野村忠宏、K・メンショフ ベテランの意地と挑戦

VRPQ4p5g.jpg  BTOemI0CAAAB1Dl.jpg


柔道60kg級の野村忠宏さん(38歳)が、先日開催された全日本実業柔道個人選手権大会個人で3位となり、11月の講道館杯出場権を獲得しました。
今年、1年7ヶ月ぶりに復帰したスイスオープンで優勝し、この実業柔道選手権大会から講道館杯に向けて、と準備を進めておられたようです。

スイスオープンでの野村さんの優勝インタビュー


しかし、今回の大会の前に練習中に痛めた肩をさらに悪化させてしまい、講道館杯への出場も危ぶまれていました。
それについての詳しいニュース→五輪3連覇の野村忠宏「諦めんのは早い」、講道館杯出場へ再始動
同じくブログ記事がこちら→柔道家・野村忠宏のブログ 『Nomura Style』


このニュースで、メンショフさんの状況がかぶってしまって、思わず涙が出てきました。
怪我の箇所(肩)といい、本番となる大きな試合までの時間といい、あまりにも似すぎていたので・・

彼、コンスタンチン・メンショフ(写真左)は、4月のフィギュアスケート国別対抗戦でトリプルアクセルを跳んで転倒、右肩を脱臼してしまいました。手術をせずにじっくりリハビリで治すことにしたようで、夏を経て順調に回復し、新しいプログラムを4回転ジャンプはじめ、エレメンツを全て入れて滑れるようになるまでに回復していたそうなのですが、先日練習中に他の選手と衝突してしまい、再び痛みが出てしまい、9月7日のテストスケートを欠場しました。
コーチのルカヴィツィン氏によれば、関節から内出血が見つかった、とのこと。

こちらがシモネンコ(Andrey Simonenko、以前「トランコフの反乱」のなかの「スポーツの原則が死んだ ―なぜ選手たちは抗議したのか」でとりあげたコラムを書いた方です)さんのルカコーチへの電話インタビューです。

++++
メンショフの怪我は直近の予定には影響を与えない - ルカヴィツィン・コーチ R-Sport アンドレイ・シモネンコ

2011年ロシア選手権男子シングル優勝のコンスタンチン・メンショフが練習中に負った怪我は、このシーズンの大会出場予定に影響を与えないと、エヴゲニー・ルカヴィツィン・コーチが語った。

メンショフは、4月に東京で行われた国別対抗戦で肩に怪我を負ったが、その再発のため、9月7-8日にソチで行われる非公開のテストスケートに出場できないと伝えられていた。

ルカヴィツィン・コーチは電話でこのように話した。

「(日本での)怪我のあと、手術を行わずに治療をしてきて結果が出た。メンショフは回復して、すでに全てのエレメンツを入れたプログラムを滑っている。しかし、数週間前、練習中のちょっとした衝突という避けようもない状況のために痛みが再発した。検査の結果、関節部分に内出血が見つかった。ソチの合宿には来たが、そこでチーム医師であるヤロスラフ・ブガエフとともに話して、スケートには出場せず、モスクワで追加的により詳細な検査をすべきだと決定した。。治療方法はいくつかあって、そのうち1つは直近の大会出場予定を変えないで済むものだった。コンスタンチンがスケーターでなかったら手術も考えられたと思うが、そうするとリハビリにはかなり長い時間がかかる。そのため私達は違う方法を選んだ。関節に注射をする。状況を改善してくれるかなりちゃんとした治療だ。最初の注射はすでに射った。」

ルカヴィツィン・コーチは、今回の怪我は深刻さで言えばメンショフが日本で負った怪我とは比べるようなものではないと話した。

「そんなレベルの問題ではない。メンショフは日本でのグランプリとロシア杯(これは国内戦)、それからニースの大会に出る予定だった。全体としてはこの予定を変えるつもりはない。金曜日の練習ではすでに3回転全種類と3Aを跳んでいた。1ヶ月にわたってメンショフは毎週モスクワに注射を打ちに行く。最初の注射後でこれだけのことができるのだから、4回注射をすれば戦闘状態に戻れるだろう。

++++

先日、メンショフさんはだいぶ痛みも引き、ノーマルモードの練習にかかった、というニュースが入ってきました。彼独特の大きな4回転ジャンプも戻ってきている様子。
11月のNHK杯でどうかあの豪快かつシャープなクワドをまた見せてください。場所はあの怪我をした因縁の代々木体育館です。




野村さんはブログで
「間に合う保証はないし、難しいチャレンジになるけど、僅かな可能性を信じて今出来ることに精一杯取り組みます。
もし諦めることがあるとしたら、それはやれる事を全てやりきった後でええかなって思う。
俺はやるよ。」

とおっしゃっていますが、まさにメンショフさんも同じ気持ちでいるだろうな、と思います。


アスリートにとって、一番戦わなければならない相手はライバルではなく自分の肉体と精神です。特にベテランにとって、難しくなるのは疲労や衰え、それとともにしやすくなるケガです。若いうちならグイグイ行けたものがそうではなくなってくる。もちろん経験などによってそれを補う力もついてきますし、それがベテランの強みでもあるわけですが。

とにかく、ベテラン選手にとって怪我、というとは本当に命取りになります。若い時と違って回復力も衰えてきますし。

残された時間、大きな試合に向けて精神力を保っていくのは本当に大変だと思います。若手に追われる恐怖も半端ではないでしょう。
野村さん、メンショフさんはじめ、頑張っているすべてのベテラン選手に幸運を・・・


ポチよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

↓こちらも
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : スポーツ全般
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
8位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR