アントン・シュレポフ 4Lzナイストライ!来季に羽ばたけるか ―ロシア選手権男子総括(3)


C0Sr9fkW8AAvO6Es.jpg

ロシア選手権男子総括、これが最後です。第3弾はアントン・シュレポフ。
誰それ?という方も多いかもしれませんが、今の私のイチオシです。(セリョージャとジーマは別格。)振り返り、というよりはこれからに期待してのご紹介、という感じになるかな。
12月28日に放映されたロシア選手権で、ちょっと不思議な感じの曲で滑ってた4Lzコケた子、というと思い出してくださる方もいるでしょうか。ジーマやレオノワと同じルカヴィツィンコーチの門下で、サンクトペテルブルグのスケーターです。現在20歳。
トウジャンプを得意とし、Lz,Fの跳びわけも完璧。3連には3A-1Lo-3Fを入れています。昨シーズンの末から4Lzをプログラムに導入し始めました。
表現の引き出しが非常に広く、どんな種類の曲もこなしてのけます、というかアントン色に染めてくれます。自分の見せ方を知っている、というのかな。ずっと地方のクラブで滑っていて、確かペテルに出てきたのは2014年だったと思います。その頃、ルカヴィツィンコーチがインタビューで、
「最近入ってきた子で、感情を滑りに出すのが抜群にうまい子がいる。一度リンクに降りて滑り出すと、あっという間にプログラムに入り込んで、どんな時でもどんなところでも登場人物になりきってしまえる。」
とアントンのことを評価していて、以来注目するようになったのでした。この3年間、本当に様々なプログラムを滑っていて、それがほとんどハマっている、というのはすごいなー、と思います(動画を貼りますのでぜひ見てください)。
だからといって無個性なわけではなく、しっかりした自分の“色”を持っているのが彼の魅力でもあります。

SP 4Lz<<(fall / 3A 3Lz-3T

ほかのエレメンツがすべて加点付きで質の良いものだっただけに4Lzの転倒が残念。ジーマの重厚さとはまた違ったシャープなスケーティングの持ち主で、最後までスピードが落ず、曲に合わせてエネルギッシュなステップを踏んでくれました。

FS 4Lz<(ft 3A 3Lo / 3A<-1Lo<-3F< 3Lz 3Lz-2T 3S< 2A-2T

4Lzはなんとか着氷するも、両足着氷とアンダーローテーション。緊張感かかなり動きが硬くて、彼本来の柔らかくしなやかな所作が見せられなかったのが残念。スタミナ切れか、後半は刺さりまくりましたね。
タラソワさんが「チィティリノエ ルーッツ!」とエキサイトしているのと、3A-1Lo-3Fのところで、「ジェーニャ・プルシェンコが跳んだジャンプね」と言っていたのが印象に残りました。

さて、ここからは彼の過去プロを振り返ってみたいと思います。

2015-16 SP 4Lz / 3A 3Lz-3T

しっとりした男性ボーカルに、彼の柔らかい動きとシャープなスケーティングがすごくマッチしています。

2014-2015 SP 3A 3Lz-3T / 3F

上とは一転してコミカル調。表情も豊かで、小芝居も入って、と楽しいプロです。サスペンダーはやっぱり最強の小道具ですね。

2014-2015 FS

フラメンコギターとカスタネットの旋律にのせて細かくステップを刻んでゆくのがとても素敵。動きにも表情にもメリハリがあって、手拍子の際のドヤ顔たるや。3Lzのセカンドには2Lo。こういった細かいところでも基礎点上げの工夫が。

2015-2016 FS

昨期のFS。アントンのプログラムではこれが一番好きかも。これも何度もジャンプ構成変えて、最終的には冒頭に4Lzを入れて成功させてるので、ぜひ継続させて欲しかった。ジャッジの前でニコニコしながらハートマーク書いてみせたり、神妙な顔で袖口いじったり。ノリノリの曲で見てるこっちも楽しくなってくるプログラムです。


最終的にはSPから順位を落として9位でしたが、ユニバーシアード派遣が決まったので、なんとかそこで一花咲かせて欲しいものです。来期は是非GPSの枠が欲しい。ニース杯2位、タリントロフィー2位、と国際試合の経験も積んできているので、一人でも多くの人に見てもらいたい、と思うスケーターです。

まずは、ユニバーシアード頑張れ!


 ↓ポチよろしくお願いします、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ドミトリー・アリエフ ジュニアチャンプへの扉は開くか ―ロシア選手権男子総括(2)

Cz_7I6YXcAA1qEI.jpg
(Mikhail Sharov氏撮影)

ロシア選手権男子個人別総括行きます。第二弾はジーマ(ドミトリーの愛称)・アリエフ。
28日のJスポの放映で彼をご覧になった方も多いと思うので・・・・
皆様ジーマ沼に落ちてください!(笑)

ジーマ、といえば膝をついてくるくる回転して跳ぶ3Fがトレードマークですが(ひょっとして彼の名前は知らずともあのジャンプは覚えてる人多いのでは)、彼のジャンプは非常に質が良く、また構えることなく振り付けの流れの中ジャンプを跳ぶことができ、また着氷姿勢も降りたあとの流れもスムーズ、というまさに新採点にドンピシャ!という感じです。ジュニアグランプリファイナル(優勝)では、FSの4TでGOE加点2.00、というジュニア離れした点数を叩き出しました。

今年の彼には、SP、FSともにいいプログラム(途中で変更したFS「仮面の男」も含めて)が揃い、シーズンが非常に楽しみだったわけなんですが、とにかく彼はエッジワークをはじめとするスケーティングスキルがジュニア離れしているのと、感情表現が非常に豊かで、見る人を引き込む力を持っています。その反面、精神的に動揺しやすく、なかなかSP,FSと揃えられない、という傾向がありました。昨期のジュニアワールドが良い例です。ただ、あの時のSPトップ⇒FS大遭難、という挫折を経験したことで、一回り大きくなってくれているんじゃないかとも思っていました。

というわけでSP。
2T / 3A 3Lz-3T

シニアの大会、ということでジャンプ構成を変えて臨んできました。
が、しかし・・・クワドが抜けてしまって単独ジャンプがノーカウント。要素のやり直しがきかないSPとしては大きな失敗です。これで彼は10点近くを失ってしまったことになりますから。アクセルとコンビネーションジャンプは加点付きで降りているだけにいかにも惜しい。苦手のスピンも3つのうち2つがレベル4。各要素の質を上げる、ということを目標に取り組んできた(ルカヴィツィンコーチ談)ということで、頑張りました!
ただ、滑走順が早かったせいか、ちょっと全体的に硬かったかなー、という印象も受けます。それとも慣れていないシニア構成への緊張かな?
ただ、私的には、無理に構成を変えてクワドを入れずとも、ジュニア構成のまま(もしくは単独ジャンプを3Lo⇒3Fにする)でも良かったんじゃないか、とも思うのです。というのは、このジュニア用プログラムが余りにも完成度が高すぎて、ジャンプ構成をいじることによってそのバランスが崩れてしまう気がするんですね。ジャンプ含めエレメンツが流れるようにひとつながりになっているので、ジャンプをいじることによって印象的な部分が省かれたりしてしまうのがとても残念です。
特にジュニア用で入っているスパイラルからの3Lz-3T。シニア用プロではここに3Aが来るので、あの印象的なスパイラルがなくなってしまいました。ほかにもいくつか…。振り付けの完成度自体は高いのに、イマイチPCSが伸び悩んだ、というのはジーマの硬さやジャンプミスだけのせいではなく、こういった部分もあったのでは?と思います。
ちなみにこちらがジュニア構成のSP。(SBを出したJGPF)



そしてFS.
ロシア語のやつを。。。と探したんですが、曲の著作権の関係かミュートになってしまっていて、唯一残っていたのがこの英語解説バージョンでした。
JGPS2大会を終え、リュブリャナの大会でFSで崩れたせいなのか、プログラムを変えてきました。
「曲が僕に鎖で繋がれたようにしっくりきた」とまで言っていた「仮面の男」を何故変えたのか、それはわかりません。ただ、ヤグディンの同プロと結びつけていろいろ言われたりしたのもプレッシャーになったのかな?ただ、ジーマ自身はインタビューで、
「(新プロの曲のように)歌詞があったほうが曲に入り込みやすく、感情表現もしやすい」
と言っていたので、前向きに捉えての決断であったと思います。
このプログラムは最初の大会での披露がパニン・メモリアル(シニア)、次がCSのワルシャワ杯(シニア)そしてJGPF(ジュニア)と来ているので、SPのようなジュニア⇒シニアの不自然さはありません。
また、ジーマ本人の言葉を借りれば
「新しい曲は僕により近くて僕は動きから快感を得ることができ、満足を得ることができ、観客席の一人ひとりの観客の視線を一人占めににすることができ、なんというか、内側から湧きあがるような感情を味わうことができます。この新しい曲では、振り付けのほかに、感情を込めることができます。」
ということなので、ナショナルでも楽しみにしていたのでした。

4T 3A-2T / 3A 3Lz-3T 3Lo(fall 3F 3Lz 2A-1Lo-3S

そして、このプログラムの構成について、クワドを1本にしたことで、「安全策できた」という向きもあるようですが、私はそうは思いません。理由はなんといっても後半6ジャンプ(うち2つはコンビネーション)構成にしていることです。この後半6ジャンプ構成はスキルダとジーマだけ、3A以上のジャンプを持つ選手としてはジーマだけです。これを「攻め」と言わずになんと言いますか!
そしてシニアプロとしての構成(ジュニアより演技時間が長い、コレオシークエンスがある)として滑りきった、ということはやはり肉体的にも精神的にも強い選手である、という証明になったと考えます。男子のFSのジュニアプロからシニアプロへの移行は、我々が考えるよりかなりきついもののようです。シニアに上がった頃の羽生結弦選手が、後半でへとへとになっていたことを覚えていらっしゃる方も多いでしょう。

C0xDN-kUUAA8ZV3.jpg

「JGPFの疲れが残っていて最善の出来ではなかった」というルカヴィツィンコーチ(写真左)の言葉通り、ジャンプは全体的に着氷がシェイキーで、本来の質ではありませんでしたが、3Loで転倒したほかは目立ったミスはなく、転倒した3Lo付けるはずだった-1Lo-3Sのコンビネーションも2Aでしっかりリカバリーしていましたし、よかったんじゃないかと思います。シーズン序盤で-1Lo-が回転不足になっていましたが、そこもしっかりと修正してきていましたし、彼の代名詞とも言える膝くるくる3Fもしっかり入りました。
着目すべきはステップシークエンスでレベル4が取れていたこと。途中でふらついたのはご愛嬌ですが(その分GOEはマイナスになってます)スピンもレベル3とは言えすべて加点付き。強いて言うならコレオシークエンスのところでちょーっと疲れが出たかな、とも思いますが、全体としてはいい出来だった、と言えるのではないでしょうか。


最後にEX。これはロシアのベテランバンド「リュベー」の曲ですが、ロシアの大地への愛を朗々と歌い上げているものです。
競技では失敗した3連をここで組みこんできました。3Lo-1Lo-3S-1Lo-3S。最後の3Sは回転不足かな?でもおまけしちゃおう!(佐野調w)

EXの中でアクセルを跳ばなかったこと、GPFのEXのフィナーレでも今回のそれでも3Aを失敗していたことを考えると、照明の中でジャンプを跳ぶのはあまり慣れていないのかもしれません。
ゴスペル風の男声コーラスのスローな旋律に、ジーマの豪速でエッジワークの巧みなスケーティングがものすごくあっています。やっぱりスローバラードを活かすのはスピードですね!相反しているようですがこれ、事実です。
ちなみにこの曲の歌詞はこんな感じ(リフレインが多いので大体のイメージです)

漆黒の闇をゆく
俺は愛馬とともに大地を駆ける
夜空には星が美しく輝き そこには俺1人
愛馬と俺だけがこの大地を疾駆する
俺は愛馬に跨りこの大地を駆け抜ける
果てしない大地よ
見ろ、大地に朝が来る
ああ、クランベリー色の朝焼け 
ああ、こんな素晴らしい処が他にあるだろうか
金色のライ麦 そしてカーキ色の亜麻
俺はロシアを愛している
歌え、金色のライ麦よ、カーキ色の亜麻よ
歌え、俺がどれほどこのロシアの大地を愛しているかを
俺は愛馬とともに大地を駆ける…


成績はともかく、SPのミスをFSでしっかりと取り返したこと、またクワド入りのシニアプロを滑りきることができたことで、今回の大会はジーマにとって大きな収穫となったのではないでしょうか。
年明けにはジュニアナショナルが控えており、それを勝ち抜けばジュニアワールドです。彼としては何としてでも昨年の雪辱を果たしたいところでしょう。
焦らず頑張ってもらいたいものです。


 ↓ポチよろしくお願いします、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

セルゲイ・ヴォロノフ ベテランへの試練 ―ロシア選手権男子総括(1)


C0XoPbpVQAA8ugRs
(ライブストリーミングより)


さて、今回からは私個人の推しに焦点を当てて振り返ってゆきます。
まずはセリョージャ。
今回は、セリョージャ、アリョンカ、リーザと、男女ともにベテランには厳しい大会となりました。
特に今年のセリョージャは、インタ等読んでも公私等充実しているのが感じられ、GPSではロシア男子唯一の台乗りを果たし(CoC3位)、海外の解説者からも「やっと彼は自分の居場所を見つけた気がするね」とその充実ぶりを評価されていただけに…。
本当に、なんというか今年のセリョージャは「やってくれる感」が半端なくて(ファンの欲目かもしれませんが)台乗りは間違いないだろう、と思っていたのです。が・・・

ただ、セリョージャにとってナショナルの鍵はSPの3AとFSの2本目のクワドだろう、と思っていました。なぜなら、今までセリョージャはSPの3Aが抜けた年(2010-11シーズン、昨シーズン)、表彰台を逃しているからです。

しかしまさかこういう結果が待っているとは。まあでもそれがセリョージャだよなぁ、と長年応援してきたファンとしては思います(苦笑
でも、そんなジェットコースターみたいなアスリート人生送ってるセリョージャが、そんな中を生き抜いている彼が、好きで好きでたまらなくて、ここまで来たのですから。

まずSP。ロシア語解説で。
 4T-3T / 3A 3Lo

あまりジャンプの調子が良くなかったようですが、それでもしっかりと降り、ベテランらしくまとめてきました。終了時点でコリャダー、サマリンについで3位。
このSPプロ、私は正直すごく好きなのです。
けれども、なぜか何かが、そううまく言い表せないのですが、最後の1ピースが足りない、というか上手くはまっていない気がして…。それがはまれば本当にドカーンと人々を落とし込むような凄みのあるプログラムになっていたと思うのですが―。なんとも歯がゆい感じが最後までぬけませんでした。
セリョージャは、自分との戦いだったから、出来については満足している、ただ3Aに入るときは去年のこと(抜けてしまったことだと思います)を思い出してしまった、とコメントしていました。そして、GPSよりもナショナルの方がハードだ、とも述べていました。
確かにそれはわかります。GPSの方がはるかに強敵は多いでしょうが、失うものはあまりない。とにかく挑戦者としていけるでしょうが、ナショナルはISU選手権への道がかかっています。それを失う、ということは自らの将来にも直結してきます。ベテランであるが故に、それは重い。
セリョージャはそれを痛いほどわかっていたはずです。

そしてFS。4T 3A 4T<+REP 1A / 2Lz 3S 3Lo-2T-2Lo 2A-2T

4Tにセカンドをつけなかったのを見て、正直不吉な予感がしました。セカンドをつけられる質のクワドを2本目で跳べるだろうか・・・?
案の定、転倒。
体の痛みか、次のコレオシークエンスもなんとなくキレがいつもよりないように思われました。そして焦りが出たのか、アクセルはシングルに・・・・
もう私はこの時点で見ていられず顔を覆ってしまいました。そして次に画面を見た時には、「全く何をやってるんだ俺は」と言わんばかりに乾いた笑いを残してリンクをはけるセリョージャでした―
クワド1本にして、しっかり演技を固めてゆく、という道はなかったのかとも思われそうですが、ベテランに厳しい状況を知っているセリョージャとしては何としてでも2位を目指したかったでしょうし、3位となれば若手優先、となっていただろうことも否定できません。
そして彼は昨年の国内大会でサマリンに敗れていますから、サマリンの安定した強さをかなり意識していたでしょう。セリョージャとしてはクワド1本、というのは最初から選択肢に入っていなかったと思います。
そして彼はそれを選び、そして敗れ去った。
何度も繰り返し動画を見ていますが、致命傷となったのはクワドの転倒ではなく、それに続く3つのジャンプミスです。まさに「ヌケはコケより…」になってしまいました。そしてサルコウの得意な彼がそれでミスる、ということは相当な動揺、というか葛藤があったのだろうと思います。
クワドの転倒から、焦りを振り切って、萎える気力と必死に闘っているような彼の演技を見ると、涙なしではいられません。
残念ながら、後半はほとんど自分との戦い、という感じで、音楽に気を向ける余裕もなかったのでしょう、PCSの低さがそれを表しているような気もしました。

そして、セリョージャの13年連続のロシア選手権は今までの最低の成績(これまでは初出場、2回目の6位)となる7位という結果に終わりました。が、これだけ長くナショナルに連続して出場してきて、2桁順位が一度もない、というのもすごいことです。ちなみに今大会の最年少であるスキルダくんは13歳、セリョージャは彼が生まれたばかりの頃からずっとナショナルで戦い結果を残し続けている、ということなのですから。

今はとにかく、心身を休めて欲しいと思います。どん底に落ちたらそれは自分でしか這い上がれない、ということは彼が一番よく知っているでしょう。

来期、いや、できることなら2月のロシアンカップファイナルで彼の元気な姿を見たい・・・・。心からそれを願います。


  ↓ポチよろしくお願いします、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
8位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR