スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

哲学する野獣・セルゲイ・ヴォロノフ Sergei Voronov

fgr14112921130018-p1_2017051222055964b.jpg

セリョージャことセルゲイ・ヴォロノフのNHK杯準優勝を祝して、今まで彼について書き溜めたものでカテゴリーを独立させました。
彼を応援し始めたのは2006年のジュニアワールド。小塚くんについで2位になった時でした。ダイナミックで高いジャンプ、荒削りなようでエレメンツそれぞれを丁寧に行おうとする姿勢に魅せられたのですね。そして、当時の彼のコーチはウルマノフでした!
「ウル様の弟子なの?これは応援しなければ!」
という一種邪まな気持ちもあったのですが、彼を見ていくうちに、苦労人ながらそれを表に出さない姿勢であるとか、冷静に周りを見つめる人柄であるとか、そういったものにどんどん引き込まれていきました。
特に、彼のインタビューは他のブロガーさんもおっしゃっているように、持って回ったムスカしい言い回しが多く、あるときはポエムっていたりして、訳すのに苦労するのですが、そんなところも含めて非常に魅力的です。
セリョージャを最初に「野獣」と言ったのはアイスダンサーのマキシム・シャバリンだそうですが、頑固で激しい性格と、理屈屋でポエミーなところが相まって、面白いやつだなぁ、と思う反面、育ちがいいのだろうなぁ、と思います。
表彰台に乗っていても(彼はなぜか2位、3位が多い)、必ず一緒の選手に拍手を贈り、プレゼンターに礼を尽くします。そこまでしなくとも・・と思うこともしばしばで、もうちょっとガツガツしていてもいいのに、とも。
ファンとしては、そういう人柄は嬉しいのですが、そんなところがあるからアスリートとしてイマイチ勝ちきれないところがあるのかもしれない、とも思ったり。今回のNHK杯で彼を認識してくださった方も多いようなので、セリョージャの歩んできた道を知っていただけたら嬉しいです。

セルゲイ・ヴォロノフ「趣味、読書。尊敬するアスリート、ランス・アームストロング」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-10.html
(注)これはランスのドーピング発覚以前に書かれたものです

タラレバはないけれど・・・バンクーバー五輪
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-54.html

スケーターズ・ファイナルファンタジー ―クジャとセフィロス
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-22.html

カヴァラドッシの手紙 -セルゲイ・ヴォロノフの新プロ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-16.html

紅と蒼のスクリャービン ― セルゲイ・ヴォロノフと羽生結弦
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-29.html

ボクは氷上のサッカー選手になります! ―ヴォロノフのインタから
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-37.html

セルゲイ・ヴォロノフ2012年世界選手権無事予選通過! インタ2つほど
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-62.html

お前どこまでヤグヲなんだ!(爆笑) セルゲイ・ヴォロノフの欧州選手権インタ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-67.html

命ある限り 私は滑る ― 「キャンドル・ライト」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-77.html

リッポンとナンソンの衝突事件、そして高橋・町田選手について ―ヴォロノフのインタより
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-89.html

ヴォロミオとヴォロクサーヌ ―帰ってきたセリョージャ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-90.html

メンショフの素晴らしいクワド、そして我が友ガチンスキー セルゲイ・ヴォロノフRCFインタビュー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-110.html

還ってきたヴォロノフのトリプルルッツ -フィンランディア・トロフィー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-131.html

哲学する野獣 -セルゲイ・ヴォロノフ欧州選手権直前インタビュー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-144.html

ロシア男子五輪代表の行方は・・? 欧州選手権プレカンに見る
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-148.html

お誕生日おめでとう!セルゲイ・ヴォロノフEX演技集 (1)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-166.html

お誕生日おめでとう!セルゲイ・ヴォロノフEX演技集 (2)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-167.html

ヴォロノフ、フィンランディア杯優勝 「僕のキャリアはまだまだ続く」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-169.html

ヴォロノフ、GPF出場決定おめでとう! ―NHK杯男子
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-183.html

ヴォロノフ、GPF初出場銅メダル!―GPF男子
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-185.html

野獣の横顔・セルゲイ・ヴォロノフ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-186.html

「気分はジェフリー・バトル」 ―セリョージャの昔のインタから
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-189.html

白鳥は戦い続ける ―セルゲイ・ヴォロノフ、欧州選手権SP
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-190.html

ピーキングの問題 ―セルゲイ・ヴォロノフ 欧州選手権3位
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-191.html

セルゲイ・ヴォロノフの欧州選手権の足跡 ― 初出場(2008年)から今年まで
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-195.html

セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(1) ―白皙の美少年が青年に―
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-197.html

セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(2) ―挫折からの羽ばたき
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-198.html

セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(3) ―我慢とプライドのせめぎ合い
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-199.html

セルゲイ・ヴォロノフの歩んだ道(4) ―試練をポジティブに受け止める
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-200.html

ワタリガラスは今、翼を研いでいる - セルゲイ・ヴォロノフ、ワールドに向けて
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-205.html

「それを決めるのはジャッジだ」 セルゲイ・ヴォロノフ、世界選手権SP
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-206.html

痛みとの、己との戦いの果てに -セルゲイ・ヴォロノフ 世界選手権FS
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-207.html

武器なしでの戦い ― セルゲイ・ヴォロノフ国別対抗戦SP
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-208.html

気合の3Lz2本、根性の3Lo-1Lo-2Lo、もぎ取ったSB セルゲイ・ヴォロノフ国別対抗戦FS
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-209.html

「帰り来ぬ青春」を超えて「我が道」をゆく ― セルゲイ・ヴォロノフ国別対抗戦EX
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-210.html

【シーズン回顧・そして来期へ】セルゲイ・ヴォロノフのこれから―
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-216.html

セルゲイ・ヴォロノフ GPS演技の変遷
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-219.html

セルゲイ・ヴォロノフ、今期の振付師はジェフリー・バトル
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-223.html

ヴォロノフの挑戦は続く ― 新プロへ、そしてトリプルルッツへ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-224.html

セルゲイ・ヴォロノフ EX集(3) もうすぐテストスケート!今年のプロは?
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-228.html

原因は己にのみ、これからはただ練習に励む ―セルゲイ・ヴォロノフのGPS
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-234.html

セルゲイ・ヴォロノフ解説者デビュー!? ―ロステレコム杯EX
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-235.html

克己心と頑固さ ―セルゲイ・ヴォロノフJスポーツインタビューから
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-237.html

セルゲイ・ヴォロノフ ロシア選手権12年の足跡 動画集 (FS)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-238.html

セルゲイ・ヴォロノフ、4回転ジャンプを語る
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-240.html

セルゲイ・ヴォロノフ、ベテランの決意を語る ―カップオブロシアファイナル
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-241.html

女性たちに捧ぐ ―セルゲイ・ヴォロノフ、国際女性デーのメッセージ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-247.html

セルゲイ・ヴォロノフ、コーチ替えと怪我のその後
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-248.html

セルゲイ・ヴォロノフ:コフトゥンは、SPにおいて1つのミスを除いてしっかりとやり遂げた ―世界選手権2016
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-258.html

セルゲイ・ヴォロノフ、来シーズンの展望を語る
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-265.html

セルゲイ・ヴォロノフ:自らの立ち位置は己の努力で手に入れる
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-266.html

セルゲイ・ヴォロノフ:僕は以前からずっと、“もう終わったスケーター”と言われてきた (インタビューⅡ)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-271.html

セルゲイ・ヴォロノフ:僕はそう悪くないパパになれると思うんですよ (インタビューⅢ)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-275.html

セルゲイ・ヴォロノフ:「今シーズン、僕は高レベルで戦い競う力を十二分に持っていることを証明したい」
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-283.html

セルゲイ・ヴォロノフ:「エテリ・ゲオルギーエヴナの所でも、インナ・ゲルマーノヴナの所でも沢山の練習を積まねばならないことに変わりはない」―ネペラ杯後インタ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-286.html

【動画有り】セルゲイ・ヴォロノフ ベテランの再出発 ―スケートアメリカ
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-288.html

セルゲイ・ヴォロノフ:「今日、僕は自らのできる限りのことをした」―スケートアメリカインタビュー
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-289.html

【動画あり】セルゲイ・ヴォロノフ ベテランへの試練 ―ロシア選手権男子総括(1)
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-296.html

【動画あり】セルゲイ・ヴォロノフ ベテランは挑み続ける ― ロシアンカップファイナル
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-307.html

エテリ・トゥトベリーゼの語るセルゲイ・ヴォロノフ  -インタビュー抜粋
http://svoro.blog38.fc2.com/blog-entry-314.html


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

エテリ・トゥトベリーゼの語るセルゲイ・ヴォロノフ  -インタビュー抜粋


1377411_613822462001829_882150753_n.jpg
(2013年フィンランディア杯より)


インタビューの翻訳は、質問者と回答者の会話の流れもとても大事だと思っているので、抄訳や抜粋訳はなるべくしないようにしているのですが、今回のエテリ・トゥトベリーゼコーチのインタビューはとにかく長くて私の手にはおえなかったのと、どうしてもここは!という部分があったので、抜粋訳をあげました。セリョージャについて述べている部分です。

インタビュアーは、アンドレイ・シモネンコさん。この方はきちんとした分析力とスケーター、そしてフィギュアスケートへの愛情をしっかり持っていらっしゃる方で、いたずらに煽り記事やゴシップめいたことを書かれる方ではないので、文章には信頼がおける、と思っています。メンショフの引退インタ→(こちら)を取ったのもこの方です。また、以前日本のTV局の「ロシアのジャーナリストは羽生結弦をいかに見ているか」というインタビューを顔出しで受けていたこともあったので、「ああ,あの人か」と思う方もいらっしゃるかもです。

今回も、訳のチェックはロシア語者の友人にお願いしました。いつも本当にありがとうございます。

+++++++++++

(前略)

シモネンコ(以下S):何年か前、あなたのところには全くの成人したアスリートであるセルゲイ・ヴォロノフがやって来ました・・・

トゥトベリーゼ(以下T):・・・そして、彼をリンクに送り迎えしていたのは母親です。

S:変ですね。

T:変でしょう。けれども、それは私の妨げにはなりませんでした。もしも母親に時間があって、セルゲイがそれを望むのなら、、どうぞご自由に、でした。でも、たった一つ、このようなことがありました。 ― セルゲイは練習時間中にリンクの外に出て、母親の隣に座り込み、彼女とおしゃべりをし始めることがままありました。
これは異様なことでした。私の認識では、これはコーチングスタッフへの気配りや尊敬を欠いた行為であるように感じられました。しかし彼とともに練習をしている間、私は一度もこれについて彼に言ったことはありません。私は特にこの振る舞いが好きになれませんでしたが。

S:あなたとセルゲイとの間で、もっとより多くのことが成し遂げられたのではありませんか?

T:たまに顔を出す試合での不安定さは不安定な練習から来ていました。
それらは練習中に起こりました。アジヤン(ピトキーエフ)とセルゲイは、それぞれが毛布の引っ張り合いをしているかのように、私の関心を相手よりもより多く自分の方に向けさせようと争い始めました。今日は一人が氷上から逃げ出したと思えば、また明日は別の1人が逃げ出す、という具合に。その度に私たちを行きたくもないところへ行かせては、順番にリンクから逃げ出していました。
彼らの間では練習中や試合の時に、なぜか一緒に些細なことでの比較し合いが行われていました。色々なことが起こりました・・・
例えば、我々がアジヤンのための曲を見つけたら、突然セルゲイが、ずっとその音楽で僕が滑りたかったんだ、と言いだしました。そして癇癪をおこしました。なぜなら、その曲でアジヤンのためのプログラムを作ったからです。
デイジーの花びらをむしって「愛してる・・・愛してない・・・」というような子供じみた行為が繰り返されていました。

S:しかし、ヴォロノフはもう完全に大人で、30歳直前でした。

T:ええ。私は両親たちが言うように、もう彼は自分自身でもって全てを知らなければならない、と思っています。
しかし、私は今もって自分自身で全てを知っている男子生徒にあったことがありません。

(以下略、次の段落からはメドヴェージェワの話題)

=====ロシア語本文=====

++++++++++

以上です。

ただ、ここで注意しなければいけないのは、これはあくまでもコーチとしてのエテリ・トゥトベリーゼに見えていた彼女の生徒としての当時のセリョージャである、ということです。彼女の言葉に嘘はないでしょう。しかし、人間は良くも悪くも変わるものです。現在のセリョージャが、当時と同じままの彼であるとは限りません。そして、意識するかしないかは別として、人間は人によって見せる顔が違ってくるものです。これは、同じインタビューで触れられていたアジヤン・ピトキーエフについても同様です。

また、以前にも述べたことがありますが、ロシアは「呼びかけ文化」で、名前をどう呼んでいるかでその相手との距離感を測ることができます。
エテリは、原文でも一貫してセリョージャとピトキーエフのことを、「セルゲイ」「アジヤン」と呼んでいます。教えていた頃もこうであったはずはないと思われるので(実際、現在セリョージャのコーチであるゴンチャレンコ、そして元コーチのモロゾフは、彼のことを「セリョーガ」と呼んでいるのが他のインタからわかります)、エテリにとって、彼らはそれだけもう親しみを持てない存在になってしまっていることがうかがいしれるのです。(ちなみにメドヴェージェワのことは「ジェーニャ」呼びをしています)

ただ、このインタビューで興味深いのは、シモネンコさんがなんとかエテリからセリョージャとの関係のポジティブな部分を引き出そうとしてるにも関わらずsageが止まらなくて、挙句の果てはまたアジヤンの話題にループしそうになったためメドヴェージェワに話を振ると“華麗なるageのターン!”てとこですね。

あと、時系列で他のインタをも追っていくと、セリョージャのエテリ不信が決定的になったのはソチ後かな、と思います。
彼の4Lo挑戦に賛成しなかったことに、エテリが彼に納得のいく理由を出せなかったのなら(当時同門の若手のモーリス・クヴィテラシヴィリは既に4T、4Sの2種クワド装備)、自分には伸びて欲しくない、若手への刺激剤程度であればいいと考えてるのか、とセリョージャが思ってしまっても無理はないだろうと思います。
そして、質問のところを見るとシモネンコさんの問いを遮るようにしてエテリが答えているようにも見えますね。(・・・があるところからしても)動画がないので口調まではわかりませんが、よっぽどセリョージャと彼の母の関係が気に入らなかったように感じます。

セリョージャにこんな面があったなんて、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これもまた 「セルゲイ・ヴォロノフ」という人間の事実です。

そして、エテリから見たセリョージャ、とは別にセリョージャ側から見たエテリがどういうものであったのか。それは我々には知る由もありません。ただ、推し量ることができるのみです。

エテリから離れた当時のセリョージャのインタビューがこちらにあります→「セルゲイ・ヴォロノフ:自らの立ち位置は己の努力で手に入れる」
あわせて読んでいただけると幸甚です。



↓ポチよろしくお願いします、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
621位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
29位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。