若草色のアルテミス ―ろしあんずのニース杯

maria.jpg


ニース杯、女子の表彰台です。優勝はロシアのマリア・アルテミエワ。
足の怪我でしばらく国際舞台に出てこれなかったので、本当に彼女もコーチも嬉しかったことと思います。
ニース杯リザルト

こちらがSP.若草色の衣装が素敵です。
Maria ARTEMYEVA SP CUP OF NICE 2013


SPで3Lz-3Tを含むジャンプをすべてクリアに決めてダントツのトップに立つと、そのまま優勝。
しなやかな動き、高いトウジャンプ、ポジションの美しいスピン。これでフリップのエラーが取れれば、世界でも戦えるでしょう。リハビリ中にどんどん若い子が出てきて、焦っては怪我がぶり返す、連盟も若い子優先にしますから本人は更に焦る、のループだったようですが、今シーズンは初頭の国内戦からいい演技が続いています。

こちらFS,
Maria ARTEMYEVA LP CUP OF NICE 2013


もう一度カレンダーコンペの出場を予定しているそうなので、とても楽しみです。おそらくNRW杯かゴールデンスピンになるのかな。SPで3Lz-3T、FSでは3Lzを二本(1本は後半)セカンド3T持ち、ということでジャンプのレベルとしてはGPS出場選手クラスですから、ワクワクしますね。年齢的にもまだ20歳、ソチには間に合わないとしてもこれからの活躍が期待できます。

ちなみに彼女は現在メンショフさんの恋人で、今回はカップルで台乗りを果たしたことになりますね。2人とも喜びもひとしおかと。


そして、ロシアはこのニース杯、男子を4人送り込んできました。GPS枠の少ない現在、少しでも国際経験をさせて若手の底上げを図りたいところです。そして、今回それぞれ結果を出すことができました。


まずはSPでクワドルッツを成功させたヴラディスラフ・セズガノフ。メンショフさんとともにルカヴィツィンコーチの門下生である彼ですが、182センチの上背と手足の長さでリンク上では非常にダイナミックに見えます。
ぜひ直接観戦してみたいスケーターの一人。

では、4Lzを決めたSP.


ルカコーチによれば、これからはFSにもクワドルッツを入れていきたい、とのこと。そしてカレンダーコンペで200点を超える点数を出すことができたことは彼にとって非常に大きいこと、といっていました。これからが楽しみです。


そして、台乗りしたメンショフさんとブッシュに関しては昨日の男子特集で触れましたが
戦う準備は整った!三者三様の喜び ―ニース杯男子

もうひとり、ほとんどこの大会が国際デビューとなった選手がいました。セルゲイ・ボロデュリンです。
彼はバンクーバー五輪代表となったアルチョム・ボロデュリンの実弟です。やはり兄弟、面差しや体の動かし方が似ていますね。SPでは硬くなってイマイチだったようですが、FSではのびのびと滑れていたようで順位も上げ、総合7位でフィニッシュしました。

こちらFS
Sergey BORODULIN LP CUP OF NICE 2013


ストリーミングで見ている限り、男子の面倒は全てルカヴィツィンコーチが見ていたようでした(本来のルカさんの弟子はメンショフさんとセズガノフ)

特にブッシュとメンショフの時は2,3位と滑走順も隣り合ったっていて点数も僅差でしたが、分け隔てなく面倒を見ていたのには感動しました。

4人参加した男子の全員が8位以内、女子は優勝、ということはロシアとしては非常にいい結果であった、と言えるのではないでしょうか。

ルカヴィツィンコーチ、本当にお疲れさまでした。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

戦う準備は整った!三者三様の喜び ―ニース杯男子

1413117_4925569757002_1650831398_o (2)

ニース杯男子、最終的な結果が出ました。男子リザルト

男子FSリザルト
男子FSプロトコル

男子オタのみなさんの中でも、このなかで嬉しかったのはトマシュ・ヴェルネルの優勝ではないでしょうか。先日のオンドレイ・ネペラの優勝がフロックではない、彼の本格的な復活の兆しである、と確信を持てた演技だったと思います。ここ何年か低迷が続き、今年はGPS枠すらなくしてしまっていた彼。五輪年の今年に間に合ってくれたのは本当に喜ばしいことです。
本当に彼のジャンプの美しさと足元は絶品で、東のP・チャンか、西のトマシュ・ヴェルネルか、と私個人では思ってます。

そんなトマシュのFS.



そしてメンショフさん。(なぜ、彼だけが「さん」付けなのかはわかりませんが、何故か落ち着いた佇まいがそうさせてしまうのかな。理不尽な扱いや阻害を受けても、文句ひとつ言わず淡々と受け止め、逆にそれを自分の成長に養分に変えてしまうような、そんな大人(たいじん)の雰囲気を感じるからでしょうか。インタビューを訳していると、本当にそれを思います。)
そんな彼でも、脱臼から立ち直りかけたところに再度の負傷、国内戦では38度の発熱と嘔吐の中での演技で、FSでは途中で棄権しかけた、という今回の状況(なんとか滑りきり7位)にはくじけかけもしたようです。
4Tを跳ぶ際にはまだ肩の痛みが残る状態。そして、もうこれ以上悪いことは起こらない、この怪我とは付き合っていくつもりでやっていこう、とにかくやるだけだ。というつもりで臨んだようです。
そして、僅差の3位のブッシュがクワドを入れる素晴らしい演技をし、彼は何としてでもクリアな演技をしないと上位を保てない、という状況になります。

そんなメンショフさんのフリー。


次にブッシュ。彼は一時はヴォロノフとともにウルマノフのところでコーチを受けていて、ガチンスキーと並んで次代のロシアを担う存在、とも言われていました。Jr.のころは明るい金髪にきのこ頭で、オタからは「小プル」とよばれていたりしました。似ている、と思ったのはロシアンジャーナリズムもみたいで、メンショフさんの優勝した2001年のナショナルでメンショフさん、ガチ、彼で表彰台となった時のプレカンで、「プルシェンコに似ている、と言われていますがそれについてはどう思いますか」などと聞かれていました。
そんな彼でしたが翌シーズンからはなかなか結果が出せず、コーチ変更もしたりして悩んだ時期でもあったようです。とにかく彼の場合、ジャンプが不安定でSP,FSがなかなか揃わないのが頭打ちになっていた原因でした。
しかし、この大会ではやっと揃えることができました。
これで彼も再びロシアン若手男子の争いに入ってきてくれれば、と思います。

ブッシュのフリー



トマシュ、メンショフ、ブッシュ、と三者三様の復活の喜びのあったニース杯の表彰台でした。


ただ、この試合にはろしあん男子は4人出場していたのですが、その4人ともをルカヴィツィン氏が見ていたのでした。特にすごいシーンだ、と思ったのはSPを僅差で2,3位で終えたメンショフさんブッシュをともにきちんと見ていたこと。もちろん自分の直弟子はメンショフさんですが、ブッシュの滑走直前には、しっかりと腕を握ってアドバイスを与えていました。そしてキスクラにも最後まで付き添い(ストリーミングを見ていた方ならわかると思うのですが、この大会は得点が出るまでちょっと時間がかかってました)、メンショフさんは一人でリンクに出て行きました。

怪我上がりの自分の生徒が今預かっている他のコーチの生徒と順位争いをしている、そんな中でぼっちキスクラにせず最後まで付き添った。
これはメンショフさんとルカヴィツィンコーチの間に全幅の信頼感があった、ということと、メンショフさんの気持ちの強さでしょう。

結果論ではありますが、ブッシュとメンショフさんの最終的な差は2点ちょっと。
ステップアウト1つでもあれば簡単にひっくり返っていた差です。(SP終了時は2点弱、FSで少し開いた)
もしひっくり返っていたら、あの時自分が出走前に一言かけてやっていれば・・と思ったりはしないのでしょうか。

藁にもすがりたい、こんな切羽詰まった状況で、自分のコーチは他の選手を見ている。
そんなとき、選手は何を思うのでしょうか。

かなりキツかったんじゃないかと思うんですが、それを乗り越えてこの順位を保ったのは彼の精神力の賜物だと思います。

そして他のコーチ達からも選手を任されるルカヴィツィンコーチの人柄でもあるのでしょう。

(長くなりそうなので、女子も含めてニース杯については近日中にまた触れます、よろしく)

ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ニース杯男子SPはクワド祭り!―メンショフさん2位

1395236_10201574722123613_970433527_n.jpg

25日にニース杯男子SPが行われました。昨年はSPの最中に停電とかあったりしましたが、今年は無事に終了。

男子SPリザルト
男子SPプロトコル

プロトコルを見てもわかるとおり、なんと男子5位までの選手がクワドを入れてきていたんですね!


727ff38a1d5b11e3b21822000aaa102f_7.jpg

特にセズガノフ(写真右、左はメンショフ)はなんと4Lz!
あんまり軽々跳んでいたので、Lz得意な彼にしては足元乱れたな、くらいにしか思わなくて、プロトコルを見てびっくり。

怪我の回復が思わしくなく、このニース杯が今シーズンの国際戦初戦となったメンショフさんのことも不安でたまりませんでしたが、さすがベテラン、きっちり合わせてきてくれました。



まだ肩に負担がかかるのか、若干国内戦とは振り付けを変えてきていましたが(右手を高く上げるところとか)3Aクリーン、4T-3Tオーバーターン、3Lzステップアウト、お手つき(プロトコルではDid.取られてましたがあれはきつい。。。)

今年も素敵なプログラムを見せてくれました。
逃げてしまった鳥が最後に帰ってきてくれて、それを優しく手のひらで抱きしめてる、って感じのイメージかな。彼自身の今までのスケート人生がオーバーラップして仕方なかったです。
そして特に、終わったあとに「ニコッ」という感じに微笑んだのがとても印象的で・・
おそらく、滑りきれるか本人も不安だったんだと思います。クワドを跳ぶときはまだ肩に少し痛みがあるそうですが、焦らずNHK杯に向けて頑張ってもらいたいです。


そしてこちらが4Lz認定されたセズガノフ。身長182cmあるそうで、長い手足を存分に使った面白いプロになってます。また、長身ジャンパーは着氷が難しいのですが、Lz,Tの2種クワド持ちでもあります。



トマシュも好調を保っていますし、ブッシュもかなり調子を上げてきました。
SPでは出遅れ気味だったペーターもFSではクワドを入れて来るかもしれません。

今日のFSが楽しみです。



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR