よく見れば何の疑問もない -世界選手権男子シングル

745205529.jpg



えー、ちょっと気になる記事を見つけたので。
フィギュア=世界選手権、不透明な採点システムに疑問の声

うーん、微妙にミスリードしてるなー、という気がするな、この記事。
まず、フィギュアスケートはSP(ショートプログラム)とFS(フリースケーティング)の合計から成り立っていることが触れられていない。
チャンが2回転倒したのはFSであって、SPはまさに完璧で、ダントツのトップに立っていた。


ISU WORLD 2013 - MEN SP -28/30- W.R. Patrick CHAN
http://www.youtube.com/watch?v=0uJ2bYe_Yfs


私の周りではこれの点数に関してはほとんど非難はなかった。むしろ、もっと出していいよ、100点台乗せちゃっていいよ!の声すらあった。
スピードのあるスケーティングから流れるような4T-3T。SPでも後半ジャンプに加点がつくようになってからは、クワドコンボは4-3でないとほとんど意味をなさなくなったため、4-3コンボを入れてくる選手は現在では少し減った。
そして、後半3Lzの着氷後すぐその足でひらりひらりとエッジチェンジを繰り返しステップを踏む。
濃密なつなぎとスピードは彼の真骨頂だ。

トッドの
「転倒した選手にあれほどの演技構成点が出るというのは・・」
という意見はわからなくはない。
いろいろ調べると、トッドはかなりチャンに厳しいことを言っているのだが、チャンこそはまさに
「クワドを装備したトッド」と表現していい選手だと思う。(その代わり3A忘れてきちゃった?)
トッド自身がいま現役でやっていたなら、チャンのような採点傾向の出る選手だったと思う。

ただ、旧採点時代のスケーターは転倒はプログラムを壊す、と言って非常に嫌う。
トリノ五輪の女子についても、ストイコが
「転倒があったスルツカヤやコーエンよりも、きっちりまとめたスグリの方がメダルに相応しかった」
と言っていたことがある。
旧採点の場合、どこのどのジャンプを転倒したか、で引かれる点数が違った。審判にもよったと思う。だから、転倒したらどうなるか、がシミュレーションしにくかったのだ。だから、無理をして転倒するよりは1廻転落としたジャンプで安全に着氷、というのがデフォだった。

ただ、今はルールが違う。
今のシステムでは、エレメンツはそれぞれ数値化され、それを再構築して点数が決まる。
だから、極端な話、転倒で何点のマイナスになるか計算ができるのだ(今なら、GOE-3,dedication1、として計算が立つ。)。それによって、環境や順位と点数を鑑み、エレメンツを入れ替えたりする場合もある。いたずらに難易度の高いものをするばかりが競技じゃない。(例えば、今回氷の状況がかなり良くないのを見越して、ペーター・リーベルスはクワドを回避し、しっかりまとめる作戦できた。そして、彼はワールド自己最高位を確保した。)

そして、繰り返すが、大切なことはフィギュアスケートでははSPとFS,両方の合計で順位が決まる、ということだ。SPのP・チャンは素晴らしい出来でトップを独走していた。
FSではミスが出て3位の羽生と僅差の2位だった。デニスはSP2位から追いすがったが届かなかったのだ。

例えば、箱根駅伝で言えば、往路優勝P大でした、復路優勝D大でした、でも総合優勝は往路のリードがきいてP大でした、ってことなんだけども。なんの不思議もない。

こちらプロトコル

デニスにだってミスがなかったわけじゃない。2F-2Tコンボのファーストが3Fになっていたならば、逆転できていただろう。
チャンのPCSも転倒により若干下げられているし、ジャンプエレメンツとしての減点もあり、それとば別にDed.も取られている。それでも勝てるだけチャンのSPのリードは大きかったのだ。実際、このSPには絶賛が寄せられ、もっと点数出てもいいくらい、という声もあった。

じゃあ、デニスの点が低かったのか、と言われてばそんなことはない。

デニスの点数一覧

なんと彼はこの大会でシーズンベストを60点近く更新している。
元々クセのないノーブルなスケーティングには定評があり、ジャンプで崩れさえしなければ、という選手だったが、そのジャンプがことごとく入った。しかし、なかなかここまで出せるものではない。点が抑えられている、というのは穿ちすぎだろう。

転倒はスピードにのったジャンプとは背中合わせのリスクであり、それを鑑みて選手は挑戦する。特に、P・チャン、コストナーなどは、スピードもあるだけに転倒も派手だ。

そして、ジャンプの基礎点が回転数ごと、種類ごとによって定められている限り、

「回りきっているか否か」

は大きな問題となる。

周りきっての転倒の方が、一見成功したかに見える回転不足のジャンプより点数は高いことも多いのだ。

なぜなら、ジャンプは【跳び上がって】【回転し切って】【きっちり着氷して】なんぼ、の技だからだ。


一見、取り返しのつかない失敗のように見える転倒だが、挑戦したならしただけのリターンはある。ゼロになってしまうわけではないのだ。そこが、見た目と点数との乖離となって現れているだけでしかないように思える。

ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン<
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

ステップにテロップ!?・・なんじゃそりゃあ! 2013世界選手権 男子SP

20130314-00000053-jijp-000-1-view.jpg



昨日行われたフィギュアスケート男子SP.高橋君が日本人選手の中では最上位で終えました。流石にベテラン、ここぞ、というところでは頼りになります。
P・チャンはこれぞ絶対王者、という感じ。私的には100点超でも文句なし、という感じです。そして、ここのところ何年かジャンプの不調の続いていたデニス。素晴らしかったですね。ケヴィンもものすごくスケーティングが上手くなって。ジャンプの回転不足が少なくなったのも、スケーティングにスピードが付いて、ある程度大きさのあるジャンプが跳べるようになったからではないかと思います。

が!これだけは言っておきたい。高橋君の演技中、それもステップの際に、足元に広告テロップがどーん!
あのね、スケートは滑るもんなんです。何で?靴についてるブレードで、です。
滑り、を見る最大の山場であるステップの際に、そこを写さないでなんとする!
まして高橋君は若い頃から「情熱のステップ王子」(笑)なんて二つ名が付けられていたほどのステップの名手。ある意味では、ジャンプより、スピンより、そこを楽しみにしているファンは多い。
ランビエールのファンが彼のクワドよりスピンが見たい、というようなものです。

スポーツ中継において、その競技の見所がなんなのか、を知っていないからこういう馬鹿なことをする。

日本のスポーツ中継は、野球や陸上競技から始まりましたが、今回の失態は、野球中継で例えればこんな感じです。
妄想で作ってみましょうか。

++++++

WBC準決勝、日本は先発前田健太、能見、杉内、澤村、摂津、とつないで9回表まで0-0.いよいよサヨナラのかかった裏の攻撃へ。
そして、ワンナウト3塁、バッター稲葉、という場面がきます。
(実況)
「さあ、決勝進出のかかった最終回。いよいよ侍ジャパン、ここまで来ました。サードにはサヨナラのランナー坂本。序盤は不調に苦しみました。しかし、今日は好守を連発してピッチャーを盛り立てています。そして打席は稲葉。侍ジャパン最年長、精神的支柱です。先発のマエケン、2番手を託された能見、相手打線をピシャリと抑えてここまで来ました。あとは打線に託すだけ、2人が並んで祈るように打席の稲葉を見つめています。
セットポジションから・・ピッチャー投げた、打球は、右中間に上がる、深いところ、しかしセンターは俊足、追いついた、犠牲フライになるか、サードランナータッチアップ、しかしここで外野から矢のような送球が返ってくる、
(とここでセンターカメラに切り替わりキャッチャーとホームベース上がアップに)
間に合うか、間に合えばサヨナラ、アウトなら延長、審判の手は・・」

というところでホームベース上を覆い隠すようにどーん!とテロップが出たようなもんです。

マジ、暴動ものですよ。スポーツに対する犯罪です。

ちょうどこういう場面です。これは犠牲フライではないですが、ホームベース上のクロスプレー、という点で

4/22/2012 イチローレーザービームで福留ホームタッチアウト!


こういう場面でテロップ出しますか?それと同じことです。

++++++++

どうしてもテロップを出さなければならないのなら、縦型にして、左右どちらかの端っこに出して欲しい。大体ステップの際は流し撮りにして選手が中央に来るように撮影している場合が多いですから。
私的にはリンクを大きく使ってステップシークエンスを行う選手にはある程度俯瞰映像で移してくれた方がそのエレメンツのスケールの大きさが分かって良いですが・・
どうしようもない実況はスルーしていればすみますが、これは本当にひどい。

中継局には猛省を望みます。

というわけで高橋君のSP.


2013 世界選手権 高橋大輔 SP daisuke takahashi





ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン<
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

このエロ胡散臭さはモロゾフの憑依? 2013年世界選手権 ペアSP

651004690.jpg


今日からフィギュアスケートの世界選手権が始まりました。まずはペアSP.

リザルトがこちら
プロトコル

トップ通過はロシアのタチアナ・ヴォロソジャール&マキシム・トランコフ組でした。

ちなみにこのトランコフは、ロシアの男子シングル派遣の顛末について以前書いた「トランコフの反乱」の首謀者(笑)です。

「トランコフの反乱」http://svoro.blog38.fc2.com/blog-category-12.html
年齢的な面もあって、ロシアンスケーターたちの兄貴分的存在、という感じですね。
ただ、苦労人な一面もあって、若くてまだ補助もろくにもらえなかった時期はリンクそばの休憩室のようなところに同じペアのスミルノフとともに寝起きしていて、夜中に空腹になると(そりゃー、若いんですしお腹もすきますよね)2人で厨房に行って「なんか残り物ないかな?」と言っていたとか、インタビューで笑い話として話していたことがありました。

こちらが今年のワールドSP。いや、私このプロたまんなく好きなんですよね。(好き嫌いが分かれるプロかな、と正直思うんですが)
このエロ胡散臭さが何とも言えない!
またこれにマックスがノリノリだし。これぞ顔芸満載、というか、ドヤ顔でボスの女かっさらって逃げる若頭、みたいなww。まるでモロゾフが憑依しているかのようwww




この組はバンクーバー五輪後に結成したばかりですが、お互い選手として完成されていた、ということもあいまって、素晴らしいペアになりました。ターニャが以前組んでいたスタニスラフ・モロゾフは怪我などがあったこともあり、いまいちターニャの身体能力を活かしきれていなかった感じでしたが、マックスと組んでからはドンピシャ!
マックスも以前の相方がコーチと恋仲だった、といういかにもロシアンらしい理由(笑)からか、いまいち萎縮気味だった感じですが、なんだかのびのびやれてる感じ。ターニャの方が年少なんですが、暴れ馬みたいなマックスを上手く御してる感じがしますね。

そして、この2人はあの東日本大震災の日、幻となってしまった東京ワールドのために来日していて、新幹線移動中(モロ組は福岡で練習していた)に地震に遭遇し、社内に閉じ込められてしまい、一時は連絡も取れない状況に陥ったのだそうです。
だからか、日本で行われたチャリティーショーにも何度か来てくれました。
DOIでは、彼らがリンクに登場する際のメッセージとして
「まさにあの震災の日、僕たちは日本にいました・・・」
と言った言葉が流れました。

そんな彼らが東京ワールドのために、と創ってくれていたEXがこれです。代々木でこれが演じられたなら、どんな拍手が起きていたでしょうか?
EC2012 EX Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV


これは昨年のユーロのものですが、シェフィールドの会場では大ウケだったそうです。
どんな日本スポンサーの広告よりも、この演技から想起される「ニンテンドー」「スーパーマリオ」の方がインパクトがあったのではないか、と思えるぐらい。

そしてこのマックス、ユーロ直前にお父様のレオニード氏を亡くしたばかり。その悲しみをふり払うかのようにユーロは優勝を飾ってくれましたが、ここでもうひとつ、ワールドのメダルも持って帰ってあげてください。

上位3組、さほど差はありませんから、FS勝負になりますね。マックスはソロジャンプが鬼門かな・・
とにかく、どのペアも悔いのない演技をしてもらいたい、と思います。成績はそれについてくるものですから。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン<
関連記事
プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
334位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR