モノクロームの世界 - スポーツの躍動感、そして陰影の中から


fgr14112921130018-p1.jpg


先日、「モノクロでどこまでかっこよくなるか」というハッシュタグを見つけて、手持ちのファイルを色々セレクトしてはツイに上げていたのですが、その中で評判が良かったもの、私のお気に入りのものでエントリーを作ってみました。
上の写真はNHK杯の表彰台のものですが、この瞬間を切り取ったカメラマンさん本当にGJだと思います。カラーでももちろんいいのですが、モノクロにしてみると三者三様の笑顔、そしてダイスの方に置かれた(置かれようとしてる)2人の手、となんかしみじみくるものが。

誤解のないように申し上げておきますが、決して選手の画像をフリーソフトがわりに遊んでいるのではないんですよ。
あえてモノクロームにすることで、カラーでは見えなかった、感じ取れなかった部分が見えてくることがあって、とても興味深かったからなんです。

私の好きなフィギュアスケーターと広島カープの選手中心です。

まず、思いがけず人気の高かった例のセーターのセリョージャ。自然な表情が良いですね。知人曰く、編み物雑誌のモデルみたい、とw

11137958_438552146322078_1498820959_n.jpg


そして私のお気に入りのセリョージャ連荘で。

10917426_10204684789673358_3011337975126022365_n.jpg


11116885_1431561757144756_283629843_n.jpg

モノクロにする際、ポイントは顔が出てる場合は目線(いわゆる眼力)ですね。白黒にするとこれが強調されるので、何処を向いているか、で
「語りかけてくる感」
がすごく強くなります。
その一例としてメンショフ。多分女子の試合の観戦中でしょうか。左隣はモロトフコーチです。貫禄も半端ないんですが、こうして見るとよくわかるのが腕の筋肉。細身なようでも、さすが現役のアスリート、って感じです。

10712978_10204687211733908_7294138339810515800_n.jpg



そして目線、というとあえて伏し目にして見るのも効果的な感じです。観る側に想像させる余地のある分、深みが出る感じ。
ここで若手、アジヤン・ピトキーエフ。あえてセピアにしてみました。これから演技に入る、という瞬間のピン、と張り詰めた空気がよく出てます。

B8nucQFCQAAsR0P.jpg

対照的に、ベテラン選手。広島カープの前田智徳です。野球選手の場合、帽子やヘルメットをかぶってるので、これであえて視線を隠す、というのもアリですね。
このうつむき加減の表情の中に、鬼のような眼差しが隠れています。

img_9f994a7e12fc8c1feca5414f461b9d0a285084.jpg


そして、スポーツならではな躍動感が出てるのをいくつか。
広島カープの菊池涼介。彼はいつも芝生にちょっと入ったところに守備位置をとってるので、これはかなり移動して処理してますね。踊るようなジャンピングスロー。

img_42fc0f4c0425942f0c301d1d98553674279146.jpg

そして前田智徳のバッティング。彼のフォームは研ぎ澄まされた日本刀のような機能美、という感じで本当に美しかったです。特にバット投げのシーン。まるで振り付けの一つのようでした。

1268700e.jpg

そして、メンショフとセリョージャ。シルエットがくっきり出ているのを選ぶと印象度が増しますね。

10671250_853477974677145_3953790861650730978_n.jpg

2OCBAIzLsUk.jpg


そして、モノクロにしていて気がついたのが、「彼シャツ」で有名になったマーシャ・アルテミエワのシャツのアンダーがなぜ紺だったのか。氷上のレフ板効果で、シャツが透けて彼女のスタイルの良さがよくわかるんですね。地味なようで、すごく計算されていた衣装です。振り付けにもさりげなく襟の部分を使っていましたし。セピアで。

10486036_10204867191353286_8284000611595034635_n.jpg


さて、こうして上げていくとキリがないので
いやぁ、本当にモノクロの世界は奥が深いです!
まさに「ザ・チャンピオン」「ザ・エース」という2人を上げておしまいにしましょう。


まずはパトリック・チャン。これはツイに上げた時もたくさんのRTとふぁぼをいただきました。ライティングがほんとに秀逸でかっこいいですね。

CDQzzN9UEAAY4tI.jpg

そして、現広島カープの黒田博樹のニューヨークヤンキース時代。無援護の中(そう思わせてしまうのは黒田の属性?)黙々と相手打線に立ちふさがるエース。貫禄というかオーラが半端ないです。背景の雪も効果的。

f6a18f22.jpg


本当に、カラーの時には見えなかったものが見えてくる、感じられる気がするモノクロの世界にすっかり魅せられてしまいました。ひょっとして、第2弾やるかもしれませんw


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

国別対抗戦を終えて - キャシーの引退、黄色い声援、リーザの3A、ヴォロノフの3Lz2本

CC4PHS4UUAEtDab.jpg

えー、皆さんPIW町田くん復帰で大騒ぎになっている中、こんなエントリーを上げる私はひねくれものですw
というか、国別観戦疲れも取れて、やっと冷静に振り返れる様になったかな、と。とにかくアップダウンのすごい4日間でした。
上の写真は他のチーム(優勝のアメリカ、3位の日本)が神妙にメディアの撮影を受けているのを尻目に、大はしゃぎでセルフィー始めるろしあんずです。
初日こそコーチ陣に押されるようにして応援席で静かだったロシアンチームですが、日に日にはっちゃけはじめ、男子フリーのセリョージャが終わった時にはこのざまww



ノリノリで腰を振るイリニフたん。ニッコニコのセリョージャ。「おいそこ代われ」と思った世の男性陣は少なくないでしょう。
そういえば上の写真でセルフィー撮ったカメラはイリニフたんのものだったようですが(セリョージャがシャッター切ったあと彼女に渡してたようなので)どこに上げてくれるのかしら?

さて、私の独断と偏見での国別の雑感です。

・とにかく歓声が黄色かった。頭のてっぺんから出るような「きゃー」というアレですね。特に男子の6分間練習など、羽生くんがジャンプ降りるたびに
「きゃー!!!!!!!」
まるでアイドルのライブのよう。私は正直申しまして練習の時はほとんどセリョージャしか見てなかったんですが(はい、非国民ですw)歓声の加減で羽生くんが何してるのか手に取るようにわかる気がしました。
スポーツ観戦といえばフィギュアの他には野球が主な私としては、スポーツの歓声というと男性の野太い
「うおおおおおおぉぉぉ」
というのに慣れていたので、ちょっと違和感。とともにエネルギーを吸い取られるような疲労も。
そして、羽生くんのSPの開始時には開始ギリギリまで、
「ゆづガンバー!」
などという黄色い歓声が飛んでいて、ちょっとあれは気の毒でした。twitterその他のSNSなどでそれを諌める声が上がっていたのでフリーの時にはだいぶ改善されていましたが。

・あと、気になったのは会場内部の写真撮影でした。選手を撮さなければいいよね、とばかりに貼られているバナーをバックに記念撮影している人がいたり(休憩時間中、通路に出てきて階段を後ずさりして降りながらバナーをとっている人がいたのは足踏み外して転げ落ちやしないか、とハラハラしました。実際他の人の通行の邪魔にもなっていましたし。)
他の大会ではいつもあるカメラ持ち込み禁止の手荷物検査がなかったので、館内撮影禁止、が徹底されていなかったのかな、とも思います。
選手撮さなければいい→演技中じゃなければいい→練習だっておkよね・・・・というふうにエスカレートしていっちゃうとまずくはないか?と思いました。
全体的にスタッフさんの仕切りの未熟さ、というか手の回らなさ、を強く感じた大会でもありました。まあ、こういうふうに凄まじい人気選手が出てくると今までの状況じゃすまなくなってきて後手後手に回っちゃうのかなー。

と、愚痴はこの辺にしまして・・・・・

・とにかく嬉しかったのがセリョージャのFSでの3Lz2本認定!(3Lz-2T、3Lz)
これはなんと彼にとって公式戦初めてのこと!27歳でですよ!
彼のFSについてはこちら→気合の3Lz2本、根性の3Lo-1Lo-2Lo、もぎ取ったSB セルゲイ・ヴォロノフ国別対抗戦FS
そのうちまた彼のルッツについては焦点を当てて書きたいと思います。

・そして、リーザのFSでの3A成功!
今期は浅田真央さんが休養していて、3Aを跳ぶ女子がいなくなっていた、というところでの快挙、という部分もありますが、リーザのすごいところは、3-3とエラーなしの3Lzも込みでの3Aだ、ということです。男子のクワドが3Aあってこそ生きるものであるように、女子の3Aはセカンド3あってこそだと私は思います。でなければそれは単なる苦手ジャンプの穴埋めにしか過ぎません。
リーザのFSでの3AはワールドのSPでの3A成功を受けての突貫工事的な部分もあったので、ジャンプ構成自体は完成されていませんが、来期はもっと練ったものにしてくるでしょう。楽しみです。

・そして、長いこと日本のアイスダンスを支えてくれたリード姉弟のお姉さん、キャシーの引退。
彼女たちがいなければ、もちろんソチ五輪の団体戦出場もありませんでしたし、国別対抗戦自体が存在していなかったかもしれません。クリスの怪我や言葉の問題、様々な苦労があったと思いますが、本当にお疲れ様でした。
これに関しては、何を言うよりこの動画を。



本当に、キャシー、お疲れ様でした!そしてありがとう!
あなたの未来に幸多かれと祈ります。



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

改稿】「帰り来ぬ青春」を超えて「我が道」をゆく ― セルゲイ・ヴォロノフ国別対抗戦EX

823814112.jpg

本来ならEXの写真を貼るつもりでいたのですが、この表情がとても素敵だったので。R-Sportsのものです。
この国別対抗ではセリョージャは終始ニコニコしていて、SP後に出た「来期のプロを考えている」という記事を知らなかったら「これで最後だからかしら」という誤解すら与えてしまうくらいでした。(実際そう思った方もいたらしく、ツイなどではそういった発言もちらほら。)
3日目の表彰式の興奮も冷めやらぬまま帰ってきてネットチェックをすると、セリョージャのEX出場のニュースが流れていたので、速攻で当日券目当てに走りました。日本ではどちらかというとコンペの方が人気があり、EXはどちらかというとイマイチ、というイメージがあったので(少なくても今まではそういう感じだったんですよ)ちょっと遅めに行ったら、甘かったですねー、すごい行列。
デニス、ハビーのin、そしてなんといっても前日に流れた「羽生のEXプロはパリ散です!」という情報がトドメだった感じですかね。でもなんとか入ることができました。

早速、着席して滑走順表に目を通すと・・・・
なんと、セリョージャの使用曲がシナトラの「マイウェイ」そして「君の瞳に恋してる」。そうきたかー。
お?これは新プロ?初お披露目か?とワクワク。と同時に私の頭の中ではリギーニさんのFSがぐるぐる。
セリョージャ・リギーニウィチ(バリエヴィッチ)・ヴォロノフか?とクスリ笑い。

演技がこちら(音入りのやつ見つけたので入れなおしました

[Int'l] Sergei VORONOV - EX (gala) World Team... 投稿者 v_mao_mao_v
シャツ破く?脱ぐ?という期待感を抱いた方も多いかとw
高難度ジャンプこそ入っていませんでしたが、楽しそうな笑顔で四方を煽りまくり、そしてイーグルも堪能させてくれて、前半では最も盛り上がったプロだったんじゃないかな。(贔屓目も入ってますが)

改めて見ると本当に楽しそうだなぁ。ぜひこれはみなさんに大画面で見ていただきたいです。

流して煽ってテキトーにジャンプしてただけ、という声もありましたが、ちょっと待ってよ、と。
それは悲しかったなぁ。・゚・(ノ∀`)・゚・。ー。

彼お得意のイーグルもたっぷり入ってたし(チェンジエッジ、ポジションチェンジのスムーズたったこと!)姿勢のいいキリッとしたスピン、曲によくあったキレキレのステップ、本当に素敵でした。
そして、EXにはあまりジャンプを入れないセリョージャが、(シーズン中はスケーティングじっくり見てもらいたい、というジャッジ対策でもあるのかな)比較的ジャンプ多めに組んできた、というのもジャンプ大好きの日本人客へのファンサービスかなと。
で、ジャンプ厨の私ですが、何が好きかって、クワドジャンパーがEXとかで見せてくれるトリプルジャンプなんであります。
ゆったりと余裕が有って、コンペとかとはまた違うゆとりと美しさがある。完璧に跳び上がってから回転し始め、回りきってから降りてくる。特に着氷後の流れをじっくり見せてくれるとゾクゾクしますね。
まさに今回のセリョージャのジャンプがこれで、彼の美しい着氷とともにジャンプそのものの美、をじっくり堪能しました。

そして、シーズン最後の滑りにこの曲を選んだ、ということでセリョージャの1つの決意のようなものを感じたのですね。
いわば、スケート人生の流れ、のようなものと言ったらいいでしょうか。ですから、帰り道で彼の演技を反芻しながら、なんかすごく重いものを感じたのです。
ちなみに彼の今までのEX
お誕生日おめでとう!セルゲイ・ヴォロノフEX演技集 (1)
お誕生日おめでとう!セルゲイ・ヴォロノフEX演技集 (2)

ビートルズとスコーピオンズが好きで、スケートするのが楽しくてたまらない、という少年がナショナルチャンプとなりユーロ出場、そしてスモールメダル獲得。家に帰って「なんかよくわからないけどすごいメダルとっちゃったみたいなんだ!」と叫んだという頃。
2008年ユーロ(4位) Still Loving You


そして、バンクーバー五輪選考落選、トリノワールドでの惨敗、という挫折を経て、やっぱりスケートからは離れられない、との意識を強く持つようになったのでしょう、2010-11、2011-12の2シーズン続けてナショナルで演じた「キャンドル・ライト」。
彼が尊敬している、というアレクサンドル・アブトの十八番のプロでもありますが、サビの部分は
「私の命の蝋燭が燃え尽きるまで歌い続ける」
といった感じの意味です。まさに、当時の彼の心情だったのかもしれません。
ロシア選手権 (3位) 2011-2012


そしてソチ五輪選考を控えてのロシア選手権。五輪出場はコフトゥンかプルシェンコであろう、という空気の中、ユーロ出場を控えて滑ったのがこの曲。「兵士の夜」
「戦わずして諦めない」といった意味合いの歌詞だそうです。そしてユーロのプレカンでは、五輪出場について聞かれ、
「五輪はすべてのアスリートにとって特別な意味を持つ大会です。それを目指そうとしないものがいるでしょうか?」
と微笑みながら、静かに語っていたのでした。
ロシア選手権  2013-2014


そして、ユーロでは初めてのISU選手権台乗りとなる2位。翌年も3位となって、連続の表彰台となりました。このユーロで2年演じたのが「アヴェ・マリア」この年から新しいコーチとなり、彼を叱咤激励して蘇らせ、再び花咲かせてくれたエテリ・トゥトベリゼへの感謝の気持ちが込められているのかな、と思ったりもしました。
欧州選手権 2013-2014


今シーズン。初戦となったネーベルホルン杯で4位、という出だしから、ずっと安定した成績を収め続け、NHK杯でもダイス、無良くんとともに2位で台乗り、自身初のGPF出場も果たしこちらでも3位。まるで大作映画の脇を固める名俳優のようなシーズンでした。
今年これまで彼がEXとして使っていたのが「帰り来ぬ青春」。シャルル・アズナブールとエルトン・ジョンのバージョンだと思います。
「あの時僕は若かった、そして尖っていて様々なものに反抗してきた。そんな思い出も時が経てば砂の城のように儚く消えてゆく。時は過ぎてゆく、あの頃の僕は若かった、そしてそんな日々に別れを告げる・・・」歌詞はこんな感じのイメージかな。日本では尾崎紀世彦や布施明、といった歌手が歌ってます。→尾崎紀世彦 帰り来ぬ青春

これはNHK杯の時のもの。WTTのEXとは対照的に、ジャンプを1つに抑え、じっくりとスケーティングとスピンを見せる作りになっています。私的には最初にゆったりと入ってるループターンの部分がとっても好きです。

そして、ろしあん解説が、「ソチオリンピック金メダリストであるユヅル・ハニューや、スケカナチャンプのタカヒト・ムラ、全米チャンピオンのジェレミー・アボットといったそうそうたる選手と戦ってGPF出場を勝ち取った」と言ってくれてる(らしい)のがとても嬉しかったのでした。


来期の展望を聞かれ、SP,FSとも新プロを作成する、そして新しいプログラムは西側に振付師に依頼したい、と言っていたそうで→こちらがインタです。いつもお世話になているユーリさんのブログロシアン・フィギュアスケート・フォレヴァ
セルゲイ・ヴォロノフ「新しいプロは「西側」で振付をしたい」

「西側」というところがソヴィエト・ロシアだなぁ、と思っちゃいますが(笑)でも、これはとてもいい選択だと思います。以前ヴァレンティン・モロトフ氏(ルカヴィツィングループのアシスタントコーチであり振付師)がセリョージャを評して、
「所謂“古い”スケートだ。ジャンプの入りのバリエーションも少ないし、助走も長くてつなぎ要素が少ない。これでは羽生やフェルナンデス、といった(北米拠点の)選手にPCSで勝てない」
と述べていたことがあって、まさに現時点の彼に不足しているのはそういった面だと私も思っていましたから。


この年齢に来て新しい挑戦、というのも戸惑いも多いとは思いますが、頑張って欲しい、と思います。
まさにこれが彼の選び取った「My Way」だったのでしょう。

どうか振付師とのマッチングがうまくいきますように。
そして、出来上がったのがどんな変プロだったとしても(笑)私はこの決断を支持するよ!


Давай  Серё́жа! 頑張れ、セリョージャ!


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
92位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
11位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR