スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

還ってきたヴォロノフのトリプルルッツ -フィンランディア・トロフィー

g3cFD2pk.jpg
(まだ今年のフィン杯表彰台写真が見つけられなかったので、これは2010年のもの、高橋君の復帰戦ともなったフィン杯)


フィンランディア杯が終わり、男子は羽生君が優勝。



男子リザルト
プロトコル→
SP
プロトコル→FS


2位のセリョージャ(ヴォロノフ)のFSのプロトコルのなんと綺麗なこと!オール加点!
そして、彼には定番の4Tと3A2本とともに、トリプルルッツが!

実はセリョージャの台乗りより何より嬉しかったのがこれでした。セリョージャのトリプルルッツといえば、国際戦ではおそらく2006年のジュニアワールド(小塚くんが優勝した年です)以来。

Sergei Vorovov JW 2006 FS


冒頭の、後ろを向いて左側に滑って行って、左足を外側に傾け、右足の爪先を突いてビシュって感じで踏み切って跳び上がってるのがルッツジャンプです。
アクセルジャンプ(前向きに踏み切るジャンプ)を除けば、一番点数の高いジャンプです。
きれいなトリプルルッツ。加点ももらってます。

昨年までセリョージャはこの3Lzをプログラムに入れていませんでした。

ジュニアのころの古傷が、このジャンプに一番響くのだそうです。その古傷っていうのが、疲労からくる踝の剥離骨折で、骨がささくれ立つように割れていて、その部分に軟骨ができてしまっている状態なんだそうです。セリョージャがコーチをウルマノフに頼んだ時、ウルは東奔西走して医者を探してくれ、そしてどの医者からも「完治不能」という宣告を受けたのだそうです。そしてウルマノフもそれを知って、セリョージャのコーチを引き受けたのだそうでした。
そんなセリョージャの古傷に、一番響くのがルッツジャンプ、次にフリップジャンプ、次がトゥーループジャンプ(クワド)なのだそうで、このころはまだクワドが安定して決められませんでしたから、古傷をおしてルッツを跳んでいたのでしょうね。

そして、これが彼の最後のトリプルルッツ、となっていたのでした。

彼の足の古傷の状況を知り、もう試合では彼のルッツジャンプを見ることが出来ないだろう、いや、選手生命を縮めてルッツ跳ぶなら、跳ばなくてもいい・・・と思っていたのでした。

2年連続でロシアチャンプになり、ワールドに出場しても、トリプルジャンプを全種類跳べないチャンプなんて・・・と批判を受けたことも多かったようです。確かに、男子の場合、1プロの中にトリプル全種揃え、なおかつクワド(4回転ジャンプ)を入れることができてこそ一流の証、という声も多いのです。

「できない」わけではない、この怪我さえなければ・・・と何度も思ったことでしょう。

このトリプルルッツを見るたびに切なくなります。あの『タンゴ』のなかに、『ゴッドファーザー』のなかに、トリプルルッツを入れたかっただろうなぁと。

やっぱり男子のジャンパーの超一流の証は【5・4・3・2】(5種のトリプルジャンプ、4回転ジャンプ、3つのコンビネーションジャンプ、2本の3A)ですから、少しばかり寂しい思いもしていたわけです。
今年になって付いたトゥトベリゼコーチがセリョージャを説き伏せ、3Lz挑戦を思い切らせたようです。

その前に一度、セリョージャはルッツに挑戦したことがあります。それは2009-10シーズン、バンクーバー五輪を目指す年でした。
やはりその時もフィンランディア杯。高橋君の復帰戦となった大会でした。



優勝は高橋君でしたが、フリーはほとんどノーミスで決めたセリョーじゃがトップ。
「たとえフリーだけであっても、ワールドメダリストのタカハシに勝てたということは本当に嬉しいし光栄なことだ」
と述べていました。
同プロ、これは荒川さんの解説
もうホントに、冒頭に笑っちゃうくらいクリーンな4T.友人いわく
「クワドが来る、と思ってないと見逃すよ、これ。まるで3Tみたいに軽々跳んでてぇ」
全くです。
そして、次に来たのが、2Lz-3T.

うわー、まじ?

前シーズンの初頭のインタでは
「まだ、骨に響くのでルッツは入れません。ここ2年ほど練習でも跳んでいませんから」
と言っていたのに。手術で敗血症を併発したり、ストレスからくる内臓疾患を患ったり。、そしてオフシーズンの短期間で、試合で入れられるまでになったのか。

状況が許せばルッツをトリプルにして3Lz-3T。
もし疲労が残るようなら2Lzを2Aにかえればいい、という構成なんだろう。

たとえロシア2連覇しても、誰よりも安定して(君より安定していたのはジュベールくらいか?)クワドを決めても、上層部からは
「ジャンプを全種揃えられないロシアチャンプなんて」
「男子の癖にセカンドがダブルなんて」
などといわれてきたのは知っていた。
だからこそ、怪我をしょってる君が切なかったのだが。。

だのに、このオリンピックシーズン最初の国際試合で、両方ともクリア(たしかにダブルではあったけど)してみせるなんて!

クワドもそうだが、2Lz-3Tのセカンドトリプルも、ホントに綺麗だった。高くて軸の細い、本当に君らしいジャンプだった。
この時もセリョージャがルッツ?3年ぶりじゃない?それにセカンド3T!とダダ泣きしていたのでした。

表彰式の様子をみても、本当に嬉しそうなのが伝わってきた。

そして、この年のプロはSP,FS,EXとも本当に出来の良いものが揃っていたから、なんとしてもバンクーバーに行って欲しかった。が・・・

バンクーバー選考、そしてワールド、とセリョージャには辛いことが続き、このまま挫折してフェードアウトしてしまうのか、と思ったこともあった。

でもきっと彼は帰ってくる、と信じていました。





そしてこのフィンランディア杯。彼はあのトリプルルッツを引っさげて帰ってきたのでした。

白皙の美少年が、髭面のたくましい青年になってはいましたが。。

Finlandia Trophy 2013 -Sergei Voronov-FP



逆に、Lz、Fが満足に跳べない、ということでクワドと3Aに道を求めるしかなかった、それが今のクワドジャンパーとしての彼を創りあげたとも言えるのではないかと思います。フィンランディアのFSの4Tの加点は+2。彼の着氷の美しさ、3Aの高さは絶品です。

怪我と戦いながらここまでやってきた彼に五輪シーズンにフィギュアスケートの神様が3Lzを返してくれたのかもしれません。


日本では羽生くんの優勝が華々しく報道されているけれど、ずっと古傷と戦いながら滑ってきた君を、私は心から誇りに思う。

強い心と激しさを持った君に、神の恩寵がありますように。



ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

お国柄プロ散見 ―五輪年ならでは

alab-jbm-euro02-20206202 (2)


どうも皆様しばらくぶりの更新でございます。

あっという間に五輪シーズンも終わり、新しいメダリスト、そしてチャンピオンが誕生しましたね。そして、五輪、といいますと団体戦のロシアコールでもわかりますように、どうしても“国”というものを意識させられる大会でもあります。

というわけで、自分の国にまつわる曲、または五輪開催国に縁のある曲をプログラムに選ぶスケーターが結構います。
例えば今年では女子でヴァレンティナ・マルケイがSPで「帰れソレントへ」を用いていましたね。
これはNHK杯のものですが、彼女の長い手足と優しい旋律がうまく絡み合ってとても美しかった。



そこで、五輪年の思い出深い「お国柄プロ」をあげてみました。


こちらはリレハンメル五輪シーズン、鍵山正和さんの「八木節」。ラストの〆を2Aでビシッと決めるところがかっこいいプロです。猫足着氷、というと今では織田くんですが、私にとってはこの鍵山さんの着氷が「元祖猫足」です。
五輪のものがなかったので同年の幕張ワールド。
masakazu kagiyama 1994 Worlds SP JPN



そして長野五輪シーズンの本田武史のSP。これは確か日本をイメージしたオリジナル曲だったと記憶してます。五輪本番ではジャンプが崩壊してしまって2ケタ順位でしたが、このワールドではだいぶ立て直してきました。3Lzの着氷でふらついたものの、ステップのスピードが素晴らしい。
Takeshi Honda 本田 武史 (JPN) - 1998 World Figure Skating Championships, Men's Short Program



そしてソルトレイクシーズン。トッド・エルドリッジです。彼は正統派のスケーター、という割にはあまりクラシックを使わず、ミュージカルやハリウッド映画のサントラ(インデペンディンス・デイ、コンクエストオブパラダイス、そしてこの年のロード・オブ・ザ・リングなど)を用いることが多かった印象があります。アメリカンホームドラマのパパ、といった風貌と相まって、それがすごく似合っていました。
Todd Eldredge (USA) - 2002 Salt Lake City, Figure Skating, Men's Free Skate


同じくソルトレイク五輪から。アレクサンドル・アブト(写真)の「アルメニアン・ラプソディー」です。これは彼がロシア人であることだけでなく、当時彼を教えていたラファエル・アルトゥニアンがアルメニア系であることも理由の一つになっているかもしれません。手足が長く、非常に美しいキャメルスピンの持ち主でした。
Aleksandr Abt (RUS) - 2002 Salt Lake City, Men's Short Program


こちらもソルトレイク五輪。チェンジャン・リー(李成江)です。「カンフー・ミュージック」
彼はトウジャンプ(特に3Lz)が苦手だったため、当時の他の選手とはジャンプ構成を変えていました。ほとんどの選手が4T-3T、3A、3Lzとする中、st4T、3A-3T、2Aで組んできていました。これで五輪では最終グループに残りました。この演技はドイツ杯(ネイションズ・カップ)のもの。
Li Chengjiang 李成江 (CHN) - 2001 Nations Cup on Ice, Men's Short Program



こちらはトリノ五輪。ハンガリーのユリア・セベスチェンです。彼女はダイナミックなトウジャンプの持ち、また素晴らしいスパイラルとスピンの持ち主でした。キャメル→ドーナツ→ビールマン、とスムーズに姿勢を変えるスピンは本当に美しかったです。
そして、哀愁を帯びた曲調を表現するのがとてもうまかった。アランフェス協奏曲、秋に寄せて、などは名プロです。この「ハンガリアン・ダンス」は2002-2003シーズンのSPをFSに作り替えたもの。五輪ではジャンプがイマイチ決まらなかったのが残念でした。
2006 Olympics Julia Sebestyen FS

(こちらもぜひ見ていただきたい→同じ曲の2003年ユーロのSP、ノーミスです

そしてバンクーバーのアルチョム・ボロデュリン。この年が彼の最も輝いた時、となってしまって切ないものがあります。ロシア民謡から「カリンカ」。NHK杯のものです。
Artem BORODULIN SP NHK Trophy 2009



もともと、クラシックやバレエ音楽オペラをはじめとする西洋音楽がプログラムとしては多く使われてきましたが、これからは選手の個性を出すために民族音楽などにも目が向けられてゆくのではないでしょうか。
来季からはボーカル入りの曲も許される由。
バラエティーに富んだプロの数々が見られることを楽しみにしたいと思います。



↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ

にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン



関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
28位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。