スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈願・再評価! 本田武史の凄さを知って!(1)

最近、本田と言えばケースケみたいですが、スケオタ、それも男子オタにとっては、やっぱり本田と言えばタケシです。

昨年の五輪での高橋くんの銅メダル獲得や、ワールド優勝、そして今年の小塚君のワールド銀で、いままで女子シングル一辺倒だったフィギュアスケート報道にも、少しは男子に光が差してくるかなー、と期待しているんですが、なかなかそうもいきませんねえ。

フィギュアはやっぱり男子よね!の自分といたしましてはやっぱり彼をおいては語れない日本男子。そう、本田武史です。←しつこいくらいに繰り返しちゃいますよ!


出来れば私はタケシに最初の五輪メダルをとってもらいたかったな、と思います。いまはぽっちゃりしたおにいちゃんになっちゃって、解説席にいますけれど、もっと評価されてよかった選手だよな、とちょっと悲しくなることも。

最近になってファンになった、という方の中にはタケシの現役時代をご存じない、という方もいて・・・ああ、時は流れてゆくのだなあ、と寂しいのですが・・

でも、佐野御大や松村さん、五十嵐さん、といった方々が日本男子フィギュア黎明期を支えてくれた方たちとするならば、日本男子を世界へと導いたのは間違いなく彼、本田武史に違いありません。

当時14歳で最年少で全日本を制し、引退するまで国内ではほとんど負け知らず。

アレクセイ・ウルマノフ、エルヴィス・ストイコ、フィリップ・キャンデロロ、トッド・エルドリッジ、ティモシー・ゲーブル、マイケル・ワイス、アレクセイ・ヤグディン、エフゲニー・プルシェンコ、アレクサンドル・アブト、チェンジャン・リー・・・・・・、まさに綺羅星、レジェンドの中で戦ってきた日本男子がタケシなのです。

そう、10年近くたった一人で日本男子を支えてきた、といってもいいでしょう。

そして、タケシといえば、美しいジャンプとすんばらしいイーグルでした!
松村充さんのイーグルも素敵でしたが、やっぱりイーグルといえばタケシです!(今の人は小塚くんかな?)
線の太い、王様のような勇壮なイーグルを持っていたのはボイタノですが、タケシのイーグルはそれとは全く色合いの違う、燕のようなシャープな、それでいて哀愁を感じさせる、もう、「いつまでもやっててくれ~」といいたくなるような素晴らしいイーグルでした。

そして、国際試合で日本人として初めてクワドを決めたのもタケシでした。ジャンプ&イーグル萌えの私としては、本当に彼のプロは楽しみでした。
そんなタケシがワールドでクワドを初成功させたのがこの年です。
1998-1999シーズン 世界選手権 FS 『仮面の男』


ヤグの俺様仮面もいいですが、私はやっぱりこのタケシのボクちゃん仮面(笑)が好きです。これの振り付けにはペトレンコの手が入っているらしく、アームの動かしかたとか、本当に優雅さがありますね。そして、スピードがすごい!背景のぶっ飛び方がハンパないです。

そしてもうひとつ。ソルトレイクシーズンのスケートアメリカ。五輪年ということもあり、プロをSP,FSとも2つ用意して臨んでいたようですね。、まず、SP。
Takeshi Honda (JPN) - 2001 Skate America, Men's Short Program


「シング・シング・シング」。これのEXバージョンをソルトレイクでやったので、覚えている方も多いかな。これはコンペ用のバージョンです。
綺麗に決まった4-3コンボ、イーグルからの(!)3A。おまえ、それ反則だから!(笑)
3Lzの転倒が残念でしたが、しかし、ここまでレヴェル上げないと、宇宙人たちとは戦えないシーズンでしたよね・・・。

そしてFS。『ラプソディア・クバーナ』。
Takeshi Honda (JPN) - 2001 Skate America, Men's Free Skate

このシーズンは途中でプロの変更をしたので、ひょっとしたら公式試合でこのFSを滑ったのはこのときだけだったかもしれません。動画見つけたときは狂喜しちゃいましたww。ジャンプの入りに、すごく工夫が凝らされているんですよ。今だったらGOE加点ばっちりだろうなぁ(笑)
タケシといえば『アランフェス』ですが、これの完成形も見てみたかった気がします。
特に、後半の2分50秒位からのイーグルからの3A!!!いやー、すばらしい。高さも幅も申し分なし!

そして、ネイションズ・カップからはFSをあの有名な『アランフェス協奏曲』に変更します。これはNHK杯。
Takeshi Honda (JPN) - 2001 NHK Trophy, Men's Free Skate

最初に短いですがインタが入ってます。
タケシといえばイーグル、イーグルといえばタケシ・・・という感じで、。印象の深いプロですよね。2クワド7トリプル。そしてこれにもイーグル3Aが入ってます。


回転速度、幅、高さ、そして美しい放物線を描く軌道・・・・。ジャンプとしては、タケシも含め、この頃のクワドジャンパーのビッグジャンプが一番美しいような気がします。まさに、芸術品です。

タケシがシニアデビューした頃はウル、トッド、ストイコがまだバリバリの現役で、そして同年代にはヤグ、プル、アブト、ワイス、ティモシー、チェンジャン、ミン・・・・といった綺羅星のごとく素晴らしいスケーターがいて、と順位的にはワールド3位が最高、という彼ですが、もっともっと評価されていい、と思います。
     1672022144_114s.jpg   1672022144_222s.jpg   1672022144_146s.jpg

上に上げた写真はGPSや4CC,といった表彰台のタケシですが、ともにいるメンバーを見てください。皆、その国の一時代を築いた、といっていいメンバーです。
当時、大きな大会の表彰台は人外の2人(ヤグ&プル)の指定席みたいになってて、「今回は人間で一位は誰なんだろう?」というのがネタになってました(笑)
その『人間で一番』を争っていたのがこのタケシ、アブト、ティモシー、ワイス、チェンジャン、といったところですが、彼らは3年遅く生まれていたら・・おそらくワールドチャンプの座も五輪金の座も取れていておかしくなかった選手たちです。

全日本選手権最年少優勝、それからずっと日本の一番手として男子シングルを引っ張ってきた彼、本田武史。17歳で開催国のエースとしての重荷を負って長野五輪を迎え、青年期の入り口、ともいえる21歳でソルトレイク五輪。SPでは2位となるものの、ヤグプルの厚い壁に阻まれてメダルはならず。

ならば、青年期の最後の輝き、としてトリノ五輪に向かわせてあげたかった。足の怪我はジャンパーの宿命ともいえるものですが・・・前年のあのモスクワワールドは切なかった。
トリノの表彰台、プルと並んであの人懐っこい笑顔でニコニコしているタケシを見たかった。本当に心からそう思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

【ちょっと妄想】「俺さま~ズ、よろしくゥ!(矢沢調)」byヤグ

 以前、ミュージシャンである友人と話していたときに、
「楽器やるやつって、それぞれの楽器ごとに似通った性格してるんだよね、たとえばベースはこう、ドラムはこう、って感じに・・・」
といったお話を聞いたことがあって、それをスケーターに当てはめてみたらどうかな?と思ったのです。それがこれ書き始めるきっかけになったかな。
 私が好きなのはソルトレイク世代なので、こんな感じになりましたが・・・
 ただ、正直言ってベースマンがなかなか考えつきませんでした。縁の下の力持ち的なパートだし、そういうヤツはあんまりシングルやらないのかな~。アイスダンスやペアの男性になら結構いそうなんですが。(ペーゼラ様にエレキベース、ドミトリエフにコントラバスなんて似合うと思いません?)



      【The・俺様ーズ】

 アレクセイ・ヤグディン(リードボーカル、愛称・ヤグ)
2196030_708510269s.jpg



・気が強く、プライドが高い。しかし、いいものを作るためならどんなことも譲らない。幼いころ、故郷を捨てざるを得なかったつらい過去を持つが、それに触れられるのをものすごく嫌う。とにかく、“俺様”、“あんたが大将”でいたがるが、そのための努力は惜しまない。弱みを見せるのが大嫌いなくせに、実は甘ったれな部分も持ち合わせている。
 本当は泥臭い努力家タイプなのだが、それを見せるのをものすごく嫌がる。扱いにくいやつだが、根はいい奴。



    セルゲイ・ヴォロノフ(サイドボーカル、愛称・セリョージャ、セル)
2978091_253101104_1small.jpg



・ヤグの弟分的存在。プライドの高さ、気の強さなど性格もよく似ており、本人もヤグを慕っている。しかし、俺様ーズのなかでは技術的にまだまだ、なところもあって落ち込んだりすることも多い。しかし、すばらしい高音の美声を持っていて、それはプルにも認められている。
 読書が好きで、ジャーナリスティックなものや哲学書を好んで読む。そのせいかやたらと理屈っぽかったりもする。「顔だけ」といわれるのをものすごく嫌がる。


   エフゲニー・プルシェンコ(リードギター、愛称・プル、ジェーニャ)
2196030_2674546617.jpg



・天才肌のギタリスト。だが、その天才ゆえのむらっ気が、ヤグとの衝突の原因となることがある。ノッた時のソロはキレてる、としか言いようがなかったりする。誰もついてこれない。
 また天才であるがゆえに、凡人の悩みがわからず、冷たく見えることもある。が、根は優しく、人懐っこく、甘えん坊なところもある。突然突拍子もないことをやらかしてみんなを笑わせたりもする。
 ヤグと同郷で、ヤグが故郷を捨てる遠因を作ったのは実は彼。


  
 エルヴィス・ストイコ(ドラムス、愛称・イーヴィー、大将)
1664390_3991272953s.jpg



・兄貴肌で頼れる存在。バンドの大黒柱。ヤグとプルの関係をよく知る数少ない一人。二人のことを心配し、つねに気を配っている。誰もが彼のことを頼りにしている。
 しかし、ドラムの前に座ると、時に“俺様”化する。 彼のダイナミックなドラムソロは、バンドの名物のひとつ。
 トッドと彼とウルマノフは大親友。実は3人は大学の同期生で、ともに学生会のメンバーを務めていた。


   マイケル・ワイス(ベース、愛称・マイク)
2196030_1988197045s.jpg



・淡々としているが、技術はたしか。プルがキレても、エルヴィスが突っ走っても、きちんとフォローし、しっかりとリズムを刻む
 無口だが、肝心なことはきちんと主張する。そして、新しい技術には貪欲で、どんどん取り入れてゆこうとする。また、後輩たちの面倒見もよく、アマチュアバンドのミュージシャンたちを育てよう、とする意欲も高い。
 典型的な、“男は黙って・・・”タイプ。


   本田武史(シンセサイザー、愛称・タケシ、ボク)
2196030_1002547642s.jpg



・メカに強く、小さなライブハウスなどでは、彼が音響一切を担当することもある。バンドのマスコット的存在。いつもニコニコしていてみんなに可愛がられているが、自分の分野に関しては頑固。必要なときにはヤグやプルにも平気でガンガン意見をできる末頼もしいヤツ。


   トッド・エルドリッジ(ピアノ、キーボ-ド、愛称・トッド)
2196030_2436260923s.jpg



・バンドのまとめ役。品格のある音は、みなの認めるところ。
彼のピアノはクラシックのコンクールで何度も入賞していて、著名なオーケストラからもスカウトがあったほど。
 幼馴染のエルヴィスのロック好きに影響を受けて、一緒にバンドを始めた。
 たとえ揉め事が起こっても(ヤグとプルの間のライバル意識はものすごいので)、メンバーをしっかりと纏め上げるだけの信頼と実力を持っている。


 カート・ブラウニング(サイドギター、愛称・カート)
2196030_322180234s.jpg



・普段はおちゃらけているが、実は相当な力量の持ち主。プライドの高いプルが自分より上、と認める数少ないミュージシャンの一人。
 スタジオミュージシャンとしても評価が高く、著名なアーティストのレコーディングに呼ばれることもたびたび。しかし、決して高ぶった態度を見せることがないのがみなに慕われる所以。


ヤグに、マイクスタンドつかんで指差しして「俺さま~ず、よろしくぅ!」と矢沢風にやってもらいたいですね(笑)
それを後ろでプルが「けっ」って感じで見てる、と(爆笑)


あと、甲斐バンドファンの自分の希望としてはこの面子で

ヤグに『安奈』『裏切りの街角』
セリョージャに『フェアリー』『冷血(コールド・ブラッド)』
ヤグ・セリョージャで『ヒーロー』『ビューティフル・エネルギー』

やってもらえたら最高だーなどと妄想してしまうのでした(大爆笑)

ちなみにおまけ

【プロダクションスタッフ】

マダム・タラソワ(プロダクションの創設者にして、敏腕女社長)
1664390_3801500484s.jpg

 ・黒テンの豪奢な毛皮がトレードマーク。きつく、強気に見えるが、根は優しい。しかし、能力の高いものしか認めないというある意味の残酷さも持ち合わせている。しかし、自分が見込んだアーティストにはとことん入れ込む。
 彼女の敏腕ぶりは他のプロダクションにも恐れられている。しかし、アーティストのことを思う心は誰にも劣らない。



アレクセイ・ウルマノフ(副社長)
16-urmanov-lev-02.jpg

ぽよよんとしたお坊ちゃま風に見えるが実は切れ者。マダムを動かせる唯一の人間。やさしそうでいて芯は強く、一度決断したことは絶対に曲げない。エルヴィスが彼の性格を見込んで、現場とスタッフのつなぎ役に、とマダムに紹介した。けして表には出さないが、実はニコライのやり方を気に入っていない。


  
   ニコライ・モロゾフ(プロデューサー)
1664390_2414033645s.jpg

 ・辣腕と名高いプロデューサー。“とにかく売れることだ。そうすれば、名声も力もついてくる”という考えの持ち主。
 現在、俺様~ズの担当。


   ダグラス・リー(プロデューサー)
1664390_2750673524s.jpg

 ・ニコライと同様、プロデュースの腕は高く評価されているが、ヒットする、しないにはあまりこだわらず、アーティストたちとじっくり話し合い、いいものを造っていこう、という考えの持ち主。そんなところが、タラソワを苛つかせたり、ニコライに手柄を持っていかれたりする。
 俺様ーズのうち、エルヴィス、トッド、カート、タケシを見出したのが彼。


   リー・バーケル(マネージャー)
1664390_791820381s.jpg

 ・俺様ーズの現場担当マネージャー。気はやさしく、忍耐強い。ただ、少々気の弱いところがあり、“俺様”ぞろいのメンバーと、タラソワやモロゾフの間に立って、苦労している。ひそかにウルマノフに相談を持ちかけることも多い。
 手放せないもの、の例えに「バーケルの胃薬と携帯」と云われている。バレンタインのプレゼントに、タケシとセリョージャから胃薬をもらった(笑


こんな感じでいかがでしょう?

ちなみに、バンドマンたちの動画は、キャラクター設定になるべくあっているものを選んでみました。
あんまり妄想も行き過ぎると気味悪いですが・・・まあ、これくらいなら、ファンの戯言とお許ししださい。



もしお気に召したらポチお願いします、更新の励みになります。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

セルゲイ・ヴォロノフ「趣味、読書。尊敬するアスリート、ランス・アームストロング」

ロードレース好きの友人から、ランス・アームストロングの去就を聞き、彼の引退を知りました。つい先日、彼の自伝を再読していたところだったので、なんか、感慨深いものがあります。そして、ランス、といえば思い出すのが先日のロシアンナショナルでのセリョージャ(セルゲイ・ヴォロノフ)のエキシビションでした。
Sergei VORONOV 2011 Russian Nationals Gala


衣装は相変わらず、というか、またも普段着に戻ってましたww

そして、そんな彼の左手首には黄色いリストバンド。

そう、まず私が登場してくる彼を見て気づいたのが、「イエローバンドしてる!」でした。

しかし、洒落っ気ないのはかまわんが、なんか大分着古してんじゃね?そのセーター?縮んでね?という感じが・・・(笑) まあ、彼らしいですが。
Sergei VORONOV 2011 Russian Nationals Gala.mp4_000299120
まちがいなく、ランス・アームストロングの、Livestrong(強く生きろ!)プロジェクトのものでしょう。国別に来日したときにもしてました。このプロジェクトは癌との壮絶な闘病に打ち勝ち、ツール・ド・フランス7連覇を為し遂げたランスが、癌と闘う人々を支援しよう、と立ち上げたものです。

「ランス・アームストロングが好きです。なぜなら、彼は強いアスリートだから。」

といっていたセリョージャ。
完治不能、とも言われたという古傷と戦いながら競技を続けているセリョージャには、ランスの生き方には格別の思い入れがあるのだと思います。
この、ランス・アームストロング、自転車競技のファンなら知らない人はいない、っていう有名人ですが、セリョージャの「尊敬するアスリート」の1人なんだそう。(他にはアレクセイ・ネモフ)
バイオによると、セリョージャの趣味は読書でこのランスの自伝も愛読書のひとつなんだそうです。
このランスの自伝、日本語版も出てます。
ただ、マイヨ・ジョーヌのためでなく
(スポーツ好き、ノンフィクション好きな方には絶対にお勧め)

セリョージャの読書好きは有名らしく、よくインタでも聞かれたり、また、最近読んだ本のことをしゃべったりしてます。特に、歴史やノンフィンクション系のものを好んで読むらしく、プログラムの作成の際も、アプローチの方法として音楽の背景となった人物や出来事に関するものについて、いろいろ読んだりしているようですね。2007年のFSに『パール・バーバー』を使ったときにも、『炉辺談話(ルーズベルトの演説集)』)を熱心に読みふけっていたそうです。
夏ごろ公式サイトにインタが発表されましたが、それの中でも、最近読んだ本について熱心に語っていました。

「最近印象的だった本はなんですか?」の質問に

「そうですね、『遠い道を行く』(ロシアのジャーナリストの書物らしい)かな。800ページ以上の長い本なんですが、一気に読んじゃいました。特に、後半に記されていたダイアナ妃を取材したジャーナリストについて書かれていた部分は本当に印象的でした。人生にとって本当に大事なものはなんなのか。それは、お金でも名誉でもないのだ、それらがあっても人間は満たされるものではないのだ、ということが本当によくわかりました。それから、最近読んだものではアンドレ・アガシ(元プロテニスプレーヤー)の自伝です。彼の生き方だけでなく、アスリートの社会活動、という面からもボクには非常に実りの多い本でした」
って感じで、非常にリキ入れて語っていました。また、同じインタでは今年プログラムに使っているラフマニノフの生涯についてちょろっと触れていたんで、やっぱそれ方面に関しての書物も読んでいたんでしょうねえ(笑)

その、ラフマニノフ第2番第3楽章。。2002年からずっと憧れていた曲なのだそうですが、実はこの年、まさにこの曲で滑っていたのがアレクサンドル・アブトでした。Jr.のころには同じコーチの下で一緒だったこともあるサーシャとセリョージャ。美しいクワドを引っさげて世界で戦うサーシャをおそらくセリョ-ジャは憧れの目で見つめていたに違いないのです。
サーシャの『ラフマニノフ』(欧州選手権)
そして、これが今年のセリョージャのロシアンナショナルFS
Sergei Voronov - 2010 / 2011 Russia National FS


まさに、「白いアブト」でした。そして、彼もクワドを入れたかったでしょう、サーシャのように。成長した自分の姿を見てもらいたい、と思っていたかもしれません。しかし、シーズンはじめの怪我で思うに任せず、本当に悔しかったでしょう。CoCでのFS途中棄権は本当に思い出すのもつらいです。
だからこそなのか、『今の』自分に出来る限りの最高の構成で臨んできました。
クワドありません、Lz,Fありません。でも、しっかりLvを取り、跳べる限りのジャンプを跳んだ。彼の健康なときの姿を知るファンにとっては、余裕過ぎる3T、2Aが哀しくすら思えます。
でも、確か、FSのTESはトップだったんじゃなかったでしょうか。これもひとつの道だと思います。


そして、このEXプロも実はアブトリスペクトなんです。
こちらがサーシャの「キャンドル・ライト」




ランスに憧れ、アスリートの社会活動にも深い関心を寄せている、というセリョージャ。いずれ、安藤さんや高橋君とかと、国を超えて若いスケーターや負傷に悩むスケーターへの援助基金、とか立ち上げてくれたら嬉しいなあ、などと思っていますが。マイケル・ワイスがアメリカの若手スケーターへの基金をやっていたり、トッド・エルドリッジが故郷の町に運動場を作り、スポーツをする子供たちを援助したりしている、というのは聞きます。

けれど、そういったことにとどまらず、国境を越えた、スケーターたちが若手を育てる基金、なんて出来たらいいですね。


御投票よろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
28位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。