ネーベルホルン杯をもう一度見よう!

ByitKz9IQAAbdN5.jpg


先日終了したネーベルホルン杯ですが、かなりの数の動画が既にようつべにあがっていますが、上がっていないもの(EXや下位選手のもの)も、ライストの録画で見ることができます!

こちら→Nebelhorn Trophy 2014

下にずっとスクロールしていくとアイスダンスのSD、ペアSP、男子SP,・・・・・と表彰式も含め全カテゴリーを見ることができます。また、今回試験的に導入された採点システムに関するISU技術委員長のラケルニク氏のインタビューや、カワグチ&スミルノフペアのコーチのタマラ・モスクヴィナ女史のインタビューも入っています。
(ヒアリングの達者な方、ぜひtwitterかブログに落としてください)

これらの画像がいつまで保存されているかわかりませんが、メ~テレ杯も、TV放映が終わってからでもこういうことをして下されば・・・



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
こちらも
blogram投票ボタン<
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

コンスタンチン・メンショフ(31歳)、ネーベルホルン杯で4回転5本宣言! ―ロシアンテストスケート

159642-fed36-81024272-m750x740-uc09bb.jpg

先日のテストスケートではメンショフもSP,FSとも発表しましたが、いやー、とにかくキレッキレで。彼の年齢を当てた人に賞金を差し上げたくなるなるような演技でした。

そして、テストスケート後のコメントでは、
「初戦のオーベストドルフ(ネーベルホルン杯)では、SPにクワドを2本、FSにクワドを3本入れるつもりだ。ただ、FSは時間の関係とかもあるので、構成を変えなければならない。それはこれから練り直していく」
という発言が!

まずはSP.
Konstantin Menshov, SP, Russian Open Skates 2014

今回のジャンプ構成は4T-3T、3S、3A*でしたが、非公開の際には3Sのところを4Sにして成功していたそうです。この構成への挑戦は昨季のロシアンナショナルから始めていて(メンショフは賭けに出た ―ロシアンナショナル男子SP参照)欧州選手権でも挑戦しています(いまだ公式戦では未成功)。
31歳(!)を迎えた今シーズンもキレのあるジャンプは健在で、特に4回転トウループは失敗する気がしません。
スケーティングも更に滑らかになり、PCSの上積みが期待できるんじゃないかな、という感じです。

そしてFS.
Konstantin Menshov, FS, Russian Open Skates 2014

ラスト部分で振りを省いたように見えましたが、これはジャンプ構成がまだ決まってないためなのか、コレオ自体が完成していないのか、単なるスタミナ切れだったのかはわかりません。
今回のジャンプ構成では4T+3T, 4T, 3A(td), 3Lz, 3A+2T+2Lo*, 3S*, 3Lo+2T*, 2A* となっていますが、彼やコーチの発言通り4Sを入れるとするならば、3Aはひとつ後半に持っていく、ということでしたので4T+3T, 4T,4S、 3A, 3A+2T+2Lo*, 3Lz*, 3Lo+2T*, 3S* かな?
そして、今年からのジャンプに関するルール変更(ザヤックルールがダブルジャンプにも適用される)に従い、三連のサードジャンプを2Loにしてきていたのも地味に凄いところ。2012-13年(欧州選手権出場と日本での国別対抗戦を争っていたシーズン)のRCF終了後に、次期シーズンの展望として語っていましたから、本人としてはある程度の目星は付いているのかな、と思います。
あの国別での大怪我がなければ、ソチシーズンはFSクワド3本構成に挑戦していたのかもしれません。
それがあのケガで一から出直し、になったことで落ち込んだとも思うけれども、ユーロの台乗りが彼を勇気づけたんだと思います。(もちろん恋人の存在も!)
ルカヴィツィンコーチは
「アスリートがモチベーションと技術と競技に対する愛情を併せ持っている場合、どうして年齢が競技をやめなければならない理由となるだろうか?メンショフはゆっくりではあるが日に日に進歩を重ねている。それに目をつぶることはできない。」
と語っていましたが、コーチ自身やグループメンバーにもメンショフの存在から学ぶことは多かったんではないでしょうか。

そして、これは私が思うだけかもしれませんが、メンショフのSP,FSの曲、全く別のものなんだけれど、曲調や雰囲気が似ているし、振り付けにも統一感があるような気がするので、両方通して一つのテーマがあるのかもしれない、と思ったり。
そのうちそれについては本人がインタで語ってくれるか衣装で語ってくれると思います。そちらについても楽しみにしたい。

とにかく、あと10日前後のネーベルホルン杯、各カテゴリーともに興味ある面々が揃っているので楽しみにしたいと思います。

ネーベルホルン杯エントリーメンバー

ぽちよろしく、更新のモチベになります。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
こちらも
blogram投票ボタン<
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ロシアンテストスケート 私の期待株


RIAN_2490105.jpg


先日、ロシアにおいて選手たちの新プロ発表が行われました。これは通称「テストスケート」と呼ばれ、ワールドメンバー、サブメンバーが連盟上層部や観客の前で、今年の新しいプログラムを披露するものです。
自分のコーチ以外の指導者からの感想も聞けたり、ジャッジ資格を持っている人からはレベルやエラーのチェックをされたりもします。公開。非公開とあって、公開の日のものは撮影もされますので、ようつべにあがってきます。

ロシアンスケーターファンにとってはシーズン明け、と言える日です。ということで、今年は楽しみ!と言える選手を今日は何人か挙げてみました。


まずは、マリア・アルテミエワ(写真)。
若手がどんどん出てくるロシア女子の中、今年21歳で初のGPS出場を勝ち取りました。彼女の武器は、安定したエラーなしの3Lz-3Tのコンビネーション。上背があるので、非常にダイナミックです。特にセカンドの高さは特筆もの。
こちらがSP,「ココ・シャネルのタンゴ」
Maria Artemyeva, SP, Russian Open Skates 2014


キレの良い動きはもともと彼女の持ち味ですが、このプロではそれにセクシーさも加わって、矯正中の3Fもきっちりと入るようになるとかなりの高得点が期待できると思われます。

こちらはFS.「ショパン」
Maria Artemyeva, FS, Russian Open Skates 2014


男物の白シャツをざっくり羽織ったこの衣装を本番でも使うのかはわかりませんが、白がにあってとても初々しい感じがします。ただ、途中で襟を立てて顔をうずめるようなマイムがあるのでこのままかな?それともトレンチコートをミニ丈にしたような衣装にするかも。それも素敵だと思います。
昨年までは3Lz二本、3F二本の構成でしたが、エラーのチェックが厳しくなったことで、3Lz二本、3Lo二本に変えたようですね。


そして男子。
今年シニアに上がったモーリス・クヴィテラシヴィリ。
昨年ジュニアナショナルで3位となったのですが、2つしか枠がなく、残念ながらジュニアワールドへの出場はなりませんでした。
長身で華があり、人を惹きつける「品」のようなものを持っています。また、既に4T、4Sの2種のクワドを身につけており、安定性がついてくればかなり上の方に行くと思います。
SPは昨年の持ち越しで「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」
Moris Kvitelashvili, SP, Russian Open Skates 2014


そしてFS。
Moris Kvitelashvili, FS, Russian Open Skates 2014

どうもやっぱり彼は3Aが鬼門のようで。(ロシアのらんびといわれるぞ)。ただ、昨年より見違えるように足さばき(特にフリーレッグ)が綺麗になりました。しかし、まだ少々ジャンプの前後に長すぎる手足を持て余してるように見えるところがあるので、それが洗練されてくると、とても魅力的になると思います。まだ若いですし、これからが楽しみです。


そして今日のラスト、アルトゥール・ドミトリエフJr.
苗字でお分かりのとおり、アルベールヴィル、リレハンメル、長野と五輪3大会連続してペアのメダルを取ったあのドミトリエフの息子です。(本人は触れられたくないかもしれませんが・・・)
Jr.時代からクワド2本をプロに入れたり、セカンド3Loを跳ぶなど、ジャンプには秀でたものを持っていました。怪我でだいぶ遠回りをしましたが、やっと戻ってきたか、という感じです。ただまだジャンプはイマイチ調子が上がっていないようですね。
まずはSP「火の鳥」
Artur Dmitriev, SP, Russian Open Skates 2014

町田くんとは対照的な大鷲のようなダイナミックな火の鳥です。キャメル姿勢が本当に綺麗。

FS
Artur Dmitriev, FS, Russian Open Skates 2014


怪我からのリハビリでまだスタミナが足りないのか、プロが完全でないのか、後半部分でちょっとスピードが落ちてしまうのが気になりますね。ただ、彼の成功したジャンプは高さも幅も流れもあって、本当に見惚れてしまいます。上のモーリスもそうですが、やはり長身ジャンパーは着氷バランスが取りにくいのかなぁ、と思ってしまいます。


本当に久しぶりの更新になりましたが、これからもゆるゆるとやっていきたいと思います。どうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR