【ジャンプ厨のこだわり】 King of Jump アクセルジャンプの美しさ

特にフィギュアファンじゃない方でも、「トリプルアクセル」という単語はご存知だと思います。これは、3回転のアクセルジャンプのこと。
このアクセルジャンプこそは[King of Jump]と呼ばれ、ジャンプの中でも最高峰とされています。そして、SPでも、FSでも、プログラムの中に必ずこのアクセルジャンプを入れなければなりません。
なぜか・・・?それは、他の5種のジャンプが後ろ向き助走から、踏み切るのに対し、このアクセルジャンプだけが、前向きの踏み切りだからです。

スピードのある前向き助走から急なターンをして、エッジで氷を蹴って跳びあがる・・・

ジャンプ大好きの私が、最も好きな種類のジャンプでもあります。うまい選手が跳べばこんなに美しいジャンプはありません。

高さのあるそれは、まさに駿馬が天に駆け上ってゆくように見えます。

現役時代、「世界一美しいトリプルアクセルを跳ぶ」といわれていたヤグディンの3A.ソルトの『仮面の男』です。
仮面の男

そしてこれが、NHK杯のペトレンコ。
http://www.youtube.com/watch?v=XCLtneR1t1o

イエテボリワールドのセリョージャ。
http://www.youtube.com/watch?v=wO9z16cd0JE


演技の中に入るとこうなります。エリック杯のセリョージャ。4-3コンビネーションの次がアクセルジャンプです。4分少し前からスローが入ります
Sergei Voronov SP TEB 2009

佐野御大、ジャッジングまるっきり無視で「すばらしい」連発ww


彼らに限らず、ウル、イリヤ、サーシャ・・と、ロシアンはみんなアクセルジャンプが美しい。

ただ、このアクセルジャンプ、選手の技量がはっきり現れるジャンプであることも確かです。以前、プルシェンコがインタビューの際、ライサチェクのことを
「彼の3アクセルは3サルコーのようだ」
と言っていましたが、これはライサチェクのアクセルが、踏み切ってから跳びあがるまでに氷上で回転をしている、ということをさしているのだと思います。アクセルもサルコーも同じ踏み切り足のエッジジャンプですから、体の使い方が似ているのだそうです、それを指しているのでしょう。
そして、そういう選手はけっこういます。いわゆる、プレロテ、ってやつですね。

ひどい選手になると、横向き、というか半分後ろ向きのような状態で離氷しています。こうなるともう、アクセルジャンプの美しさは半分以上そがれてしまう・・・というか、そういうジャンプはアクセルとは呼びたくないよなぁ・・・というのが私の正直な感想です。

そして、トリプルアクセルといえばやはりこの人、伊藤みどりさん
http://www.youtube.com/watch?v=RA9O8DRvgmU


最高の技は至高の芸術になりうる、といういい例かもしれません。


御投票よろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

伊藤みどりさんのジャンプが1番印象が強いです。女子選手だから、ということもあるでしょうけど。
 ジャンプの質を、一種類の動画だけで判断するのはとても難しいところがある、というのが実感です。こちらに貼られた動画を見るかぎり、模範的な選手のジャンプも、見ようによっては「あれ、飛ぶ前にちょっと回ってない?」って思えなくもないですから(飛ぶ前に氷が削れているし)。各トップ選手の、いろんな角度からのジャンプの動画(ここに貼られた伊藤みどりさんのみたいな)があればいいんですが。
 上に貼られた選手達のリアルタイムをほとんど知らないので、この動画だけ見た感想です。

   

ゴムまり

みどり選手のは本当に衝撃を受けました。


凄いスピードで突っ込んで来て、ゴムまりみたいにぴょーん、くるくるくる、しゅたーん! と言う感じで。(何だか子どもみたいな書き方になってしまいました。)


浅田選手や羽生選手のはもっとフワッて感じですかね。

初めて見た時の衝撃は忘れられません。男子でも失敗しているのが当たり前な時代でしたし。
難易度最高位なジャンプ。と言う位置付けでしたねー。
それからあっという間にクワドですか(あ、男子ですが)。

はー、ソチまでにはどの様になっているのでしょう。
世界は広がりましたね。
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
163位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR