国際選手権でジャッジングをする、ということ - 天野真さん

    77fe661d444e.jpg

技術審判の天野真さんが、欧州選手権の女子シングルに呼ばれたことについていろいろいう声がネットで上がっています。

特に多いのが、「なんで天野さんがやるのは女子シングルばかりなの?陰謀!」というものです。

欧州選手権女子SP技術審判

答えは簡単、天野真さんは、シニア男子のペーター・リーベルス
(独、写真)のコレオグラファーを勤めているからです。

天野さん振り付けのペーターの「シャーロック・ホームズ」これで彼はPBを大幅に更新しました。
ISU Mosca 2011 -10/27- MEN FP - Peter LIEBERS 28/04/2011


ちなみに今年のプロはこちら、行われたばかりの欧州選手権。最初のクワドを3Fにしてきましたが、それでも素晴らしかった。
ISU ZAGREB 2013 -7/23- MEN FP - Peter LIEBERS - 26.01.2013


ISUにジャッジ登録をしていても、コレオやコーチとして携わっている選手のいるカテゴリーの審判をすることはできません。たとえその選手が出場していなくとも、です。
WSに関わってきますからね。公平を期すための処置です。
ウルマノフやペトレンコ、といった元選手で技術審判の資格を持っている方たちがテクニカルパネルに入ることが少なくなったのも、五輪を控えてコーチとして携わる選手が増えたことが多くなったからともいえるでしょう。例えばウルマノフはジャン・ブッシュ(男子シングル)、ニコル・ゴズビアニ(女子シングル、ユーロ出場)といった選手を抱えています。


話は変わりますが、先日サッカーオタクの友人から、
「ワールドカップで日本人審判が笛を吹く、っていったらスゲー名誉なことでサカオタ大喜び、なのにフィギュアはそうじゃないわけ?」
と聞かれて非常に答えに困ったのですが(笑)
本来はとても名誉なことですし、喜ぶべきことだ、と思います。元選手だった人々がこうして年を経てもスケートに携わってくれている、というのはとてもありがたいことです。まして、ISU選手権クラスのジャッジングを務める、というのはそうそうできることじゃありません。

それなのになぜ叩いたり、陰謀論に結びつける人々がいるのか?とても残念なことです。

そして、技術審判の場合、文字通りシングル、ペア、ダンスとカテゴリーごとに「専門職」という感じになりがちです。(ダンスとシングル、では要求されるエレメンツが全く違う、ということからもわかりますよね)
特にワールドクラスの選手のステップのカウントを目視で一人で出来て、ぱっとレベル判定ができる、という人材は非常に貴重なのだそうです(ステップとターン、という感じで手分けをして見る場合も多いとか)
多くのジャッジ登録者の中から、ISU選手権、という最も格の高い大会に呼ばれる、ということは名誉でありこそすれ、叩かれることなど何もない、と思うのですが。

カン様、として親しまれた神崎範之さんが全日本選手権でテクニカルパネルに入って名前が紹介された際、選手たちよりも大きな歓声が起こった、というのは最近のことです。
「いずれはカン様もISU選手権デビューするのかねぇ?」
「いやー、楽しみ!選手よりもカン様見にチケットとっちゃうかも!」
という会話が私と友人の間で交わされました(笑)

こちら現役時代の神崎範之さん 氷上のヨン様、と有名になったEXです


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど

こんにちわ

Doraさんは本当に博学ですね。
どの角度から攻撃(?)されても問題なし、完膚なきまでに反論されるのにいつも感心しております。しっかり裏をとった上で記事にされているんですね。Doraさんにはうっかり噛み付かないのが賢明だと思います(笑)

このエントリもとても勉強になりました。
メンショフさんの件では私もかなり頭にきまして・・こちらで全体像を教えて頂けて感謝です。
コメはしませんがずっと拝読しております。これからも頑張ってください。

天野サンは公平なジャッジをしてないから叩かれているのです。

勉強になります!

大変勉強になりました!陰謀ウンタラとは思ってませんでしたが、天野氏については、なぜいつも女子なのか疑問でした。

こちらのブログ主さまは私とは趣向が違うようですが、いつもその知識の豊富さに感心しております。また他とはちょっと視点が変わっていておもしろいです。

これからも楽しみにしてます。

おじゃまいたします。

サッカーの国際審判が名誉なことなのはその肩にかかる責任の重大さと、それを引き受けるだけの技量と人格を世界に認められたという証になるからでしょう。
本場ヨーロッパはどうか知りませんが、アメリカでは審判にはグレードがあり、グレード7(ハイスクールレベルの試合で笛を吹く)から始まり、グレード3でメジャーリーグサッカーの審判になれるはずです。
グレード4を受けるためには筆記試験や実技テストなどの他に少なくとも75以上の試合に呼ばれていなければならず、レピュテーションも重要な要素に含まれるわけです。国際審判はそのうえでしょうから、知識、技量、人格を何度も問われてきた人が残っているはずです。

娘は高校生の時に資格を取り、地域の子供リーグの審判をしていましたが、子供の試合だからといって気を抜くことはできません。ひとつの誤審が勝敗を分けることになるのですから、責任を感じてやっていました。線審のオフサイドコールひとつでも、興奮している親から罵声を浴びることもある訳で、自身で納得がいかなければ線審に確かめる、確かめないのであれば責任は自分が引き受けるという覚悟です。

フィギュアのジャッジが名誉なことと思ってもらえないのは、まずジャッジは匿名で守られていて(スケ雨jは紹介してましたっけ、調べることもできるらしいですが)、とにかくそれぞれの採点の責任を問われることは無いこと、スペシャリストやコントローラーと呼ばれる人は一応名前は’公表されていますが、メダルセレモニーで選手と挨拶する時に出てくるくらい、あとは陰に隠れているわけで、サッカーの審判のように、観衆監視の元瞬時の判断を迫られるわけではなく、はっきり言ってしまえばずるをしていても見えないわけです(言葉悪くてすみません何をしているか見えないの意味です)。まして、それぞれの判断の責任を問われることも無いわけですから(見たこと無いので知らないだけかもしれませんが)サッカーの審判と比べるのはものすごい無理があると思います。見えないところで素晴らしいことをしているのかもしれませんが、それが競技を観戦する人達に伝わってきていないので。。。最近は特に(にわかですので昔のことは知りませんごめんなさい)
魂のこもった演技を見ると感動して涙が出てくるスポーツって少ないですよね。その貴重なスポーツの感動を半減させている今のフィギュアの現状が変わっていけば、審判も尊敬を受けるようになっていくかもしれませんね。

No title

こんばんは、Dora様。
この手の話題になるととたんおかしな人がコメント欄にお出でになりますね(笑)

天野さんはテクニカルとして名前が出る度に浅田選手のファンから袋叩きにあって誠にお気の毒です。
「3Aが跳べなかったから真央ちゃんへの嫉妬だ!」なんて妄想とし思えない言いがかりまでつけられて。
それならカン様にジャッジしてもらえばいいんですよね。
前回の国体で3Aを見事に決めた貴重なテクニカル・スペシャリストですし(笑)。

カン様といえばテクニカルスペシャリストとしてのデビュー戦(?)が2011年のジャパンオープンだったんですよね。
あの時も生観戦で「ノリユキ・カンザキ」とコールされた瞬間会場がざわざわ。
あちこちで「うそ、神崎君!?」「カン様だ!」「テクニカルパネルに入ってる!」という声が聞こえて、選手並みの拍手と歓声が沸き起こりました。
隣にいた外国人のジャッジが、この歓声は何事?みたいな顔でカン様に声をかけてて、カン様が照れくさそうに説明していたのをよく覚えています。
今後是非、世界選手権やオリンピックのジャッジのなかにカン様の名前を見てみたいですね。


こちらでははじめまして。
某ブログでは、過去にやり取りしましたが。管理人様の偏った(笑)愛情たっぷりのブログいつも楽しみにしています。

M&Mさま

試合会場に足を運ばれた事はありますか?批判をなさるならば、もう少し情報をお調べになってからの方がいいですよ。

>ジャッジは匿名で守られていて

試合会場に足を運ばれたご経験があるのか分かりませんが、試合前に一人一人紹介されていますよ。

>とにかくそれぞれの採点の責任を問われることは無いこと
>ずるをしていても見えないわけです

エレメンツをモニターで何度もリプレイしたり、テクニカルは3人の多数決で判定している事をご存知ですか?ジャッジパネルはリンクサイドにありますし、席の近い会場なら、後ろからモニターをチェック出来たりもします(双眼鏡で覗いたりしています(笑))、見えない所でコソコソしてるようには見えませんが。

試合前後にミーティングを行っている事をご存知ですか?余りにも剥離した点数を付けた場合、理由を問われます。ハッキリ理由を述べられないような点数をつけるジャッジは失格です。降格など厳しいペナルティもあります。

サッカーと同じく、フィギュアスケートのジャッジもランクがあります。国際大会クラスともなれば、何十年と経験を重ねておられる方々ですよ。

あと、試合後に、選手に向けた講評や個別へのアドバイスをしている事もご存知ですか?それでも、何をやってるか不明でズルくてコソコソしたスポーツでしょうか?

もう少し、ルールや採点の仕組みを学んでからコメントするべきでしょう。サッカーと違い〜と言われますが、フィギュアスケートを始め採点競技と比べる事がナンセンスだと思いますけどね。

nanaさま

真央ちゃんのステップレベル4を認定したのも天野さんと言う事実は何故言われないのでしょうか(笑)

カン様の3Aは見事でしたね!3A繋がりで、将来的に大上君がジャッジパネルにいたりなんかしたら、また盛り上がりそう!と、先日の国体で思いました。

No title

“天野サンは公平なジャッジをしてないから叩かれているのです。”

そんな意見もあるのですね。

バンクーバーシーズンだったかしら??

Jスポ見てたら樋口豊先生と小林千鶴さんが、天野さんの判定について、



『誰に対しても公平に厳しい』




と苦言を呈しておられました(笑

日本人がジャッジングをする、名誉あること、と素直に喜べるサッカーファン、良いですね(^^)

No title

いち読者さま、

ご指摘ありがとうございます。
今度、ロンドンで行われる世選、見に行くつもりです。一日だけ仕事の休みが取れそうなので、今家族と交渉中です。
ジャッジパネルの後ろの席に座れるのですね。どこのチケットを買おうか迷っていたところなので、迷わずそこを狙います!!後ろからビデオでとっても怒られないかしら?
ロンドンは我が家から車で3時間前後、絶対行きたいと思っていたのが、予想していた週より一週間早い3月中旬にあると分かりがっかりしていたのですが、今年になり運良く一日だけ休みが取れそうなことが分かり、やっぱり行こうと決心したばかりです。

ご指摘のとおり、競技会の会場に足を運んでみたことはありません。スケートアメリカではジャッジを紹介しているところを何度か録画で見ていたので、ジャッジ匿名じゃないじゃんとは思っていたのです。全日本でも紹介されてましたっけ?オリンピックや世界選手権のような大きな競技会もちゃんと紹介されているのですか?今まで見たことが無かったので。。では何でわざわざISU はジャッジを匿名性にするなどと公言したのでしょうね?

まあいいですけど、私は批判をしたかったのではなく、素人が普通に感じる感想を言っただけです。娘がサッカーのレフを一生懸命していたので、その責任感の強さにも感心していましたし、(子供なりのですが)でも反対に言えばスケートを身近に感じていらっしゃる方々からすれば、素人がまた変なけちを付けているということになるわけですね。。。仰るとおり比べられる質のものではないと思います。。。でも、サッカーの審判を並べて出されたのはこちらの主様ですが。。。まあいいですけど。。

国際大会のジャッジが皆何十年という経験を重ねたかたがたというのであれば、天野氏というのは物凄いスピード出世というわけですね。
そんなお年にはみえませんから、ということは経験不足の失敗もありということですか。。?

すみません、けんかを売りにきたつもりは無いんです。きちんと指摘してくださったことにお礼と、お騒がせしましたとお詫びを言おうと思ってきたのですがどうにも納得できない気持ちが残ってしまって。。。

実際の会場でのスケートを見たこと無いやつは。。。といわれますが、そのとおりだということは小塚君たちが有香さんのつてで、デトロイトにチャリティのアイスショーを開きにきてくれたとき、トップレベルの選手のスピードを鼻の先で感じ有香さんの流れるようなスケートをまじかで見て納得しています。
ただ、スロー再生を使って3人がかりで決めるというURやDG判定に納得のいかない点が多すぎて、同じスロー再生や、ストップモーションなどを使って説明してくださるかたがたの意見を聞いてもどうにも納得のいかないものもあり、しこりが残ってしまうのです。

そういう人が来ていけない場所だと書いておいてくださればうかつにコメントなどしませんでしたが、コメント欄というのは普通自由な感想を書けるのだろうと思っていましたので、お騒がせして済みませんでした。

長くなってすみません。自分の目で見、肌で感じてこようと思っています。

こちらこそ、感情的な文章で申し訳ありませんm(_ _)m

自身がスケートママではないのですが、ちびっこ選手やスケートママ達を身近で見ている立場として。サッカーママ?である、M&Mさまが「フィギュアスケートにくらべたらサッカーなんかジャッジがコソコソして」なんて言われたら悲しくなりますよね?素人の疑問を述べただけかもしれませんが、もう少しジャッジの仕事について調べてからコメントしても遅くは無かったとおもいます。

娘様が責任感を持ちレフェリーに取り組まれているのと同じく、サラリーマンやOLと両立しながら、審判に取り組む人達を知っているから、よく知らないのに「コソコソしている」「責任がない」などと言われたくないのですよ。知らなくて、イメージだとしても言葉の選び方がありますよね?疑問の多いルール、お気持ちは凄く良く分かりますが、余りにもフィギュアのジャッジを馬鹿にしているように見えて悲しくなりコメントしました。


誰でも、ジャッジ資格は取れても国際的な活躍をするには、選手時代の実績がある方や、未経験だとしても豊富な経験を持つ方です。年月も大事ですが、選手時代の実績(天野氏は五輪代表選手)なども。日本では、国際審判を取得出来る条件に選手時代の実績や取得級があると聞きました。単なるジャッジ資格自体なら誰でも取れますが、毎年変わるルールの改訂など、知識を維持して行く事の難しさもあります。そこから、国際審判になりワールドなどでジャッジするには何十年と要するでしょうね。

天野氏が、全く失敗が無いとは言いませんが、テクニカルは3人の多数決ですから、天野氏の独断ではないです。ここを理解せず、天野氏のみを批判するのは違うと思います。そして、失敗が重なれば、天野氏でも降格されるでしょう。

サッカーは逆にどうなのか?を知りたいのですが、部活や趣味程度の経験者と、五輪やワールド代表レベルの経験者とでは、同じレフェリーとしてスタートラインに立つ違いは無いのですか?選手時代の実績関係なく一からのスタートなのでしょうか。

>全日本でも紹介されてましたっけ?オリンピックや世界選手権のような大きな競技会もちゃんと紹介されているのですか?

もちろんです。記事本文にもありますが、全日本で神崎さんがコールされて大歓声が起きる事を紹介されていますし、どんなに小さな試合でも必ずコールされますよ。

匿名性とおっしゃるのは、採点のランダムカットの事だと思います。最高・最低点をカットし平均値を出す計算方法で、誰の採点が採用されたのかが不透明であると言う事です。(この辺自信ないのでどら様の補足をお願いしますm(_ _)m)

>自分の目で見、肌で感じてこようと思っています。

ワールド観戦されるなんて羨ましいです(笑)是非、生で観て来てください。試合開始でジャッジ名がコールされる事も、ジャッジパネルの位置や採点の仕方など肉眼で確かめられるとは思います。長丁場の集中力や、レビューの様子などは生で見て頂きたいです。ジャッジは氷の音まで聞いて判定していると仰っていました。

ただし、ジャッジ側はファンが早々に確保するので、残っているかは分かりません。ジャッジパネルが見える位置は人気も高いでしょう。遠巻きからでもいいので、仕事している姿を見てください。

>同じスロー再生や、ストップモーションなどを使って説明してくださるかた

これも現地で、テレビカメラとジャッジ用のカメラの位置などを確かめて見て頂きたい部分ですね。YouTubeなどのスローモーション動画は間違っているものも多数ありますし、解説者はジャッジとは違う場所にいる為に回転不足を取られているか?自分の位置では分からないと濁す方もいます。URやDGは現地観戦でも分かりにくい部分はありますが、生で見て明らかに足りていないジャンプはわかりやすいかと思います。

こちらこそ、感情的なコメントになり申し訳ありませんでした。他人様のブログにでしゃばる形になった事も重ねてお詫びいたします。

No title

Doraさん、お疲れ様です。

ブログの内容は個人の思う通りに何の制約も受けずに書く場所であると考えているので、これからも記事を期待しています。

(老婆心ながらコメントされた方へ、
Doraさんは今回テクニカルスペシャリストのお話をされているのですが、ジャッジの匿名性うんぬんは各所で紹介されているFigureskate Score Simulator開発者さんのブログへお寄りになったらよいかと思われます。)


矛盾に満ちたアンチ記事で憂さ晴らしw

痛い指摘はスルーに逆ギレ



「完膚なきまで」とかwww

またまた

>「完膚なきまで」とかwww

だってそのとおりでしょ?(笑)
武士の情けでスルーしてくだすってるのにコメ返しを強要してもろくなことにはなりません。

ネット上の狂った状況に接すればまともな神経の者なら憂さ晴らしぐらいしたくもなります。私にもDoraさんほどの知識があればやるんですけどね・・

No title

斜めから見る人に何を言っても無駄って気がしますけど・・・
色のついた眼鏡で競技を見て面白いのでしょうか?
誰かの受け売りを鵜呑みにし、ワンパターンな思考は、ちょっと不思議で且つ恐ろしい気がします。

サッカーだって誤審は沢山あるのでは?ホームとアウェイと区別して解説するのは何故なの?っと、思ってしまいますけどね。
フィギュア だけ が、陰謀じみた程度の低い不公平なジャッジングシステムだと、思い込んだら一直線の人って、確信犯なんでしょうか???


No title

いち読者さま、

チケットが無事取れたことご報告に来たのですが、2階席しか空いておらず、審判観戦(笑)は難しいかもしれません。でも一応審判席の後ろの方を取れましたので、当日どうなるか楽しみです。

サッカー選手がレフリーになったら。。というお話想像して面白くて一人で笑ってしまいました。たとえばワールドクラスの選手が審判になったら。。。。
ゲームでは必ず何度か見せ場がやってきますが、ここしかないというスポットに絶妙に入る選手いますよね。又はそこへピンポイントのように球を出せる選手、そういうここという一瞬をサッカーファンは楽しむのですが、もし、ワールドクラスのフォワードが審判になったら、ゲームの見せ場のスポットに球が入りそうになるとそこに必ずその審判が立っていたりして。。。(じゃまだ~)(笑)

主人にテニスを教わっていた時のこと、「バスケやってるんじゃないんだから。。。と主人」、はじめは意味が分からなかったのですが、私がミスをするのは必ず、難しい球が来ると球の軌道に回り込んでしまうかららしい。長年のバスケのくせから、ア、あぶないと思うと、その球を落とさずに補給する場所へ思わず走ってしまう。ラケットではなく体の正面で補給する癖が体に染み付いているわけで、、ピンチのときになるとなおさら。。(大笑)
とにかく運動や反射というのは頭を介さず体の支配下にあったりすることも多いので、ワールドクラスの。。。と考えると本と、面白かったです。

すみません、娘も実はサッカー選手で、ハイスクールでも頑張ってたのですが、2年になる時にこちらで言うバーシティというのですが、学校の一軍です。選ばれると思っていたのが落とされ、コーチはある特定のクラブ出身者しか取らないと言う噂を聞き、確かにその通りの人選を目の当たりにし、夢もプライドもズタボロになった娘に立ち直って欲しくて私が薦めたものでした。
体力は人一倍走りこんでいたので、大丈夫、ルールも競技者として熟知していたし、技術も十分、後は審判としてのルールを覚え、立ち位置などいろいろ細かいことをルール本で一所懸命勉強していました。そしてフェデレーションの主催するクリニックと試験を毎年受け資格を更新します。
クリニックも試験もサッカー経験者、未経験者まったく同等です。上級の方にいっても同じでしょう。ある意味、良いプレイヤーが良い審判に慣れるとは限らず、選手の資質と審判の資質はまったく違うものですから。その辺がフィギュアとはきっと違うのでしょう。

フィギュアは技を見分けなければならないのですから。まったくジャンプを跳んだことの無い人とではきっと感覚が違うでしょうね。2ンドループのURやDGを見ていると、審判は机上の空論ジャンプをベストとしているのでは?と素人の私でも思ってしまうくらい、成功ジャンプを見ませんよね。最近浅田選手が1ストの着地と2ンドの離氷を凄く丁寧にしているのに気づきますけど。。。そういうのを目にする度に、審判さん自分で見本を跳んでみてよ!!と言いたくなりますよね。(ア、こういう話はやめましょう)

調べてみたわけでは在りませんので、きちんとした答えではありませんが、サッカーの場合、選手であったことは体力や技術という意味で有利になるでしょうが、資格の上でのアドバンテージになるとは思えません。正確な審判を下す目と判断力、ゲームを遂行させる能力(ある意味リーダーシップ)そして何より審判としての実績から計られる信頼度、人格のようなもの、選手としての実績とはまったく違うものが大切になるからです。答えになっているかどうか。。。?
とにかくチケット取りました。ご意見ありがとうございました。

コメントありがとうございます、まとめのレスで失礼します

たくさんのコメントをありがとうございます。しばらくバタバタしていましてお返事できずに申し訳ありませんでした。

M&Mさま

あなたの疑問にはいち読者さまがだいたい答えてくださっているので、私の付け加えることはあまりないのですが、審判の紹介はどんな試合でも行われます。

以前、それについて拙ブログでも触れたことがあります

フィギュアスケート観戦のススメ ―国別対抗戦観戦記
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-68.html
>そして、忘れてはならないのが、各種目の前に必ず審判の紹介がある、ということ。ここは是非、TVで放映して欲しい部分ですね。演技審判、技術審判ひとりひとりが名前を呼ばれ起立し観客席に向かって手を振ったり礼をしたり。当然のことながら観衆全員に顔を晒すわけですね。ビジョンではバストショットがクローズアップにもなりますし。

「審判の匿名性がどーの」
などと批判があったりしますが、明らかにされないのは「誰がその点を付けたか」であって、どんな人々が採点しているのか、ではないのです。「審判団」として採点する以上は共同責任を負うわけですから、それでいいのではないでしょうか。むしろ、「誰がその点を~」まで明らかになると、「その点をつけたのは彼だから」といった責任逃れや個人攻撃にもなりかねません。
そして、こういった国際大会の審判を務める人々はそうそうたる実績を持った方々です。
紹介を聞いていて、「あー、あのペアの片割れの人!あー、あのダンスの人!」なんてのが今回も結構ありました。
特に、シングルの技術審判にはアネット・ペッチ(レークプラシッド五輪金メダリスト)がいましたねー。

このシーンは是非TVで紹介していただいて、そして放映の際は審判のみなさんの経歴をざっとでいいから紹介していただきたいものです。それによって、採点の批判や誤解もだいぶ減るのではないでしょうか。



もちろんブロック大会クラスでもです。昨季の東京ブロック大会では、男子シニアシングルのTCに神崎さんがいらしていて、やはり
「カン様じゃん・・・」「ざわざわ・・」
という感じで拍手が湧いていました。


あと、M&Mさんの

国際大会のジャッジが皆何十年という経験を重ねたかたがたというのであれば、天野氏というのは物凄いスピード出世というわけですね。

という疑問ですが、これは新採点システムになって、技術審判という職が新しく作られたことにあります。

技術審判→ナショナルクラス以上の選手経験者でなければならず(ですから当然五輪やワールドメダリストも多い)、日本人では7級以上を所持していることが条件であり、尚且つ審判としてのクラス試験を突破したものでなければなりません。ジャンプの回転の過不足、エッジエラー、スピンやステップのレベル判定などを行います。各試合で3名の合議制です。

演技審判→スケート経験の有無は問われませんが、ほとんどは選手経験者、指導者として長くフィギュアに携わってこられた方々です。GOE,PCSの判定を行います。選手権では9人ですが、予算の少ないカレンダーコンペなどでは7人の場合もあります。

こちらが新採点システムが採用されたばかりの2003年のトロフィー・ラリックの高橋君の演技ですが、。動画を貼ったところから審判と採点システムの紹介があります。

Daisuke Takahashi - 2003 Trophee Lalique LP
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=t4pGeAxPCKs#t=392s
(よろしければ10年前の高橋君の演技共々お楽しみください)
そして、テクニカルスペシャリストとしてウルマノフの顔がアップになり、「リレハンメル五輪金メダリスト」として紹介されています。
選手時代のウルマノフについてはこちら→http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-24.html


そして、審判のタッチパネルですが、今シーズン初めにロシアの国内大会、として行われたフェデレーションカップの動画で審判後ろから映っていたものと、今年私が東京ブロック大会を見に行ってTC席後ろから覗き見したモニターのレイアウトが同じように見えたので、おそらく新採点システムでの試合にはISUの作成したソフトが一律採用されているのでは?と推測します(あくまでも推測です)

とりあえずここで一旦上げます。

本当に

こんにちは。
本日発売のNumberで、チーム高橋の記事の中で岡崎さんのことに軽く触れていて、読んですぐにこちらの記事を思い出しました。
天野さんのように振付として関わっているジャッジ、岡崎さんのように高橋のテクニカル面を見ているジャッジは多いだろうと思うのですが
その点を知らずに、陰謀だなどという人がいて非常に残念に思っております。


ソルトレイク五輪の銅メダリスト、ゲーブルもジャッジを目指していると聞きますが、やはりテクニカルジャッジでしょうかね?
カン様とゲーブルがジャッジとして一緒にコールされたら、すごい歓喜の声が上がりそうですよね(笑)
岡崎さんや天野さんの年齢を考えたら、近いうちに国際大会で見れる気がします。


2ndLo、便乗して私も紹介しちゃいます。
イリーナ・スルツカヤの05ワールドFS!
http://www.youtube.com/watch?v=NUIUwEFv5go
一人3Lo祭でザヤッてますが、実にいい演技でした。

M&Mさまへ つけたし

サッカーの審判についての話から記事を始めたのは、ただ単に最近サカオタの友人から言われたからで、他意はありません。比較しようと言うつもりもないです。サッカーだけでなく、野球好きの友人からも、
「WBCで日本人が主審を努めたら・・」という同じパターンのセリフを聞いたことがありますし。

そして、ショーであっても、会場で見たことがおありなら、リンクサイドがどれだけ寒いものかご存知だと思います。そこでずっと身動きもせず選手の動きに集中しなければならない、というのがどれだけ重労働であるか、察していただきたいです。

ただ、スロー再生を使って3人がかりで決めるというURやDG判定に納得のいかない点が多すぎて、同じスロー再生や、ストップモーションなどを使って説明してくださるかたがたの意見を聞いてもどうにも納得のいかないものもあり、しこりが残ってしまうのです。

確かにこれはわかります。しかし、演技はTV画面や動画のなかで行われているのではなく、ジャッジの目の前の氷上で行われているのです。
ジャッジの判断は基本、目視です。モニターは補助的なものです。トレースや体幹の揺らぎ、といった全てのものが判断対象になります。採点をしながら、「今のは怪しい」と思う場面を演技後再度モニターし、合議で判断を下すのです。選手によって得点が出るのに時間が違ったりするのはこういったチェック箇所の数であったりすることが多いです。
また、TVカメラのアングルとジャッジカメラのアングルには違いがあります。解説の方が回転不足などについて判断を濁されることがあるのは、TVモニターだけでは読み取りにくい部分(トレースなど)があるからです。

また、動画を恣意的にキャプチャすることによって、エッジエラーのネガティブキャンペーンなどが行われているケースもあります。
その危険性については以前こちらで触れました→これぞルッツジャンプ! ロシア選手権のセズガノフ http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-98.html

放映権の問題等もあってジャッジカメラの映像が公開されることはあまりないのですが、全くないわけではありません。JGPSなどのTV放映のない大会ではISUのチャンネルで公開されています。
例えばこれは2011年のバルティック杯のドミトリエフJr.です。
22 Artur DMITRIEV (RUS) - ISU JGP Baltic Cup 2011 Junior Men Short Program
http://www.youtube.com/watch?v=6sN8kcX7sis
このプログラムで彼は3F-3Loを認定されました。

2ンドループのURやDGを見ていると、審判は机上の空論ジャンプをベストとしているのでは?と素人の私でも思ってしまうくらい、成功ジャンプを見ませんよね。最近浅田選手が1ストの着地と2ンドの離氷を凄く丁寧にしているのに気づきますけど。。。

そんなにセカンドループは希少でしょうか?ダブルなら女子でも降りている選手はかなり多いと思いますし、男子でも3連のサードジャンプに入れる選手は多いです。
セカンド以降のトリプルループが少ないのは、戦略上の問題が大きいとも思います。
現在の点数制では基礎点上は3T-3Loイコール3Lo-3Tですから、難易度を考えれば当然後者を選ぶでしょう。

セカンドループといえば、カルガリー五輪のSPのコンビネーションジャンプの規定がダブルループだったので、カルガリー五輪経験者、もしくはそれに年齢の近いジャッジはほとんど跳べる(もしくは跳べた経験がある)はずです。

こちらは男子上位者のSP
http://www.youtube.com/watch?v=Lk_IXnlbd1U&list=PL3E5149868E1B25C8
この中ではペトレンコが技術審判の資格を持っていますね。今はミハル・ブレジナなどのコーチに専念しているようですが、近いところでは2009年のユニバーシアードのTCを務めていたと思います。(ユニバーシアードはISUの主催大会ではないため、ポイントやWSに関係しないので)

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR