要求しているわけではありません。ミニマムスコアはISU公認の大会であれば承認されますので、他の大会に出て取ることもできるわけですから。
昨年、キム・ヨナ選手がドイツのNRW杯で優勝し、ミニマムスコアをクリアして世界選手権出場の足がかりにしたことは記憶に新しいところです。

現在の安藤選手への扱いと対照的なのがアメリカのライサチェクに対する態度です。

ライサチェクはバンクーバー五輪後アマチュアのコンペに出場しておらず、選手活動は殆ど行っていませんが、アメリカはミニマムクリアのチャンスとしてスケートアメリカの自国枠をライサに与えています。
そしてそこでミニマムをクリアし、(できなければ他のカレンダーコンペでも可能)全米で勝ち上がれば彼は五輪の出場権が得られるわけです。いわば
「機会は与えた、結果を出すのは君次第だ」
という態度なわけですね。


けれども、日本スケ連は「強化選手ではないから国際試合に派遣しない」とミニマムをクリアする道を閉ざしているわけです。

ISUの公認大会、といえばこれだけあります
http://deep-edge.net/event.php?from=2013&to=2013&NAT=&ic=on&other=on&m=search

これらの大会には日本からも毎年かなり多くの選手が出場していて、昨シーズンは強化選手以外の選手も何人か派遣されていた、と記憶しています。


全日本の前で、尚且つブロック大会などにも日程がかぶらない大会、となると限られますが、かなりの選択肢があります。

強化費を出すことが云々、というのなら、「その気があるなら自費で行きなさい、連盟としてエントリーはするから」と言ってくれれば、ファンは大喜びでその費用を出すでしょう。

そして与えられた機会でスコアをクリアできるかどうかは彼女の頑張りいかんです。

また、今回は五輪選手派遣決定の条件として、全日本選手権参加が必須となっていて、その直前に怪我などをしてしまった、などという場合、それが五輪までに間に合うような軽いものであっても、実績を考慮、などという救済措置が取られていません。
このようなリスキーな決定事項を決めたからには、実力ある候補者は多ければ多いほどいいはずですし、選手側の負担も軽減されます。

ただ、ブロック大会の成績いかんでは強化指定の復活もありうる、ということなので、動向を見守ってゆきたい、と思います。

権利のあるもの、可能性のあるものに道を閉ざすのはけしていいこととは思えません。


↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

安藤美姫が義理堅い?
ただのわがまま婆ですよ(笑)

No title

少なくとも義理堅い人なんかではないですよ。スケ連もどうかとおもう対応の多い組織ですが、安藤が義理堅いならなぜスケ連のせいでショーのでなかったと嘘をつく必要があるのでしょうか?妊婦だったから出れなかっただけなのに、人のせいにしてはいけないのではないでしょうか。

しかも報道は未婚の母で五輪は歴史的なので優遇しろといわんばかり・・・。安藤本人も記事での発言や報道をみるに優遇を求める態度。

ずっと努力してきた五輪レベルの選手が日本女子には両手に余るほどいるのです。
安藤もルールに従うのが当たり前でしょう。
これ以上彼女の我侭を許すべきではない。

出産と五輪選出は全く別のこと。むしろ五輪に他の選手ほどは真剣に取り組んでいなかった証が未婚での妊娠出産です。

いやーびっくり

こんばんは。
いつもはROM専です。

安藤さん、出産と聞いてビックリ。
でも、彼女らしいかなと思いました。
妊娠出産がどうだの、頑張ってる他の選手に失礼だのと(毎回思うんですけどその「他の頑張ってる選手」に気持ちを確かめたことがあるのかとアンチに聞きたいですよ)、胡散臭い正義感を振りかざしてわめいている人達を吹き飛ばす演技を期待したいですね。
本気になった安藤さんが全日本に戻ってきたら相当面白くなると思います。
犯罪をやらかしたわけでもなんでもないのに、なんで彼女が叩かれるのかがよくわからないですね。
そんなに嫌いなら、無視してりゃいいのに。

スケート連盟の方々は、事情を知っていたからこそ体調や生活の事も考慮してアイスショー出場禁止や、国際コンペ等派遣にも慎重な姿勢だったんですかね?
そこで、安藤さんとちょっと行き違いか起きてしまった…。
安藤さんがいくら大丈夫と主張しても周りから見ると不安な点が多かったんじゃないんですかね。
なんか、妊娠出産したから優遇しろという意味かと憤慨している人がいますが、彼女、一言もそんな事言ってないと思うんですけど。
どうやったらそう思えるのか。

No title

連盟がGPSやショーに派遣してくれなかった、ISUの見解とちがうと不満をいったり、チンクワンタに手紙をかいたりしていたのは
特例をもとめていることと同義でしょう。

インタビューでも東日本選手権をスキップしたらとあおられていたり、
ママでも五輪は歴史的とかあおられて喜んでいましたよね。

ヴォーグのインタに報道ステーションでのインタ。
全部スッパ抜きじゃないし、すべてきちんと仕組まれて効果を狙った発表ですよね。

連盟はいまのところ、ソチ選考ではケガなどがあっても優遇しないと
いっていますが、それに対する圧力でしょう。

他のガチンコで頑張っている、出れるかどうか危ないラインの選手からしたら、この行為はたまらないと思いますよ。

スケ連は知らなかったようですね。

仕組まれていると受け取るのは穿った見方すぎますよ。
安藤さんは不器用なんだと思います。あっちぶつかりこっちぶつかり、それでも自分のスジを通して前に進む。そういう人だと思います。
特別扱いしてくれなんて、彼女言ってませんよね。
愚直にブロック大会から、本気で頑張るつもりだと思います。

No title

>五輪レベルの女子選手は両手に余るほどいる。

いや、いないよ。出れる選手はいても、「勝てる」選手はいない。
スケ連が求めてるのはメダルを獲れる可能性のある選手。それはどこの国も同じ。ロシアだっていまだにプルシェンコのために枠残してるでしょ?
努力してても結果を残せない選手より、ブランクあっても実績のある選手、どっちがより勝てる可能性があるかを考えた時、後者が選ばれても仕方がないと思う。
だって結果残せないんだもん。

「努力してる他の選手が可哀想」という意見は一見正論っぽく聞こえるけど、才能と結果が全ての勝負の世界においてほぼ無意味な理論だということにそろそろ気づいた方がいい。

そんでケガや妊娠等の「情緒的な」理由で特例を認めさせようとしている!と憤慨する一方で、その反論意見に真剣に取り組んでる・努力してる選手が云々。。。というこれまた「情緒的な」理由を持ち出していることにもいい加減気付いてほしい。


あと1年そこら、トップ選手がごっそり引退してフィギュアバブルが崩壊した後、残ったものが陰謀論者とヒステリックなフィギュアオタだけじゃあまりにも悲しいね。
そろそろファンも成長しようぜ。

まとめのレスで失礼します。

状況は刻々と変わってる感じで、いろいろな情報が出ていますね。まず、安藤さんはスケ連の橋本聖子会長には報告済みだったようです
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2013070302000175.html
これからすると、チンクワンタ氏へのレター、というのもこの「妊娠ー出産」の件ではないか、と考えるのが自然かと思います。

だとすると、ピースがはまる気がするんですよね。

スケ連が6月までショーに出ないように、といった、というのも、産後8週間の女性の就労は禁じられていますので、そういう面から、と見れば納得がいきます。
練習は個人的な活動ですが、ショーの出演、となればギャラが発生する以上労働ですから。
その辺の行き違いがあったのかな、と思います。


のんきさん>

>でも、彼女らしいかなと思いました。
妊娠出産がどうだの、頑張ってる他の選手に失礼だのと(毎回思うんですけどその「他の頑張ってる選手」に気持ちを確かめたことがあるのかとアンチに聞きたいですよ)、胡散臭い正義感を振りかざしてわめいている人達を吹き飛ばす演技を期待したいですね。
本気になった安藤さんが全日本に戻ってきたら相当面白くなると思います。
犯罪をやらかしたわけでもなんでもないのに、なんで彼女が叩かれるのかがよくわからないですね。


同感ですね。確かに、シングルのまま出産、ということで、順序が違うでしょ、という避難はあるかもしれませんが、それはまた別の話ですよね。
倫理的な面で受け付けない、という方もいるかもしれませんが、それをわかっていて彼女はこの道を選んだんだと思います。


>キャベツさん

>ーグのインタに報道ステーションでのインタ。
全部スッパ抜きじゃないし、すべてきちんと仕組まれて効果を狙った発表ですよね。


これこそが私は彼女なりの筋の通し方だと思います。下世話なスキャンダルになる前に(実際、今は夏季五輪の招致活動中ですから、スキャンダルは国自体の迷惑にもなりかねません)、それも新シーズン開始の日に自らの口から発表した。

一般の方からは何で今なの?と言われるかもしれませんが、スケート関係者からすれば新シーズン開始日、まさに元旦、というべき日なわけですから。

遥さん>

>特別扱いしてくれなんて、彼女言ってませんよね。
愚直にブロック大会から、本気で頑張るつもりだと思います。


同感です。ただ、彼女が言いたいのは、ミニマムスコアをクリアするためにISU公認大会に出る機会をくれ、ということだと思います。そして、スケ連もブロック大会で様子を見て、強化選手復帰もあり、という意向を示しているようですね。
バンクーバー後、一度鈴木明子選手が特別強化選手を外されたことがありましたが、彼女はシーズン初頭のカレンダーコンペで台乗りを果たし、GPS開始前には再び特別強化選手に指定されました。
こういう前例もありますから、とにかく安藤さん自身の自覚と頑張り次第だと思います。


通りすがりさん>

>>五輪レベルの女子選手は両手に余るほどいる。

いや、いないよ。出れる選手はいても、「勝てる」選手はいない。
スケ連が求めてるのはメダルを獲れる可能性のある選手。それはどこの国も同じ。ロシアだっていまだにプルシェンコのために枠残してるでしょ?
努力してても結果を残せない選手より、ブランクあっても実績のある選手、どっちがより勝てる可能性があるかを考えた時、後者が選ばれても仕方がないと思う。


確かにその通りです。
五輪レベル、をどこに置くかにもよりますが、ミニマムスコアをクリアしている、という意味ではジュニア選手も入れれば10人以上になるかもしれません。
しかし、「勝てる」(少なくとも入賞ないし最終グループレベル)となれば、相当絞られます。男子で複数クワドが必須、に近くなっているように、女子ではセカンドトリプル、エラーのない3Lzが必須になってくるでしょう。
もちろんジャンプだけでは勝てませんから、他のエレメンツでレベルが取れるかも大事になってきます。
ロシアがトリノ五輪後、ほとんど競技活動をしなかったにもかかわらず、プルシェンコをナショナルメンバーから外さなかったのもおっしゃる通りです。

そんでケガや妊娠等の「情緒的な」理由で特例を認めさせようとしている!と憤慨する一方で、その反論意見に真剣に取り組んでる・努力してる選手が云々。。。というこれまた「情緒的な」理由を持ち出していることにもいい加減気付いてほしい。

まさに、これにつきますね。
安藤さん自身も、特別扱いは望んでいないでしょうし、自分で勝ち取る覚悟でいることと思います。

ミニマムスコア

みんなが大騒ぎしてる「誰が父親か」なんか全然重要な問題じゃないのに、そこ騒ぐとこ?って感じで辟易です。

安藤さんがいくら頑張って全日本優勝しようと、ミニマムスコアがクリアされてなければ五輪出場できないんですよね。そこんとこ、メディアはも父親捜しよりきちんと説明してほしいなー


>「機会は与えた、結果を出すのは君次第だ」

これこそが正しい運営の在り方っていうもんでしょう。日本スケ連、大丈夫でしょうか?騒動含めてうまく収めること、できるのかしら?
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
29位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。