メンショフは賭けに出た ―ロシアンナショナル男子SP

Konstantin MENSHOV 2014 SP Russian Nationals3


全日本の興奮も冷めやらぬうちに、ロシアンナショナルが始まりました。昨日は男子SP、ペアSP、アイスダンスのSDが行われました。

ロシアンナショナル男子SPリザルト

プルシェンコが4T-3T、3A、3Lzでトップ、コフトンが4S-2T、4T、3Aで2位、ヴォロノフが4T-3T、3Lo、3Aで3位となっています。

やはり帝王プルシェンコ、ここぞ、という時には合わせてくるな、というのと、新鋭のコフトンが今年SP2クワドの構成でしたが、単独4Tはお手つきだったとはいえ、しっかり入れてきました。そしてヴォロノフは全てのジャンプを美しく決め(特に3Aの高さと大きさといったら!)ゴールデンスピン優勝の好調さを維持している様子でした。

ロシアは五輪枠は1つ。そして欧州選手権の枠が3つありますが、五輪・ワールド出場のためにはまずユーロ出場が最低条件になります。
候補としてもくされていたのは、プルシェンコ、コフトン、ヴォロノフ、ガチンスキー、メンショフ、といったところ。
その中でプルシェンコ、コフトン、ヴォロノフはSP順調な滑り出しを見せましたが、残念ながらメンショフは10位、ガチンスキーは12位に沈みました。

今回触れたいのは、メンショフがSPで大きな賭けに出た、ということです。彼の今年のジャンプ構成は3A、4T-3T、3Lzでしたが、ここにきてクワド2本の構成にしてきました。

最初のジャンプの入りがスリーターンからだったので、すぐにそれが察しられました。おそらく、4S、4T-3T、3Aの予定構成だったのでしょう。結果は、3S、4T(so) 3A(so) で10位。コンボ抜けが痛かったです。

Konstantin MENSHOV 2014 SP Russian Nationals



ここにきて何故こんなハイリスクなことを・・?と思う方も多いと思いますが、彼はおそらく国内での自分の立ち位置(平たく言えばPCS)をよく知っていたからだと思います。
昨年からの流れからすると、実質ユーロ枠はプルとコフトンで2つはほぼ確定しているといっていい。残り1つをヴォロノフ、ガチンスキーらと争うわけですが、、彼らに比べてメンショフの国内評価はとても低い。特に、ヴォロノフと彼は国際試合でのPCSはあまり変わらない(ヴォロノフの方が少し上)のですが、ロシア国内ではそれがさらにひらきます。

今までの構成では他選手のミス待ち、でしかチャンスはありません。

今年のNHK杯のリザルト
昨年のロシアンナショナルFSのリザルト

ですから、なんとしてもここで彼がユーロの出場権を得るためには、リスクをおかしてもここで勝負に出る必要があったのです。これはコーチともじっくりと話し合った上での決断だったと思います。2人のキスクラの表情からもそれが伺えました。

勝負に出ずにあとで悔やむよりは、失敗しても挑戦する方を彼は選んだのだと思います。上の写真は演技終了直後のものですが、「やりきったのだから」という満足感が出ていて、見ていて救われた気がしました。

ずっとクワドに賭けてきて、ルールの変更に追随してスケーティングも磨き、遅咲きながらもここまで来た。

三十路を過ぎてもSPクワド、FS2クワドを入れ続け、毎年自己ベストを更新してきた彼。特に今シーズンは怪我上がり。そしてここに来てSP2クワドに挑戦しよう、という悲壮な決意。なぜそこまで追い詰めたのか。アスリートの伸びる時期、技術を維持できる時期はそれぞれです。単に年齢、ということで切り捨ててしまえるものではないのに。
なぜこんな選手を今まで連盟は評価しなかったのだろう、と思わざるを得ません。
今年のPCSを見ても、これではまるで引退勧告です。SPにクワドコンボをコンスタントに入れ、FSでも2クワド、3A2本を入れられる選手が現在世界に何人いるでしょうか。

SP終了後のインタビューで、「メダルは難しくなったが、とにかくFSでも全力を尽くす」と言っていたそうなので、少しでも巻き返しを期待したい。昨年も、SP6位からのスタートでした。


すべてを吹っ切って、頑張って欲しいです。FSの演技後に、またあなたの笑顔が見たい。



↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

私はチャンピオンとして名を残したい ーマリア・アルテミエワ

707626052.jpg


ユニバーシアードが始まり、昨日の男子では日本の佐々木彰生くんが3位で台乗りを果たしました。
今日から女子が始まります。ソフィア・ビリュコワとともに私の大の期待株、マリア・アルテミエワのいんたびゅーが上がっていたのでご紹介。

マーシャにはニース杯の結果とともに、以前こちらの記事でも触れたことがあります
メンショフさんに春は来るか ― 国別選考と歳の差カップルの行方

彼女は今年、SPの構成が3Lz-3T、3F、2Aなのですが、なんとルッツコンボで今のところミスなしなんですね!(国内戦で確かセカンドがダブルになったことがあったかな)FSでも前半、後半に3Lzを入れており、ジャンプ構成としては非常に高いものを持った選手です。

こちらニース杯SP




まずは抄訳、あとで直します。

++++++
「私はチャンピオンとして名を残したい」とアルテミエワは述べた
 Ru-sports /アンドレイ・シモネンコ、アンナ・マナコワ

ユニバーシアードに参加しているロシア人女子スケーター、マリア・アルテミエワをご紹介したい。彼女はクラシカルでフェミニンなスケーティングと、高度な技術を併せ持つ(訳注1)ロシアトップクラスのスケーターの1人だが、彼女の名は一般の人にはあまり知られていない。ここで、マリア・アルテミエワの素顔を読者に紹介したい。

Q> マリア、ユニバーシアードの開始を控えてどんな気分ですか?


M> 怪我明けすぐの試合でもあるので心配ではありますが、良い感じです。私はイタリアが大好きなので、2重にいい気分なのかも。


Q> 昨日、同じグループ内で練習しているゴルデイ・ゴルシコフがユニバーシアード男子シングルで優勝しましたね。


M> 昨日はFSを見て、彼らの試合を楽しみました。私は彼の演技がとても好きです。

(中略、ここは彼女がスケートを始めたきっかけ)


Q> あなたのご両親はあなたがアスリートであることについてどう捉えていますか?


M> 自然に受け入れてくれています。そして、私は父の職業が外科医であった、ということがとても幸運であったと思います。怪我をした時など、非常に的確なアドバイスをもらうことができます。そして母は非常に冷静で、試合の時なども、あまり見に来ることはないのですが
「自分と向き合うのはあなた自身しかいないのよ」
と言ってくれます。


Q>あなたの2人目のコーチはタチアナ・クレニナ・・?


M> はい、私はエレナ・ミハイロヴナから彼女のグループに移りました。彼女のもとには長いこといました。しかし、ほとんどにの期間私は不振続きでした。トレーニングを繰り返しそてでも成績が上がらない。レベルアップしてゆくことができない。そして、私は決意しました。
とにかく環境を変えなければ。それが大事なことなんだと思いました。
そして、エフゲニー・ルカヴィツィンのグループに移ることにしました。けれど、彼は直前にクセニア・マカロワを担当することが決まっていたので、彼が私を受け入れてくれるかどうか心配でした。でも、彼は私を生徒としてとってくれて、とても満足しています。
コーチだけでなく、私はこのグリープにいる振付師のオルガ・グリンカ(訳注2)に担当してもらいたい、と思ったのがこのグループを選んだ理由でしたから、とても嬉しかった。


Q> (コーチ替えをして)あなたの第一印象はどうでしたか?


M> 練習を見始めて、私はすべての面で何も知らなかったんだと思いました((笑))
そう、フィギュアスケートはジャンプだけじゃないんだ、ということです。
コーチはまず、私に基礎的な練習に取り組ませました。それを続けてゆくうち、約1ヶ月でガラッと変わっていったのが感じられました。


Q> あなたの憧れのスケーターは誰でしょうか?


M> まずはカロリーナ・コストナーです。彼女はジャンプのミスで評価が低くされている、と思います。私は彼女は彼女のスケーティングはまるで神様の乗り物のよう、氷上で蝶が舞っているようだと思います。私もああなりたい。
2番目にはキーラ・コルピ。彼女の滑りは本当に美しいでしょう?もうそれだけで(笑)

私はまだまだ彼女たちには及ばないけれど、私には私なりの良い滑りができるようになっていると思います。けれど、まだ振り付けやつなぎの部分で多くのやるべきことがあると思う。それでも努力し、成長していかなければ。


Q> でも、あなたは安定した3Lz-3Tを持っていますよね?


M> 3-3のコンビネーションジャンプは、多くの選手が跳んでいて、それだけでは既にもうだれも驚きはしません。ただ跳ぶだけではダメ。今勝つためには、美しいスケーティングとGOEのプラスがもらえるコンビネーションを併せ持つ必要があります。そして、より多くのエレメンツを身につけたい。例えば、トリプルアクセルであるとか。


Q> それは本当?


M> ええ。マオ・アサダと同じジャンプ。まだ取り掛かってはいないのですが、コーチと一緒に、オフシーズンから本格的に練習を始めます。


Q> 昨年あなたは怪我のためにほとんどのシーズンを棒に振ってしまったわけですが、それについて辛かったことなどは?


M> ええ、昨シーズンは本当に辛かったです、特に精神的に。最初の合宿で足の怪我が判明し、自宅での休養を余儀なくされました。
そして治りかけて練習に出かけ、ジャンプで転倒、悪化。その繰り返し。本当にしんどかったです。
やりたいのにできない、やれたはずのことができない。そして、新年に病気をしたあと、もう片方の足をまた痛めてしまいました。そんなこんなで、春まで何もしませんでした。

けれど、私をとても評価していてくれたチームメイトのコンスタンチン・メンショフが訪ねて来て言いました。
「家に閉じこもっていないで、練習に来るんだよ!」(笑)
私は荷物をまとめ、リンクに行きました。突然練習を始め、春の終りにはルッツジャンプの練習をスタートしました。コーチは、私がまだ希望を失っていなかったことを喜んでくれました。
コースチャ(メンショフ)は私が間違った方向に行こうとしている時、それを示唆してくれます。また、コーチと私の緩衝役になってくたれりもします。


<中略>
ロシアンナショナルの見通しなど



Q> フィギュアスケーターとしての夢は?


M> おそらく、誰もが知っているようなスケーターになること。そのために、欧州選手権と世界選手権で優勝したい。もしそれがオリンピックで果たせたなら最高でしょう。勝者になることができれば、私は非常に幸福だろうと思います。エフゲニー・ルカヴィツィンは常に我々は大きな夢を持ち、それに向かって努力してゆくべきだと述べています。


Q> しかし、あなたのいう「名声」ですが、もう1つ異なった面がありますね。
例えば、世界的なタイトルを持ったことのないスイスのルシンダ・ルーは彼女の独特のスピンによって、多くの人びとの記憶に残っています。このオプションはあなたの目指すものではないのでしょうか?


M> ええ違います。私はチャンピオンとして名を残せるようにしたいのです。


===本文===

++++++++

訳注1>上にも書いたように彼女の特徴は美しいルッツジャンプ。また、今年はSPでルッツコンボに失敗がない。

訳注2>オルガ・グリンカ女史はルカヴィツィン組の女性コレオグラファー。現在担当しているのはメンショフ、ゴルシコフ、セズガノフ、アルテミエワなど。斬新でコンテンポラリーな振り付けも多いが、上体を大きく使い、スケールを大きく見せるのが上手い。ゴージャスなソバージュ美人。

↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

再録】ジャッジパネルのスコット・デイヴィス -技術審判の存在感

Davis_Scott.jpg


以前書いたものですが、また今回のGPFの男子技術審判でスコットが来てくれたので上げておきます。

GPF男子技術審判員


だいぶ前、、アンソニー・リュウが町田くんのコーチとしてリンクサイドに現れたとき、こんな記事を書きました。

キスクラに帰ってくる懐かしい顔 ―NHK杯のアンソニー

そしてまた、懐かしい顔が一人還ってきてくれました。
実は今年の4月に行われた国別対抗の技術審判として、スコット・デイヴィス(写真)が来ていたのでした。なんて懐かしい!

Men - Short Program
 
Panel of Judges
 






















FunctionNameNation
RefereeMr. Alexander LAKERNIK
ISU
Technical ControllerMs. Hely ABBONDATI
ISU
Technical SpecialistMr. Scott DAVIS
ISU
Assistant Technical SpecialistMs. Claudia UNGER
ISU
   
Judge No.1Ms. Marta OLOZAGARRE
ESP
Judge No.2Ms. Noriko SHIROTA
JPN
Judge No.3Ms. Leslie KEEN
CAN
Judge No.4Ms. Jarmila PORTOVA
CZE
Judge No.5Mr. Franco BENINI
ITA
Judge No.6Ms. Alla SHEKHOVTSEVA
RUS
Judge No.7Ms. Anne CAMMETT
USA
Judge No.8Mr. Philippe MERIGUET
FRA
Judge No.9Mr. Yumin WANG
CHN
   
Data OperatorMs. Lisa JELINEK
ISU
Replay OperatorMr. Ted BARTON
ISU



 
ちょっとオジさんになってはいたものの、目元はあの頃のまま。

技術審判(テクニカルジャッジ)は新採点制度発足とともに作られた制度で、出来る人間も限られ(ナショナルクラスの選手経験者であること、試合によってクラスが決まっていて、それをクリアしていなければならないこと。そしてなにより難しい問題なのが、ジャッジングをするカテゴリーに自分の携わっている選手がいないこと、です。
若手の選手経験者のほとんどが、現在コーチとして活躍しており、選手を教えています。ウルマノフやペトレンコなどもジャッジパネルに入っていた時期もありましたが、残念ながらコーチとしての活動が忙しくなるとともに、彼らの姿は見えなくなりました。

それについて詳しいことはこちら→国際選手権でジャッジングをする、ということ - 天野真さん

スコット・デイヴィスはリレハンメル五輪の年、プロから復帰してきたボイタノを破って全米チャンピオンとなりアメリカ代表となりました。
高いジャンプとスピードのあるスケーティング、回転の速いスピン。そしてサンダーバードを思わせるようないかにもアメリカンな風貌。
五輪本番では、コンボの間にターンが入ったものの、3Aコンボを入れ、4位といい出だしだったのですが、FSでは残念ながらジャンプが崩れて総合8位。
しかし、この年代の彼に素晴らしく似合ったダイナミックでいいプロだったので、本当に残念に思ったのでした。が!このプロをほとんどノーミスで演じていた全米選手権の動画がありました。いやー、いい時代です。
「ウエストサイド・ストーリー」です。ちょっとまだスケーティングが荒いですがスピードと高さのあるジャンプを持った彼に良く似合ってます。実況が「ウエストサイド・ストーリー、シャーク団のトニーを演じます」

Scott Davis - 1994 U.S. Figure Skating Championships, Men's Free Skate


それから彼は持ち前のジャンプを活かしながらスケーティングと表現力を磨くために、ズミエフスカヤコーチのもとに行きます。
そして4年後の長野五輪のシーズン。彼はNHK杯に来日し、台乗りを果たします。覚えてらっしゃる方も多いかもしれません。ちょうどこの年のNHK杯は五輪を狙う選手たちの調整試合としてはいい位置にあったので、メンツがとても豪華でした。
冒頭に、イリヤやタケシも映ってます。
Scott Davis (USA) - 1997 NHK Trophy, Men's Free Skate

この日はちょうどコーチの誕生日。いいプレゼントになりましたね。
スピンやスケーティングのスピードはそのまま、しかし荒さが取れて、柔らかくしなやかな滑りもできるようになって、大人の表現ができるようになったのだなぁ、と感じました。

現在スコットは、カルガリーにあるクラブのディレクターをしているそうです。以前のインタでは、
「生徒たちが、年齢やレベルはどうあれ、人として、アスリートとして成長していくのを見るのがとても楽しみです。それによって私たちも教えられることも多いですし、スケートだけでなく、人生そのものを学んでいってほしい」
と述べていました。

彼のように、現役時代に高い技術を持っていた元選手がジャッジとして還ってくる、というのは本当にありがたいことです。それによって、

「自分が現役時代にできなかった技を判定できるのか」
といった言いがかりめいた批判も少しづつは減っていくでしょう。
エレメンツを成し遂げる能力とそれを判定する能力は別物とはいえ、なかなかそれを分からない人間が多いのは確かです。


拘束時間や労働量の割に報われないことの多いのが裏方、特にジャッジですが、競技の未来のためにも、一人でも多くこうして現場に戻ってきてくれる人が現れて欲しいものです。


↓ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
13位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR