世界選手権ロシア代表はコフトンで決定

 645300546.jpg



いろいろもめていたロシアの男子シングルワールド代表はマキシム・コフトンで決定しました。

決定を報ずる記事

連盟の公式見解としては、JGPFで優勝していること、2種のクワドを持っていること、ユーロでしかるべき成績(ロシア最上位)をあげたこと、今伸び盛りであり10位以内に入る可能性が他のスケーターより高いことから判断した、とのこと。メンショフとヴォロノフは国別の第一候補として考えている、とのことです。

ロシアンカップファイナルについてはこちらで触れました
メンショフ3年連続優勝― ロシアンカップファイナル男子

ただ、ひとつの危惧としては、彼が今年ずっとジュニアカテゴリーでやってきた選手であって、国際戦でシニアプロを滑ったのが昨季の国別対抗戦と先日のユーロだけだ、ということです。ユーロはあのプレッシャーの中、本当によくやった、と思いますが、やはり30秒長いシニアプロ、後半はかなりバテていました。

ユーロのコフトンのFS


ジュニアワールドをすっとばしてのいきなりシニアワールド、それもたった一人の代表、ということでプレッシャーはより増大すると思いますが、なんとか乗り切ってもらいたいと思います。このある意味異例、とも言える大抜擢(ユーロ派遣も含め)はタラソワやブイアノワ、といった大御所コーチの強い後押しがあった、ということもありますが、彼がそれなりに答えて結果を出してきた、ということもあります。
ユーロ派遣決定前後のタラソワのコメント
ドヤ感がすごいですがw、このとき確か「うちの子は17歳、だけどもう1人は29歳で伸びしろがないのよ!そしてクワド2種持ちだし!」と言い放ったんでした。

それがまあ、メンショフの「年齢によって私の限界を設定している人々にそれは早計である、と証明してみせます」というファイナル後のコメントにつながるわけです(苦笑)。

飛び抜けた選手がいない、ならば若手に賭けてみよう、という期待感もわからなくはないのですが、今までが今までだけに、ちょっと不安もあります。

あれだけ期待して押しまくったバンクーバーシーズンのボロデュリン、男子ならクワド、というロシアの風潮を曲げてまでナショナル上位だったセリョージャを押しのけて出場させた挙句、調子が落ちたらポイ、状態。
そしてセリョージャも精神的に疲弊して・・というのはここに何度も書いています。
バンクーバーでの演技が鮮やかだっただけに、ボロデュリンについてはもう少し長い目で見てあげて欲しかった。

バンクーバーでのボロデュリン


コフトンがジュニアワールドにエントリーせず、またファイナルにも出場しない、とこういう流れからして、ユーロで最上位となった時点で連盟の腹はコフトンで決定、となっていたと思いますが、それでもなおかつモチベーションを落とすことなくファイナルで全力を尽くした選手たちには心から拍手を送りたいと思います。
ヴォロノフやメンショフにとってはこれからは国別が目標となるでしょうし、FSにクワドを入れて(残念ながらステップアウトでしたが)3位となったセズガノフもおそらくガルデナスプリングトロフィーあたりに派遣されるでしょう。
選手たちには、とにかくこれからも前を見て、未来を信じて頑張ってほしい、と思います。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
13位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR