ドミトリー・アリエフ:「自らのジュニア時代に良い終止符を打てた」


654011392_201703172105436ff.jpg
(世界ジュニア選手権表彰式より)


世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得したジーマのインタビューです。
FSにミスはありましたが、本人は満足している様子でなによりです。実際、今回の大会でSP,FSともにスモールメダルを獲得したのは彼だけなのですから。この緊張感に満ち満ちた大会で、まがりなりにも両方揃えた、というのはやはりすごいことなのではないでしょうか。
文はプレカンで通訳を勤めていらしたタチアナ・フレイドさんです。
今回も、ロシア語者の友人にチェックをお願いしました。いつも時間を割いていただいてありがとうございます。m(_ _)m

++++++++++

<ドミトリー・アリエフ:僕は自らのジュニア時代のキャリアに良い形で終止符を打った>

ジュニアグランプリファイナル優勝者のドミトリー・アリエフは、台北で行われた世界ジュニア選手権において、自身初の選手権銀メダリストとなった。ジュニアスポーツの自らの最後のシーズンにおいて、フィギュアスケーターが自分に課した課題についての試合後のドミトリーのコメントである。

「まず最初に、この大会に参加した全ての仲間たちに、お祝いを述べたいです。この選手権大会はとても困難であるとともに、充実したものとなりました。そして、僕個人にとっては今日という日は、僕のフィギュアスケートにおいて、新しいレベルのある種の発見があった日でもありました。僕は、動揺や緊張といったすべての感情の揺らぎに打ち勝ち、それを制御できたことをとても嬉しく思っています。僕にとって、最終滑走は試練です。けれど、今日僕はこの境界線を乗り越えることが出来て、とても嬉しいです。
この大会での僕の演技はよくできていたと思います。準備を手伝ってくれた僕のチームのみんなに感謝しています。けれどもう、起きたことは過ぎたことで、すべてのことは既にもう過去のものです・・・。良い演技ができ、それを皆さんにお見せできたことに心から感謝しています・・・。
僕にとって、この世界選手権での銀メダルはとてもたくさんの意味を持ちます。なぜなら、僕がジュニアとしてのキャリアを終えるにあたってここで終止符を打つことができ、そしてそれは良い形で技術的にしっかりと裏付けがされたものとなったからです。
シニアに移行する僕たちの計画では、ジュニアワールド2位という成績は、新しいシーズンへ向けての良いスタートとなります。
世界選手権が終わったからといって、誰もそのまま手をこまねいているわけではないのは明らかです。夏にはみんなもっともっとハードなトレーニングを積んでくると思います。僕には、練習ではかなりうまく跳べるようになっている4回転ルッツと、ルッツからのさらに難しいコンビネーションジャンプがアドバンテージとしてあります。
今の僕たちににとっては、本当に何を中心にやらなくてはならないか理解し特に緻密に練習するために正しく慎重にに練習計画を練り、こういったもの全てを磨きあげなければなりません。同様に、振付師とプログラムにおいても練習を重ね、独特なものを選びだして、夏の間に習得しなくてはならない新しい4回転ジャンプ(訳注:ここの“4回転ジャンプ”は複数形になってるので、複数種のクワド習得を考えていると思われます)を練習し、新しいプログラムに入れる必要があります。
現在の男子シングルには、優れたアスリートがたくさんいます。羽生結弦、ハビエル・フェルナンデス、およびその他にもたくさんの選手たちが。彼らの存在は、若いスケーターたちを、より厳しい練習へと駆り立てます。闘いのあるところには熱狂があります。それはいつだってたまらなく魅力的でわくわくするものです。」


=====ロシア語本文=====
++++++++




↓ポチよろしくお願いします、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ヤグヲの本領発揮!ドミトリー・アリエフのEXは「仮面の男」!!

C7RAt6CV0AAOBs5.jpg
(世界ジュニア選手権EXより)

今日、世界ジュニアはEXが行われ、水曜から始まった闘いも幕を閉じました。
というわけでしみじみしているのですが・・・・
しみじみの訳はもう1つあって。

なんと、ジーマのEXプロは今までのリュベーのロシア語ヴォーカルの曲ではなくて、なんと「仮面の男」だったのでした!

ジーマのEX

この中で彼は2Lo-1Lo-3S-1Lo-3Sをやってますが、これはおそらくナショナルのEXのリベンジでしょう。彼のFSの3Lo-1Lo-3Sは見せ所のひとつなのですが、本番では3Loの着氷で転倒してしまい、これができなかったんですね。で、EXでは、3Lo-1Lo-3S-1Lo-3Sをやってきたんですが、最後の3Sが回転不足でおっとっと、になってしまったので、今度こそ、と思っていたんでしょう。今回は最初の3Loがダブルになってしまいましたが・・・・

また、衣装(部屋着ではない)の感じからすると、多分最初からEXでは「仮面の男」。そのつもりで準備していたんだろうなー、と思います。

なんといっても昨日は彼が愛してやまないアレクセイ・ヤグディンの誕生日でしたから!

おそらく彼なりに、ヤグディンへのリスペクトの気持ちを表したかったんじゃないかな。そして、変更してしまったとはいえ、やっぱり彼自身このプログラムに愛着があったのだと思います。
この曲を決めたときのことをインタビューで彼はこのように述べています。

「僕はヤグディンの滑る「仮面の男」を何度も繰り返し見ました。しかし、僕は真似をしようとしたのではありません。
リョーシャのそれは彼だけのもので、リョーシャがやったようには、他の人には誰も再現できないからです。彼はオリンピックでこのプログラムを理想的に滑りました。
ええ、僕は本当に僕のこのプログラムが気に入っていました。けれども、この曲を選んだのはリョーシャが原因ではありません。
僕たちは2つの曲のなかから、「仮面の男」を選びました。なぜならば、音楽が僕に鎖で繋がれるような感覚で繋がったからです。この音楽は力強く男性的で、その中に鋼(はがね)を感じさせます。」
出典はこちら

ここでジーマが「音楽と僕が鎖で繋がれるような感覚でつながった」といっているのが、衣装のイメージにも現れているのでしょう。

ジーマの競技版「仮面の男」(JGPSオストラヴァ大会)

ジーマにとってこれは競技プロとしてクワドを2本入れてまとめ上げた記念すべきプログラムでもあります。愛着もひとしおだったことでしょう。しかし、「仮面の男」といえばやっぱりソルトレイクのアレクセイ・ヤグディン、というイメージが確立していて(本田武史もやっていて、それもとても素晴らしく私は大好きですが!)いろいろ回りから言われたりもしたのかなぁー、と、プログラムを変えたときはとても残念に思ったのですが・・・
ジーマならジーマの「仮面の男」として人々の記憶に刻まれるものが滑れる、と思っていただけに残念でした。しかし、新しいFSも急ごしらえとはおもえない素晴らしい出来で、それがかれにメダルをもたらしたのですから、結果オーライといえるのかな。

そしてこちらがヤグディンの「仮面の男」です。

ジーマは昨年のインタビューで、ヤグディンと自分の関係について、質問者とこのようなやり取りをしています。

D:「リョーシャ・ヤグディンと彼の「ウインター」、そして僕の大のお気に入りの「仮面の男」。
お父さんは仕事に出かけ、お母さんはソファに座ってテレビをつけます。そして僕は部屋に行って、ヤグディンの映像を眺めては、そのままカーペットの上で、靴下とパンツ、という姿のまま、彼のあらゆるステップの動きをマネっこしました。スリーターンからトウループに入る、その仕草もやってみました。跳び上がれはしませんでしたけどね。これが毎日続きました。真似して、真似して、何度何度もやってみて、めんどくさくなることも、疲れさえ知らずに続けていました。ステップをして、スピンをして・・・ 挙句の果てにチェストにぶつかって倒したこともあります。」
Q:「氷上で演じることはないんですか?」
D:「『仮面の男』を?とんでもない!こんな素晴らしい作品を創り上げることができるのはヤグディンだけですよ!他の誰も同じ滑りなんてできない。」
Q:「例えば「ヤグディン生誕50周年記念祭」のようなものがあったとして、あなたはこのプログラムを滑って彼を喜ばせることはできませんか?」
D:「コピーをすることはできます。そして彼が喜んでくれるのであれば、それは素晴らしいことです。しかし、2002年のソルトレイクの「仮面の男」は唯一無二のものであることには変わりなくて、誰の、なんの影響も受けはしません。」⇒出典はこちら


このように述べていたジーマが、世界ジュニア選手権のEX、という晴れの舞台で、この「仮面の男」をあえて演じた、ということはやっぱりヤグディンへの強いリスペクトの証なのかなーと思ったりもします。いや、ヤグヲである私としてはそうであってほしいなー、と思ったりもするわけで。もしそうなのだとしたら本当に嬉しいなぁ、と。

そして、このEX版「仮面の男」も嬉しいサプライズだったわけなのですが、本来のEXの方も見たかった。というか、たくさんの人々に見ていただきたかったです。

というわけで貼ります。ロシア選手権でのEX。ジーマのえぐいまでの濃厚、というか重みのあるエッジ使いが十二分に生かされていて、これはこれでとても素晴らしいプロだと思います。


そしてフィナーレ。ジュニア選手権のEXフィナーレは学芸会的な手作り感、というかわちゃわちゃ感があって、とても微笑ましくて良いのですが、今回はいつにも増してカオスになってました。現場で見ていた方、羨ましいなぁ。ホント、目がいくつあっても足りない!って感じだったんじゃないでしょうか。
一芸大会、ジャンプ大会、ニースライド祭り・・・と、ほっておいたら一日中でもやっていそうな。みんな、本当にスケートが好きなのでしょうね。

フィナーレ



最後はセルフィーで締め。みんないい顔していますね!
C7RSrEoU4AAzP5Y.jpg

こうして世界中から集まった選手たちが、スケートという競技を通じて友人となり、またライバルとして切磋琢磨してシニアになってもつながりが続いていくのでしょうね。本当にいいなぁ、と思います。
シニアに上がる選手たち、ジュニアに残る選手たち、道は様々だと思いますが、全ての選手たちの未来に幸あれ!


↓ポチよろしくお願いします、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

シニアへの旅立ち― ドミトリー・アリエフ 世界ジュニア選手権総括


654011412.jpg
(FS後のキスクラにて。左よりルカヴィツィンコーチ、ジーマ、振り付けのグリンカ女史)


まれに見る高得点続出で、「ジュニアおそるべし」という感じで終えたフィギュアスケート世界ジュニア選手権男子シングルですが、FSでクワドルッツを含む複数クワドをクリーンに決めたヴィンセント・ジョウがSP5位からの逆転優勝、そしてジーマは2位、ついで同じロシアのアレクサンドル・サマリンが3位、ということで幕を閉じました。というわけで、今回はジーマことドミトリー・アリエフにスポットをあててみました。

世界ジュニア選手権リザルトページ

昨年の世界ジュニアでのジーマは、SP1位で折り返したものの、FSで崩れ、表彰台を逃す、という結果に終わりました。なまじSPの結果が良かっただけに本国での期待は膨らみ、崩れて結果を出せなかったことについては、かなり批判も浴びたようです。しかし、その際にしっかりと支え、傷ついたジーマをフォローしてくれたルカヴィツィンコーチとの絆は一層深まり、振付師のグリンカさんやモロトフさんともガッチリと信頼感で結ばれたチームが出来上がったような感じを受けます。


C7FoYb0V4AAybf-_20170317155357bca.jpg
(左より、モロトフさん(FS振り付け)、グリンカ女史(SP振り付け)、ジーマ、ルカヴィツィンコーチ)


ジーマのルカヴィツィンコーチに対する思いはこちらに⇒ドミトリー・アリエフ:僕にとってコーチは第二の父であるという結論に達しました。

そして2年連続のロシアジュニアチャンピオンとして迎えた今年のジュニアワールド。
まずはSP。
3A/3Lz-3T 3Lo
[広告] VPS

この「オブリヴィオン」の哀愁を帯びた旋律に負けない深いエッジの濃厚な滑り。「ジュニアかよ・・・」という感じを受けた方も多いのではないでしょうか。美しい3Aから、曲の盛り上がりに合わせての伸びのあるスパイラルからの3Lz-3Tコンビネーション。そして美しいフリーレッグを生かした3Loの出の動作からのニースライド。本当にこのプログラムは1つ1つのエレメントがパズルのピースのようにしっかりとハマり、美しい旋律を紡ぎ出しているかのようです。
ジュニアナショナルでは、コンボの入りがFSと同じステップからに変更されていて、ちょっとがっかりしたのですが、この大会では復活していて安心しました。
このジュニア版「オブリヴィオン」は、私の今まで見てきたSPプロの中でも最高クラスに位置すると思います。本当に素晴らしい。

そしてFS。
4T 3A-2T/3A 3Lz-3T 3Lo-1Lo-3S 3F< 3Lz 2A
[広告] VPS

ヴィンスの素晴らしい演技の後、ペトロフ、サマリン、ジュンファン、とクワドの決まった素晴らしい演技が続き、正直昨年の二の舞になってしまうのでは・・・とも思いました。
しかし、ジーマは強くなっていました!
冒頭の4Tでこそお手つきしましたが、あとはしっかりと立て直し、ニースライドからの3Fに回転不足が付いたほかは、特に大きな取りこぼしもありませんでした。特にStsqではレベル4を取り、中でもGOE加点3を付けたジャッジが2人いました!本当に、このステップで彼に魅了された方は多いのではないかと思います。

ジーマはJGPF後のインタビューで、

“Q:あなたがプログラムに4回転トウループ1本のみを残すことにしたのは、演技により安定性を求めてのことですか?

D:はい。僕は、僕たちが磨き抜いてきた質の高いプログラムと4回転トウループを見せたかったのです。
クワドを2本にすると、少し質が落ちてしまい、ジャンプに追いかけられるようになって、プログラム全体がクリアに見えなくなってしまう、ということもわかりました。
シニアのグランプリシリーズフランス大会で、アダム・リッポンは1本の4回転ジャンプで構成された180点を獲得する素晴らしいフリースケーティングをしました。
その後、エフゲニー・ウラジーミロヴィッチ(ルカヴィツィンコーチのこと)が戻って来て、クワド1本でやってみよう、そのかわり、クリーンで質の高い、洗練されたスケーティングを見せるんだ、と言いました。1本の4回転ジャンプを持つアメリカ人のスコアは、他の2本、3本の4回転ジャンプを持つアスリートとほぼ同じ点数だったのです…”

という問答をしています。詳しくは⇒ドミトリー・アリエフ:「僕はファイナルへの扉を最後に閉めて、それを最初に開いた」(2) 

今年のFSプログラムはクワド1本で行く、という決定はここでなされたのでしょう。
世界ジュニアが近くなり、多くの選手が複数クワド投入を表明する中、焦りがなかったはずはありません。しかしジーマは、その決定を信じ、プログラムを信じ、答えを出しました。

実際、ジーマは今年のJGPS第一戦のオストラヴァ大会で見せたように、(当時は変更前のプログラム「仮面の男」でした)クワドを2本入れてもプログラムをまとめあげる力は持っていますし、練習では4Lzも4Sも成功させているそうです。

こちら「仮面の男」

これもいいプログラムだと思うんですけれどね、うーん。

ただ今回のFSプロは、私が思うに、クワド1本だからこそ生きるのだと思います。冒頭の4Tから長めのつなぎ動作を経て全くタイプの違うジャンプである3Aからのコンビネーション。そしてスピン、ステップ、そして後半の6ジャンプ。
高難度ジャンプを見せておいて、即じっくりと彼のスケーティングを生かしたステップで魅せる。
このスケーターはジャンプだけではないぞ、とここでしっかりとアピールするわけです。心憎い演出です。実際、この滑りでジーマに落ちた人は多いと思うんですよ。
複数クワドにするとすれば、後半6ジャンプはきついでしょうから、ステップの位置も変えざるを得なくなるでしょうし、つなぎ動作も減ってしまうでしょう。となれば、現在これだけ高く出ているPCSもある程度は低くなってしまうかもしれません。
このプログラムを作り上げたのはアイスダンス出身のワレンチン・モロトフさんですが、彼は選手の個性を引き出し、かつその良さを見せつけるようなプログラムを作ることに非常に長けていると思います。

そして、上の写真でも分かるように、FS後のキスクラで一番喜びを爆発させていたのは、コーチのルカヴィツィン氏でした。これだけ早くジュニアの技術進化の進みが早く、多くの選手がクワドを投入してくることは、彼にも予想外のことだったかもしれません。プレッシャーは相当なものだったのではないでしょうか。その中で、自分の生徒を、また配下の振付師たちのプログラムを信じ、彼らもそれに応えた。本当に嬉しかったことでしょう。
そしてジーマも「第2の父」と慕うコーチの信頼に応えることができて、きっと嬉しかったに違いありません。昨期のジュニアワールド、FSで崩れ涙ぐみながらリンクサイドに戻ってきたジーマを無言で強く抱きしめていたコーチの姿がよぎり、私は思わず涙してしまいました。

そして、来期からジーマはシニアに駒を進めることになるわけですが、それにしてもこの大会はとても良いステップになったと思います。もちろん優勝してシニアに進むにこしたことはありませんが、いやー、ヴィンスにあれだけの演技をされてしまえばお手上げです。逆に良い目標ともなったことでしょう。

654011392.jpg
(表彰台メンバー。ジーマ、ヴィンセント・ジョウ、アレクサンドル・サマリン)


選手権で台乗りを果たしましたから、来期のJGPS出場枠も増やすことができ、またこれはサマリン、ペトロフの活躍もありますが、ジュニア選手権の枠も3枠に保ち後輩たちに託すことができました。女子だけではなく、男子もジュニア・ノービス勢が伸びてきているロシアとしては、特にJGPSの出場枠の増加は嬉しかったことに違いありません。また、ジーマ自身もシニアのGPS2大会の切符を持ってのシニア昇格となります。五輪切符へ向けての大きな一歩です。
昨期の雪辱も果たし、心置きなくシニアに上がって行けるでしょう。彼の来期の活躍を心から期待しています!



↓ポチよろしくお願いします、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
527位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
28位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR