「Star Trek」とフィギュアスケート ―1枚の写真から

tumblr_m3pzkkoYFW1r1skv7o1_1280.png


シブタニズの隣にいる東洋人男性、誰だかわかります?「どこかで見たことあるなー」か、「うわー、老けたなー」と思うか・・?

実は彼は日系二世の俳優、ジョージ・タケイです。「ミスター・カトウ」もしくは「ミスター・スールー」といったほうがわかりやすいかな。スペースオペラ「スター・トレック」で日系人として初めてTVドラマにレギュラー出演し、映画化されても1~6まで(カーク船長達の出てくるTOSメンバーの作品)にすべて出演、ゲストとしてはヴォイジャー、DS9(ただし回想シーン)に出演しています。
おそらく、日系人俳優の中では最も有名な人物、と言えるでしょう。

彼は1937年に、ロサンゼルスで生まれますが、1941年の日米開戦とともに、強制収容所に送られることとなります。
自伝に記された

「私の最も古い記憶は鉄条網ごしに見たカリフォルニアの荒野だった」
というのは非常に印象的です。

昨年からこの日系人強制収容所の生活を描いた「尊厳の芸術展」が各地を回って行われています。

尊厳の藝術展―The Art of Gaman―
https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0151561/index.html

アート・オブ・ガマン、と言われるように、収容所での生活の中で人々が合言葉のようにしていたのがこの「ガマン」の精神だった、とタケイは述べています。
単に服従するのでなく、諦めるのでなく、与えられた環境を粛々と受け止め、その中でできるだけのことをする。それが日本人の美質であると。
東日本大震災の際、暴動や略奪がほとんど起こらなかったことについて、各国から賞賛と驚きの声が上がりましたが、タケイは、この「ガマン」という言葉を引いて日本人の資質についてアメリカのTVインタビューで語っています。




そして、こちらがロサンゼルスにある日系人博物館のヴィデオ。ここでタケイは案内役を務めています。
GEORGE TAKEI VISITS THE JAPANESE AMERICAN NATIONAL MUSEUM
https://www.youtube.com/watch?v=hImJh7_Ow1g


そして、なんとこの中で、1992年アルベールヴィル五輪で優勝したクリスティ・ヤマグチのスケート靴やコスチュームとともに、タケイが「Star Trek Ⅵ 未知の世界」で演じた戦艦エクセルシオール号艦長キャプテン・スールーの衣装が向かい合って展示されていました。

ソチ五輪を終えて、いや、ソチ後でもいい、いつかシブタニズの衣装がここに展示されることがあるでしょうか。
そのときを心から楽しみにに待ちたいと思います。

(これは、「ヴォイジャー 伝説のミスター・カトウ」から。)


「艦隊の規則は確かに大切だが、それよりももっと重んじなければならないものも時にはある」と言って、やっと手に入れた艦長の地位を失う覚悟でカークたちを救助しにエクセルシオール号を発進させるシーン。STでは艦長の「Engage!」(発進、と訳されます)が一種の決めゼリフです。)

   Harumi,Hideo,Good Luck and ENGAGE!!


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR