スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンショフ、優勝おめでとう、セリョージャ、3位おめでとう ―ろしあんずのフィンランディア杯


12109027_894392617318781_712366778104817158_n.jpg
フィンランディア杯公式FBより

CRCRPoHUEAAWMYg.jpg


フィンランディア杯が終わりました。喜びとうーん・・・という気持ちがないまぜになって脱力している、というのが正直なところです。女子では本郷さんの優勝、リプニツカヤの復活、男子ではメンショフの優勝、がこの大会のトピックというところでしょうか。
女子については既に書いてくださっている方がたくさんいると思いますので、私としてはセリョージャとメンショフに焦点を当ててみたいと思います。

まずは、優勝したメンショフから。彼は毎年のようにネーベルホルンやフィンランディア、といったシーズン初めのCSに出場し、毎回のように台乗りはしているのですが、台の中央、というのは今までなかった(NRW杯、などでは有り)ので、これはシーズン初頭から縁起が良い!ネーベルホルンでも3位となり、CS連続表彰台です。

まずは2位発進となったSP.昨年の持ち越しプロです。


こちらプロトコル
CRCaDgrU8AAaVX5.jpg


クワドコンボが4T-2Tとなり、(しかしあれだけ乱れた着氷にセカンドをつけるのはさすがです)4Sが転倒。しかし、後半3Aはしっかりと決め、ステップでレベル4(それも加点付き)を取りました。昨年このプログラムになってから、ステップはきっちりとレベル4をキープしています。けしてツルスケではなく、SSの評価がずば抜けて高いわけでもない彼ですが、ターンやステップをきっちりと行いっていることで、ルールに沿ったレベルが取れているのだと思います。これが新採点システムなのです。
また、4Sのリスクを考えた際、ステップで点数を上げることで少しでも上にいける、という目算あってのことでもあると思います。
そして、昨年と同じ衣装のこのプロですが、「何処か違う?」と思った方、いらっしゃいます?

実は彼、今年からSPでもFSでも手袋をしていないのです。

彼によると、恋人のマーシャ・アルテミエワが、
「何故あなたは綺麗な手をしているのに手袋で隠してしまうの?もったいないわ」
といったことからだそう。
いかにも女性的な視点からのアドヴァイスですね。
確かに、メンショフは指が細く長く、ごつさもなく、手タレでも出来るんじゃないかという綺麗な手をしているのですが、指先に視線を引きつけ、動きを大きく見せると言う狙いか今までずっと袖と色違いの手袋をしていました。


こちらFS


そしてプロトコル
CRCaEbBUEAA5lUF.jpg
動画を通してでも彼の手指の長さ、美しさが分かるのですが。。
そして、プロトコルを見ますと地味にPCSも上がってきていて、鍵となる試合でジャンプが決まればワールドの大舞台も夢ではないのでは、と思えてきます。
ただやはり1プロクワド3本は成功するにしろしないにしろ、完璧に足に来ますね。特にメンショフはSSがあまり高くないこともあって、それが顕著に現れます。
ただしかし、このプロトコルを見てもわかるとおり、冒頭の4T-3Tと次の4SのGOEがなんと+2,00!4Sに至っては、+3を出したジャッジもいます。

いやー、この人にとって年齢とは一体何なのでしょうか・・・。昨シーズンに比べ、着氷後の流れなど、ジャンプの質も上がっているように思われます。
そしてまた、自分の独特な世界を醸し出すのに絶好な音楽の選択。
昨年散々苦しんだ2Tザヤ防止のための3rdループ(今回はシングルになってしまいましたが)の取得。
あと、心配なのはスタミナですね。



そして、セリョージャ。バトル振り付けのプロ、ということで彼の新しい世界が見えるのでは?と楽しみにしていた方も多いのではないかと思います。

まずはSP


クワドコンボの間にターンが入ったほかはほとんど完璧。ダイナミックさと激しさが同居し、尚且つそれが雑さに堕することなく、きっちりと演じられていました。ステップも魅力的で、私はとても好きです。何度見てもあっという間に終わってしまう感じ。
この演技で彼はトップに立ちます。

そしてFS.

最初のクワドこそなんとか降りたものの、ジャンプがことごとくボロボロで予定の位置にコンボがつけられず。ステップもレベル2しか取れず、得意のスピンも1つレベルを取りこぼしてしまいます。キスクラ映像を見てもわかるとおり、相当荒れていました。顔が真っ赤になっていたのは不甲斐ない自分に腹を立てていたのか、発熱があったのか(インタで病気の影響か?ときかれていたので)。
頭を抱え込み何度も何度も首を振りながら俯き、エテリコーチを一顧だにせず、衣装の裾をたくし上げ靴紐をほどいていました。そんなセリョージャをゆったりと見つめていたエテリコーチ。
セリョージャがこういった負の感情を強く表に出す、というのはあまり見ないので、驚いた方も多いのではないかと思いますが、私は逆にエテリコーチとの強い絆を感じました。この人の前でなら何もかもさらけ出して大丈夫、という信頼感がセリョージャにはあったのだと思います。
セリョージャは内省的な部分も持っていますが元々は激しい性格で、こういった瞬間湯沸かし器状態になっている時には何を言っても聞かない、とコーチも知っていたのでしょう。

しかし、これだけボロボロな中でも、ラストの2Aに3T-1Loを付け3連にし、コンボ券を使い切ったのはさすがです。これがなければ、彼は台に乗れていませんでした。

まさに、一流の意地とプライドだな、と思います。

そして、そういった中で表彰台上では写真のような笑顔。本当に強くなったのだなぁ、と思います。

プレカンでは
「FSは選手生活最低の演技。今自分がここにいるのはSPのおかげ。滞りなく準備をしてきたはずなのに、何もかもがむちゃくちゃになってしまった。
(病気のせいか、と聞かれて)自分はアスリートだから、氷上に出た以上はできる、ということ。それは関係ない」
と述べていたそうです。

そんな思いの中での表彰台・・。この笑顔の後ろにどんな思いが隠れていたのだろう、と思うと辛くなります。
バトルプロは指導者たちの間で賛否両論あったらしいので、そのショックをまだ引きずっているのかなぁ。なんかインタ等聞いてると精神的なものが結構ある気がして・・
早く吹っ切れてくれるといいのですが。
次の試合では、「やりきった」という心からの彼の笑顔がみたいです。


そして、このフィンランディア杯では、毎年ファンからミトンを募集し、それを入賞者達にプレゼントする、というのが習慣になっているのですが、その写真で〆たいと思います。(引率の先生感の漂うメンショフが私的にはツボですw)

CRDYU6JUYAEbSg2.jpg


CRDSLLYVAAAdPM9.jpg




ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

#思い出のフィンランディア杯 ―まとめ


o0510033912709343378_20150918092008b49.jpg

(2012-13シーズンフィンランディア杯表彰台)
フォロワーさん曰く「バーゲンに勝利した女の子とそれにつきそう彼氏たちみたい」とのことで(笑)、とても微笑ましい感じで私もセリョージャの表彰台写真の中ではとても好きな一枚です。
羽生くんもこの頃からするとだいぶ大人ぽく、というか男らしい雰囲気になりましたね。


先日、10月初旬に行われるCSの一つのフィンランディア杯のエントリーが発表されました。
こちらが男子エントリー一覧です→http://deep-edge.net/list.php?s=2015&no=203

主だったところではブレジナ、リーベルス、ロシアからはヴォロノフ、メンショフの両ベテラン、日本からは日野くんが出ますね。
この大会は日本でも放送され、羽生くんが2連覇したことでも有名だと思いますが、CSの中では無良くん、高橋さんとほかにも優勝者を出しています。
先日、ツイで #思い出のフィンランディア杯 のタグをつけてつぶやいたものを年代順にまとめてみました。


2008-9シーズン




2009-10シーズン




2011-2012シーズン




2012-13シーズン




2013-2014シーズン




さて、今年はどんなメンバーが表彰台に登るのでしょうか?
セリョージャにも日本男子にもゲンのいい大会であり、シーズンのスタートとしても男女とも興味深いメンバーがエントリーしているだけに、楽しみにしたいと思います。


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

オンドレイ・ネペラ杯エントリー発表! 女子は美女ぞろい、男子は個性派ぞろい!


1389982996_brezinova_eliska1_20150827191711227.jpg


先日、オンドレイ・ネペラ杯のエントリーが発表されました。この大会は夭折したチェコスロヴァキアのスケーターであり札幌五輪の金メダリストでもあるオンドレイ・ネペラを記念して開かれているものです。

オンドレイ・ネペラWikipedia

生前の彼の演技


チャレンジャーシリーズや他の試合にも、自国のスケーターのメモリアル大会はいくつもあります。こうして先人を忘れず、大会の冠として引き継いでゆくことはとても素晴らしいことだと思います。(日本にも小塚杯などがありますよね)

エントリーはこちら

一目見て、「なんて私得な大会!」と思ってしまいました。
いやー、女子はとにかく美女ぞろい(上の写真のエリシュカ・ブレジノワ(ミハル・ブレジナの妹)もエントリーしてます。
エリシュカのこの競技中のどアップの美しさ!美しくも力強いこの眼力にはひれ伏したくなっちゃいますね。

そして美しいスケーティング、ステップの女王、ヨシ・ヘルゲソン。
HelgessonJ_FS_wu5jwmcf_jbjwaq04.jpg

あの名プロ「シンドラーのリスト」の赤い衣装の美少女からすこしおとなっぽくなってさらに美しさも増したユリア・リプニツカヤ。
10959403_10204889243304571_414659823238090604_n.jpg

「彼シャツの彼女」で日本でも有名になった高い3Lzとセカンド3Tの持ち主、マリア・アルテミエワ。
16739_10204867188033203_3169069995327856855_n_2015082719102732d.jpg

「火の鳥」が印象的だったスタイル抜群のアンナ・ポゴリラヤ。
10923609_10204760245959718_5211697729834982650_n_20150827191030bd0.jpg

いやーもうこんなにたくさんの美女スケーターがまとめて見られるなんて、「どこでもドア欲しー!」ですよ。

そして、相対して男子は個性派ぞろい!

まず日本からはムラントムこと、無良崇人。昨年のスケカナ優勝時の神演技は素晴らしかったですね。


次なるは女子力(?)コミュ力抜群、人を惹きつけて離さないジェイソン・ブラウン。


そして昨年のシナトラは忘れられないイワン・リギーニ。この人からにじみ出る「俺ってカッコイイっしょ?」感がたまりませんね。濃いお顔といいいかにもラテンの男、という感じ。


ロシアからはゴルデイ・ゴルシコフ。昨シーズンは斬新な衣装に泣きのエレキの「月光」で見せてくれましたが、昨日のサンクトペテルブルク・オープンでは、新プロが発表されました。4Loの成功動画も上がっていましたし、どうやら冒頭のジャンプは4Loを実戦投入してきそうです。


男女ともこれだけ魅力的な選手が揃う大会も珍しい。B級なんて・・・と言ってられませんよ。

ほんと、

「ライストあるんでしょうね!?」

と主催者に詰め寄りたい気分です。(ホントは直接観戦できれば一番いいんですが・・)

こうして次々と大会のエントリーが発表されてくると、ああ、シーズンも始まったんだー、としみじみ感じます。

またワクワクドキドキの眠れない日々、時差との戦いが始まりますね。

そして、すべての選手たちが怪我なく、悔いのない演技ができるよう、ファンとしては祈るばかりです。







ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

#思い出のネーベルホルン ・トロフィー (まとめ)


b0038294_14471284.jpg


今日、チャレンジャーシリーズの中でも歴史の長いネーベルホルン・トロフィーのエントリーが発表されました。(写真は2011年の男子台乗りメンバー)

エントリーはこちらです

2010年からこの大会を見ていますが、タグ付きで優勝者などをつぶやいたところ、RTやふぁぼをかなり頂いたのでまとめてみました。

では、年代順に。






























先日からJGPSも始まり、チャレンジャーシリーズのエントリーも発表され、といよいよフィギュアスケートシーズンも本格的に始まる、とワクワクしますね。
今日は同じくチャレンジャーシリーズの1つであるUSクラシックのエントリーも発表されましたし・・

USクラシックの方は北米拠点の選手がほとんど、ネーベルには欧州拠点の選手と別れた感じかな、というのが印象です。(ロシアンカップ(ロシア国内で行われるGPSのようなもの)とかぶっているせいかもしれませんが)

日本でもチャレンジャーシリーズ、行われらいいのにな。観る側も、選手の側も裾野が広がるんじゃないのかな、と思います。チャレンジャーシリーズのいくつかには、オンドレイ・ネペラ杯のようにその国の歴史に残る選手を冠にした大会もあります。

ミドリ・イトウ杯やタケシ・ホンダ杯とか出来たらいいのに。

それとも、高須先生、高須杯を創ってくださってもいいんですよ~!(マジです




ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン



テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

サザエさん&木戸章之オンステージ in 東伏見― マスターズチャレンジカップ

5月16日、東伏見のダイドードリンコアイスアリーナで開催されたマスターズチャレンジカップを観戦してきました。
これは年齢別に区切られた大人のフィギュアスケート大会で、コンパルソリーとアイスダンス、シングル(20代、30代、40代、50代、60代以上と分かれており、女子は参加者が多いため40代は前半と後半)のクラスがあります。

大人になってから趣味としてフィギュアを始められた方、昔やってたけどしばらく遠ざかっててまた戻ってきたよ、という方、学生スケーターからずっと続けていらっしゃる方、と経歴は様々。
もっぱら「見るスポーツ」として認知されがちなフィギュアスケートですが、こういった大会を見ると、生涯スポーツ、として「やるスポーツ」でもあるのだよな、と思います。

今回は友人、そしてフォロワーさんも参加されたので、その応援も。
いやー、とにかく寒かったです。いつものスケート観戦の身支度+ヒートテック一枚着ていったのですがそれでも寒かった。ショーやコンペで人(観客)が発する熱、というのがどれほどのものか、わかった感じがしました。

まず、まとめますと(当日ツイでも呟きましたが)

今年のフィギュアスケートマスターズ
・今年もアイスダンスは木戸章之オンステージ
・武者愛さんはダンスで男役・女役ともに務める
・20歳代男子の参加者有り(昨年は0)
・50歳代男子はキワモノから真面目まで面白さの詰め合せ
・最年長参加者は男女とも80歳超
・東伏見にサザエさん降臨


木戸さんオンステージ(CD,キャナスタタンゴ、スイングダンス)
11282129_367663753425654_1956213917_n.jpg
現役時代に比べて少しお腹が気になりましたが(すみませんm(_ _)m)複数のパートナーに合わせて、軽々と踊っていらっしゃいました。


そしてツイには文字数の都合で書きそびれましたが、サプライズとして杉田秀男先生の滑りを拝見することができました。男子のクラスの練習中、進行役の小林先生が
「さあ、ここで皆さんにサプライズがあります!この中で選手以外に1人滑っている人がいます!」
と言って杉田先生をご紹介くださいました。そして練習が終わり、選手たちがひけたあと、杉田先生お一人での滑りを披露!
御歳80歳の傘寿をお迎えになるそうですが、とてもそうは思えないエッジさばき。
小林先生が
「皆さん、足元に注目してください。そしてエッジの倒れ具合をよーく見てください。エッジを深く倒すということは、身体を倒すということではないんです」
と解説。チェンジエッジの度にエッジが照明で光って、いやー、眼福。最後はスパイラルまでご披露くださり、そしてそのままジャッジ席におつきになってレフェリーをお勤めになりました。(しかし、席におつきになってダウンを羽織る際、「いやー、息が切れるよ・・・・」とおっしゃっていたのを私は聞き逃さなかったw)

そして、こちらが有志の皆さんが上げてくださった動画です。(今回のマスターズ以外のものもあります)
動画配信コーナー

ツイなどで話題になっていた「サザエさん」もこちらからご覧になれます。
遊び心いっぱい、ネタ満載、というか、有名選手のプロの一部(穴掘り、投げキッス、イーグルからの~etc.)がちょこちょこ入っていて、スケオタにはたまらないプロです。

私の印象に残っているのはこの中では「サザエさん」と「ジゼル」と「Songs from a secret garden」かな。

そして、50代男子の皆さんのクラスがとても楽しかったです。人間的にも大きくなって遊び心も出てきて、「エンターテインメントするぜい!」という感じが満載で、「でもちょっとトシで体が効かないんだぜ」というギャップ、そして逆にそれを楽しんでいるかのような大人の余裕も感じられて・・・とても素敵でした。

また来年も見に行こう!と心に決めて帰ってきました。
優勝者・入賞者の皆さんおめでとうございます!
あとちょっとだった方も、みんな氷上で輝いていらっしゃいました。

どうぞみなさんいつまでもフィギュアを楽しんでください。




ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

国別対抗戦を終えて - キャシーの引退、黄色い声援、リーザの3A、ヴォロノフの3Lz2本

CC4PHS4UUAEtDab.jpg

えー、皆さんPIW町田くん復帰で大騒ぎになっている中、こんなエントリーを上げる私はひねくれものですw
というか、国別観戦疲れも取れて、やっと冷静に振り返れる様になったかな、と。とにかくアップダウンのすごい4日間でした。
上の写真は他のチーム(優勝のアメリカ、3位の日本)が神妙にメディアの撮影を受けているのを尻目に、大はしゃぎでセルフィー始めるろしあんずです。
初日こそコーチ陣に押されるようにして応援席で静かだったロシアンチームですが、日に日にはっちゃけはじめ、男子フリーのセリョージャが終わった時にはこのざまww



ノリノリで腰を振るイリニフたん。ニッコニコのセリョージャ。「おいそこ代われ」と思った世の男性陣は少なくないでしょう。
そういえば上の写真でセルフィー撮ったカメラはイリニフたんのものだったようですが(セリョージャがシャッター切ったあと彼女に渡してたようなので)どこに上げてくれるのかしら?

さて、私の独断と偏見での国別の雑感です。

・とにかく歓声が黄色かった。頭のてっぺんから出るような「きゃー」というアレですね。特に男子の6分間練習など、羽生くんがジャンプ降りるたびに
「きゃー!!!!!!!」
まるでアイドルのライブのよう。私は正直申しまして練習の時はほとんどセリョージャしか見てなかったんですが(はい、非国民ですw)歓声の加減で羽生くんが何してるのか手に取るようにわかる気がしました。
スポーツ観戦といえばフィギュアの他には野球が主な私としては、スポーツの歓声というと男性の野太い
「うおおおおおおぉぉぉ」
というのに慣れていたので、ちょっと違和感。とともにエネルギーを吸い取られるような疲労も。
そして、羽生くんのSPの開始時には開始ギリギリまで、
「ゆづガンバー!」
などという黄色い歓声が飛んでいて、ちょっとあれは気の毒でした。twitterその他のSNSなどでそれを諌める声が上がっていたのでフリーの時にはだいぶ改善されていましたが。

・あと、気になったのは会場内部の写真撮影でした。選手を撮さなければいいよね、とばかりに貼られているバナーをバックに記念撮影している人がいたり(休憩時間中、通路に出てきて階段を後ずさりして降りながらバナーをとっている人がいたのは足踏み外して転げ落ちやしないか、とハラハラしました。実際他の人の通行の邪魔にもなっていましたし。)
他の大会ではいつもあるカメラ持ち込み禁止の手荷物検査がなかったので、館内撮影禁止、が徹底されていなかったのかな、とも思います。
選手撮さなければいい→演技中じゃなければいい→練習だっておkよね・・・・というふうにエスカレートしていっちゃうとまずくはないか?と思いました。
全体的にスタッフさんの仕切りの未熟さ、というか手の回らなさ、を強く感じた大会でもありました。まあ、こういうふうに凄まじい人気選手が出てくると今までの状況じゃすまなくなってきて後手後手に回っちゃうのかなー。

と、愚痴はこの辺にしまして・・・・・

・とにかく嬉しかったのがセリョージャのFSでの3Lz2本認定!(3Lz-2T、3Lz)
これはなんと彼にとって公式戦初めてのこと!27歳でですよ!
彼のFSについてはこちら→気合の3Lz2本、根性の3Lo-1Lo-2Lo、もぎ取ったSB セルゲイ・ヴォロノフ国別対抗戦FS
そのうちまた彼のルッツについては焦点を当てて書きたいと思います。

・そして、リーザのFSでの3A成功!
今期は浅田真央さんが休養していて、3Aを跳ぶ女子がいなくなっていた、というところでの快挙、という部分もありますが、リーザのすごいところは、3-3とエラーなしの3Lzも込みでの3Aだ、ということです。男子のクワドが3Aあってこそ生きるものであるように、女子の3Aはセカンド3あってこそだと私は思います。でなければそれは単なる苦手ジャンプの穴埋めにしか過ぎません。
リーザのFSでの3AはワールドのSPでの3A成功を受けての突貫工事的な部分もあったので、ジャンプ構成自体は完成されていませんが、来期はもっと練ったものにしてくるでしょう。楽しみです。

・そして、長いこと日本のアイスダンスを支えてくれたリード姉弟のお姉さん、キャシーの引退。
彼女たちがいなければ、もちろんソチ五輪の団体戦出場もありませんでしたし、国別対抗戦自体が存在していなかったかもしれません。クリスの怪我や言葉の問題、様々な苦労があったと思いますが、本当にお疲れ様でした。
これに関しては、何を言うよりこの動画を。



本当に、キャシー、お疲れ様でした!そしてありがとう!
あなたの未来に幸多かれと祈ります。



ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン

テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

キーラ、お帰りなさい!貫禄の復帰優勝 ― ゴールデンスピン女子


1507685_844599265590813_3942845392869487063_n.jpg

(Absolute Skatingさんのfbから、以下同様)

ちょっと遅くなりましたが・・・先日ザグレブで行われたゴールデンスピン2014の結果です。
アキレス腱を痛めてほぼ2年ぶりの復帰戦となったキーラ・コルピに注目が集まりました。この大会はチャレンジャーシリーズであるにも関わらず、ライストもオンリザもなかったため、公式ツイのつぶやきをひたすら待っていた、という状況でした。
でも考えてみたら少し昔はみんなこういう状況だったわけで・・・。人間、贅沢になるのはいいけませんね(笑)

女子SPリザルト
女子SPプロトコル


遠景ですが・・キーラのSP動画です。



SPトップにたったのはマリア・アルテミエワ。
604162_843919052325501_4545775177377083052_n.jpg

これは昨年のユニバ直前の彼女のインタですが私はチャンピオンとして名を残したい ーマリア・アルテミエワ

野心家で負けず嫌いな面も垣間見せながら、
「キーラやカロリーナの美しいスケーティングに憧れている。私はまだまだ彼女たちには及ばないけれど、自分なりのいい滑りをしていけるようになると思う」と言っていた彼女。
キーラといっしょの大会で争える、というのは本当に嬉しかったのではないでしょうか。


10849984_843919082325498_3610042019857392959_n.jpg
SPはジャンプの失敗が響いて4位スタートだったキーラ。しかし、やはりスケーティングはさすが。


女子FSリザルト
女子FSプロトコル


ジャンプはまだちょっと・・・という感じのキーラですが、コレオシークエンスにはGOEプラス3が並び、ステップでもレベル4を取り、とスケーティングはもう戻ってきた、と言えるんじゃないでしょうか。

10734109_844596268924446_7679230741833966668_n.jpg
やはり相変わらず麗しい。


そして、エリックのFSで「彼シャツ衣装」と有名になったアルテミエワ。彼女も綺麗なスパイラルをもっています。この写真の部分はこのプロの見せ場。独特の手の動かし方が綺麗です。
10484344_844596292257777_4585976908152370683_n.jpg
そして改めて「アスリートの脚だなぁ」と。これくらいじゃないとオーバー20歳でセカンド3T、FSで3Lz2本跳べないんでしょうな。

そして、今回ゴールデンスピンのツイを追いかけていて思ったのが、キーラは今の日本人スケオタにとって、エレーナ・リアシェンコ的な立ち位置にいるんではないかな?ということでした。このCM、覚えていらっしゃる方も多いでしょう




そして、こちらが

女子総合リザルト

こうして見てみると、GPSまで上り詰められない子、というのはSPとFSをなかなか揃えられないんですね。そこが一つの大きな壁なのかな。

マリアは今回、FSのジャンプが万全とはいきませんでしたけれど後半に加点付きの3Lzを入れることができたことは全露に向けて大きな収穫だったと思います。そして、あこがれのキーラといっしょの表彰台に立てたことは本当に嬉しかったんじゃないかな。

ちなみに彼女のパートナーであるメンショフもこの大会で男子シングル3位で台乗りしています。国際大会でのカップル台乗りは昨年のニース杯に続いて2度目ですが、両方ともなぜか女性上位w

この大会にペアで出場していて優勝したロゴノフがインスタグラムで2人の写真を上げていましたが、これがナイスショット!ぜひ見に行ってあげてください。
http://instagram.com/p/wWg35jp44y

とりあえず今日は女子のみ。なるべく近いうちに男子も上げます!


ぽちよろしく、更新のモチベになります
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケートへ
にほんブログ村

こちらも
blogram投票ボタン


テーマ : フィギュアスケート
ジャンル : スポーツ

プロフィール

Dora Quadski

Author:Dora Quadski
確かにフィギュアはジャンプだけじゃないですが・・・でも、やっぱりジャンパー・タイプのスケーターが好きです。
最近応援しているのは、ロシアのセルゲイ・ヴォロノフと、2009年に国別で来日した際に惚れ込んだコンスタンチン・メンショフです。
日本では小塚崇彦君、町田樹君を絶賛応援中!
 
他に、 『スター・トレック』(特にTOS 、TNG)も大好きです。
中でも、P・スチュワート扮するピカード艦長の大ファンです。もちろん、P・スチュワート自身も!
ただ、性格的にはヴァルカンに憧れるクリンゴンって感じかな(笑)ウォーフとサレックに惚れてますw。

そうです、わたしはトレッキー&シャーロッキアンなのです(笑)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
507位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ウィンタースポーツ
28位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

拘りと屁理屈
検索フォーム
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。