メンショフの素晴らしいクワド、そして我が友ガチンスキー セルゲイ・ヴォロノフRCFインタビュー


563477_300092516784900_1437322980_n (2)




先日のロシアンカップファイナルで、コンスタンチン・メンショフについで2位となったセルゲイ・ヴォロノフ(写真左)のインタビューがやっと訳し終わったのであげたいと思います。

大会結果についてはこちら→メンショフ3年連続優勝― ロシアンカップファイナル男子


++++++++++++

         R-スポーツ記者のマリヤ・ヴォロヴィエヴァ女史のインタビューです。

「国別対抗戦まで何が起こるかわからない、ということを忘れてはいけない」 セルゲイ・ヴォロノフ


Q>セルゲイ、あなたは勝ちを意識して動揺してしまったのでしょうか?


V>ええ、多分。ただ、それは表彰台を意識したアスリートには誰でも起こることでしょう。
今、僕は言い訳をしたくはないのですが、あえていうなら、このロシアンカップファイナルの前に欧州選手権に出場して、精一杯の力を出し尽くし消耗してしまっていたんです。けれども、現在の僕のできるだけのことをして、素晴らしい演技を行おうとしました。

しかし、コースチャはホントにスゴいプログラムを滑りましたよ!
彼はこの大会に備えて、きっちり調整をしてきて、彼のできることすべてを結果として残してみせました。これは本当に賞賛に値することです。
僕には残念ながらそこまでのことはできませんでした。


Q>コンスタンチンはショートプログラムで4-4のコンビネーションを入れるつもりだった、と言っていましたね。


V>コースチャならやるでしょう。彼のクワドラプルはとってもに凄いですよ。もうヤバイくらい。僕が思うに、クワドは彼の十八番(おはこ)のジャンプなんでしょう!


Q>(もし行われていたら)多分トヴェリでセンセーションを巻き起こしたでしょうね。


V>トヴェリどころじゃありませんよ、ロシア中から大歓声ですよ!


Q>今でも続けられている世界選手権の選考についてはどのように考えていますか?(訳注


V>これはあくまでも僕の考えですが・・ 
もう既にワールド代表はコフトンで決定していると思います。はっきりとね。
彼はユーロであれだけのプレッシャーを背負いながら、しっかりとやり遂げ、成績を残しました。
まさに戦士ですよ!

無礼な言い方かもしれませんが、僕は、ここでどれだけの成績を上げても、その決定が覆ることはないだろう、と知っていました。ですから、それを知りつつテンションを保ち、調子を上げてくるのはとてもしんどかったです。


Q>あなたにとってこのシーズンはもう終わり、となるのでしょうか?


V>ええと・・まだ出場者が決まっていない国別対抗戦について、どういうことが起きるかわかりません。気持ちを引き締めておくことが重要だと思っています。今日、明日と世界は変わってゆきます、ほかの誰かが選出されるかもしれない。休んでいるわけにはいきません。


Q>あなたはこのロシアンカップファイナルの演技を、今シーズンベストのものであるということができますか?


V>いいえ、まあ上手くは行ったほうですけど、そうですね、動きがぎこちなくなってしまって、イマイチかな。気持ちが空回りしてしまってミスが出てしまったところをなんとか今までの経験でまとめた、という感じでしょうか。それはリザルトを見ていただければ明らかだと思います。

僕の友であるアルトゥール・ガチンスキーは、残念ながらまだこのシーズンは自分自身を見つけ出すことができていないように思います、そう、なにかドツボにはまっちゃってるような感じで。
けれども、若い子達はぐんぐん伸びてきている感じで、間違いなくいいですね。今日見てて、すごく楽しみだと思いました。


Q>上層部がマキシム・コフトンをロシアンカップファイナルに参加しなくても良い、と決断したことについてはどのように考えていますか?


V>もし僕が彼の立場であったなら、欧州選手権で既に(ロシア1位という)結果を出しているのですから、スキップすることは悪くはない、と思いますよ。彼の出した成績はそれだけの価値を認められて良いものです。

連盟は誰を派遣するかを決定する義務があります。僕たちが連盟に向けてすることはなんなのか?
僕たちはここで(ワールド派遣という条件に)ふさわしく、クリーンで優れた演技ができるということを証明する必要があるんです。
そして、もう一つ忘れてはならない大切なことは、怪我などをして脱落しないこと。
実績を積んでいけば、ユーロやワールドだけじゃなく、様々な試合に派遣してもらって経験を積んでゆくことができる。
僕は決してこの大会を軽んじているわけではないけれど、トヴェリはザグレブではないし、ザグレブはトヴェリではない。色々な試合があって、それぞれ評価を高め実績を積んでステップアップしてゆくべきなんじゃないかと思う。
多くの経験がなかったらって?そうそう直ぐに誰もがオリンピックに出られるわけじゃない、残念ながらね。

そう、もちろん究極のゴールはオリンピックだけれども、そこに辿りつくには、様々な段階を踏んでそれぞれ全てにおいて全力を尽くさなければ、と思うんです。


Q>このロシアンカップファイナルのあと、少しはお休みがあるんでしょうか?


V>ですね、だといいですけど(笑)



訳注)この時点ではまだワールド代表は正式発表されていません



======本文======


+++++++++++++++++++++


いつも真摯にインタビューに向かってくれる彼を見てるとホントに性格が出ているなー、と思います。そして、決して他選手を貶めることをしない。
自分が彼らの立場なら~というのをまず考えて話している感じがしますね。
今彼はモスクワにいますけれども、話に出てきたメンショフとガチンスキーはサンクト時代に一緒で、特にメンショフとは双方のコーチがつながりが深い、という関係もあって、よく一緒に練習したりもしていたでしょうから、気性とかもよくわかってるんだろうと思いますね。
あと、自分もバンクーバー選考後かなりメンタル的に落ち込んだこともあったようなので、今のガチンスキーの状態を自分のことのように心配している気がします。

メンショフにしても、セリョージャにしても、とにかく前をむいて頑張っているんだな、ということが伺えて、とても嬉しいインタビューでした。




ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR